丹沢のタグまとめ

丹沢」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには丹沢に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「丹沢」タグの記事(61)

  1. Nishi-Tan おかわり その2 - Sauntering 

    Nishi-Tan おかわり その2

    私生活でバタバタしていて、更新が滞っていました・・。今週中に再びONラインになるので、またいつものように更新できるはず。OFFライン中はコロナを始め、脱法マスクやら株価やらで大変な世の中というのが遠くに聞こえ・・・。必要な情報もたくさんありますが、心を余計に惑わす不必要な情報も溢れているんだなと改めて思いました。流言飛語に右往左往するのは時代を経ても変わらないもの。パソコンとスマホが無いとそ...

  2. Nishi-Tan おかわり - Sauntering 

    Nishi-Tan おかわり

    ちょっと前ですが、山に行ってきました。西丹沢。今回は単独ではなく、メン御一行です。ルートは前回と一部重複する行程。この時のミツマタは少し開いてます。が、今は開花してるかも。今年はかなり早そうです。雲厚く、見晴らしは最低ですが…。霧好きな自分にとってはナイスなコンディション。霧が濃いと世界が変わる。そうなると、なるべく濃いと良いですね。良い感じに雲の中へ突入しますが、高度を上げると減ってきます...

  3. Nishi-Tan Roundwalk その8 下山 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その8 下山

    本棚を見た後は、すぐ下にある下棚へ向かいます。綺麗な流れの前で一息。険しい所は過ぎ去り、もう登りが無いので、ゆったりしちゃいます。おっ!流れを見ていると、ヤマメがペアリングしてる。釣り人もおらず、禁漁なので安心して餌を食べています。可愛い魚です。暫く見てると、行動範囲やパターンが決まってる事に気付く。この岩の横がお気に入り。ここで何やらモジョモジョしている時間が長い。釣り人は普通の人より魚を...

  4. Nishi-Tan Roundwalk その7 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その7

    最後のピークを過ぎたら、後は下り。次第に濃くなる植生に、一抹の寂しさを感じて。階段はキツいですが、概ね快適に下っていきます。見た感じ、楽しそうな道だと思いませんか。なかなかスピード感溢れる下山で、甘い物が欲しくなる。そうだ、俺たちにはアレがあるじゃないか。口にした途端、元気が湧き出てきます。本当、アンコとブルボンは即効性が高い。脱法ドーピングに指定しても良いんじゃないか。食欲とか無くても、好...

  5. Nishi-Tan Roundwalk その6 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その6

    気持ちの良い稜線を歩いています。人に全く出会わない登山。何て晴れ晴れとするのだろう。(正直)なので、この道朝1番のニンゲンは私。かなりの数の鹿、鳥、ケモノたちに遭遇します。しかし、警戒心が異様に高く、逃げていく足音だけを残して姿が見えません。。鹿は数十頭が横切るのが音で分かります。ホント何度も書きますが「絶対にイタズラしないから大丈夫」というこの熱い想いをアニモーに伝えたい。こちらは独りだし...

  6. Nishi-Tan Roundwalk その5 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その5

    外でボーッと景色を眺めていたら、すっかり体が冷えてしまった。ささ、緊急避難という事で避難小屋へインします。ガラガラガラ…。あれ!誰もいない!こんな土曜日なのに。何たる僥倖…。独り占めです。お腹が空いたので食事の支度をして。その前に、お土産で貰ったコイツをいただく。岩手から来た。あ、そうだ。フライパンは年末に衝動買いしたもの。プレスリリースの時から気になっていた。うっかり触ってしまった結果です...

  7. Nishi-Tan Roundwalk その4 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その4

    ----------------次の山頂は西丹沢の奥盟主、大室山です。ここも雲の中で展望無し。でも、無人で霧氷に囲まれて幻想的です。写真だと深い霧が写らないのかも…。人の気配が一切無いブナ林。真っ白な頂上辺りをウロウロと散策しました。彷徨という言葉が似合う。ここは昔は大群山(オオムレやま)と呼ばれていました。丹沢の山名は変更や変化が激しいので、なかなか興味深い。塔ノ岳は塔ヶ岳。犬越路は大越路...

  8. Nishi-Tan Roundwalk その3 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その3

    稜線を歩いています。雲のラインより少し下った所、ゆっくり歩いて風の流れを見ながら。辺り一面、地面は冬枯れですが、樹々には樹氷が。花が・・・咲いた。少し立ち止まって、その瞬間を待ちます。ドキドキするなぁ。。きたっ!この強風、気温は最高です。あ…。物凄い突風がやってきて、フワリと体が持ち上がるような感覚。稜線を抜けゴウゴウと風が…。光が…。さあっと光が降りてきます。夢中でシャッターを切った。でも...

  9. Nishi-Tan Roundwalk その2 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その2

    ----------------登高を続けます。もうペースは掴めてリズムに乗る。良い感じに足が動きます。息が整い、荷物の重さも丁度良いバランス。こんな時は本当に気持ちいい。辺りはすっかり雲の中。そんな中でも楽しい世界が見えて来る。展望はないものの、樹氷が目立ってきました。冬枯れのモノトーンが華やかに変化して。この静寂。尾根で風が轟轟と吹いていて、樹氷がカラカラ落ちる音がやけに大きく感じる。そ...

  10. Nishi-Tan Roundwalk その1 - Sauntering 

    Nishi-Tan Roundwalk その1

    新年最初の登山に行ってきました。天気予報は雨でしたが、傾向が良さそうだったのでとりあえず。気温もいい感じに低いので、良い景色を狙えそう。途中、ポツポツ来るも、概ね大丈夫な程度。登山口に到着!少し混雑しています。偶然にも随分前に停めた所と一緒。今回の荷は少し重い。正月で鈍った体を叩き起こしつつ、楽しもうという作戦。しかし、小さい癖に石のように重いです。体力が落ちてそう感じるのか…。19-20キ...

  11. 初冬詣 2019 その4 ラスト - Sauntering 

    初冬詣 2019 その4 ラスト

    ----------------下山です。山頂で「精進落とし(後述)」をしようと決め、今日はまだまだ長いので速やかに下ります。腕白な天狗さんに何度もお礼しながら。やっぱりこの狛犬、ドーンとしてます。エネルギッシュ!どしどし下り、バスに乗り込みます。疲れはまだ無し。バスと電車に揺られ…。江の島に到着。登山の格好がやや違和感ですが…。気にしないタイプ。予報通り、午後から風が強い。山の予報通りでし...

  12. 初冬詣 2019 その3 - Sauntering 

    初冬詣 2019 その3

    --------------------------------Suica騒動も収まり、どんどん上へ。すぐに大山阿夫利神社へ到着。「!!」ここの狛犬、こんなパンプしていたっけ…。ゴツすぎて、反り返ってます。。絶対強い。前に秩父神社で見た狛犬よりもゴツい。もはや狛犬と呼んでいいのか…。脚を見ても力強さが素晴らしい。お参りした後は再び登山開始。こちらからだと奥宮に入る感覚。富士山同様、お山が御神...

  13. 初冬詣 2019  その2とご挨拶 - Sauntering 

    初冬詣 2019 その2とご挨拶

    続きの前に…。オフラインの生活から復帰いたしました。いや…清々した。細々と出掛けたり、用事を済ませたりしている内に年末年始が終わりました。正月はちゃんとお節を食べて、充電です。たまにはいいかも。久し振りにお正月気分を味わいました。そんな訳で、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。--------------------------------さて、登山の続きです。えっと、Suicaを落としたん...

  14. 191231丹沢に拾う神あり - 47歳からの哲学

    191231丹沢に拾う神あり

    31日(火)、丹沢に日だまりハイク。0550相模原出発、0735戸川、烏尾登山口発。登り始めて1時間ほどにあるお地蔵様。「文化七年庚午(かのえうま)四月吉日横野邑中(ゆうちゅう)」とある。1810年4月、横野村ということか。(写真:烏尾山から富士山と塔ノ岳。)0915烏尾山着、到着時刻をメモ帳に記す。1025新大日に着、地図のコースタイム通りとメモ帳に記そうとしたところメモ帳がない。リュック...

  15. 初冬詣 2019 - Sauntering 

    初冬詣 2019

    久し振りに公共交通機関にて、お山へ。なんて新鮮なんだ。始発近くでも大勢乗ってます。みんなどこに行くのだろう。揺られ揺られて到着。関東在住ならご存知、大山です。表からは小学生以来。変わってないなー…って、覚えてない。寒桜が咲いていたり…。おおっ。思いがけない黄葉の残りがあったりして。信仰の山なので、参拝ついでに登りに来ました。荷物重めでトレーニングも兼ねて。そんなユルい考えでしたが、思いがけな...

  16. 大山 - 歩のち登、ときどき走。

    大山

    神奈川県大山(1271m)2019年11月13日(水)曇時々雨総歩行時間(休憩含む)4時間55分高校時代の友人Sちゃんが最近山に興味を持ったそう。今まで登山経験は高尾山くらいらしい。登山道具についてあれこれアドバイスをしていたら、あっという間に全部買いそろえちゃった!おー!ほんとにやる気なんだね!?じゃ一緒に近場に登りに行ってみようよ!とはいえ、子育てしながら仕事をしている彼女、なかなか休み...

  17. 朝の風景スケッチ - まり子の水彩画

    朝の風景スケッチ

    我が家からの眺め100均のお絵かき帳に早描きの練習

  18. 避暑に行く^^ - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    避暑に行く^^

    体調もほぼ回復してきたのでどこか涼しいところへ行こうと向かった先は山の中。丹沢山塊の懐深く、幾筋もの渓流が流れ清冽な水が音を立てて本流へ流れ込みます。岸辺の岩に腰掛けて足を渓流につけると何とも気持ちがいいのです。下界は35°あったのにここは30°を切っていてまるで別天地。マイナスイオンをたっぷり吸って痛めたノドも潤いました。「さ~て、そろそろ撮影も再開だ」と気持ちも軽くなりました。緑の木陰で...

  19. 新緑の丹沢縦走 - GreenLife

    新緑の丹沢縦走

    5月下旬のこと今年もヤビツ峠から三ノ塔、烏尾山などを経て、塔ノ岳を目指す丹沢の表尾根を縦走してきました^^新緑が涼しげに見えるかもしれませんが、この日は夏日汗をぬぐいながらの厳しい山行となりました(/ _ ; )時折り登山道に咲く花たちに励まされながら、ひたすら登る、登る、登る。。。そうして頑張ったご褒美がこれーーー♡生き返るーーー‼︎って、まだ目指す山頂はまだまだ先なんですがw相変わらずへ...

  20. 懐かしきバカ尾根 - ぼんぼんトントン 写真

    懐かしきバカ尾根

    すんごく久しぶりに 丹沢の塔ノ岳 に行ってみました今回も平日につきソロでござる~塔ノ岳、学生の頃はよく行きましたさ、、、と言うか、訓練で 塔ノ岳 にある山小屋へ 歩荷(ボッカ)をしておりました歩荷 ってば山小屋に物資を歩いて荷揚げするお仕事の事普通の登山装備の他に40kgほどの物資を背負って小屋に届けるんですね~物資は食料がメインで、ビールやジュース、お米や、おでん が多かったな歩荷ルートは...

総件数:61 件

似ているタグ