中国料理のタグまとめ

中国料理」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中国料理に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中国料理」タグの記事(179)

  1. 魂を揺さぶる料理、これぞ「溢彩流香」リンさんの味。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    魂を揺さぶる料理、これぞ「溢彩流香」リンさんの味。

    3月。待ってましたの「溢彩流香」ナイツ。作詞家、音楽業界関係者、ロックなパティシエ、博士に秘書に…と美味しい&音談義がたえないいつもの皆さんと。▶︎前菜3種「カンパチ・パクチー和え」塩とごま油のシンプルさがカンパチのクリアな脂の旨みを引き立たせる。器のカブラまで完食。「長茄子、鯖へしこと干し柿のせ」このへしこ、カオリンのオカン自家製(オカンとリンさんは文通くらい仲がいい)蒸してほぐして骨取り...

  2.  中国料理 成蹊さいたま市 - 武蔵野うどん&田舎うどん 2杯目

    中国料理 成蹊さいたま市

    テイクアウト成蹊またまたテイクアウトして持ち帰りの我が家ランチ&夕飯でしいつもはお店で頂く中国料理 成蹊さん前回の記事持ち帰りは2FにあるすももDELIさんだけど土・日は休みなのでそんな時は1Fにある成蹊さんでテイクアウトを販売してます晴れた日はお店の前で販売して(雨の日は店内)緊急事態宣言中もスタッフさんが元気よく販売してました2020年の5月から2021年の3月まで買ってきたのをまとめて...

  3. 蟹と春雨の土鍋煮 - まほろば日記

    蟹と春雨の土鍋煮

    今日は春の嵐の日。朝から暗く、外は雨が降っていて、午後からは時折稲妻が光り、雷鳴が轟いています。☆☆☆以下は昨晩の夕食の備忘録です。蟹と春雨の土鍋煮本来は渡り蟹でつくる中国料理の定番の一品ですが、昨日は小ぶりの活きズワイガニを茹でてから調理しました。命に感謝の一品です。甲殻類から出るお出汁とたっぷりの薬味・調味料の旨味が春雨にしっかりと染み込んでお酒にもご飯にも合うお菜です。私はたっぷりの香...

  4. 中華料理  火鳳凰 - 裏LUZ

    中華料理 火鳳凰

    火鳳凰青島ビール¥550炒飯塩麺(半)セット¥680ラーメンは低加水細ストレート麺牡蠣のオイスター¥1200麻婆豆腐辛口¥700天津飯¥680厨房の方は本場の中国籍国際の方が一人てまわされていて早く提供されたホールのスタッフさんも中国人の方だった牡蠣は素揚げした牡蠣でもやしとニラとニンジンのオイスター炒め熱々で美味しい全体的に一品ずつの量は少なめ味は美味しいのにお皿が和洋バラバラでせっかくの...

  5. 榮太郎 - 炭酸マニア Vol.3

    榮太郎

    青森市石江にある「榮太郎」に初訪問してきました。西郵便局の裏手なんですが、カブセンターのサンワ本社の間に道路ができてからはあまり通らなくなった狭い通りにあります。開店時間を過ぎたばかりだというのにお客さんは入っていました。シェフと女性二人体制。あまり愛想はよくありません。厨房を囲んだカウンター席、テーブル席、座敷もありました。メニューほとんどのお客さんがベトコンラーメン(ベストコンディション...

  6. 江の電で - ソーニャの食べればご機嫌

    江の電で

    無性に精進料理の先生と直接おしゃべりをしたくなり、先生の予定をチェックすると二日後しか選択の余地なし。かるかんかぶの漬物蓮根ボールかぶら蒸しぎんなんご飯香の物建長汁(けんちんじる)平日に行ったの初めてかも。平日の午前中は電車の本数が少なく、鎌倉駅で時間潰しに売店を覗いてみると白玉団子さんからいただいた日本丸の今治ハンドタオルとお仲間の江の電ハンカチを発見。極上の肌触りです。ついでに靴下も。1...

  7. 四川料理 蜀江(しょっこう) @京都・二条城前 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    四川料理 蜀江(しょっこう) @京都・二条城前

    京都・二条城前「ANAクラウンプラザホテル京都」にある「四川料理 蜀江」(しょっこう)内装を手がけたのは「GLAMOROUS co.,ltd」の森田恭通さん。ゴージャス感ハンパない。そうだ。森田さん新著「未来を予知する妄想の力」森田恭通という仕事人の独自哲学、凄いわ。ご興味ある方はぜひ。「LAURENT PERRIER LA CUVEE」でシャン杯。「四川料理 蜀江」料理顧問は、かの陳建太郎...

  8. 溢彩流香 @餃子愛、春巻き愛 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    溢彩流香 @餃子愛、春巻き愛

    タイムリーにも今月のBRUTUSは餃子特集だ。底なし沼のように奥深い餃子の世界を深掘りしてる。そうそう、最近の京都・餃子シーンもアツいね。京都のフレンチ「MOTOI」前田 元シェフも、セカンドブランドとなる餃子店「モトイギョーザ」を、11/22にオープンさせたばかり!こちらの情報は追って。さてこの日は、スペシャルゲストだらけの「溢彩流香」ナイツ。この主婦の知恵!さすがリンさんや。アニキ自らワ...

  9. 小青島 - 炭酸マニア Vol.3

    小青島

    青森市造道にある「省青島」。店内でもいただいたこともありますし、持ち帰りをしたこともあります(記事コチラ)。ランチはどうしようかと思っていたところ、本日のランチメニューがツイッターで流れてきました。エビ炒飯980円(税込)卵が入っているので家庭的なお味でした。おいしいですけどね。エビは後のでなのでぷりぷり。エビ炒飯単品だとこのお値段なのでお得なのか。

  10. 揚州飯店(元町・中華街) - OL食べ歩き☆DiaryⅡ

    揚州飯店(元町・中華街)

    週末に横浜中華街の揚州飯店さんでランチ。2500円のリーズナブルコースに、 500円で北京ダックを追加しました。写真取り忘れましたがデザートに杏仁豆腐もいただきました。どのお料理も美味しくいただき満足でした♪また伺いたいと思います。★揚州飯店 本店★住所:横浜市中区山下町164

  11. 浜木綿岐阜県庁前店 - 西美濃逍遥1

    浜木綿岐阜県庁前店

    大垣店・各務原店は来店したことがありますが岐阜市の浜木綿さんは初めての来店美味しい中華を食べたいとなると真っ先に頭に浮かぶのが浜木綿さん値段も手ごろで満足して帰ってこれる安定の美味しさですコロナウィルスの影響もないのでしょうかランチタイムはかなり賑わっていましたGoTo EATの影響もあるのでしょうか支払いの時に前のお客さんもチケットで払っていましたかく言うワタクシもGoTo EATのチケッ...

  12. トルコ・中国ドラマでボケ封じ - ソーニャの食べればご機嫌

    トルコ・中国ドラマでボケ封じ

    隣国のせいで半端ない多忙さ。先週の在宅勤務は1日。そんなソーニャんちの卓袱台は焼きビーフン具はえび、干し海老、ビーフン、ニラ、筍、人参、セロリ調味料は、中華スープをお湯で解いたもの、塩、醤油、酒、胡椒、片栗粉、ごま油※えびは背ワタを取り、小さいボウルに水と共に入れ、片栗粉を混ぜて水で洗い、酒を絡めて茹でる。かじきの照り焼き茄子のニンニク蒸し茄子を蛇腹に切って蒸し、微塵切りにしたニンニクを醤油...

  13. 溢彩流香 @2020年秋。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    溢彩流香 @2020年秋。

    大阪・摂津富田「溢彩流香」(イーサイ リューシャン)通い始めてちょうど10年の月日が流れた。【初訪問の日記】リンさん、いつもありがとうございます。▶︎前菜3種左より。タコのネギ和えは、艶やか。そして、驚くくらいしっとり滑らか。鮭は香ばしさと、甘旨のテイスト。ハートランドが止まらない。インゲンは、リンさん自家農園より。茹ですぎずな食感楽しく、鶏ガラスープの旨みがエッセンスに。ハートランドと共に...

  14. 中国料理白龍 - 人生マクられまくり

    中国料理白龍

    ウーバーを配っていた時に「気になるお店」ってのが何件かは出て来る。その一つが白龍さん(〒700-0976 岡山県岡山市北区辰巳8−101)けっこう渋めの外観だと思う。名前も白龍とかちょっとコワい感じで、Vシネマのイメージしか沸いて来ない点も良し。色あせした看板と言い、「とても良い味出してる。」こういったお店は子供の頃だと「行きたいな!」とは思わなかっただろうが、ある程度の年齢を重ねたからかワ...

  15. ながいもの /韓・中・伊? - ソーニャの食べればご機嫌

    ながいもの /韓・中・伊?

    テレワークとやらでスーパーでパスタ関係の棚が空っぽでしたが、梅雨が明けた頃には冷やし中華も見ることなく、このままだと冷やし中華も食べず仕舞い?そんな時に北野エースで冷麺を見つけ我慢。焼豚がないので冷蔵庫にあったロースハムで代用。冷やし中華を見つけたのに焼豚がありません。豚肉の塊を買って、翌日焼豚制作。月・火曜日は緊急の出勤で焼豚はそのまま。北野エースでずぶといメンマを買っていますが、間違って...

  16. にしぶち飯店 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    にしぶち飯店

    京都「にしぶち飯店」へ。思い返せば、数年振り。「LOUIS ROEDERER BRUT PREMIER」でシャン杯。▶︎毛蟹 ビーフンビーフンといえば“ケンミン”の、米100%ビーフン。麺は毛蟹の蟹ミソで和えていて、絡みよくコシしっかり。黒酢ジュレの清々しいコクが、毛蟹の甘みを引き立てる。▶︎明石の鱧 目の前で骨切りしたハモが、さくっさくの衣を纏い登場だ。香味野菜を利かせた四川のピリ辛ダレと...

  17. 【外苑前】お外ゴハン始動(笑)慈華 itsukaへ! - casa del sole

    【外苑前】お外ゴハン始動(笑)慈華 itsukaへ!

    数ヶ月ぶりに中目黒から出てのお外ゴハンは、昨年12月にオープンした田村オーナーシェフの「慈華 itsuka」になりました♫以前いらした麻布長江 香福筵には伺ったことがなく、お噂だけ。【慈華】https://www.itsuka8.com/外苑前 カッシーナを入った道沿い2Fです。テーブルが4つ、奥に8名までの個室が1つ。決して広くはないですが、ゆったりした印象です。お料理はコースのみ。シェフ...

  18. ピーマンビュレック/ブルガリア - ソーニャの食べればご機嫌

    ピーマンビュレック/ブルガリア

    日本橋高島屋でラスト2のフェタチーズを買えて安心していた。安心している場合ではない。使わないとね。ピーマン・ビュレックブルガリアはオスマントルコ帝国に500年も支配されていたので、イスラムとキリストが混在していて、ヨーグルトとイスラムの料理があって面白い。トルコ旅行の時にヨーグルトの発祥はトルコだとガイドが言ってました。500年も支配されていたらあり得ますよね。ピーマン・ビュレックは前菜扱い...

  19. 小青島 - 炭酸マニア Vol.3

    小青島

    青森市東造道にある「小青島」でもテイクアウトがあるというので行ってきました。受け取りの1時間前までの電話注文でよいそうです。3種類(各税込800円)買ってみました。メイン以外の副菜は共通のものです。油淋鶏弁当以前お店で食べたことがある(記事コチラ)甘い甘酢。ムースーロー弁当卵とキクラゲの料理ですが、豚肉も入っていて具沢山です。回鍋肉弁当意外にも辛い。さすが金賞受賞のお味、おいしゅうございました。

  20. 溢彩流香 @リンさんならではの味。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    溢彩流香 @リンさんならではの味。

    今月はロケ&ロケハン続きにつき、久々の投稿ー。3月の「溢彩流香」イーサイリューシャン@大阪・摂津富田▶︎前菜3種右より「牡蠣」「かぼちゃと明太子」。「ホタルイカと空豆」は春香り、刻みタクアンの旨みがいい仕事してる。副材料による、主素材の旨みの引き出し方がリンさんらしい。まずはのハートランドをグビリ。▶︎鶏と焼トマトのスープトマトの香りが主張し、肉の旨みと美しきハーモニー。どこまでも澄んだ味わ...

総件数:179 件

似ているタグ