中上貴晶のタグまとめ

中上貴晶」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中上貴晶に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中上貴晶」タグの記事(18)

  1. ミックス、大坂なおみ初優勝、羽生竜王決定戦へ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ミックス、大坂なおみ初優勝、羽生竜王決定戦へ

    バドミントン全英選手権決勝が行われた。5種目中3種目の決勝に日本人(ペア)が出場するので、TV観戦する身にとっても力がはいってしまった。最初は混合ダブルスの決勝、渡辺勇大/東野有紗ペアが登場した。初の決勝とあってか、動きに堅さがみえ、最初のポイントはとったもののすぐに相手の中国ペアに逆転され、その後は一度も追いつくことなく15-21で落としてしまった。第1ゲームを失ったことで気分を切り替えら...

  2. トップリーグは小波乱、アストロズWSへ、そして中上は転倒 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    トップリーグは小波乱、アストロズWSへ、そして中上は転倒

    トップリーグ第9節の残り2試合が行われたが、小波乱がおきた。リコーが神戸製鋼に競り勝って6勝目をあげた。反対に神戸製鋼は6連勝の後3連敗である。親会社の不祥事発覚後の連敗だけにちょっと深刻かもしれない。試合は終始、リコーがリードする展開であった。前半14分に先制し、PGチャンスもあったがこれは失敗、しかし5-0で前半を終了した。後半に入ってもいきなりトライ(&ゴール)をあげ12-0とリードを...

  3. パナソニック8連勝、中上ポール、トヨタは2列目スタート - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    パナソニック8連勝、中上ポール、トヨタは2列目スタート

    ラグビートップリーグ第8節、土曜日は3試合が行われたが、どれも注目の試合であった。まず7連勝、それもすべてボーナスポイントを獲得しての勝利とスキのない強さをみせるパナソニックは神戸製鋼と対戦した。神戸製鋼は第7節でキャノンに足元をすくわれてしまったがそれまでは6連勝しており、先週の敗戦はチームにスキがあったためのもの、実力的にはパナソニックにひけを取らないと思われた。しかし試合はパナソニック...

  4. カーリング、グラチャンバレー、MotoGPそして - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    カーリング、グラチャンバレー、MotoGPそして

    平昌五輪カーリング女子代表が決定した。LS北見と中部電力の間で争われた代表決定戦、先に3勝したほうが代表になるという5連戦の4試合目でLS北見が9-5で勝利した。昨日行われた第4試合、第1エンドで勝利の行方が決まってしまった。中部電力は最後の投球でダブルテイクアウトを狙ったがこれが決まれずに逆にLS北見に3ポイントを献上してしまった。LS北見としてはいきなり3-0から試合がはじまったので後々...

  5. 中上優勝、トップリーグ2節終了 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    中上優勝、トップリーグ2節終了

    中上貴晶のMotoGPクラスへの昇格が決まった。2018年シーズンからMotoGPクラスでの参戦が決まり、ホンダから正式発表された。LCRチームからの参戦である。サテライトチームではあるが、今シーズンはクラッチローがライディングして好成績を残している。その中上貴晶が日曜日のMotoGPイギリスGPのMoto2で今季初優勝を飾った。自身2度目の優勝であるが昨年のオランダGPではトップ独走も雨に...

  6. 競歩でダブル表彰台、中上は6位、そしてロジャーズ・カップ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    競歩でダブル表彰台、中上は6位、そしてロジャーズ・カップ

    世界陸上の50km競歩が行われた。リオ五輪で銅メダルを獲得している選手が出場するので結果が楽しみであった。世界記録を持つフランスの選手が独走する中、日本人3選手を含む集団が2位グループを形成してレースは進んだ。そして2位グループから35km過ぎに日本人選手2名が抜け出した。荒井と小林であった。その後2選手はペースアップして4位集団を引き離しダブル表彰台を確実にしていった。ただウクライナのグラ...

  7. ダルビッシュ連勝、テニス界に新星登場 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ダルビッシュ連勝、テニス界に新星登場

    移籍後連勝である。ダルビッシュは昨日敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発した。いきなり味方打線が3点をとる攻撃をみせ、ダルビッシュを援護したがこの日のダルビッシュは微妙な制球に苦しんだ。一回りの打者で3ボールにならなかったバッターを探すのが難しいほどであった。3回に四球から失点すると4回には一発をあびてしまった。しかし5回に味方打線が3点を追加して6-2とリードを拡げると、その裏は四球を出し...

  8. 錦織ベスト8、琢磨は内閣総理大臣顕彰受賞、MotoGPチェコGP - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ベスト8、琢磨は内閣総理大臣顕彰受賞、MotoGP...

    ATP500・シテイ・オープンの3回戦、錦織圭の相手はデルポトロであった。過去1勝5敗と相性の悪い相手、どこまで食いついていくかが注目である。しかし、試合は降雨の影響で開始時間が大幅に遅れてしまい、現地時間では日付が変わってからの開始となったようだ。試合はお互いにサービスをキープする展開であったが、第5ゲームを錦織がブレイクするとリードを守ったまま6-4で第1セットを奪った。第2セットにはい...

  9. フレッシュオールスターは史上初のスコアレス、いよいよ鈴鹿8耐シーズン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    フレッシュオールスターは史上初のスコアレス、いよいよ鈴...

    静岡・草薙球場で行われたフレッシュオールスターは究極の投手戦であった。土砂降りの雨で試合はスタートしどうなることかと思ったが、雨はすぐにあがり、試合は続行された。両リーグとも投手は1イニングと決めていたようで、毎回投手が交代する展開、イースタン、ウェスタンを代表する投手が1イニングのみ全力投球とあってはいくら打者も猛者ぞろいであっても連打は望めず試合は投手戦となった。そして2時間10分でゲー...

  10. 久しぶりの優勝、中上は惜しい3位、バドミントン豪オープン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    久しぶりの優勝、中上は惜しい3位、バドミントン豪オープン

    MotoGPオランダGPが行われた。数年前までは土曜日に決勝レースが開催されていたが、現在は他のGPと同じ日曜日開催である。ただ決勝レースはMoto3、MotoGP、Moto2と順番が他のGPとは異なっている。MotoGPクラスは白熱したレースであった。ヤマハのロッシ、ザルコ、ドゥカティのペトルッチ、そしてホンダのマルケスがトップ集団を形成して4台のマシンによるトップ争いが10周以上も続けら...

  11. 日本ハム3連勝で同率4位、中上は7位、トヨタは3台入賞 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム3連勝で同率4位、中上は7位、トヨタは3台入賞

    日本ハムは今季同一カード3度目となる3連勝で同率4位に進出した。前回のオリックス戦、3連勝を目指したが第3戦は悔しいサヨナラ負けであった。そして昨日、そのリベンジを見事に果たすことができた。先発投手も前回同様メンドーサと山岡、両投手とも前回登板より好調のようであった。ただ四球の多さが山岡には目立ち、結局降板するまで毎回四球を与えてしまったことが敗因の大きな要因となった。3回に大野の一発で先制...

  12. サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブス惜敗、MotoGP、錦織の復帰戦

    スーパーラグビー第11節、サンウルブスは南アメリカのジャガーズと対戦した。昨年は記念すべき初勝利をあげた相手だけに今年は敵地ではあるが2勝目をあげたいものである。その予想は開始早々のトライ(&ゴール)で正夢とあんりそうだった。試合は点の取り合いとなり、ジャガーズが逆転すると、サンウルブスも追いつき、追い越す一進一退の内容で前半は25-22で終了した。後半にはいってもその流れは変わることなくど...

  13. 日本ハム4連勝、WEC第2戦、MotoGP第4戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム4連勝、WEC第2戦、MotoGP第4戦

    5月にはいり、昨シーズンの粘りが戻りつつある日本ハムである。昨日はカード5連敗中、先発の西にも完封負けと今シーズンは相性のよくないオリックスとの試合であった。日本ハムの先発は肩の難病を克服して今シーズンにかける浦野であった。その浦野を援護すべく日本ハムは初回に先手を取った。西川、浅間の連続ヒットで無死1、3塁のチャンスをつかむと近藤がきっちり犠飛をはなっていきなり打者3人で先制点をあげた。そ...

  14. ラグビー3題、MotoGP第3戦予選終了 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラグビー3題、MotoGP第3戦予選終了

    昨日はラグビーで注目する3カードが行われた。まず男子日本代表はアジアラグビーチャンピオンシップの初戦の観光代表戦を敵地韓国で行った。スーパーラグビー開催中とあって、日本代表は初キャップが半数以上を占める若手中心のメンバーであった。開始早々のキックオフ、韓国のダイレクトタッチに救われたが立ち上がりからちょっと不安な面を観てしまった。その後、攻撃面では順調に2トライ(&ゴール)を奪って14-0と...

  15. WRCラリー・フランスデイ1、MotoGP、そしてラグビー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRCラリー・フランスデイ1、MotoGP、そしてラグビー

    WRCラリー・フランスがはじまった。トヨタチーム初日からトラブルに直面してしまった。11号車のハンニネンがSS1終盤で右リアを橋の欄干にヒットさせてしまった。トラブル自体はそれほど大きなものではなかったが、右側タイヤを2本ともパンクしてしまった。スペアを1本しか積んでいなかったため初日はここで残念ながらリタイアとなってしまった。1台のみとなってしまったトヨタチーム、ラトバラが無難に走り初日は...

  16. 奇跡の優勝、稀勢の里、中上が表彰台、錦織はベスト16 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    奇跡の優勝、稀勢の里、中上が表彰台、錦織はベスト16

    まさに奇跡の優勝であった。13日目に右腕を負傷し、休場も考えられた怪我であったが、稀勢の里は強行出場した。14日目の相撲を見るといつもの相撲は取れないことは明白で一気に土俵を割ってしまい2敗となって初優勝は遠のいたと感じられた。一方の照ノ富士も14日目は立ち合いに変化して勝利をおさめるとファンや協会からも不満の声が噴出して千秋楽の一番は声援の数からいえば稀勢の里が圧勝していた。しかし勝負は照...

  17. 日本ハム逆転勝利、カタールGP予選は中止、サンウルブスは逆転負け - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム逆転勝利、カタールGP予選は中止、サンウルブス...

    オープン戦も残り2試合、日本ハムは地元札幌ドームでヤクルトと対戦した。岡欠場(またしてもである。昨年は負傷、今年は胃腸炎、体調管理は必須事項である!)は痛いがそれ以外は順調にオープン戦を消化してきたと思われる。先発はメンドーサ、WBCではメキシコ代表として頑張っていたが、予選敗退。その鬱憤をはらすかのような快投を初回から魅せてくれた。それが4回に突如乱れて3失点してしまったが5回は立ち直り結...

  18. モータースポーツ本格スタート、錦織も好スタート - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    モータースポーツ本格スタート、錦織も好スタート

    今週末からF1、MotoGPとモータースポーツシーズンが本格的にスタートする。ホンダにとってはMotoGPクラスはチャンピオンとしてF1は挑戦者として挑むわけだが好対照のシーズンインとなりそうだ。F1では先の合同テストでエンジントラブルが続出してしまい、マクラーレン・ホンダのパフォーマンスが100%テストできない状況であった。開幕戦オーストラリアGPでは初日のフリー走行ではトラブルなくラップ...

総件数:18 件

似ているタグ