不登校のタグまとめ

不登校」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには不登校に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「不登校」タグの記事(78)

  1. 似たもの同士【12】〜休学〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【12】〜休学〜

    高校1年の8月、登校不可能な状態であるという診断書を医師からもらい、休学手続きをとりました。どちらにしても留年は決定でした。私は、別に高校は義務教育じゃないんだから辞めたってかまわない、と思っていました。恥ずかしいことなんか全然ない。世の中には高校に行かなくても、しっかり働いている人はいくらでもいるんだよ、と彼に話しました。でも、彼の心には全く響きませんでした。今思えば当然です。彼の周りに、...

  2. 似たもの同士【11】〜外野の声〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【11】〜外野の声〜

    子どもが不登校、というだけで理不尽な扱いを受けること、ありますね。「親の育て方が悪いのだ」そんなふうに言われることはよくあります。それを言ったところで、何になる、と私は思います。じゃあ子どもが学校に行っているというだけで、親はみんな良い子育てをしているのでしょうか?そもそも子育てに良いも悪いもない。子どもが不登校になった私を、激しく非難した人物がいました。私の実の母親です。「子どもをほったら...

  3. 似たもの同士【10】〜既視感〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【10】〜既視感〜

    朝起きて、朝食と弁当を同時進行で作り、できたところで息子を起こしに行く。目覚ましは鳴っていたはずだが起きていない。起こす、反応なし。洗濯物を干してからまた起こす、反応なし。自分の身支度をしてから起こす、やや反応。起こし始めてから1時間近く、ようやく動き始める(こともある…)。その間私は家の中を行ったり来たり、朝からものすごく消耗していました。私は仕事に行かねばならないから、時間になったらもう...

  4. 似たもの同士【9】〜納得がいかない〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【9】〜納得がいかない〜

    入学早々、宿題を出していないので、先生から呼び出されました。怒られる、ということはなかったようですが、「早く出すように」ということを言われます。しかし彼は、とにかくやればいい、という話がどうしても納得いかないので、出しません。9割がたやっているのに、最後までやっていないから、出しません。周りの生徒がどうやっているのかもよくわからないまま日々が過ぎて行きました。進学校で、どの生徒も、授業につい...

  5. 似たもの同士【8】〜高校入試〜 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    似たもの同士【8】〜高校入試〜

    5月7日〜13日に連載したしょこトラです。第1回からお読みになりたい方はこちらからどうぞ→https://sacfafk.exblog.jp/26760744/今日からまた1週間、末っ子との回想記を綴ります。よろしければお付き合いください。前回と少し重なりますが、中3後半から始めたいと思います。中3の5月に不登校になり、秋には登校を始めたものの欠席数は80日を超えていました。中2の秋から勉強...

  6. 放課後登校 - わーきんぐまざー・ここごじらの毎日。

    放課後登校

    きのう、のんは久しぶりに放課後登校しました!前から先生と約束していた体力テストです。50メートル走と握力と長座ははかりました。ボール投げは練習だけ。そのあと先生と教室に行って、教室で飼い始めたグッピーとめだかと亀のお世話をして、少し席に座わりました。不登校になって教室に行けたのは初めて。ドキドキしてたんだろうなぁ。来月の林間学校についても少し話があり、今日初めてのオリエンテーションがあると聞...

  7. 十薬の花 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    十薬の花

    一昨日の記事に書いた男の子、1時間後に保護されたらしいという情報を、ブログを読んでくださっている方からいただきました。良かった。本当に良かった。二人の中学生にも心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。この一件を聞いて、かなり強烈なフラッシュバックを経験した。娘が中学1年生の時。ちょうど今頃。夏至前の、一番日が長い頃。午後7時、部活おわりの娘を迎えに行き、そのままピアノのレッスンに行く...

  8. バスとイノシシと砂場 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    バスとイノシシと砂場

    不登校だった彼が2歳の頃、当時広島に住んでいて、家から歩いて5分くらいのところにバス車庫があった。そこまで毎日2人で歩いて、たくさんのバスを見るのが日課だった。ある日、バスの運転手さんが、「運転席に乗せてあげよう」と言ってくれたが、彼は固辞した。動物園に行った。帰ってきて彼の発した言葉は「イノシシ、おったー」。象もキリンもいたのだが、彼は地味に地面に寝転んでいたイノシシが気に入ったらしかった...

  9. じゃ、あなたは学校好きですか? - アガパンサス日記(ダイアリー)

    じゃ、あなたは学校好きですか?

    娘が不登校になって、色々特徴的な現象が出来した時、私が何より驚いたのは、私も不登校だったのだ!という事実である。児童・生徒の頃ではない。高校で教員をしていた頃のことだ。簡単に言うと、職務に適応できなかったのだ。同調圧力。指導要領に従い、校則を守らせ、一定の評価基準を遵守する。頑張った分、生身の自分と教員の自分が乖離した。どうしても起き上がれない日が月に何日かあり、その内、月一で扁桃腺が腫れて...

  10. 6月の例会のご案内 - きしゃぽっぽの会  [不登校・ひきこもりを考える小金井の会]

    6月の例会のご案内

    🐌こんにちは。東京も梅雨入りしましたね☔愛知の中学生の自死の件。生徒への聞き取りしたメモはないと教育委員会や学校が報告していたのに、実はありました……と。いじめについては教育の重要な取り組みであるはずなのに、未だに隠すことがまかりとおつていたんですね、ヤッパリという思いでした。悔しいです。永田町も隠ぺい凄いですものね😠 ウソはいけない‼と見本を示さなくて...

  11. 朝ごはんから思いを馳せたのでした - アガパンサス日記(ダイアリー)

    朝ごはんから思いを馳せたのでした

    今日、朝ごはんに何を食べましたか?私はご飯、みそ汁、納豆、梅干、ヒジキの煮物、海苔。何十年もずっとこんな感じ。これが自分にとって落ち着く朝ごはん。私はただこういう朝ごはんが自分のペースに組み込まれているというだけです。あ、前日の夜カレーだったら我が家は朝からカレーです。(特に休みの日にはそのパターンが楽)毎日パンの人もいるだろうし、朝からガッツリステーキなんかの人もいるだろうし、そもそも決ま...

  12. Life  is  beautiful. - アガパンサス日記(ダイアリー)

    Life is beautiful.

    観たら号泣するので、もう二度と観ることはないだろう名作映画、Life is beautiful.1997年のイタリア映画。ロベルト・ベニー二監督、主演。ご覧になった方も多いと思う。ナチスドイツが侵攻するイタリアに暮らすユダヤ系イタリア人家族。父と息子は同じ収容所に、母は別のところに送られ、日々命の危険にさらされながら戦時下を生きる話である。 父のグイドは陽気な性格。笑うこと、笑わせること...

  13. 猫になりたい - アガパンサス日記(ダイアリー)

    猫になりたい

    書類仕事が苦手。でも最近、この「咲くふぁ福岡」の事務仕事をする機会が増えて、くにトラ、しょこトラにばかり負担をかけるわけにはいかないので、できない子なりに頑張っている。みんな、迷惑かけてごめんね。私がそれなりに頑張る横で、二度寝、三度寝を楽しむ猫さまたち。あー、猫になりたい!そういえば、そんなことを言っていた子がいたなあ。とても優秀だったけど、理由ははっきりしないまま不登校になったA君。優秀...

  14. 夜明け前、彼の選ぶ曲が流れる - アガパンサス日記(ダイアリー)

    夜明け前、彼の選ぶ曲が流れる

    16才の息子は、音楽が好きだ。小学校は何年も学級崩壊したままで特に音楽の時間が荒れていたのだった。5年生で転校して初めて、リコーダーで曲を奏でる経験をした。中学校で音楽教育はほぼ受けていない。行かなかったからだ。 そんな彼の音楽は、ネットからはじまった。懐かしい雅夢の「愛はかげろう」にはじまり、短い時を日本の歌謡曲に没頭した後、心赴くままに広がっていった。スキャットマン・ジョン、クイーン、...

  15. このところ息子が学校を休んでいる - アガパンサス日記(ダイアリー)

    このところ息子が学校を休んでいる

    去年の10月から高校生になった最初は生活のリズムが整わない日もあったが楽しそうに学校へと出かけていく様子を嬉しく見ていたのは確かなのである 何かがあってもまたたちあがれる心配ないのだと何度も自分に言い聞かせてきたのに 先週から元気がなくなっていった私がここのところずっと忙しかったから?つい自分を責めてしまう一方で ぐだぐだしている(ように見える)息子に対する言葉がきつくなるあたふたするあ...

  16. シュミレーション - アガパンサス日記(ダイアリー)

    シュミレーション

    人生にもしも、はない。わかってはいるが、考えずにはいられない。もし、娘が不登校になっていなかったら…?・娘中3 3月: 高校受験 a…合格 b…不合格→不本意な進学先→詰む〈a 合格 の場合〉娘の志望校は、難関私立。所在地も遠く、通学に時間と労力が必要。試験に合格してきた生徒たちはみな優秀で、万遍なく勉強ができるタイプの子どもたち。娘のよ...

  17. 負のスパイラルを断ち切る - アガパンサス日記(ダイアリー)

    負のスパイラルを断ち切る

    昨日のくにトラの記事の、あるお母さんの言葉に考えさせられた。「楽しいことは考えてはいけないと思います。苦労して学校へ行くから、意味があるのです。楽しくないところへ行くのが、大事なのです。」くにトラは、このお母さんはかつての自分だって言っていたけれど、いや、多分、大人と言われるほとんどの日本人がそう考えていると思う。私もそうだった。我慢して我慢して、ストイックに自分を追い込んで、そのギリギリま...

  18. 「してやらない」をしてやる - アガパンサス日記(ダイアリー)

    「してやらない」をしてやる

    不登校のわが子に、親としてしてやれることって何だろう。娘は、中3の1月から3月まで、丸っと不登校。その間、私は親として、何をしただろう…?うーん、何もしなかったなあ!最初はあれこれ考えて、先回りして、不登校はチャンス…とか、変にポジティブに行動してみたり…。でも、それって、子どものためじゃなくて、自分のためだった。自分が安心したいがための行動だった。そんな自分に疲れて、ある日、大量のDVDを...

  19. 屋台骨 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    屋台骨

    政治と教育は国家を支える屋台骨。その両方がもうアカンことになっているこの国。政治においても、教育においても、一番責任を取るべき人間が、決して非を認めず、責任逃れをしているというのは心底不思議で、言うまでもなく腹立たしい。己に利するために、手下を切り捨て、部員の学生を見殺しにし、一体どこを向いて政治を、教育を語っているのだろう。こんな大人が大手を振って歩く社会。これが普通なら、普通でなくて、い...

  20. 行かないことはわるいことなのかな - アガパンサス日記(ダイアリー)

    行かないことはわるいことなのかな

    親が怒ったり、悲しい顔をしたりする。先生からは毎日電話がかかってくる。そんなうっとうしい状態になるくらいなら、多少のことは我慢して学校に行けばいいよね。我慢できる範囲なら。行けるなら。でもそれはどうしても無理だから行かないんだよね。理由ははっきりわからないかもしれないけれど。学校に行くことがすべてじゃない。行って意味がないと思えば行かなくていい。行こうと思えたら、行けばいい。当たり前と思われ...

1 - 20 / 総件数:78 件

似ているタグ