世界のタグまとめ

世界」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世界に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世界」タグの記事(119)

  1. 世界が平和になる究極の方法は血が混じることだ - I shall be released

    世界が平和になる究極の方法は血が混じることだ

    当初は前回の災害関連の津波ハザードマップについて書く予定でしたが、文章の構成を考えてみたら、またそれなりの長文になりそうなため、より時間のある時に書こうと変更し、前々から考えていた、世界制覇、あっ、いや世界平和を確実に長い時間をかけて着実に浸透させていく方法を話してみたいと思う。結論から言おう。「世界中の色々な民族や色々な国民が混じり合う、つまり、他国の人との結婚、他民族との結婚が世界中に広...

  2. 世界は語る。 - 糸のない凧

    世界は語る。

    もしもあなたと私の間に、何ひとつまったく違いがないのなら。あなたは私の世界から、消えてしまうことでしょう。もしも世界と私の間に、何ひとつまったく違いがないのなら。世界は私の世界から、消えてなくなることでしょう。この世界を創るのは、みんながみんな「違っている」ということだから。ほら、耳を澄ませば。世界に嵌まれないからと、どうかあなたは嘆かないで。みんなに嵌まれないからと、どうかあなたは苦しまな...

  3. 長い間、お休みをいただきました。あらためて、再開します。 - 日本のものづくりは世界の財産である

    長い間、お休みをいただきました。あらためて、再開します。

    休んでいた分、精力的に投稿を上げていきます。よろしくお願いします。

  4. たとえぱウディ・アレンのように - I shall be released

    たとえぱウディ・アレンのように

    若い頃、ウディ・アレンの映画が好きだった。きっかけは後にアカデミー賞を獲得した「アニ―・ホール」を誘われて観に行ったことだったが、当然のように次作の「マンハッタン」も観たが、彼の映画の面白いところのひとつが、ストーリー以外に、劇中で交わされる登場人物の会話だった。その会話は、ある程度アメリカの文化を知らなければ理解できないような比喩を交えたものだったり、辛辣な社会風刺だったり、ウィットにとん...

  5. 今週のメッセージ:アマテラスからのメッセージ② - じぶんを知ろう♪アトリエkeiのスピリチュアルなシェアノート

    今週のメッセージ:アマテラスからのメッセージ②

    皆さんの笑顔の影には憂いがあり、そんな時、皆さんは嘘をついています。心の奥底に秘めた想いは決して見せてはならないし見てもいけないと思うのです。闇は恥ずかしく、敗者の象徴で見ることや見せることで自らの位置を決めてしまうと思うのです。皆さんはよく平等について語ります。世の中不公平だとか持ってるとか持ってないとか。でも平等とは、皆が持てるものを同じように持つということではありません。本当は自分の中...

  6. 澱んだところさえも美しい。それが人生というものなのかもしれない。 - 糸のない凧

    澱んだところさえも美しい。それが人生というものなのかも...

    「天陽(※人名)の人生には長いも短いもない……そこにあるだけだ。天陽の人生はただそこにある……それはなんと美しいことか」― NHK連続テレビ小説『なつぞら』の劇中セリフより ―そうなんだ。何かをしたとか、しなかったとか。何を得たとか、得なかったとか。ただそこにある人生を前にして、それはなんと白々しいことだろう。私たちは忘れてはいないか?我々人間もまた、何も持たずに生まれてきて、何も持たずに死...

  7. エロスとタナトスで描く神話~愛と不安の太極~ - Taste of celery

    エロスとタナトスで描く神話~愛と不安の太極~

    世界のバランスはエロスとタナトスでなっている。エロスは神との合一を目指す在り方で、タナトスは分離である。エロスとタナトス、価値は等しく、本質に善悪はない。エロスは愛でありフィロソフィー(知を愛する)も司る。タナトスは力であり技術一般である。知恵を生むのがエロスなら、知恵を使うのがタナトスである。エロスは文化の担い手であり、タナトスは文明の担い手である。エロスによれば人間原理であり、タナトスに...

  8. 寺町の道端の風景 - I shall be released

    寺町の道端の風景

    弘前禅林街にていつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキング 日本ブログ村

  9. 木々の棲息の地としての奥入瀬 - I shall be released

    木々の棲息の地としての奥入瀬

    いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキング 日本ブログ村

  10. ダンス、ダンス、ダンス - I shall be released

    ダンス、ダンス、ダンス

    今年も「はこだて国際民俗芸術祭」に行った。いろいろな都合で2時間ほどしか会場に滞在できなかったが、奥入瀬と同じく、私の毎年の恒例行事となったこのイベントは、行く度に新たな発見をさせてくれる。今回、特に取り上げたいのがセネガルのミュージシャンだ。いかにもアフリカだな、というノリと同時に黒人独特のリズムの出し方で、観衆は次第に踊り始めた。そして、ふと気づいた。国によって、民族によって、人種によっ...

  11. 5G スマホ - 彩色生活

    5G スマホ

    次世代のスマホは5G。そんな印象を持っていたんだけれど、どうやらそうではなくて、5G世代のスマホの方が正確な発想の様・・・。では、5Gって・・・?その特徴は「超高速」「高密度大容量」「低遅延高信頼」。簡単に考えれば、通信を速く、大量に、確実に・・・。そんな通信・・・。それが実現すれば、より臨場感のある画像と音質、クルマの自動運転、遠隔治療、ロボットの生産・流通、etc.に通信網が活用されると...

  12. 三尊仏とそれを取り巻く五百羅漢? - I shall be released

    三尊仏とそれを取り巻く五百羅漢?

    弘前の長勝寺に行った。前回弘前を訪れた時も訪れたのだが、その時は市内を延々3時間以上歩き回った末に辿り着いたために、外観を眺めるだけにとどまった。だが今回はホテルをチェックアウトした後に最初に訪れたためにゆっくりと見ることができた。と言っても、長勝寺のある場所は、曹洞宗の寺のみで構成されている「禅林街」の最後に位置しているため、30度超えの炎天下を禅林街の端から歩いて来た者にとっては、丹念に...

  13. 上手にみんなと歩けない、あの頃の私へ。 - 糸のない凧

    上手にみんなと歩けない、あの頃の私へ。

    いつだって世界を変えるのは、少数派なんだ。大多数は大多数であるがゆえ、世界を変えることはできないから。みんなと違うからと言って、君はまったく恥じることなんかないんだよ。

  14. 私をつまらなくしているのはきっと……。 - 糸のない凧

    私をつまらなくしているのはきっと……。

    夢中になってはしゃぐ子供たちの姿が。ああ、世界はまだ熱狂に値するのだと、私に教えてくれている。もちろん。その神輿を担ぐかどうかは、いつだって私に委ねられているけれど。踊るための舞台は常に用意されているということ、私はいつも忘れないようにしたいと思うんだ。

  15. この深い喪失感、生きている罪悪感 - Living in GOD

    この深い喪失感、生きている罪悪感

    ふいに色んなものが襲ってくる。旦那さんが死のうが、周りには明るくふるまわなければならない。母親がどんなに酷い態度だろうが、昔の私のようにはぐらかしてニコニコしなければ。やるべきことはたくさんある。どれも全部把握して一つずつ間違いなくやらなければならない。時間がない。色々するべきことがあるのに、時間が不足している。子どもに負担になってはいけない。明るく前向きなお母さんでいなければならない。仕事...

  16. どちらから始めるかは、結構重要だと思うのです。 - 糸のない凧

    どちらから始めるかは、結構重要だと思うのです。

    世界が怖いからって。身構えることから始めていないかい?その気持ちはわかるけど。君が力めば力むほどに、世界の方も君を警戒するものなんだ。いつ力を緩めるべきか。そんなの自分で決められるって、君は言うかもしれないけれど。力を抜くことはきっと、力を入れることよりもずっとずっと難しい。力んでみたり、緩めてみたり。その繰り返しこそが、まさしく人生なのだけれど。その出発点をどちらにするかで。たぶん世界の見...

  17. 頑張る彼 - Living in GOD

    頑張る彼

    頑張る彼もう昏睡状態です、と言われた彼が復活してから3日。頑張って寝ないぞ、寝たら負けだと言わんばかりにベッドにしがみついてた。昨日は二人でほぼ徹夜言うことを聞け!と色んな物を投げる彼朝、散歩に連れて行けと言って聞かなかった。あれだけ寝てばかりいたんだから、起きたからってすぐに車椅子ってわけにいかない。少し寝てからと、横になった。今日はまたぐっすり過ぎるほど眠ってる。彼が生きたいと頑張ってる...

  18. それは戦って手に入れるものではないということだけは、はっきりしている。 - 糸のない凧

    それは戦って手に入れるものではないということだけは、は...

    立派になんかならなくてもいい。そう思えたら、私はどれほど救われることだろう。もう何も目指さなくてもいい。そう思えたら、私はどれほど自由になれることだろう。もう何かを必死に守らなくてもいい。そう思えたら、私はどれほど優しくなれることだろう。もうこの先ずっと弱いままでもいい。そう思えたら、私はどれほど安心できることだろう。もうこの先何も変えようとしなくてもいい。そう思えたら、私はどれほど世界を好...

  19. 紛争と干ばつにあえぐアフガンで井戸を掘り、診療所を営む中村哲医師 - ibumi's一瞬の風に感謝

    紛争と干ばつにあえぐアフガンで井戸を掘り、診療所を営む...

    アフガニスタン現地の本当の話を聞いて、ペシャワールに参加! アフガニスタン紛争のさ中、ペシャワール会の日本人医師中村哲氏を、招聘し、講演会を開催した。西多摩周辺の130名が呼びかけ人として名を連ね、講演会当日は、400名弱の聴衆が、カトリックあきる野教会に集まった。前週にアフガニスタンから帰国。講演会当日、福岡から空路あきる野に入った中村医師は、前日徹夜にもかかわらず、疲れの色も見せずアフ...

  20. 奥入瀬が私を読んでいる - I shall be released

    奥入瀬が私を読んでいる

    いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑)人気ブログランキング 日本ブログ村

総件数:119 件

似ているタグ