中山道のタグまとめ

中山道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには中山道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「中山道」タグの記事(24)

  1. 下諏訪からの中山道第1回下見 - 風路のこぶちさわ日記

    下諏訪からの中山道第1回下見

    甲州街道は10月23日にめでたく下諏訪ゴール。その余韻のさめぬまに、そこから中山道を歩いてみよう、というウォーク♪全部を通して歩けるかは未定ですが、ともかく第1回目は11月20日です。きょうはその下見です。下諏訪から塩尻峠を越えてみどり湖駅までの13キロ。天気は最高のウォーク日和♪石船観音堂までの階段はちょっと登るかどうか逡巡しましたが・・・登って後ろを振り向くと・・・ごほうび♪塩尻峠まで2...

  2. 馬籠宿 - 鏡花水月

    馬籠宿

    中山道木曽路馬籠宿

  3. 平成最後のツーリング 西日本2850Km Ⅵ 中山道に東洋一:教育の殿堂 アニメ「けいおん」の聖地 豊郷小学校から近江八幡宮 - 素晴らしきゴルフ仲間達!

    平成最後のツーリング 西日本2850Km Ⅵ 中山道に...

    平成最後のツーリング 西日本2850Km Ⅵ 中山道に東洋一:教育の殿堂 アニメ「けいおん」の聖地 豊郷小学校から近江八幡宮 http://ek0901.hatenablog.com/entry/2019/07/04/125201?_ga=2.142023478.503490667.1561266485-1169438182.1548824893 …

  4. 今日の暦 - ぶん屋の抽斗

    今日の暦

    初夏の訪れ。

  5. 中山道を歩く帰路、妻籠宿から馬籠宿へ - SAMとバイクとpastime

    中山道を歩く帰路、妻籠宿から馬籠宿へ

    馬籠から2時間40分で到着した妻籠宿。ここは馬籠以上に過去に訪れたことのある宿場ゆえ町並みを観光する予定はなく、直行したのがここ妻籠脇本陣。宿場には、大名や位の高い侍が泊まるお宿本陣と臨時の場合の脇本陣がある(脇本陣:都合で本陣が使えなかったりしたときに使う)明治10年に建てられているので幕末維新を知らない建物ではあるが、十分に歴史は語ってくれる。(明治天皇行幸時の休憩所)入ったときは偶然に...

  6. 中山道を歩く馬籠宿から妻籠宿へ - SAMとバイクとpastime

    中山道を歩く馬籠宿から妻籠宿へ

    島崎藤村「夜明け前」の主人公青山半蔵(島崎藤村の父島崎正樹)が妹の嫁ぎ先、又、次男を養子に出した先の妻籠宿へ、そして江戸へと向かう道として幾度となく歩いた中山道。その中山道を妻籠宿へと歩いた。下調べでは馬籠⇔妻籠間8km、片道3時間、往復6時間、妻籠で観光と昼食で合計8時間位はかかる予定と見た。なかなか手ごわい。前日同様、土産物屋馬篭館の無料駐車場にバイクを止めて朝8時それでは出発。鍵の手に...

  7. 瑞浪 - さかえのファミリー

    瑞浪

    知人が瑞浪に山林があるので見に行くから行かないかと誘われました。知人夫婦と我が夫婦4人で出かけました。お昼どこかで食べようということで、途中瑞浪に入ってから探しながら行きました。途中喫茶、軽食のお店見つけました。4人ともランチ定食しました。ランチ後は、車走らせたら、中山道細久手宿がありそこで休憩して見学しました。旅館が観光案内所でパンフレットなどが置いてありました。次は目的地に行き、着いてか...

  8. 南木曽 - 新・旅百景道百景

    南木曽

    今日の中山道・馬籠峠2005年の平成の大合併で長野県の山口村が岐阜県中津川市に越県合併され、それに伴って県境も変わりこの峠もただの市町村界から県境に“格上げ”となりました日本でもっとも新しい県境、ということになるのでしょうか

  9. 紅葉の木曽路  其の参妻籠宿本陣と脇本陣 - FK’s Blog

    紅葉の木曽路 其の参妻籠宿本陣と脇本陣

    妻籠宿脇本陣奥谷囲炉裏端を照らす斜光が美しい脇本陣奥谷は1877年(明治10年)に建造され、それまで禁制であったヒノキをふんだんに使った贅沢な建物です。奥谷は島崎藤村の初恋の相手「ゆふ」さんの嫁ぎ先としても知られていて、ゆふさんの愛用品も展示されていました。妻籠宿本陣は江戸時代後期の間取り図を元に復元した建物です。天井も高く間仕切りも少ないから冬場は相当寒そう…本陣は復元とは言え、江戸時代の...

  10. 紅葉の木曽路 其の弐  妻籠宿 - FK’s Blog

    紅葉の木曽路 其の弐 妻籠宿

    馬籠宿から妻籠宿へは車で20分足らずの距離でしたが、中山道沿いの紅葉が美しくて何度も途中下車してのドライブでした。真っ赤も綺麗ですが、ピンク、オレンジ、緑の淡いグラデーションも本当に綺麗でした。木曽路はすべて山の中…2日間ず~っとこんな景色の中を走りました。もう紅葉は過ぎてるかと思ったら、ちょうど見頃だったようでラッキーでした♪馬籠と妻籠を結ぶ旧中山道を歩いて行き交う方も大勢見かけました。ほ...

  11. 柏原 - 新・旅百景道百景

    柏原

    10日前の滋賀県米原市中山道柏原宿美濃から近江に入って最初の宿場町・柏原軽自動車率の高い生活感あふれる旧街道、そして道路中央に消雪装置が埋め込まれているところがやはり雪国ちょうど昼時に出くわしたので勢いで入った中華料理屋『紅梅園』まずまずのお味だった牛バラ炒飯大盛

  12. 醒井 - 新・旅百景道百景

    醒井

    先月23日の滋賀県米原市中山道醒井宿と清流・地蔵川澄み切った水と梅花藻『水』を見に来る数少ないスポットです

  13. 梅花藻咲く小川 - 風にのって・・・

    梅花藻咲く小川

    旧中山道醒井の地蔵川に繁茂する梅花藻を観ました清い流れの地蔵川にたくさん繁茂しています。通常は川の中を流れに沿っていますが、開花期は日光を浴びるため水面から顔を出して花開いているんだとか・・この横の囲いには琵琶湖から仕入れた”やまめ”など淡水魚を水辺のお料理屋さんが使うまでここに入れて活かしておくんだそうです。(nhkの全国放送で出かける前の日の放映でこの様子がながれましたよ。)また、この川...

  14. 守山宿の飯盛女 - 花街ぞめき  Kagaizomeki

    守山宿の飯盛女

    守山宿江戸期において、京と江戸を結ぶ東海道五十三次にはすべて飯盛女という娼婦がおりました。滋賀においてもその宿場として、大津、草津、石部、水口、そして土山にも当然宿場女郎はおりました。同じく京と江戸を結んだ中山道はどうだったのでしょう?東海道は矢張りメジャーで宿場の規模も大きく、道中に主要都市もあり、おびただしい道中ものの艶本が存在します。脇役の感が否めない中山道にも宿場女郎がおりました。た...

  15. 奈良井宿 -6- - memory

    奈良井宿 -6-

    奈良井宿に残る中山道の杉林二百地蔵明治期の国道開削や鉄道敷設の折に奈良井宿近辺から集められたもの

  16. 奈良井宿 -5- - memory

    奈良井宿 -5-

    風が通る

  17. 奈良井宿 -4- - memory

    奈良井宿 -4-

    古物

  18. 奈良井宿 -3- - memory

    奈良井宿 -3-

    観光客が退けた後は普通の生活があるワケでそんな雰囲気に浸りたいと思うのは少々後ろめたい感じがする。回覧板

  19. 奈良井宿 -2- - memory

    奈良井宿 -2-

    光と影が印象的な、春の日の午後

  20. 奈良井宿 -1- - memory

    奈良井宿 -1-

    中山道奈良井宿とりとめもなく散歩子供の頃、トシヨリに百草丸を飲まされたような記憶が・・・

総件数:24 件

似ているタグ