世相雑感のタグまとめ

世相雑感」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世相雑感に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世相雑感」タグの記事(35)

  1. 今朝、本当の優しさを観た! - 岩瀬労に言わせろう!

    今朝、本当の優しさを観た!

    今朝、友人と約束した時刻に間に合わない!という、寝過ごしたアラフォーの我が家の娘を、車でJRのK駅へ、送って行った帰り道、赤信号に掴まった。目の前の横断歩道を、行き交う人を眺めていたら、白い杖を携えた若い男性と、同い年位の女性のカップルが、右側から渡り始めた。白い杖は、まるで彼の目の様に、道路事情を的確に、彼に伝えているようだ。 付き添いの女性は、指一本触れていないのに、正確に段差を認知して...

  2. 「男と女のモテ会話術」長住哲雄・著<こう書房>を読んだ - 岩瀬労に言わせろう!

    「男と女のモテ会話術」長住哲雄・著<こう書房>を読んだ

    どちらかといえば、青春時代の<いわろう>は、女性にモテた方だった。でも、それは数ばかりで、質の方はサッパリ駄目だった。多い時には、トッカエヒッカエ5人の彼女と付き合っていた時期もあったが、いわゆる「男と女の関係」になったことは一度もなかった。今思えば、その一線を超えられなかったのが、長続きしなかった大きな原因だったのだろう。 当時の<いわろう>が、本書を手にしていたら、もっと充実した青春時代...

  3. 魔女に一撃を食らった! - 岩瀬労に言わせろう!

    魔女に一撃を食らった!

    特に重い物を持ったわけでもないのだが、突然腰が痛くなり動けなくなってしまった。久しぶりの「ぎっくり腰」である。正式には「急性腰痛」というらしい。読んで字の如く急激に発症した腰痛を指す。欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれている。 多くは一週間~二週間程度で自然に快復するが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれといった症状が出現した場合などは「椎間板ヘルニ...

  4. お帰りなさい!鈴木奈穂子さん! - 岩瀬労に言わせろう!

    お帰りなさい!鈴木奈穂子さん!

    NHKの午後7時のニュース担当の女子アナ・鈴木奈穂子さんが、今夜やっと!戻って来た!お帰りなさい!長い間のお休みにとても心配していました。 <いわろう>は、大ファンのひとりで、以前夏期休暇で姿を消したときも、NHKへ「鈴木奈穂子さんはどうした!」と、メールで問い合わせたら、「夏期休暇をいただいております。今しばらくお待ちください!」と即座に返答が返ってきて、安心したこともあった。 カミさんは...

  5. 透けて見えます! - 岩瀬労に言わせろう!

    透けて見えます!

    昨日、ある展示会が開催されている「東京ビックサイト」まで行った。その帰り道、新橋でサラリーマン時代の同僚Y君とバッタリ遭遇。軽く一杯ひっかけることになった。Y君は、退職後、子会社で働いていたのだが、65歳で晴耕雨読の生活になったとのこと。<いわろう>も独立しないで、定年まで勤めておれば、いまごろ悠々自適のY君と同じ境遇であったかもと羨ましく思っていたら・・・。 「岩瀬さんは、いいよな~定年が...

  6. 女子用トイレで用を足したことがあります! - 岩瀬労に言わせろう!

    女子用トイレで用を足したことがあります!

    もう20年以上前の話だが、飛び込み営業した会社で、面談中から腹の調子が悪くなり、面談を終えるなり、「トイレはどちらですか?」と聞いてしまった。面談者は嫌な顔をしながら、「この突き当りです」との対応も上の空で聞き、個室トイレに飛び込み、快音と共に用を足した。ホッとしたと同時に、とんでもない現場に居ることに気づいたのだ。 なんと!そこは、女子用トイレだった。 そういえば、個室ばかりのトイレだ!と...

  7. そんなに激しく!舐めないで! - 岩瀬労に言わせろう!

    そんなに激しく!舐めないで!

    今日の午後、あるセミナーに参加した。講師は<いわろう>と同年輩で、団塊世代の男性であった。その場慣れした話しぶりに、昼食後の緩みがちな瞼が、つい閉じそうになって困った。ところが、その講師は、そんな状況を、うまく打破するテクを、ちゃんと知っていた。 それは、出席者に質問をするのだ。 前かがみ状態だった人の背筋が、一斉に伸びるのが、はっきりとわかった。おりしも、話が核心に触れようとしたのだろう、...

  8. 「こころ」は、コピペできないと思う! - 岩瀬労に言わせろう!

    「こころ」は、コピペできないと思う!

    先日、ユーチューブで、久しぶりに「ビバルディの四季」を全曲通しで聞いた。青春時代にレコード盤で、くり返し聞いていた時には、感じなかった新たな感動が生まれた。それは、人生経験を積み重ねてきた心身が反応したのだろう。四季それぞれの楽章に導かれ、蘇る人生経験をくぐり抜けて来たからだ。 ところで、300年も昔の楽曲なのに、現代人にも感動を与える、その普遍性に驚愕する。流行りすたりの潮流に決して塗れな...

  9. 「休日」っていつのこと? - 岩瀬労に言わせろう!

    「休日」っていつのこと?

    今朝、郵便物送付のため、久しぶりに近所のポストまでひとっ走りした。日曜日って取集されるのだろうか?あるとしたら何時ごろだろう?そんな疑問とともに、ポストの横に貼られた、取集時刻を確認した。 そこには、「平日」「土曜日」「休日」のそれぞれの時刻が書かれてあった。「よかった!間に合った!」と安心したら、また新たな疑問がわいてきた。『休日って言い方ってどうなの?』 以前は、「平日」と「休日」の取集...

  10. だったら、みんなが障害者だ! - 岩瀬労に言わせろう!

    だったら、みんなが障害者だ!

    パラ五輪視覚障害者柔道で、韓国人健常者がメダルラッシュという。どうも、眼科医も関与した組織的国際詐欺行為のようだ。視力があるのか?ないのか?のテストなんか簡単だ。目の前で突然、両手を叩く、あの白鵬関お得意の「猫騙し」をパシリとやれば、視力があれば思わず瞬きするだろう。そんな簡単なテストすら事前にやっていなかったのだろうか? ところで、よその国の詐欺行為を憂いている場合ではない。 わが国では、...

  11. 若い女の子には刺激的だよ! - 岩瀬労に言わせろう!

    若い女の子には刺激的だよ!

    日曜というのに、所用で都内に出かけることになった。それも、10ヵ所を一日で回るという強行軍のため、効率の悪い車はヤメにし、公共交通機関を利用することにした。今日は、全国的に晴れとの天気予報通りに、清々しい秋晴れの一日だった。 といっても、主に東京メトロや、都営地下鉄線の利用であるから、ほとんどモグラ状態であった。それにしても、いつものことだが、大江戸線にしろ、副都心線にしろ、階段やエスカレー...

  12. 奥さんには、絶対に内緒ね・・・ - 岩瀬労に言わせろう!

    奥さんには、絶対に内緒ね・・・

    弊社取引先のS社は、およそ四半世紀のおつき合いになる。先代社長の創業で、その長男さんが現在の社長である。その叔父にあたるY専務は、先代社長の弟さんで、購入品窓口担当である。<いわろう>が、S社へ飛び込み営業し、取引開始から28年になるといえば、感慨深そうな表情で、「もう~そんなになるのか?」といいつつ、タバコに火をつけた。 Y専務は、煙を吐き出しながら「お互いに歳とったよなァ~」といって、互...

  13. ついに!お隣の奥さんとヤリました。(続編で完結編) - 岩瀬労に言わせろう!

    ついに!お隣の奥さんとヤリました。(続編で完結編)

    我が家は<いわろう>が、48歳の時、新築の建売を購入した。もう22年も経ったワケだ。引っ越した当初は、野鳥の囀りで目覚めるほどの、閑静な佇まいであったのだが、22年の歳月は、いろんなモノを変貌させてしまった。住環境しかり、カミさんの崩れようしかり、<いわろう>の夜のお勤めしかりだ。 それにひきかえ、お隣の奥さんは、年々お若くなられ、ますます魅力的でソソられるのだ。確か、彼女も還暦前のはずだが...

  14. 足が先?手が先?あなたは、どちら派? - 岩瀬労に言わせろう!

    足が先?手が先?あなたは、どちら派?

    <いわろう>は、仕事柄ほぼ毎日クルマを運転している。こまめに、客先へ出向いて行くことで、同業他社より、客先との距離を、物理的にも精神的にも、常により近くに立っていたいからだ。忙しい客先は、つい自分たちの本業に没頭し、私たちが取り扱う生産財の検討は二の次になる。 「岩瀬さん!○○が、今すぐ!ほしいんだが・・・」との、客先からの無理難題は、日常茶飯事である。逆にいえば、そこにわれわれ業界の存在意...

  15. ついに!お隣の奥さんとヤリました。 - 岩瀬労に言わせろう!

    ついに!お隣の奥さんとヤリました。

    先週の日曜日のこと。カミさんは金曜日から、お友達三人と温泉旅行へでかけ留守。アラフォーのひとり娘は、いまさら塗りたくっても、無意味な化粧をコッテリ施し、街へとお出かけだ。<いわろう>はといえば、土日に片付けるべき仕事で、ひと休みする暇もなかった。 「ほら!月曜日は不燃ごみの日だから、まとめておいて!」「そろそろストーブを倉庫から出しておいて!」「お風呂のカビを落してね」「お天気がよかったら、...

  16. スーパーで、よその奥様から声かけられて・・・ - 岩瀬労に言わせろう!

    スーパーで、よその奥様から声かけられて・・・

    <いわろう>は、カミさんからオツカイを仰せつかった。霧雨の降る土曜の朝から、冷凍ウドンとカキ揚げ3個、それからネギ1本である。家族三人の豪華な、お昼ご飯の調達である。さすがに、これぐらいの品数だったら、いつも持たされているメモ書きは不要だ。<いわろう>は、ウドンさえあれば、ほかに何もいらないし、三度の飯がウドンになっても、ご機嫌である特殊体質なのだ。 我がグランド化したスーパーマーケット内を...

  17. アラフォー女にはご注意! - 岩瀬労に言わせろう!

    アラフォー女にはご注意!

    <いわろう>は、22歳のときに、運転免許を取得して以来、ほぼ半世紀に亘り、車を運転している。そして、サラリーマンから独立後の直近30年間は、ほぼ毎日運転している。もう地球を何周したことになるのだろう。地球一周を4万Kmとすると、多分25周は軽く回っているだろう。 その間、交通事故にいく度か巻き込まれ、警察のお世話になったことがある。ほとんどが<モライ事故>である。左側面から二度、右前方からも...

  18. 「もっと優しく撫でて」って、カミさんは言うが・・・ - 岩瀬労に言わせろう!

    「もっと優しく撫でて」って、カミさんは言うが・・・

    <いわろう>は、わが家のゴミ出し担当だ。隔週の月曜日が、不燃ごみで、火曜日と金曜日が燃えるゴミ。水曜日がプラスチックなどと不燃ごみである。担当に任命されたころ「これも、あれも燃えるゾ!不燃ごみなんて・・・あるのか?」と、ブツクサ言っていたのだが、最近ではカミさんの厳しいご指導を受けずとも、自分で判断できるまでに、スキルアップしている。 実は、お風呂洗いも<いわろう>の担当だ。どんなに遅く帰宅...

  19. あなたは、迷惑がられていませんか? - 岩瀬労に言わせろう!

    あなたは、迷惑がられていませんか?

    今朝、仕事に出かけようと、玄関のドアーを開けると、ドアの前の傘立てに「回覧板」が、無造作に立てかけてあった。隣人が気をきかせて、呼び鈴を押さずに、そっと置いて行ってくれたのだろう。でも、本来の「回覧板」が持つ<コミニュケーションツール>の意味から、少しズレているようにも思えた。ところで、その内容だが、「自分の家の前といえども、車を長時間停めないようにしましょう。迷惑を感じている人がいます」で...

  20. 月給60万円でいいから雇ってください! - 岩瀬労に言わせろう!

    月給60万円でいいから雇ってください!

    T製作所は、お得意さんの一社だ。先日、営業でT社を訪問したときのこと。久しぶりにT社長と面談が持てた。「お世話になっています」「お~~久しぶりだね!岩瀬さん!コーヒーでもどうだ?」ということで、小一時間話し込んでしまった。「景気はどうかね~」「おかげさまでボチボチです!」「ほうォ~それはよかった!」 関西弁によると「ボチボチ」とは「そこそこ稼げています」という意味であると、関西出身のT社長か...

総件数:35 件

似ているタグ