世相のタグまとめ

世相」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには世相に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「世相」タグの記事(24)

  1. 【弱虫ペダル】OP・EDとかオタク観とか女子マネとか - TimeTurner

    【弱虫ペダル】OP・EDとかオタク観とか女子マネとか

    起きている間はずっとアニメを観ているという状態は脱し、今はOP・ED(オープニング・エンディングに流れる曲)を聴き続けています。Prime Videoでアニメを観ているときは早く話に入りたくて歌の部分は早送りしてたから、改めて聴いて「こんな曲だったのか!」と驚いたりして。ひとつのシーズンの中でも12話くらいで曲が変わっていくので、けっこうな数があります。アニメの主題歌ってけれん味たっぷりに歌...

  2. うちの庭はダメ - 日々のしをり

    うちの庭はダメ

    オシャレな人がやって来て/オシャレな人が住む街のそこはオシャレなモノばかり/そこはオシャレなヒトばかり●勝ち組とやら言われてる/オシャレで豊かな人たちのもちろんすべてじゃないにしろ/中にはこんな人がいるそれはオツムが寒々と/心貧しきオシャレたち●NIMBY(ニンビー)と/いつかどこかで耳にしてすっかり忘れてしまってたNot In My Back Yardとっても結構ですけれど/うちのお庭以外...

  3. 第443話ハロウィンの馬鹿騒ぎに思う。そもそもこれってなんだや? - おでんのだし

    第443話ハロウィンの馬鹿騒ぎに思う。そもそもこれって...

    10月も終わって「ハロウィン」だとかという、仮装万歳のイベントがなにやら物議を醸し出しておるようでございます。しかしながら、そもそも「ハロウィン」ってなんだや?ってな所からちょっと考えてみようかと思うんでございますよ・・(´・A・`)・。 で、そもそもこのハロウィンなるイベントは、キリスト教の宗教行事に思われているんですが、厳密に言うと起源としては全く関係ないのでございます。というのは...

  4. それ、言う?・・・ - 日々のしをり

    それ、言う?・・・

    またか・・・と思って、ほとほと、うんざりしている。言葉というものの中には、ある境遇や情況に直面している人が、覚悟や、戒め、といったような意味で、専ら己を鼓舞すために、自分自身に向けて、心の中で言う言葉がある。だが、いわば独語ともいうべきそうした言葉を、そのことに何ら痛みやリスクを負わない想像力の欠如した人間が、高みから、平然と言い放つようなことが頻発している。●先日は、所属事務所の過酷な雇用...

  5. 努力が報われない時代に生きていく価値があるか? - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    努力が報われない時代に生きていく価値があるか?

    最近、本屋の新刊書のところに行くと不愉快になる。本のタイトルは思い出せないが、「出世は努力してもダメ、見栄えだけ」とか、「僕たちは、ものはいらない」とか、努力から、苦労から逃げること、うまく立ち回ることだけを推奨している指南本ばかりが目に付く。そこには"二人三脚"の思想がない。人間は、それぞれ得意・不得意がある。交渉・調整能力に長けている奴、人ったらしな奴、愚直だけな奴、...

  6. キラキラネーム(地方紙より) - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    キラキラネーム(地方紙より)

    キラキラネームの第3弾です。今朝の岩手日報の出生欄から転載。親は、子の健康や幸福を願って、懸命に命名するのでしょうが、幼い時はいいでしょうが、学校に入ったり、将来の就職などの時の事を考えると、可哀想・・・と思ってしまう。世相、時流なんでしょうが、文字変換も出来ないような名前は、本人の為にはならないでしょうな。千虎(ちこ)來夢(らいむ)楓恋(かれん)莉亜菜(りあな)稜久(りく)虎仁郎(こじろう...

  7. 第 433話日本史教科書挿絵のトリビア。【成金=山本唯三郎】 - おでんのだし

    第 433話日本史教科書挿絵のトリビア。【成金=山本唯三郎】

    日本史の教科書とか、中学校社会科の歴史的分野の教科書で、よく知られた成金の風刺画があります。これは和田邦坊と言う漫画家が、ある有名な船成金の話を聞いて描いたものです。北海道の函館の料亭で大散財をした揚げ句に、帰る途中、彼は玄関で履物を履こうとしたところ、足元が暗くてよく見えなかった。そこで、懐から無造作に百円札の束を取り出した。当時の百円札は最高額の紙幣でしたが、その百円札を取り出して、そこ...

  8. ちかごろ思うこと - TimeTurner

    ちかごろ思うこと

    お気に入りの翻訳家の訳書の中で、どう見ても推敲し忘れたとしか思えない個所が頻出するのに遭遇すると、ああ、この人は仕事を引き受けすぎているんだろうなあと思う。そういうときこそ編集者がサポートすべきなのだが、最近はファンクラブのサポーターみたいな編集者もいるのかもしれない。フェイスブックやツイッターで「いいね」ばかり押してるような。耳の痛いことを指摘して売れっ子翻訳家から嫌われ、仕事を受けてもら...

  9. 第429話     Hey say!「平成」をひもとく=その2 - おでんのだし

    第429話 Hey say!「平成」をひもとく...

    平成といえば「バブル」という人は、たぶん高度成長期の生まれ。昭和末期や平成に生まれた人は「格差」とか「低成長」みたいなイメージでこの時代の事を捉えるのではないでしょうかね。考えればそれくらい、経済的にも変化が大きかった時代でもございました。それよりもなにも、考えてみれば時代の情報化が本当に進んだようにも思いますな。平成の初め頃、インターネットなどまったく一般的なモノでなかったことを考えれば...

  10. 選挙から一夜明けて - 日々のしをり

    選挙から一夜明けて

    今回の選挙で、良かったことがあるとしたら・・・。それは、「排除」というような言葉(すなわち体質)には、国民の多くが反射的に強い嫌悪感を抱くということが、再び鮮明になったことだろう。私達は、ことの成り行きがどうあれ、そういう言葉を平気で吐く人間を好まない、そういう心根の国民なのだ。 ●先般の都議会の選挙で、安倍首相が秋葉原で野次に対して「こんな人達」と指差して、それが小池代表の都民ファーストの...

  11. テポドン発射緊急中止! - 日本救護団

    テポドン発射緊急中止!

    米「グアムにテポドンを撃つな」朝「島ではなく領海でもありません」米「領海は了解しない、公海に落してもお前らに後悔させる。宣戦布告とみなし、トマホークを金の家にぶちこみ、皆殺しだ」朝「そんな殺生な」米「あわれで愚かな米国の行動をもう少し見守るとはどういうことだ。主語を取り違えているだろう」朝「ハイ、あわれで愚かな私達の行動をもう少し見守ってください」

  12. 成人年齢下げても入れない公営レース - 日本救護団

    成人年齢下げても入れない公営レース

    20歳未満は競馬は禁止成人年齢引き下げでもNO!選挙18才、競輪、競馬に競艇、オートは二十歳から、競輪車券、競馬は馬券、競艇舟券、オートレースはバイク券かバイ券かそれともオト券おっと許さぬ公営レース、十八だめだよ二十歳で来い。この二年はどこ違う。一年芋食って田んぼの肥やし、二年肉屋の大泥棒、三年坂からおっこって大事なキンタマすりむいた。

  13. 北朝鮮はグアム島に中距離弾道ミサイル4発を同時発射と警告 - 日本救護団

    北朝鮮はグアム島に中距離弾道ミサイル4発を同時発射と警告

    アメリカぴかどん朝鮮テポドンかわいいあのこの肘鉄ドングアムは四発歯につき困る、それに対してパック33と4じゃどちらが強いトランプ強行、金また固いグアムにサードを配備して迎撃ミサイルイージス艦、日本海で待ち受ける飛ぶ鳥落とす勢いトランプアメリカ、思う通りにグアムまで飛べるか金ぴかテポドン飛んだ途端にズドンと落ちる、それともよたよたグアムまで行くか発射したなら二度とは戻れぬ、京の一条戻橋、もどり...

  14. ウサイン・ボルトの偉業 - 日本救護団

    ウサイン・ボルトの偉業

    ボルト脱け落ちジャマイカ転倒、邪魔なイカなく日本は三位、銅のこうのと浮かれる前に、サイン、コサイン、ウサイン・ボルト、偉大な足跡記録を刻む。

  15. 山梨市長逮捕辞職しますか? - 日本救護団

    山梨市長逮捕辞職しますか?

    山梨市長を逮捕=職員採用で不正容疑―経緯など全容解明へ・警視庁山梨県山梨市の職員採用試験で不正を行ったとして、警視庁捜査2課は7日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で、同市長望月清賢容疑者(70)=同市南=を逮捕した逮捕容疑は2016年度の市職員採用試験で合格者を決定する際、虚偽の試験結果が書かれた文書を作成するなどした疑い。

  16. 安部政権、延命はかり新人事 - 日本救護団

    安部政権、延命はかり新人事

    8月3日に新組閣稲田は否だ、加計問題は友達甲斐のない発言、面倒みたよと言えばいい。森友問題は詐欺師理事長の策にはまった

  17. 広島中央署で証拠品の現金が盗まれた - 日本救護団

    広島中央署で証拠品の現金が盗まれた

    警官に警戒せよ警官が犯人に間違いなし

  18. 勘違いじゃないですか−6(頭がいい) - 日々のしをり

    勘違いじゃないですか−6(頭がいい)

    今回は、巷間よく耳にするし、たまには自分でも口にしたりする「頭がいい」ということについてひと言。●まず最初にお断りしておくが、私は自分のことをそれほど頭が悪いと思っていないし、かと言ってそれほど頭がいいとも自惚れていない(ほんと)。つまり自分のことを、まぁそこそこ中くらい、ボリュームゾーンかなぁと思っている。●はっきりしているのは、たとえば数学とか、物理学とか、化学とか、要するに理数系につい...

  19. トリスのCM - 日々のしをり

    トリスのCM

    大好きな小津安二郎監督の最後の作品『秋刀魚の味』より私が上京して学生生活を送った60年代末~70年代初め頃は、学生が飲むウイスキーといえば、もう「トリス」ではなくて、サントリーなら「レッド」、ニッカなら「ハイニッカ」だった。この二つの銘柄は同じような価格で、両方ともキツいアルコールのカドと言うかトゲと言うかそんな感じがあったが、なんとなく「ハイニッカ」の方がややまろやかで飲みやすかった記憶が...

  20. 第422話「写真表現する」という事における社会科学的一考察 - おでんのだし

    第422話「写真表現する」という事における社会科学的一考察

    今回はちょっと「哲学的」なアプローチでお話をしてみましょう。といっても別に小難しいことをいうわけではございません。まぁ、さまざまなジャンルのことを、いままで、ずらずらっと申し述べてきたのではございますが、そもそもこのブログ、「写真家の戯言」みたいな感じで始まったわけなんでございます。あたしは「ファインダー」を覗くのが昔から好きでして、その観点から見ると、デジタルカメラの後ろにリアルタイムに...

総件数:24 件

似ているタグ