世界遺産のタグまとめ

世界遺産」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世界遺産に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世界遺産」タグの記事(126)

  1. 天平の浪漫 奈良町・元興寺を訪ねて - ギャラリー同仁斎      Gallery  Dojinsai

    天平の浪漫 奈良町・元興寺を訪ねて

    元興寺と聞いて、「あの寺ね」と頷くことの出来る人はそう多くは居ないような気がする。彼の飛鳥寺が遷都にともない平城京に遥々運ばれて来た寺が元興寺なんだとか。そして、ここはれっきとした世界遺産なのだ。何と南都七大寺の一つで東大寺に次ぐ規模を誇っていたとか。戦だとか色々あって、現在のようにごく一部が残るだけになってしまった。気を付けて見ていなければ、つい通り過ごしてしまいそうな寺である。そうは言っ...

  2. イランの旅 ②ゴレスタン宮殿 - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ②ゴレスタン宮殿

    2018年4月27日(金)ガイドのハミットさんが迎えに来てくれて9時にホテルを出発。まず向かったのは世界遺産、ゴレスタン宮殿 です。宮殿前のチケット売り場にはヨーロッパの観光客がたくさん。テヘランの名前がイランの歴史上に出現したのは、1796年にアフシャール朝を倒し、ガジャール王朝(~1925年) がここを首都にしてからなので、まだ220年余り前のこと。この王宮に第4代の王、ナーセルッディー...

  3. イランの旅 ⑤ペルセポリスとナグシェ・ロスタム - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑤ペルセポリスとナグシェ・ロスタム

    2018年4月28日(土)バラのモスクの次はシラーズの街から北に50~60㎞にあるペルセポリス へ。道中、小麦畑や菜の花畑を左右に見ながら1時間弱で到着しました。アケメネス朝ペルシャ帝国時代の紀元前512年頃、ダレイオス1世によって建築が進められ、その子クセルクセス1世によって完成した約450mx300mの基盤の上に築かれた神殿跡です。ペルセポリスはギリシア語で、「ペルシャの都市」という意...

  4. イランの旅 ⑥サーディ廟・ハーフェズ廟とエラム庭園 - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑥サーディ廟・ハーフェズ廟とエラム庭園

    2018年4月28日(土)どうやら通り雨だったようで、ランチが終わって外に出たら晴れていました。午後、最初に向かったのはサーディ廟 です。サーディは、世界を放浪した抒情詩人で、幼少期にシラーズを出てイラクのバクダットへ遊学。そのまま30年間も中東や北アフリカ、インドなどを放浪し、45歳を過ぎてからシラーズに戻り、「ゴレスタン」(薔薇園)、「ブースタン」(果樹園)を相次いで発表。どちらも長大な...

  5. 南仏プロヴァンスの旅アテンド 2日目 - パリときどきバブー  from Paris France

    南仏プロヴァンスの旅アテンド 2日目

    南仏プロヴァンスアテンドの旅、最初の2泊はカルカソンヌへ。今回の最初に決まっていたのは南仏プロヴァンスでしたが、どうしてもカルカソンヌにも行ってみたいということで両方を組み合わせて。トゥールーズ入り、マルセイユから帰りという飛行機のチケットを取っていただきました。カルカソンヌの城壁を1日中眺められるアパートに滞在です。

  6. イランの旅 ⑨沈黙の塔とゾロアスター教寺院 - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑨沈黙の塔とゾロアスター教寺院

    2018年4月29日(日)ヤズドの街に入る10数㎞ 手前に2基の 沈黙の塔ヤズドはイラン有数のゾロアスター教の本拠地として知られていますが、ゾロアスター教は火・水・土を神聖視していたので、それらを汚すことを嫌い、1930年代までこの塔の上で鳥葬・風葬をしていました。市街地がすぐ近くまで迫った現在は、衛生上の観点から土葬になっているそうです。2基の間にある建物は、死者が骨になるまでの間、遺族...

  7. イランの旅 ⑩アミール・チャフマーグのタキイエとマスジェデ・ジャーメ - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑩アミール・チャフマーグのタキイエとマスジ...

    2018年4月29日(日)2017年に ヤズド歴史地区 として世界遺産に登録されたヤズドは、イラン中部の沙漠地帯に紀元前から拓かれたオアシス都市。日干しレンガで作られた家々、 バードギール と呼ばれる風取り塔など、沙漠の厳しい気候風土に適応するために、自然の力を巧みに利用して建設されています。バードギールは煙突のように各家に造られ、塔の上部に通気口を設けています。ガナートと呼ばれる地下水路を...

  8. 世界遺産「アルビ」のサント・セシル大聖堂 - パリときどきバブー  from Paris France

    世界遺産「アルビ」のサント・セシル大聖堂

    南仏プロヴァンスの旅アテンドのつづきをアップする前に、1日目の町「アルビ」のおまけ。サント・セシル大聖堂の装飾がとても素晴らしくてため息ものだったので、せっかくなのでちょこっとだけ写真を残しておきます。

  9. イランの旅 ⑪ヤズドからイスファハンへ - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑪ヤズドからイスファハンへ

    2018年4月30日(月)8時半、ドライバーのミザイさんがホテルに到着。27日(金) の夜、シラーズ空港に迎えに来て下さってから今日で4日目ですが、夕方イスファハンに着いたらお別れです。ハミッドさんは7日間のスルーガイドですがドライバーさんは3人体制なので。今日はヤズドのホテルを出発して、イスファハンへ向かいます。ヤズド → イスファハンは約320㎞。ず~っと沙漠の中ですが・・・1時間半ほど...

  10. イランの旅 ⑭イマーム広場とマスジェデ・イマーム - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑭イマーム広場とマスジェデ・イマーム

    2018年5月1日(火)イスファハン2日目の今日も快晴です。2階にある朝食レストランは吹き抜けで、1階は夜のレストラン。旬のメロンとスイカ、なつめやし、シロップ漬けのチェリーを少々。ベーコン、マッシュルーム、オニオン入りのオムレツを焼いてもらって、あとは野菜も。ジャガイモの美味しいこと!地域一番という五つ星ホテルでの朝食は二人で1,100,000リアル (約2,800円)たっぷりの朝食をいた...

  11. イランの旅 ⑮シェイフ・ロトゥフォッラー・モスクとアリカプ宮殿 - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑮シェイフ・ロトゥフォッラー・モスクとアリ...

    2018年5月1日(火)イマーム広場東側にあるシェイフ・ロトゥフォッラー・モスク は、アッバース1世の個人礼拝所として1601年に着工し、17年の歳月をかけて1618年に完成しました。建設の目的は、レバノンの著名な説教師シェイフ・ロトフォッラーを招聘するためだったとされています。スンニ派のイスラム教徒が主流だった当時のイランで、国教をシーア派に定めたのが、アッバース1世でした。しかし、イラン...

  12. イランの旅 ⑯イスファハンの街歩き (その2) - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑯イスファハンの街歩き (その2)

    2018年5月1日(火)イマーム広場は、北側にあるゲイサリーエ門 が正門となっており、ここから先はゲイサリーエ・バザールと呼ばれる、イスラム風の市場があります。スタバはないけど、セガフレードはありましたー!アーチ型のアーケードが続く屋内には、観光客向けの絨毯や手工芸品、イスファハンの郷土菓子などを販売する商店が軒を連ねています。このお店は・・・イスファハン銘菓のギャズを売っていました。ソフト...

  13. イランの旅 ⑰オアシス都市カーシャンと聖地ゴム、そして帰国 - オートクチュールの旅日記

    イランの旅 ⑰オアシス都市カーシャンと聖地ゴム、そして帰国

    2018年5月2日(水)今日はイランの旅 最終日。イスファハンからオアシス都市カーシャン、聖地ゴムを経由してテヘランに戻ります。イスファハンからカーシャンまでは 200㎞余り。9時半にホテルを出発しました。今日はニーメイエ・シャアバーン というイスラム教のお祭りで祝日、明日明後日は木・金のため3連休の方が多いと聞いて渋滞を心配しましたが順調な滑り出しです。が、カーシャンが近づくと車の数が増え...

  14. アメリカ西海岸の旅  グランドキャニオン(2) - ヤスコヴィッチのぽれぽれBLOG

    アメリカ西海岸の旅  グランドキャニオン(2)

    ◆アメリカ西海岸の旅【4月26日(木)】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フェニックス8:00→〇セドナ観光10:00→●グランドキャニオン観光ペイジのレイク・パウエル・リゾート&マリーナ泊◆世界遺産グランドキャニオン国立公園グランド・キャニオンがいつ始まったのか、東と西の渓谷は同時に形成されたのかそれとも独立に生まれたのか、などの点に関しては長い議論が続いている。最近の研究では峡...

  15. 南仏プロヴァンスの旅アテンド 1日目 - パリときどきバブー  from Paris France

    南仏プロヴァンスの旅アテンド 1日目

    南仏プロヴァンスの女性3人旅のアテンド。今回はパリを経由せず、日本から直接南仏に入ってもらうという南仏オンリーの旅。九州から、南仏トゥールーズの空港に飛んでもらって。そして我が家バブー家はパリから車を飛ばして。みなさんをお出迎え。

  16. 世界遺産登録 後の課題 - SPORTS 憲法  政治

    世界遺産登録 後の課題

    「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)が、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の諮問機関から世界遺産の登録勧告を受けた。今夏にバーレーンである世界遺産委員会で正式決定される見通しだ。地元は観光対策を急ぐが、これまでの生活や信仰に影響するのでは、と危惧する声も聞こえる。 構成資産を抱える市町では、増加が予想される観光客を念頭に受け入れ態勢の整備が進む。所がオープン。地元の「語...

  17. アメリカ西海岸の旅  グランドキャニオン(1) - ヤスコヴィッチのぽれぽれBLOG

    アメリカ西海岸の旅  グランドキャニオン(1)

    ◆アメリカ西海岸の旅【4月26日(木)】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フェニックス8:00→〇セドナ観光10:00→●グランドキャニオン観光ペイジのレイク・パウエル・リゾート&マリーナ泊◆世界遺産グランドキャニオン国立公園グランド・キャニオン(Grand Canyon)はアメリカ合衆国アリゾナ州北部にある峡谷である。コロラド高原が長年のコロラド川による浸食作用で削り出された地形...

  18. オランダ・ベルギー旅(その9)~ベルギー編~ - ♪♪お散歩♪♪

    オランダ・ベルギー旅(その9)~ベルギー編~

    最終日です。出発が17:30なので、午前中も観光先ず、王宮そしてグラン・プラスチョコレートだけではなく、気になるお店も有りました王の家(ブリュッセル市立博物館)市庁舎セルクラースの像彼の像の右手を触ると幸運が訪れると言われています。さわられたところがツルツルグランパルスを囲む建物良いお天気青空広がりますそして、小便小僧今日は裸ん坊の日でした周りのお店もワッフル屋さんもワッフル屋さん!!!キレ...

  19. ベトナム 世界遺産の旅 - ー思いやりをカタチにー 株式会社羽島企画の社長ブログ

    ベトナム 世界遺産の旅

    おはようございます。株式会社羽島企画トータルケアMama’s社長の宇野恵利子です。3月初旬、岐阜伊奈波ライオンズクラブの活動でカンボジアを訪れた私たちは、その帰路、観光でベトナムへ。世界遺産のハロン湾を訪れました。山水画のような神秘的な形の岩が水面から顔を出しています。湾には、ボートに乗り絶景を間近で楽しむことができました。そんな観光も楽しみながらのカンボジア訪問。小学校設立を支援して以来、...

  20. オランダ・ベルギー旅(その8)~ベルギー編~ - ♪♪お散歩♪♪

    オランダ・ベルギー旅(その8)~ベルギー編~

    ブルージュ旧市街を巡ります愛の湖公園ベギン会修道院の中庭建物の壁にも清楚な印象運河が多い街マルクト広場に向かいます素敵なお店チョコレート屋さん町歩き中にみつけた100%ベルギー産のお店2be買い物に忙しくて店内の写真ナシですがお店前に停めている2beのバイクステキ!ヤン・ブレーデルとピーテル・デ・コーニンク像ブルージュの英雄ですさあランチクロケットポークお店の写真満足、満足ゲントへ移動町のシ...

1 - 20 / 総件数:126 件

似ているタグ