世界のタグまとめ

世界」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世界に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世界」タグの記事(88)

  1. 再掲載:あなたの世界を変えるのは - 糸のない凧

    再掲載:あなたの世界を変えるのは

    自分がどれだけ傲慢だったか、今さらながらに思い知らされる。周囲がどれだけ寛容だったか、今ごろやっと気づかされる。ずっと同じ場所にいて、ずっと同じことをしていても。私の在り様で、世界はこんなにも違って見えるんだ。※タイトルならびに本文内容は、2017年10月1日に掲載したものです。

  2. この年末の大掃除にこの洗剤はいい - I shall be released

    この年末の大掃除にこの洗剤はいい

    しばらく日本で販売停止していたアメリカ製の「クイックブライトです。現在ネット上ですが販売されています。日本のお掃除と言えば、せいぜい100円~500円程度の洗剤でありますが、それで毎日掃除をしていればそれでもいいのですが、私のようにやらなければ年単位で掃除をしないものもある人間にとっては非常に頼りになる洗剤です。長年蓄積された汚れが(全てとは言えませんが)次々ときれいになって行く光景は圧巻で...

  3. 大都市のホテルの一室で孤独になる - I shall be released

    大都市のホテルの一室で孤独になる

    私は旅して、大都市のホテルの部屋に滞在し、孤独になることが好きだ。小さな街でのいろいろなことから逃れて、何百万人・何千万人が住んでいる街のほんの一角にあるホテルの一室にいると、全てを忘れて、考えるのは自分のことだけになる。独身時代はずっとそうだった。いや、それしかなかった。この歳なって、このような孤独は、若い時に、函館から札幌に出て独り暮らしを始めて感じた孤独感とは違う。大きな街に行くと、自...

  4. 東南アジアに行ったことがなかった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    東南アジアに行ったことがなかった

    「南の方は、香港・シンセン、グァムしか行ったことがないな~」と、いつも拝見するブロガーさんが一ヶ月ほど東南アジアに行ってられるのを知ったので振り返ってみた。その派生で小笠原とか沖縄の離島とかにも思いをはせてみた。寒いし行っても良いかな。

  5. スマホが通じなくて・・・・ - I shall be released

    スマホが通じなくて・・・・

    昨日、ソフトバンクの通信が約4時間半不通になったとニュースで知った。即日はイレギュラーの休日であったため、電話もすることもなかったため、docomoユーザーの私にとっては、影響はなかったのですが(誰かソフトバンクユーザーが私に電話をかけようとして断念した人もいたかもしれませんが)、ともかく少なくとも個人的には困ることはなかったのですが、ソフトバンクユーザーはパニックになったり、計り知れない不...

  6. 終わって始まるEnd and begining - ユメクムイウタ 

    終わって始まるEnd and begining

    剥がれおちる幻の世界そして完全なる自由の世界へA world of illusion that peel off.To the true free world.

  7. "自由"が世界標準だ! - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    "自由"が世界標準だ!

    11月にCDG空港での欠航トラブルで知り合ったオランダのカップルからメールが来た。あれ?、この間まで、屋久島→湯布院→鎌倉、を旅行していて帰国したばかりなのに、クリスマス休暇はアメリカに行くんだって。さっそくエールフランスのバウチャー800ユーロを使うんだな。「君は、どこに行く予定?」だって、その感じって"自由"だ!!!!!!!!。オイラもハイになっちまったよ。そうなんだ...

  8. 中国の旅ーー峨眉山と楽山大仏(四) - 旅行ー一番好きなこと

    中国の旅ーー峨眉山と楽山大仏(四)

    峨眉山と楽山大仏は、1996年、ユネスコによって「世界の文化と自然遺産」に登録された。世界遺産委員会は、紀元一世紀に、四川省にある風景が美しい峨眉山の山頂では中国初の仏教寺院が落成された。その周辺に、他の寺院が相次いで建立されたことに伴い、ここは仏教の主要な聖地の一つとなっている。水産業 数世紀以来、大量な文化的財産が積み重ねられ、最も有名な楽山大仏である。水産業 それは、八世紀に石岩に彫刻...

  9. 君の世界を僕に教えて - 糸のない凧

    君の世界を僕に教えて

    前を歩いてもらうには、あまりにも頼りない君。後ろに連れて歩くには、あまりにも不安な君。よそ見が好きで、より道が好き。目を離せばすぐにひらひら、ちょうちょのような君だけど。並んで歩けばそれはそれは面白い、最高の相棒だってことに、やっと気がついたんだ。

  10. 世界はおもしろい - まほろば日記

    世界はおもしろい

    オットさまが数日のビジネストリップから帰宅。今回はアジアの某国。私自身行ったことのない都市だったので、お疲れ加減を多少気にしながらも、興味が先に立ち、いろいろと質問してしまう。しばし会話をしていたら、なにかを思い出したように席を立って、鞄からなにかを取り出し、「そうそう、これ、まほろばにお土産ね。」差し出されたのは、2冊の本。「え~。ありがたいけれど、私読めないよ。」「僕だって読めないけど。...

  11. スポッティング11月1日(木)6556 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    スポッティング11月1日(木)6556

    人気ブログランキング参加中です。今日は昼過ぎから「スポッティング」。スポッティングしたのは、この写真。今は無きPOLAROID8x10フィルムで撮影した作品です。大きさは8x10inc,20cmx25cmの大きさの密着写真です。大判ちゅうの大判です。大判なので、ボケが綺麗です。さらに、この写真は前玉を少しスイングしてアオッているので、独特のボケがでています。そして、フィルムはポラロイドですか...

  12. 再掲載:なにものでも、ない。 - 糸のない凧

    再掲載:なにものでも、ない。

    名もなき自分を祝福してごらん。名もなき自分を祝福してごらんよ。何者でもない自分に恋をすると、ほら。世界が少しだけ、優しくなっていることに気づくんだ。※タイトルならびに本文内容は、2017年9月13日に掲載したものです。

  13. 世界の言語メモ① - ときどき日記

    世界の言語メモ①

    世界の言語について①今日、世界共通言語といえば英語である。が、ネイティブ話者の数と相関関係にあるのかふと気になった。それは違うということは中国の人口を考えれば分かる話である。今後、世界共通言語は英語ではなくなる可能性はあるのだろうか。まず、歴史的な流れを考える。はたして英語はいつから世界の公用語の地位を手に入れていたのだろうか。世界的な条約の締結の正文を確認した。1883年にパリで締結された...

  14. 戦争と性暴力(ノーベル平和賞発表を知って) - I shall be released

    戦争と性暴力(ノーベル平和賞発表を知って)

    昨日の報道で、今年のノーベル平和賞にコンゴ民主共和国のデニ・ムクウェゲ氏とイラクの少数派ヤジディ教徒ナディア・ムラド・バセ・タハさんに授与されることが決定されたことを知った。最初の感想は、少なくとも一部に候補として挙がっていた中国の習近平国家主席と北朝鮮の金正恩委員長のダブル受賞やトランプ大統領でなくてよかったというのが正直な気持ちだった。これらの者たちに賞を与えるのはあまりにも軽率であり、...

  15. アメリカに対するつぶやき - I shall be released

    アメリカに対するつぶやき

    今、安倍首相はトランプ大統領とアメリカの貿易赤字に関しての話し合いをしている。もちろん皆さんご存知のように、アメリカの日本への輸出額に対して日本のアメリカへの輸出額の方が多いから、アメリカにとっての貿易赤字が発生するわけですが、私は、これは外交問題だとは思っていない。ただ単純にアメリカ製品に魅力を感じないから買いたいと思わないだけだ。外交問題にするよりも、もっと世界を魅了するものをつくれるか...

  16. 世界の中の函館、函館から見る世界 - I shall be released

    世界の中の函館、函館から見る世界

    私が函館に戻った頃に比べて、外国人の居住者あるいは留学者は確実に増えているような気がする。それは日本全体のことであるし(東京はまるで多国籍都市のような気がする、笑)、今更驚くようなことではないのですが、それに伴って深くではなくても何かしら外国人の方々と接触する機会も増えてまいりました。特別な意味のあることも、相手に印象深く記憶に刻まれるようなこともたぶんしていないと思いますが、少なくとも、そ...

  17. 樋口英明元裁判官の静かなる咆哮 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    樋口英明元裁判官の静かなる咆哮

    原発を止めた裁判官として名高い樋口英明元裁判官が月刊誌「世界」10月号に「原発訴訟と裁判官の責任」と題する論考を発表している。樋口氏は私と法曹の同期であり、彼の下した「原発指し止め判決」の素晴らしさは、私のこのブログでも紹介した。その判決は高裁で逆転されているが、それもふまえての樋口論考である。実に興味深い論考であり私自身大いに参考になった個所もある。(注)樋口論考は、まず裁判の争点を指摘す...

  18. 名作とはどんなものだろうか? - I shall be released

    名作とはどんなものだろうか?

    時々思うことがある。美術品などの名作を見て、どれほど自分が感銘を受けるか、それは世間の評価とは別の所にある場合がけっこうあるのです。例えば、私はゴッホを何度見ても素晴らしいと手放しで絶賛できないモネもそれほど感動しない。いわゆるその画家の真似が多いものは、本家本元を見てもそれほど感銘を受けなくなってしまっているのです。これらは4月に行った西洋美術館所蔵のものだが、素晴らしいものであることに異...

  19. アジアの隣人たち、ヨーロッパの函館人たち - I shall be released

    アジアの隣人たち、ヨーロッパの函館人たち

    昨日、よく行くカフェでアルバイトをしていたベトナムの男の子が仕事最後の日になった。たまたまその日に訪れたのだが、それまでは顔を合わせてもあまり話をしなかった。なぜなら仕事を一生懸命やっていて、気軽に声を掛ける雰囲気ではなかったからだ。枯葉留学で函館に来て、アルバイトでD'iciに勤めた。顔を合わせたのは、それまで3回ほどだった。そして多少まともに話したのは昨日が初めてだった。少し話...

  20. 世界 - タロット占いで夢を叶えていくブログ

    世界

    出た。うれピー今までの努力が成果となってあらわれる日。よし、それなら一層ハッピーでいましょう。ハッピーな感情はハッピーな出来事を引き寄せるんだ

総件数:88 件

似ているタグ