世界のタグまとめ

世界」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世界に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世界」タグの記事(15)

  1. 君に見せたい、深い緑とたゆまなく流れる渓谷の水 - I shall be released

    君に見せたい、深い緑とたゆまなく流れる渓谷の水

    いつもお読みいただきありがとうございます。どうか二つのクリックお願いします。(笑) にほんブログ村

  2. THE WORLD の逆位置 - タロット占いで夢を叶えていくブログ

    THE WORLD の逆位置

    カード(世界の逆位置):「まだ途中。でも、続けてみよう。だってもうすぐよ、もうすぐあなたが目標としてしてきたものに、到達できるのよ!」まったくそうなんです。カードスゴーイじゃあ、続けてみます!

  3. Innocence - ユメクムイウタ

    Innocence

    ピュアな世界-Pure world- 作品展示販売*minne*

  4. 男の子たちの祭り - I shall be released

    男の子たちの祭り

    先日お伝えした八戸三社大祭前夜祭での男の子たち版です。私は一度だけ弁天町内会の盆踊りの太鼓を叩いたことがありますが、さすがに中学生だったので多少なりとも図々しく、ええぃと勝手にやっていましたが、このような小さな子の場合、どんな気持ちで祭りに参加しているのか、機会があれば訊いてみたいものです。とても恥ずかしい気持ちなのか、誇りに思っているのか、でも、大人になった時の貴重な思い出になることは間違...

  5. 苔と生と死 - I shall be released

    苔と生と死

    奥入瀬に生息する苔は、奥入瀬独特の世界を築く大切な要因となっている。幹が根からもぎ取られ倒木した樹には苔が生えている。しかし、その苔を命の糧として根付いて成長している樹もある。倒木した樹は苔の繁殖の舞台となると同時に、新しい樹の命の成長を促進する栄養素にもなる。奥入瀬では果てしない命の移り変わりと生を巡る命がけの場所争いが静かに静かに、私たちには気が付かないうちに長い時間をかけて行われている...

  6. 私たちのつくるセカイ - maki+saegusa

    私たちのつくるセカイ

    たとえば。よくあるコーヒーショップで飲む一杯が、とある国への爆撃を支持する一票であったりするように。たとえば。ファストファッションに身を包むことが、酷く劣悪な環境での労働への肯定であったりするように。「平和」を祈ると言いながら。「差別」を厭うと言いながら。ともすると、人は、逆サイドに「加担」している。無自覚の無知によって。この世界は。私たちの意識と意志、行動、そして無意識の総和によって創られ...

  7. 川から滝に変わる時 - I shall be released

    川から滝に変わる時

    奥入瀬で、最も観光客が見る滝は、十和田湖にかなり近くなった場所にある「銚子大滝」だ。今回の奥入瀬歩きはここから始めた。川の水は断崖から落ちる時、滝と呼ばれる姿になって、自らの命を失くさずに下へと向って行く。人間や生物は断崖から落ちると命を失うか大きなダメージを受けてしまう。水は最も強く、そして最も必要とされている。水は流れ行く先にあるものに関係なく、ただ単純に上から下へと向って行く。単純に生...

  8. 女の子の八戸三社大祭 - I shall be released

    女の子の八戸三社大祭

    今回三社大祭(前夜祭)を見て歩いていたら、出演しているメンバーの男女(子供)の割合が6対4か7体対3の割合で女の子が多いことに気付いた。なによりも大太鼓を叩いているのが女性の場合がとても多い。笛に限って言うと8割は女の子が吹いていたように感じた。もちろん男の子たちも頑張っているけど、圧倒的に女の子たちが頑張っている印象が残る。これも八戸の文化なのか、南部の文化なのでしょうか?ちなみに、新潟で...

  9. ニューヨーク旅日記♡   1 - marry’s  naturalhappy diary

    ニューヨーク旅日記♡ 1

    初めてのNYへ姉夫婦と旅をしてきました😊🗽✨言葉では表現できないほど楽しい思い出がいっぱい。憧れのニューヨークの魅力にノックアウトな旅でした^^姉が作ってくれた、行きたいとこリストがたくさんつまったスケジュール🗓 13時間のフライト✈️ドキドキな旅の始まりです(*^^*)羽田からのANA便ほっこり和食機内食が美味しすぎる♪ 何度も何度も外を眺め...

  10. 世界で個展なんて簡単だ、最近の現代アートの仕上げがお粗末なのが理解できた - 人生は楽しむのが一番!

    世界で個展なんて簡単だ、最近の現代アートの仕上げがお粗...

    NYCのギャラリーは日本のライブハウスと似ている。「展示と告知してあげるからお金払ってね。歓迎するよ、売れるかどうかは知らんけど。」だ。昔に"誰でもピカソ"という、ビートたけしのTV番組があって、出てくる作家さん達のお粗末さを笑いにかえていたのを思い出した。作家さんに言わせると、現代アートはその深層・社会性を読み取らなければならないそうだ。今は表層的な技巧は評価に値しないそうだ。現代の作家は...

  11. 「出国前、最後に会う友だち」と「入国後、最初に会う友だち」の座! - maki+saegusa

    「出国前、最後に会う友だち」と「入国後、最初に会う友だ...

    2018年6月25日月曜日は、私が、同時に二つの「座」を手中に納めた記念すべき日となった!・・・と言うと、大げさすぎるけど。(笑)ひとりの友だちが、その日、パラグアイに旅立ち、ひとりの友だちが、その日、ベルギーから帰国した。私は、彼にとって「出国前、最後に会った友だち」となり、私は、彼女にとって「帰国後、最初に会った友だち」となった。誰かが、この地球上をダイナミックに歩いている。空気が動いて...

  12. ロシアンウイーク - Kikoujin staff diary - いまさらツイート -

    ロシアンウイーク

    日本中がサッカーに釘付けなのか?当然どこの家も観てると思いきや、、、「え?どこでやってんの?」とか「いつまでやるんだよ、まったく!」…という方に会い会話が止まりましたん。ちょっと温度差があるかな~なんて(;´Д`)我が家はサッカー好きがいるので毎朝、起きた直後からその結果に沸きます。うちの息子はワールドサッカーのファン。日本はもちろん、海外スター選手の技の競演に興奮!そして、優勝予想に熱狂中...

  13. かごの展示会 - daisy book

    かごの展示会

    とても勉強になりました!!

  14. ロダンは変な人 - I shall be released

    ロダンは変な人

    国立西洋美術館にはロダンの作品がたくさんある。いや、いたる所にこれでもかというほどある。前庭にある比較的「無難」なものはいにしえの人の感情や意志などを、(あるいは悩み)を表現しているあたりさわりのないものだったが、館内に展示されているものはだんだん彼の「変な人」ぶりが忠実に具現化された作品が多くなる。さて、館内の彼の作品を見てみようか。この体の傾ける角度、どうして?と思ってしまう。はたして、...

  15. 国立西洋美術館 - I shall be released

    国立西洋美術館

    東京の最終日は上野に行った。ホテルから(山手線の)浜松町まで歩いて行き、荷物をロッカールームに預けることにした。こうすると、ちょうどいいアクセスタイミングで荷物をまとめることができる。モノレールに乗るまではリュックサックひとつで気軽に歩き回ることができる。私はそんな準備を整えて私は山手線で上野まで行った。駅から出てすぐに西洋美術館を見つけた。ちょっと拍子抜けした感じだった。自分の勝手な(理想...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ