中古カメラのタグまとめ

中古カメラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中古カメラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中古カメラ」タグの記事(152)

  1. 明日から中古カメラ市2017・秋、渋谷の陣。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    明日から中古カメラ市2017・秋、渋谷の陣。

    明日から、渋谷・東急東横店にて中古カメラ市です(正しくは「第21回 世界の中古カメラフェア」)。元々、中古カメラ市は年に4回くらい開催されていたのじゃないか…と思います(2000年頃の話。ウロ覚えなので、間違ってたらゴメン)。春夏秋冬に各一回、ならスワリが良い感じですがそうではなく、2月頃が銀座松屋。5月頃に渋谷。8月頃に銀座松坂屋。ウロ覚えなのが秋で、確か渋谷…だったような気がする。何故、...

  2. Nikon F3 AF <その5> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その5>

    …という訳で、過渡期の製品故、動作について当然に不満の出るF3AFではあります。前回のインプレッションでも書いている通り、F3AFが使い難い理由は、一つには(1)“合焦時にレンズの駆動が停止しない(シングルAFモードが無い)”からであって、もうーつは(2)“視野中央がカゲっていて、しかも素通し”だから。その結果、ピントの方に意識が行って作画に集中できなくなってしまうのです。(1)は、実際の被...

  3. Nikon F3 AF <その4> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その4>

    お待たせしました。「DX-1がピントを検出するには、ピントが合っていることが必要」という矛盾をどーするのか?のお話です。今回は少々理屈っぽいかも知れませんが、中々語られない”AF過渡期に登場したNikon F3AFというカメラの真実"に迫っている(笑)ので、図を参照しつつ心して(再笑)読んでみて下さい。さて本論。冒頭に触れた様な状況が生じてしまうのは、カメラ(一眼レフ)が「本来は肉...

  4. Nikon F3 AF <その3> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その3>

    ノーマルなF3アイレベル(←繰り返しますが、正規の呼称ではありません)には無いF3AFならではの特徴、それは『ピントが自動で合うこと』です(当たり前か)。ただ、そこに大きな矛盾した要素が…という点は、一般に余り触れられていないようにも思います。今回は、その辺りを行ってみましょう。< ポイントその1 >F3アイレベルと全く同じにボディ側のメインスイッチ(巻き上げレバーの基部に組み込み)を入れ、...

  5. Nikon F3 AF <その2> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF <その2>

    前回の画像は、お察しかも知れませんが、F3AF登場時のカタログ表紙です。日付は「1983.2.1」で、原型たるF3アイレベル(というのは正規の呼称ではありませんけれど、後の”ハイアイポイント”に対してアイレベルファインダーDE-2装備の機種をここでは指す)の、ほぼピッタリ3年後ですね。Nikon F4の項での歴史講釈(笑)でも触れた通り、かのMINOLTA α-7000に2年先行しての登場で...

  6. Nikon F3 AF - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F3 AF

    今日は寒かったですね。3週間くらい前?かな、随分と暖かくなって「こりゃあダウンのジャケットなんか着てたらアツイしカッコワルイ」みたいな気に(私なんぞでも)させられたと思いましたが…今日は真冬並みでしたね。もう、毎日ナニを着たら良いんだか、みたいな。ともあれ、(カメラ好きの)皆様、お風邪ナド召されませんように…。さて、この”前振り”には、皆様気付いて下さいましたでしょうか?「ん??何だこのシル...

  7. Nikon F4 <はみ出し> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F4 <はみ出し>

    折悪しく(←えっ!?)中古カメラ市の開催時期と重なったため、F4話が中断しておりました…ハナシが随分と飛ぶというか戻ってしまうというか、そんな感じではありますが、Nikon F4の話題色々で、シメてみましょう。その1: AF合焦性能がスゴイ!先ずはプロ用機として至極真っ当!な特徴(特長)です。F4をナニゲで弄っていて、驚いた…というオハナシ。AF50mmレンズを装着した状態で、サア、距離環を...

  8. 銀座中古カメラ市 5日目。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    銀座中古カメラ市 5日目。

    今日も元気だ、通路が広い!(笑)色々工夫がされていて、本日は17-19時のみ、こんな企画が。でも、盛り上がりは…正直、いま一つでしたか。ぎゃー!ミロター500mmだぁ!!(って、初日からいらっしゃいますけど)コレはレアなお品です。並みのレフレックス500mならf8なのに、なんと1絞り半も明るいf4.5!それだけに図体もデカくて、カメラボディはRTSⅢが付いて展示されてましたが、完全に陰に隠れ...

  9. 銀座中古カメラ市 3日目。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    銀座中古カメラ市 3日目。

    午前中に参加してみましたが…。昔の状況を知る者にとっては、週末とは思えぬ、この「通路の通り易さ」。宝の山?タダのガラクタ?戦い済んで…お外は良い天気のホコ天(←死語?)でした。

  10. 始まりました。 - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    始まりました。

    本日から、銀座松屋にて中古カメラ市(正しくは「第39回 世界の中古カメラ市」)、始まりました。え、私ですか? そりゃ一応(勿論?)、短時間ながら参加です。詳しい話?は、また別の機会に譲りますが、フイルムカメラ中心に正統派の品揃え~、という感じでしたよ。余り混んでない(爆)様子でしたので、ゆっくりと品定めできそうです(誉めてない?)。チョッと古いカメラに惹かれてるソコのアナタ!是非参加してみて...

  11. Nikon F4 <その6> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F4 <その6>

    それでは、何故にF3の生産が、F4(超・スーパーなNikon!)の登場後も、継続されたのでしょうか。判断の分かれ目は、当然ながら「F4を使った方が断然イイじゃないか!」と思うユーザと、「F3で十分じゃないか」というユーザの比率、ということでしょうが、仮にも営利追求を目的とした民間事業主体である日本光学工業が「F3の生産継続」という結論を出したからには、「相当数(生産継続が、採算に合うくらい)...

  12. Nikon F4 <その3> - 寫眞機萬年堂   - since 2013 -

    Nikon F4 <その3>

    (※前回の続き。一つ前からどうぞ)前述の通り、’80年代初頭に各社が「特殊なAF撮影用レンズ」を発売(前回触れなかったPENTAXも1981年に、世界初のAF一眼レフME-Fと専用AFズームレンズを発売している。但し商業ベースに乗らず、AF対応レンズも35-70mm f2.8一本で終わったため、AF撮影用レンズのみ発売した他社と実質的に同じになってしまった)、1985年にはMINOLTA α...

総件数:152 件

似ているタグ