世田谷美術館のタグまとめ

世田谷美術館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世田谷美術館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世田谷美術館」タグの記事(27)

  1. happyValentine - ♪♪お散歩♪♪

    happyValentine

    緊急事態宣言中迷って悩んでジムを控えている私は思いきって自転車で出掛けて来ましたサイクリング日和良い運動です久し振りに美術館空間を堪能好みの絵には会えませんでしたが魯山人の器は時間を忘れてしまうほど世田谷通りをゆっくり走ったのも久し振り源吉兆庵が出来てて(8年前に開店)ついつい今日はヴァレンタインディpapaさんに用意したのはDPに行かずとも近所の路面店ゴディヴァで調達孫王子様にチョコを渡せ...

  2. 河野太郎は最悪の人選だ - 梟通信~ホンの戯言

    河野太郎は最悪の人選だ

    ワクチンをはやく接種して安心したい。でもそのワクチンの安全性が問題だ。しょせん素人の僕には、ワクチンを勧める人(政権)を信頼できるかどうかが、その判断のカギになる。その意味では最低最悪の人をワクチン担当大臣にしたものだ。なぜ?まあ、この動画↓を御覧遊ばせ。次の総理はこの人になって欲しいと思っている方。ぜひご覧ください。特に最後まで! https://t.co/NaPRcl8KQ9— 清水 潔...

  3. ガンバリル大掃除&世田谷美術館「沿線物語」お一人様貸切プレゼント - 梟通信~ホンの戯言

    ガンバリル大掃除&世田谷美術館「沿線物語」お一人様貸切...

    今朝は血圧二度計測の平均が152、きのう170を超えても医師が驚かず頓服も処方しなかったことが、自信になっている。夕べ寝るときも147が出たし、あまり気にしないで塩分控えめと運動でいこう。とはいえ坐骨神経痛と変形した膝関節の炎症をケアしつつではあるが。というわけで、天気もよし、膝にサポーターをして大掃除、先週の本棚の天辺に次ぐ今日のスペシャルは、寝室の窓ガラス周辺。なんの目的で作ったのか、窓...

  4. GOTOセタビ「5つの物語」&「吹田文明と版画集『東京百景』」 - 梟通信~ホンの戯言

    GOTOセタビ「5つの物語」&「吹田文明と版画集『東京...

    けさは大洗濯をしてから病院に、ホルターの返還。きのう休みで見られなかった世田谷美術館の企画展「5つの物語美術が語る夢と現実」「吹田文明と版画集『東京百景』」を見た。今年初めての美術館入場、体温測定などに加えて住所氏名電話などを記入する。 一階は「5つの物語」」、マックス・エルンストの「ヤヌス」像に迎えられて、まず第1話「私をめぐる物語」。税関吏のアンリ・ルソー「散歩」、家政婦のセラフィ-ヌ・...

  5. 作品のない展示室 - 「シュクレはお留守番」スナップ日記

    作品のない展示室

    世田谷美術館で8月27日まで「作品のない展示室」という企画展が行われています。何もない展示室そのものを鑑賞するという今回の企画は、予定していた展示会をすべて中止せざるを得なくなってしまった絶望感がその源なのでしょう。そういう「展示」なので、ほんの一部を除いて写真撮影可。入場無料の催事ではあるけれど、職員の方々は毎日のように窓ガラスを磨いて来場者を迎えてくれているのでしょう。(レンズ備忘録:S...

  6. 奈良原一高のスペインー約束の旅 - デジカメ持ってING

    奈良原一高のスペインー約束の旅

    奈良原一高のスペインの写真は断片的には見ていましたが、こうしてまとめて見て初めて作者の作った物語や意図がハッキリわかりました。今までよく見知っていた写真や写真集は初期の作品でわりと暗いテーマのものばかりでした。今回の写真展は写真家としてデビューして約10年後にスペインで撮った作品群なので重いテーマを忍ばせながらエンターテインメント性もかなりあって非常に進化しているのが感じられて面白かったで...

  7. ♪砧公園散策~忘年会 - MY FAVORITE SPACE

    ♪砧公園散策~忘年会

    いよいよ今年も10日カウントダウンね年賀状&大掃除気になりつつも!!街散策祖師谷大蔵広味坊♪五目海鮮焼きそばスープがついてくる♪九条ネギラーメンニンニクチップが香ばしい気になるキッチンマカベクレープ屋さん♪クレープリーチロル次回の楽しみに!!世田谷砧公園へスポーツ施設が隣接しているクリスマスツリーもプールなかなか本格的なコース紅葉まだ綺麗な東京23区内でも芝生の広がりが際立っている砧公園もと...

  8. 街の美術館の品質品質管理Vol.223 - シーエム総研ブログ

    街の美術館の品質品質管理Vol.223

    ラグビー第9回ワールドカップ日本大会。初めて8強に進んだ日本は、南アフリカとの準々決勝の臨みましたが、3-26で敗れ、史上9チーム目となる準決勝進出にはなりませんでした。然しながら、堂々の8強入り。One Teamチーム一丸となった日本チームが新たな歴史を刻みました。本日の一枚は、宮本三郎記念美術館です。世田谷区奥沢の住宅街の中に、ふと建っているこの種物。洋画家・宮本三郎(1905-1974...

  9. 世田谷美術館を出て虹を見た - 梟通信~ホンの戯言

    世田谷美術館を出て虹を見た

    水が暴れたあとはゴミが猛威をふるっている。なにもできないと言わず、せめて義援金を贈ろう。カミさんの所属する絵の会の人たちの展示会を見に世田谷美術館に行った。区民ギャラリーの一室に皆さんの労作が並べられて、こうして見ると家のなかで見るのとは違って晴れがましいな。創作活動を何もしていない僕は、ちょっとうらやましい。カミさんの作品は絵が4点、タイル細工が一点にフエルトを使ったサンチの額、夜の片づけ...

  10. ピクニックに行こう! - マイニチ★コバッケン

    ピクニックに行こう!

    お天気に恵まれた週末、この秋晴れを家の中で過ごすのは勿体ない!ということで、自転車で砧公園へ繰り出す!乗り気でないヒロシ君に「ピザの屋台が来てるから」と言って連れ出してみたものの、この日は来ていなかったという。とりあえず生ビールで許してもらう。売店で食べ物を買って、芝生で食べよう!売店でロコモコ丼とボロネーゼとポテトフライとフランクフルトでお昼ごはん。このポテトが妙に美味しい。食後のシエスタ...

  11. 田沼武能写真展 - デザインスタジオ バオバブのスクラップブック

    田沼武能写真展

    先月、世田谷美術館で今日まで開催していた「田沼武能写真展東京わが残像1948ー1964」に行ってきた。いつ以来か覚えていないほど久しぶりの世田谷美術館だった。写真を懐かしむ高齢の方や自分より若い世代の人を含め、多くの方が見に来ていた。今回の写真展の概要としてはホームページによれば「卒寿を迎える今も写真家として第一線で活躍する田沼ですが、彼が子どもや文化人の写真と並びライフワークとしてきたのが...

  12. 世田谷美術館「田沼武能写真展」へ - 衣・食・住

    世田谷美術館「田沼武能写真展」へ

    昨日は世田谷美術館「田沼武能写真展東京わが残像1948-1964」へ。1948-1964の東京の様々な街や人々の様子をとらえた写真展。ちょうど私が生まれる前後の年代だったので懐かしさや親近感をもって見ることができた。特に子供たちを撮ったものは興味深かった。当時は子供だったので知らなかったことも、今大人になって改めて写真を通してその時代をみると驚きや発見もあった。田沼さんは今年90歳になられる...

  13. 懐かしい自分にあってきた田沼武能写真展「東京わが残像1948~1964」 - 梟通信~ホンの戯言

    懐かしい自分にあってきた田沼武能写真展「東京わが残像1...

    きのう、二カ月ぶりで散髪したあと砧公園に行ってみた。きょう千葉の友人夫妻を案内する下見と世田谷美術館「田沼武能写真展東京わが残像1948-1964」を見たかったのだ。「子どもは時代の鏡」「下町風景」「忘れ得ぬ街の貌」三部構成180点の外に「世田谷の文化人」23点、モノクロームの、僕にとっても「わが残像」、このところ年々色濃く立ちあらわれる残像の世界に浸ることができた。「紐で電柱に縛られた靴磨...

  14. ブルーノ・ムナーリ展からティム・バートンの世界へ - ミニチュアブルテリア ダージと一緒3

    ブルーノ・ムナーリ展からティム・バートンの世界へ

    昨日は、砧公園にある世田谷美術館の「ブルーノ・ムナーリ」展を見てきました。ムナーリはイタリアの美術家でありデザイナーです。今回の展示会にはムナーリの作品が約300点も展示されています。絵画、オブジェ作品、インダストリアルデザイン、絵本、そして彼が晩年に力を注いだ子供のためのワークショップに関する展示まで多才なムナーリの活動が、年代を追って紹介されています。なかには、絵本のためのスケッチやスク...

  15. 濱田庄司展@世田谷美術館 - 衣・食・住

    濱田庄司展@世田谷美術館

    先日、「没後40年 濱田庄司展 大阪市立東洋陶磁美術館 堀尾幹雄コレクションを中心に」を観に夕方ぶらりと夫の運転で世田谷美術館へ行く。久しぶり。砧公園内にある美術館。美術館へ行く場合は東名高速下の駐車場に入れると駐車料金が無料になるからありがたい。堀尾幹雄コレクション、かなりの数の出品。見応えがあった。特に抹茶茶碗。私は濱田庄司の抹茶茶碗は初めてみたように思う。私的にちょっと驚きの発見。数も...

  16. 世田谷散策・・・ - 遅ればせながら・・・

    世田谷散策・・・

    先週の土曜日,世田谷美術館へ没後40年濱田庄司展(大阪市立東洋磁器美術館堀尾幹雄コレクションを中心に)に姉と行ってきました。世界的にも知られる陶芸家濱田庄司(1894-1978)と、堀尾幹雄氏(1911-2005)が交流を通じてコレクションした作品、実際堀尾幹雄氏が日々の生活で使われていた200余件の中から184作品の展示だそうです。(後に堀尾氏が大阪市立東洋陶器美術館へ寄贈された)「民芸」...

  17. 濱田庄司展 - やまブログ

    濱田庄司展

  18. 梅雨の晴れ間、美術館へ・・・ - 遅ればせながら・・・

    梅雨の晴れ間、美術館へ・・・

    昨日は姉と「人間・髙山辰雄展森羅万象への道」を観に世田谷美術館へ行ってきました。田園都市線用賀駅下車、百人一首が彫られている瓦道を歩いて20分位の所に砧公園が、その一角に美術館はあります。髙山辰雄は日本画家で大分県出身、1951年より世田谷が創作の拠点だったそうです。94歳で亡くなるまで自然と人間とのつながりや生命の尊厳について思考し、深い精神性を湛えた絵画表現は没後10年経っても高い評価を...

  19. さくら祭り@世田谷美術館を訪ねて - いぬのおなら

    さくら祭り@世田谷美術館を訪ねて

    4/14、15は世田谷美術館のさくら祭り。前に行ったのはもう6年も前のことでした。↓2012年4月1日の様子、母と姉が完全防寒で店番してます。今年はあいにく桜が終わってからの開催でお天気も今一つだったのだけれど、荒れる週末という予報の割には何とか2日とも屋外での開催も出来たようで、良かった良かった。母はこのさくら祭りを毎年楽しみにしていたので、きっと空の向こう側でお天気にヤキモキしていたんじ...

  20. パリジェンヌ展 - ♪♪お散歩♪♪

    パリジェンヌ展

    成城学園大学の桜風で花びらが舞っています前々から予定していた『パリジェンヌ展』出来るだけ普通に過ごす私にとって手帳の予定をこなしていく今はそんな状態私にとって今回のみどころは、ヴィンチェスラヴァ・バーチェスカ、ユニヤヴィッチ夫人エドガー・ドガ作ルーヴルで絵画鑑賞するカサット姉妹昨日は真夏日の様な日差しでしたが、今日はお散歩日和念願の成城風月堂のオムライス現定数なので、なかなか食べられませんで...

総件数:27 件

似ているタグ