上野原市のタグまとめ

上野原市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには上野原市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「上野原市」タグの記事(43)

  1. 天気良くなるだろうと踏んでちょっと長めに 2021年6月5日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    天気良くなるだろうと踏んでちょっと長めに 2021年6月5日

    4日(金曜日)は雨で、夜にはなんとかあがった。土曜はウェットになるが、日曜よりはマシかと。早朝家を出て五日市街道を西進するが雲行きはますます怪しくなる。檜原村に入ると小雨、時折強く降り、雨雲レーダーを見てみると雨雲なんぞはなかった甲武トンネルの手前あたりから檜原村・上川乗方面。小雨が止まないばかりか強くなってきた小雨の中、田和峠に這い上がる飯尾を越えて、やっと雲が途切れてきたか鶴峠を越えて白...

  2. 鶴峠、フルバージョンで 2021年4月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    鶴峠、フルバージョンで 2021年4月10日

    花見の頃だからなのか、コロナ禍であっても、夜間、酔漢が大声で歌ったりわめいたりということはなくならないわけで、油断というか気の緩みというのか(はた迷惑な話だが)、この月曜・12日から「まん延防止等重点措置」が武蔵野市にも適用されてしまった(吉祥寺があるから?)。しばらく都外に出にくくなりそう。その前に、桜の終わり頃の奥多摩をサクッとみておこうかと。R20・吉野から沢井に入って、K522・佐野...

  3. 秋山、山笑う-2 2021年4月3日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    秋山、山笑う-2 2021年4月3日

    この冬は暖かで過ごしやすかった。雪も積もらずおおいに助かった。あかぎれやしもやけもひどくならず、軟膏をすり込む頻度もかなり減ったような。春の訪れは早く、ソメイヨシノも八重桜も一緒に来てしまったかのよう。暖かいはずなのに、3月中はまだ冬装備で駆けたり漕いだりしていて、自分の抵抗力が減退しているのかも。さすがに今回は春装備でも暑いくらいで。春秋用のフルフィンガー手袋の出番は短いだろう。雛鶴峠(雛...

  4. 秋山、山笑う 2021年4月3日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    秋山、山笑う 2021年4月3日

    もはや、桜も一段落して、山笑う季節。去年味をしめた旧秋山村の界隈はどうなっているだろうかと。雛鶴峠まで行って、そのあとどうしようか考えるつもり(帰路は往路を採らないつもり)で、めぼしいものは往路で撮り切ろうと、秋山の吉祥寺=秋山不動尊 高根山吉祥寺も早々と寄っておく吉祥寺から、これから登っていく先々ridewithgpsのコースマップは

  5. 暖かい冬の日の雛鶴峠往復 2021年2月6日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    暖かい冬の日の雛鶴峠往復 2021年2月6日

    先週、途中まで様子を見つつ諦めた秋山方面(結局道志ダム方面へ)。最近はジョグの翌日にライドすると、ジョグの疲れがとれず、先週もその例に漏れず。前日の5日はジョグせず、攣り止めの芍薬甘草湯を服用して就寝、ライドに備えた。果たして、さしあたり相模湖あたりまで漕いでも、調子も良さそうで。気温も高く、秋山方面なら雪もついておらず快適に行けそうな気がした。標高が上がるに従って路側に雪も散見されたが、路...

  6. 旧秋山村の吉祥寺 2020年11月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    旧秋山村の吉祥寺 2020年11月22日

    山のなかの吉祥寺、武蔵野市民としては気になるのでいつか寄ってみようと思っていた。アップダウンに富んだ旧秋山村の道中、秋山小学校の西、寺下という集落。(往路だと)ちょっとキツめの坂、立ち漕ぎで越えて勾配が緩んだあたり、山側に入口がある。けっこう奥まで漕ぐ必要があるのかと思いきや、そうでもなく、墓地を越えてすぐ境内。「きっしょうじ」だったりするかも、しかし、どうやら「きちじょうじ」らしい。高根山...

  7. 秋山あたり、今年最後 2020年11月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    秋山あたり、今年最後 2020年11月22日

    今後の感染拡大は「神のみぞ知る」とか。で、我慢の連休か。連休始まってしまってGoTo急ブレーキ、乱暴な運転。歯止めがきかないうちは家でおとなしくしているにしくはない。仕事も混んできいるし。このところ週一ライド、連休中日ちょっと漕いでおくか。シンプルなライド。道もよく、規制もない間違いのないコースということで秋山・雛鶴峠へ。人出も少ないかと。地図も見ず、心を虚しくして150km弱。早く出て早く...

  8. 巨樹を見にいく。こんどは桂-3 2020年11月15日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく。こんどは桂-3 2020年11月15日

    軍刀利(ぐんだり)神社は小さな目立たないお社で、巨樹がなければたぶんわざわざ来なかっただろう。生藤山の登山口でもあるので、次回に来る際はプチ登山もセットして楽しみたい。神社を辞し、帰途につく。甲武トンネルで檜原街道に出て、五日市街道コース藤野からたどってきたK522に戻る。以前ならK18に接続し、鶴峠まで漕いだものだが、そんな元気なし。巨樹を見にいく。こんどは桂──ご高覧有り難うございました

  9. 巨樹を見にいく。こんどは桂-2 2020年11月15日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく。こんどは桂-2 2020年11月15日

    軍刀利(ぐんだり)神社・奥ノ院の手前に桂の巨樹はあった。まず全容を収めようと思いつつ近づき過ぎてしまった。ということで、まずは正面の根元から。なるほど「大桂 天然記念物」との石碑がある。奥ノ院の裏にまわって枝ぶりを全部納めてみる。かなり引いてやっと入った。裏の根元を見て驚いた。もとは一本の根元(?)から、複数の株が湧き上がるように分かれて生え登り、まるで千手観音の光背のようなさま。旺盛な生命...

  10. 巨樹を見にいく。こんどは桂 2020年11月15日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく。こんどは桂 2020年11月15日

    小菅の栃の巨樹に続いて、こんどは桂。場所は上野原の棡原(ゆずりはら)。裏和田(K521)からK18(鶴峠)に接続するK522沿いにあるというから、今まで通り過ぎるばかりで知らなかった。というか、にわかに巨樹を知りたくなって、改めて行ってみたくなったというのが実情。上野原市、棡原の軍刀利(ぐんだり)神社境内にある桂の巨樹を見にいくポタリング。桂は街路樹によくあるハート型の可愛い葉っぱのこじんま...

  11. 巨樹を見にいく-3 2020年10月31日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく-3 2020年10月31日

    トチノキの巨木を見るという本懐を遂げたので、来た道を戻る。気のせいか力ももらえたような気もする。少し下って巨樹にたどり着いたので、帰路は登り返しが面倒と思っていたが気にならなかった。復路は鶴寝山山頂を北に巻いていくルートをとってみたというか、楽をしようと水平道を選んでいたらおのずとそのルートに入っていた。広葉樹林ではなくて造林地をいくルートとなり、たくさんの落葉もなく変化に乏しくなった。落ち...

  12. 談合坂SAをPeakFinderで望む 2020年9月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    談合坂SAをPeakFinderで望む 2020年9月22日

    犬目宿を過ぎて野田尻方面に向かうあたり、展望が良い。談合坂SA(上り)見えているのは秋山の山々。PeakFinderで山座同定をしてみる。野田尻宿に降りて、神社など見て歩き、自販機で栄養ドリンクなどいただいて宿を辞す。帰路は、中央道の側道というか、中央道をつかず離れずの幅広見通しの良い下り坂となり、これが旧甲州街道K30大月側を腐らず登ってきたご褒美、高速ダウンヒルコース犬目の山桃展望台から...

  13. 2年ぶりの犬目宿 2020年9月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    2年ぶりの犬目宿 2020年9月22日

    犬目宿には、2013年に初めて訪れて以来何回か脚に余裕のあるときにふらりと立ち寄ってきた。最後に訪れたのは2年前だったか。市境を越えて上野原に入るとなんとなく懐かしい。いずれも陽が高いときにやってくるせいか、家々の奥から人の気配はするのだが、通りには人影がない。毎度のように、バス停の時刻表のあまりの便の少なさに驚いて、そんなに辺鄙なところでもあるまいと不思議がったりする。いつも漕ぎながら見て...

  14. 火曜日の祝日は雛鶴峠から犬目宿 2020年9月22日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    火曜日の祝日は雛鶴峠から犬目宿 2020年9月22日

    連休はおおむね仕事やら片付けをしたりで終わってしまった。天気も秋雨が降る降ると言われてそうでもなく、中途半端な感じがしたものだ。日曜〜月曜日も朝から片付けをして、これがまたいつまでたっても目処が立たないが、なんとか切り上げる。最終日は好天らしかったので、150km越えくらいのライドの支度をして備える。どこへ行っても行楽の人出がすごいらしいので、なんとなくどこへ出るかグズグズと決めかねていた。...

  15. ハッピードリンクをつないで雛鶴峠往復 2020年7月19日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    ハッピードリンクをつないで雛鶴峠往復 2020年7月19日

    暑さ慣らし、それなりの長距離で漕いでおく。天気が今ふたつで暗いうちから早起きするでもなし。6時に起きてみると、雨は降っていないが、まとわりつくような湿気。午後から晴れ間が出るらしいが熱中症に注意かと。7時スタート、暑さ慣らしにはちょうどいいかもと思いつつ、石田大橋で多摩川を渡る頃には汗ダクダク。それなりに飛ばして、日陰の大垂水峠はなんとなく涼しかった。秋山のほうも涼しければいいのだが。願いむ...

  16. 今季初・奥多摩をぐるっと-1 2020年6月6日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今季初・奥多摩をぐるっと-1 2020年6月6日

    長距離に慣れておきたいと思って、大垂水峠から上野原を経て鶴峠を漕ぐ。ぼちぼち奥多摩もサクッとならいいでしょう。うちから鶴峠まで75km、上野原からはずっと登り、雛鶴峠よりも距離と勾配が一段階多め。棡原(ゆずりはら)までは2週間前(甲武トンネル〜藤原峠)に来ている。棡原〜西原(さいばら)間の田和峠を、少し楽な腰掛林道経由で回避してもいいのだが、この迂回路の最後に猟犬を飼っているお家があって、盛...

  17. 麦秋の秋山路を漕ぐ 2020年5月30日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    麦秋の秋山路を漕ぐ 2020年5月30日

    非常事態宣言が解除されて、久しぶりに吉祥寺の商店街などを歩くと、なんとなく人々の開放感がやたらギラギラと感じられた。日陰暮らしに馴染み過ぎてしまったかも。決して自粛歓迎ではないのだが、毒気に当てられるような気さえして、もっとこっそりと生きていけたらなぁと思うこの頃。他方、遠出もしたいという気持ちもないではなく。もとよりヒトのより少ないほうへ、いないほうへ。このウイルス禍、いまだあちこち遠出し...

  18. 令和2年4月の富士番外編花桃の里と富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    令和2年4月の富士番外編花桃の里と富士

    撮影地:山梨県上野原市大野撮影日:令和2年4月6日番外編「花桃香る」国道20号線から山に入る旧甲州街道があるその山あいの街道筋に花桃などに囲まれた一画へ数日前に訪れたが満開前だったので再び訪れたがこの日は富士山には生憎と雲が掛かってしまったので不本意ですが富士山が入らない花桃を撮ってこの日はこれが最後の撮影でした矢印が富士山中央高速道路の談合坂下りSAよりの眺望スマホで撮影昨年撮影・・・富士...

  19. 令和2年3月の富士(30)上野原の花桃の里の富士 - 富士への散歩道 ~撮影記~

    令和2年3月の富士(30)上野原の花桃の里の富士

    撮影地:山梨県上野原市大野撮影日:令和2年3月25日上野原の山間部を通る旧甲州街道この山あいの集落で花桃が生育している山並みの遥か彼方に富士山が頭をだし花桃とで訪れた人を楽しませてくれる満開にはまだ早かった「山あいの春」

  20. 雛鶴峠、秋山あたりの桜-2 2020年4月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    雛鶴峠、秋山あたりの桜-2 2020年4月4日

    峠を下りて雛鶴神社に立ち寄ると、桜が申し訳程度に咲いている。チト儚げであったり。ソメイヨシノの並木が賑やかなのは王の入りまんじゅう近辺。まんじゅう屋さんは休業。ウイルス禍、罪深し王の入りまんじゅうすぐ西王の入りまんじゅうすぐ東、これは花桃ビストロ・ラントすぐ西ビストロ・ラントはちょうど準備中、持ち帰り対応されてました上野原市営マス釣場秋山、またちょいちょい来たいと思います。雛鶴峠往復、ご高覧...

総件数:43 件

似ているタグ