主権在民のタグまとめ

主権在民」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには主権在民に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「主権在民」タグの記事(4)

  1. 案内「腰を据えて考える 主権在民と民主主義!」 - FEM-NEWS

    案内「腰を据えて考える 主権在民と民主主義!」

    日本の選挙の投票率の低さは、代表制民主主義の形骸化を招き、深刻です。民主主義と地方自治を鍛えるため、北欧の選挙制度や社会制度、日本の公民館が国民主権に果たす重要性を学び、考えます。「腰を据えて考える 主権在民と民主主義!」にどうぞ! ●2020年1月25日(土)10時~15時半●さいたま共済会館浦和駅西口より徒歩10分https://jicr.roukyo...

  2. 結局、「国體護持」はできなかった。 - 御言葉をください2

    結局、「国體護持」はできなかった。

    わたしは、今まで「国體護持」されたと思って来たが、そうではないのではないか。「主権の存する国民」という言葉が日本国憲法に入った時、「国體護持」は土台を崩されたのではなかったか。「象徴」はあくまで「象徴」である。しかし、「国民」主権、基本的人権の尊重、平和主義を柱とする「日本国憲法」を持つ「日本国」の「象徴」には「天皇」はふさわしくないのではないか。日本国憲法において、「国體」というものの考え...

  3. 日本国憲法第1条に「主権の存する国民」と入ったのは、革命的だった。 - 御言葉をください2

    日本国憲法第1条に「主権の存する国民」と入ったのは、革...

    わたしは、日本国憲法に「国民主権=主権在民」が入ったのは、やはり決定的なことだと思う。近代憲法の特徴は、主権在民であろうが、日本国憲法は「象徴天皇」という「天皇制」を残しながら、はっきりと主権は国民にあると書いているのであり、この意味するところは、きわめて重大である。確かに、日本国民は「革命」をおこしたわけではない。しかし、「革命的なこと」をしたのは間違いあるまい。詳しいことはまた書きたいが...

  4. 主張 日本共産党96年 不屈の歩みの到達点にたって - 発見の同好会

    主張 日本共産党96年 不屈の歩みの到達点にたって

    主張日本共産党96年不屈の歩みの到達点にたって日本共産党はきょう、1922年7月15日の創立から96周年を迎えました。ひとつの政党が同じ名前で1世紀近く活動していることは日本では例がなく、世界をみてもまれです。96年の歩みには、国民の利益擁護、日本社会の進歩、平和と民主主義の立場を貫き、たたかい抜いた歴史が刻まれています。日本も世界も大激動の時代のいま、未来に向けた確かな羅針盤となる綱領を持...

総件数:4 件

似ているタグ