中古カメラのタグまとめ

中古カメラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中古カメラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中古カメラ」タグの記事(22)

  1. Nikon EL2 <その3> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon EL2 <その3>

    そういう訳で、めでたく「趣味の対象」EL2を入手できたワタクシですが、「ゲ、これは故障か!?」と、思わずビビった点がありました。皆様ご存知の様に(と、余り知らなかった私が書いてしまいますが)、「Nikomat EL系」(Nikomat EL、Nikomat ELW、Nikon EL2)と言えば、後のNikon FEに繋がっていくシリーズです。実際、Nikon FEで本格的に寫眞家人生をスター...

  2. Nikon EL2 <その2> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon EL2 <その2>

    ハイ、改めて…「オートワインダーAW-1」を装着した、「Nikon EL2」です。パッと見には、「パワーワインダーAを装着したCanon AE-1」みたいなイメージですね。「MDAS」( Motor Drive Acquisition Syndrome = モータードライブ購買症候群)絡みの案件だ…というのは、要するに、AW-1を先に入手してしまって、ボディの方を探していたということ。何でそ...

  3. Nikon EL2 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon EL2

    これは、今回の渋谷の市での入手品。「 EL 」というと「Nikomat」(Nikon'60-'70年代の、プロ用機に対しての普及版一眼レフシリーズ)という感じですけど、よく見ると、本機の銘は「Nikon」。実のところ、この辺りのNikonの歴史はきちんと把握していなかった…のではありますが、とある事情により、このモデルについてはちょっと(と言うより、結構長いコト)探してい...

  4. 中古カメラ市・初秋の陣 at 渋谷、開催中。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    中古カメラ市・初秋の陣 at 渋谷、開催中。

    中古カメラ市(第23回 世界の中古カメラフェア)、今、正に開催中。いやぁ、時間の経つのは速い。前回の新宿カメラ博から、アッという間に一か月弱ですね(実際のところ、日程が接近しているのでこの渋谷の会は来年は無くなるのだとか…。個人的には、10-11月くらいに一回あると嬉しいので、その辺の日程に移動して欲しいんですが)。ともあれ、今回もしっかりフイルムカメラ中心の品揃えですかね。やはり各店ともリ...

  5. 中古カメラ市・夏の陣 at 新宿、閉幕。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    中古カメラ市・夏の陣 at 新宿、閉幕。

    中古カメラ市(第10回 新宿クラシックカメラ博)、閉幕。上品なイメージのシックな色調に纏められた会場は、いつもの通り。新たな顔ぶれの出店も複数あり、またこういう珍しいお品(私の意識に留まらなかっただけかも知れませんが、初めて見た様に思います…Nikonの社史なんかを読んでいると、必ず出てくる”ハンザキヤノン”ですね。ご覧の様に、精機光学(現キヤノン)のカメラにNikon製のレンズが装着されて...

  6. Canon A-1 (再び!) - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Canon A-1 (再び!)

    …とある切っ掛けで、並べてみたくなったので。やっぱりイイなぁ、A-1。(只のオノロケでした…)

  7. 中古カメラ市2018 渋谷の陣、終了。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    中古カメラ市2018 渋谷の陣、終了。

    昨日5/29で会期終了。今回驚いたのは、アルプス堂さんが出店していなかったこと。個人的には“験の良い店”で、毎回の様に何かしらの出物と出会えていただけにちょっとガッカリでした。対して、コチラはいつもの様に、店主自ら出突っ張りで頑張っておられた早田カメラさん。月曜日のタイムサービスでも、他店が申し訳程度に特価品を幾つか並べる中で、唯一、堂々の「全品20%オフ」 !で大サービス精神を発揮しておら...

  8. 来週(5/24)から中古カメラ市2018 渋谷の陣。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    来週(5/24)から中古カメラ市2018 渋谷の陣。

    来週24日から、渋谷・東急東横店にて中古カメラ市です(正しくは「第22回 世界の中古カメラフェア」)前回の渋谷の会は2017年の秋(と言っても8月の末~9月初)でしたが、元々(私の知ってる、十数年前)、渋谷の会は5月末or6月初に催されていたもので、言わばこちらが“正調”。そして最近、横浜・チャンプカメラさんのツイートをフォロっていると、フイルムカメラ愛好家の層は決して薄くない!というのが伝...

  9. M-elmarit 90mm <その2> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    M-elmarit 90mm <その2>

    実は、このフードがまた、泣かせるモノ。135mmと共用で、商品コードが IUFOO 又は 12575、写真のものは、ものの本に拠ると後期型です。何が泣かせるって、仕上げの凝っていることと言ったら…。先ずパッと見てお判りの様に、外側が黒の艶あり塗装と、基部のクローム仕上げを使い分けています。そして、内側は当然、乱反射防止の艶消しなのですが、こちらも二種の仕上げを使い分けているのです。写真では分...

  10. M-elmarit 90mm - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    M-elmarit 90mm

    大変長く間が空き、恐縮至極。M-elmarit 90mmのおはなしです。資料に拠ると、製造番号から見てこの個体は初年度の1959年製造(スゴイ!現時点で、既に59年目。来年は”還暦”だ)。3群5枚構成。勿論、ワタクシが選ぶ様な価格帯(笑)のブツなので、外観等ソレナリに年季が入ってますが、実用的には十分に良好な状態です。全体はキレイな梨地のクローム仕上げで、基部には黒の合皮(所謂”グッタペルカ...

  11. Nikon F(”New F”)<その2> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F(”New F”)<その2>

    「“普通”のFと、何が違うのサ?」New Fの一体何にそんなに惹かれるのか?この辺り、もしかしたら中々理解され難いのかも知れません。先ず、普通のFと異なるパーツは何か、と言うと、・巻き上げレバーの、プラスチックの指当て・セルフタイマーレバーの、プラスチックのチップがどうしても目立ちますが、これらに加えて・シンクロ用の電極(巻き戻しクランク基部)周囲のプラスチック製カラー(襟)も、黒色のもの...

  12. Nikon F(”New F”) - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F(”New F”)

    昨日、2018年入りを機にプロフィール画像を更新しましたが…。表示サイズが小さいので、改めて。ご存知かも知れませんが…Nikon Fの最後期型。一般的には「ニュー F」と呼ばれるバージョンですね。ただ、Canonの ”New F-1”とは異なり「ニュー F」は正規のモデル呼称ではないので、記事タイトルでは「Nikon F(”New F”)」と表記しました。新年のコラム一発目は、コレで行きましょう。

  13. Canon サーボEE ファインダー!<その4> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Canon サーボEE ファインダー!<その4>

    では、実際に使ってみましょう。先ずは、ファインダーの装着です。サーボEEファインダー左側面のツマミを回して腕木を外し、ファインダー本体をF-1ボディに装着します。併せて、前回触れたいずれかの方法で、ファインダーに電源が供給されるようにします。その上で、ファインダー右側のレバーを赤指標「・」に合わせると、ファインダー内のサーボモーターが駆動して、初期状態(ボディ側と連動するための)に戻ります。...

  14. Canon サーボEE ファインダー!<その3> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Canon サーボEE ファインダー!<その3>

    さて、いよいよ2017年も押し迫って参りました。恒例の(?)”大晦日スペシャル” で、このサーボEEファインダー話もキリを付けてしまいましょう!!初回の話の折に「(何故モードラまで付いているのか、は、また別途)」と言っていましたが、まぁ、結論を先に言ってしまうと”電源供給”がその理由です。モータードライブMFの全面左寄りにはソケットが設けられていて、専用のケーブルを介してサーボEEファインダ...

  15. Canon サーボEE ファインダー!<その2> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Canon サーボEE ファインダー!<その2>

    長らくお待たせしました。サーボEEファインダーの続きです。正直なところ、フツーのユーザにとっては最も縁遠いアクセサリの一つですね、このファインダーは。何故なら、これは「マニュアル機」、つまり絞りもシャッター速度も自分の意思でコントロールする、そういう使い方をするように作られたカメラを、AE(シャッター速度優先AE)化してやろうってモノだからです(絞り環が”Aマーク”に入れられているのは、その...

  16. 今日の一本!(Russar 20mm f5.6 その2) - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    今日の一本!(Russar 20mm f5.6 その2)

    さて。ちょっと間が空いてしまいましたが、それではこのレンズの横顔を。登場は1958年だそうです。マウントは「ライカLマウント」。ねじ込み式=スクリューマウントです。レンズ構成は4群6枚(と聞いています)の対称型で、後玉が出っ張ったデザインである為、カメラ内部で何かに干渉する(ぶつかる)ことも考えられます。ミラーレス機にアダプタを介して装着する場合等には、カメラ内部、特に(そこまではナイと思い...

  17. 明日から中古カメラ市2017・秋、渋谷の陣。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    明日から中古カメラ市2017・秋、渋谷の陣。

    明日から、渋谷・東急東横店にて中古カメラ市です(正しくは「第21回 世界の中古カメラフェア」)。元々、中古カメラ市は年に4回くらい開催されていたのじゃないか…と思います(2000年頃の話。ウロ覚えなので、間違ってたらゴメン)。春夏秋冬に各一回、ならスワリが良い感じですがそうではなく、2月頃が銀座松屋。5月頃に渋谷。8月頃に銀座松坂屋。ウロ覚えなのが秋で、確か渋谷…だったような気がする。何故、...

  18. Nikon F3 AF <その5> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その5>

    …という訳で、過渡期の製品故、動作について当然に不満の出るF3AFではあります。前回のインプレッションでも書いている通り、F3AFが使い難い理由は、一つには(1)“合焦時にレンズの駆動が停止しない(シングルAFモードが無い)”からであって、もうーつは(2)“視野中央がカゲっていて、しかも素通し”だから。その結果、ピントの方に意識が行って作画に集中できなくなってしまうのです。(1)は、実際の被...

  19. 銀座中古カメラ市 5日目。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    銀座中古カメラ市 5日目。

    今日も元気だ、通路が広い!(笑)色々工夫がされていて、本日は17-19時のみ、こんな企画が。でも、盛り上がりは…正直、いま一つでしたか。ぎゃー!ミロター500mmだぁ!!(って、初日からいらっしゃいますけど)コレはレアなお品です。並みのレフレックス500mならf8なのに、なんと1絞り半も明るいf4.5!それだけに図体もデカくて、カメラボディはRTSⅢが付いて展示されてましたが、完全に陰に隠れ...

  20. 銀座中古カメラ市 3日目。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    銀座中古カメラ市 3日目。

    午前中に参加してみましたが…。昔の状況を知る者にとっては、週末とは思えぬ、この「通路の通り易さ」。宝の山?タダのガラクタ?戦い済んで…お外は良い天気のホコ天(←死語?)でした。

総件数:22 件

似ているタグ