下見板のタグまとめ

下見板」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには下見板に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「下見板」タグの記事(11)

  1. DIY下見板塗装杉の赤身 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    DIY下見板塗装杉の赤身

    ■MUKU-DATA杉下見板赤身製材4000x180x18mm+ウッドロングエコ塗装押し縁杉赤45x18mm先週末、工務店さんとその施主さんが下見板塗装に来ていました。下見板の杉は弊社で製材して桟入れを行い暫く天然乾燥させた材です。塗装作業を見ていましたが、下見板80枚、板を押さえる為の押し縁80本、ほぼ休憩なしで二人で3時間ほど要していました。コスト削減の意味合いもあるのでしょうが、何より...

  2. 桧下見板香り - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    桧下見板香り

    ■MUKU-DATA桧下見板製材数年前に丸太から6分(18mm)板に製材した桧の巾決めを行っている。これはお客様が持ち込んだ桧の丸太を製材したもので数年かけて暗所の倉庫で保管しながら乾かしていたものです。桧の板というと杉よりも割れる印象がありますが、ゆっくりと乾燥させたせいか、割れも少なく乾いています。なんといっても、工場内全体が桧の香りに包まれるのがいいですねぇ~事務所にいても桧のほのかな...

  3. 木の外壁と吹雪 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    木の外壁と吹雪

    ■MUKU-DATA杉下見板押し縁 45x17mm(胴縁)@910mm関東から新潟へ引っ越してきた方に、新潟って雪が横に降るんですねと言われたことがある。昨日は一日中暴風雪警報、強い風に雪が舞っていた。今朝出社して、会社の工場や倉庫に張ってある木の外壁を見て回った。本社工場内はある意味、木の外壁の実験場でもある。実は色んなパターンで木を張ってみて、その経過を観察している。昨日のような暴風雪も...

  4. 外壁の風合い - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    外壁の風合い

    ■MUKU-DATA杉赤4000 150x15mmウッドロングエコ今日塗るわって感じで、金子勉さんがDIYで外壁の塗装に来た。ウッドロングエコを塗ったんだろうなぁ・・って建物は時々市内でも目にするが、間近で塗る作業を見るのは初めてなので赤で挽いた杉板がどんな色合いに染まるんだろう?と興味津々木は乾いた環境であるならば例え一旦濡れたとしても長く持つその証拠に30年40年前に作られた入母屋造りの...

  5. 下見板杉 赤無節180x12mm - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    下見板杉 赤無節180x12mm

    ■MUKU-DATA杉 赤無節12x180mm製材品杉井建築 様一部外壁と玄関ドアに木を使おうと思うんだけどレッドシダーとかどうですかねぇ・・・?米ヒバ柾挽きは何だか違うし、ピーラー柾挽きも何となく違う。レッドシダーは全体の雰囲気にはまぁまぁ合うんだろうけど・・どこもレッドシダー使ってるし、なんとなく杉井さんちだと違う気もして相談しながら杉の赤の節無しで納める事になった。家の雰囲気、全体のト...

  6. 杉赤下見板無地上小 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    杉赤下見板無地上小

    ■MUKU-DATA杉赤無節~上小節t12mm 180x4000mm下見板 受注生産品下見板として頼まれた赤の役物の板を製材しています。辺材の白太部分は内部造作材、赤身の節のない部分は依頼を受けた下見板用として、(1本の丸太から何枚も取れません。極上丸太から木取れば芯近くまで節が少ないのかもしれませんがコストアップになるので並より少しいいクラスの丸太から挽いています)芯に近くなって節が出て...

  7. 木下見と錆鉄と漆喰 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    木下見と錆鉄と漆喰

    ■MUKU-DATA蔵を囲った下見板昭和以前に建てられた蔵だそうです。漆喰で塗り固められた蔵、時が経ち剥がれ落ちた漆喰壁を木の下見板で保護補修、更に木下見も傷み、板金で保護補修下見板の穴の空いた箇所は、板金で部分的に塞いている。長く大事に蔵を残してきた痕が見てとれる。長く風雨に曝され浮造りがかかった褐色の杉板、補修を繰り返し錆びた鉄、歪んだ硝子は変形した空を写し出し隙間から白い漆喰壁がちらり...

  8. 二条城 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    二条城

    ■MUKU-DATA二条城本丸御殿御常御殿外壁前から思っていたが京都で目にする木の外壁は経年変化した際の色合いが新潟で目にするそれとは違って見える。灼け方が違い、新潟だとグレー色が強いが、こちらは赤茶色が部分的に残ったままが多いように感じる。気候の違いなのか?材質の違いなのか?木地に見えるが張った後に柿渋など塗布しているとそうなるのか?部分的に補修された跡、黒、焦げ茶、茶、微妙な色の違いが、...

  9. 桧下見板 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    桧下見板

    ■MUKU-DATA桧下見板t18mm1~2年前にお客様が持ち込んだ桧の丸太を18mmに製材し桟積みして乾かし、下見板として傷んだ面を張替えしました。巾は製材の手間がかかりますが、歩留まりよく板巾いっぱいに木取りしましたのでランダムな巾となっています。塗装も張る前にお客様が塗りました。施工前施工後

  10. 杉赤外装材 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    杉赤外装材

    ■MUKU-DATA杉赤特一4000 180x18mm外壁、下見板用杉のt18mm 巾180mmの赤の板を製材しています。180mm巾に赤身部分だけ残して製材しますので丸太の径は360mm以上のものとなります。どうせ挽くなら丸太はグレードの上の物を心がけています。桟を入れて日陰干しすれば、厚さは18mmですので直ぐに天然乾燥できます。

  11. 桧下見板 - SOLiD「無垢材セレクトカタログ」/ 材木店・製材所 新発田屋(シバタヤ)

    桧下見板

    ■MUKU-DATA桧5分板(15mm)180~240 4m天然乾燥材桧の5分板、下見板として使うために削っています。これは一年半ほど前にお客様の桧丸太を5分に製材、桟入れして日陰で保管していたものです。(4~6分(12mm~18mm)程度なら、今の時季でしたら直ぐに乾燥できます。)杉の4分板は通常良く流通していますが、桧の4分板となると、新潟の市場では目にすることがありません。全国的には...

総件数:11 件

似ているタグ