中山忠光のタグまとめ

中山忠光」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中山忠光に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中山忠光」タグの記事(7)

  1. 天誅組の足跡を訪ねて。その20「鷲家口古戦場~天保高殿・西田仁兵衛戦死の地」 - 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。その20「鷲家口古戦場~天保高殿...

    「その19」で紹介した那須信吾戦死の地のすぐ近くの高見川沿いに、「天保高殿先生戦死之地・西田仁兵衛先生戦死之地」と刻まれた石碑があります。天保高殿は水戸藩脱藩浪士、西田仁兵衛は武蔵国出身の人物だったようですが、それ以上のことはよくわかりません。 石碑は高見川沿いの堤防の上にあります。 その横に建てられた説明板は、「その18」で紹介した出合橋跡を説明したもので、二人とは関係ありません。 両士に...

  2. 天誅組の足跡を訪ねて。その18「鷲家口古戦場~出合橋」 - 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。その18「鷲家口古戦場~出合橋」

    高取城攻めで大敗を喫し、天ノ辻本陣まで退却した天誅組でしたが、そこで、中山忠光と吉村寅太郎らの意見が別れはじめます。そこへ、幕府の命を受けた紀州藩、津藩、彦根藩、郡山藩などによる総勢1万4000の討伐軍が進軍を開始し、さらに文久3年9月1日(1863年10月13日)には、追い打ちをかけるように朝廷からも天誅組追討の勅令が下されました。つまり、天誅組は幕府、朝廷の両方から暴徒とみなされたわけで...

  3. 天誅組の足跡を訪ねて。その7「岡八幡宮」 - 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。その7「岡八幡宮」

    文久3年8月17日(1863年9月29日)、国境の千早峠を越えて大和国に入った天誅組一行は、昼過ぎ、五條北方にある岡八幡宮で休息しました。 このとき天誅組は100人以上に膨れ上がっていたといいます。 鳥居の横には、天誅組を紹介する看板が設置されていました。馬上は主将の中山忠光。このとき若干19歳です。この人の姉が明治天皇の生母なので、明治天皇の叔父にあたります。薄化粧を施し、緋絨の鎧に鍬形を...

  4. 天誅組の足跡を訪ねて。その6「千早峠」 - 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。その6「千早峠」

    文久3年8月17日(1863年9月29日)午前に観心寺に集まった天誅組一行は、大和国五條に向かうべく千早峠を東に進みました。峠越えは急峻なため、千早村で三日市からの駕籠と人足を返し、新たに千早村に100人の人足と駕籠10挺を徴発しようとしたそうですが、しかし、村では要求された駕籠と人数が整わず、三日市の人足18人を雇い、駕籠6挺を借りて、ようやく人足97人と駕籠を揃えて一行に差し出したといい...

  5. 天誅組の足跡を訪ねて。その4「油屋本陣蹟」 - 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。その4「油屋本陣蹟」

    文久3年8月16日(1863年9月28日)の夜に狭山を出発した天誅組一行は、翌17日未明、高野街道の三日市宿で休息を取ります。このとき主将の中山忠光が泊まったと伝わる旅籠・油屋の跡地には、現在、「油屋本陣天誅組史跡」と刻まれた石碑と、門構えを演出したモニュメントが設置されています。 三日市町は大阪と高野山のちょうど中間地点に位置します。昔の旅人は1日に8里(約32km)ほど歩いたといいますが...

  6. 天誅組の足跡を訪ねて。その1「堺旧港」 - 坂の上のサインボード

    天誅組の足跡を訪ねて。その1「堺旧港」

    幕末には、新選組、見廻組、誠忠組、新徴組など、「○○組」と称する団体がいくつかありましたが、その性格は様々で、警備組織もあれば政党もあり、武装集団もあれば思想集団もありました。そんななか、政党であり思想集団であり武装集団でもあるという複数の性格を持ちながら、最も短命に終わった組織がありました。天誅組です。彼らは、幕末史のなかのわずか1ヶ月ほどの短い間に、一瞬の花火のように炸裂して散っていきま...

  7. 幕末京都逍遥その60「中山邸跡(明治天皇生誕の地)(京都御苑)」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥その60「中山邸跡(明治天皇生誕の地)(京...

    京都御所の北東にある、「中山邸跡」にやってきました。ここは、幕末期の公卿、権大納言・中山忠能の邸があった場所です。 中山忠能は、はじめは攘夷派の公卿として、「その58」で紹介した「廷臣八十八卿列参事件」にも中心人物として加わっていました。しかし、その後、議奏となってからは公武合体派に身を転じ、孝明天皇(第121代天皇)の妹・和宮降嫁にも尽力しました。その経緯から、和宮の江戸下向に随行しますが...

総件数:7 件

似ているタグ