久米島の昆虫のタグまとめ

久米島の昆虫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには久米島の昆虫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「久米島の昆虫」タグの記事(4)

  1. リュウキュウルリモントンボ♂久米島産 - くま次郎の”やんばる日記”

    リュウキュウルリモントンボ♂久米島産

    沖縄県久米島2019年4月前回の記事から1週間近く更新をサボったうえ、5月の記事がまったく上げられず6月に突入してしまいましたが、今回も久米島です。久米島は小さな河川が多い島ですが、沖縄本島でいうリュウキュウハグロトンボやオキナワオジロサナエ、ミナミヤンマといった渓流性トンボが生息していないようで、唯一生息している渓流性トンボはリュウキュウルリモントンボのみのようです。このトンボの同亜種は他...

  2. 久米島の小型甲虫類 - くま次郎の”やんばる日記”

    久米島の小型甲虫類

    ナガハナノミ科の一種ハナノミ科の一種ホソクビムシの一種沖縄県久米島2019年4月今回の滞在ではもっぱら小さな甲虫類を撮影していました。ほとんどが1センチ以下です。クメジマボタル以外はやはり沖縄島と同じ顔触れですね。<撮影機材:OLYMPUSOM-DEM-1Mk-Ⅱ/M.ZUIKO DIGITALED60mmF2.8 Macro+Kenko接写リング/STF-8Twinflash>

  3. ベニボタル科ハナボタル属の一種 - くま次郎の”やんばる日記”

    ベニボタル科ハナボタル属の一種

    沖縄県久米島2019年4月久米島はクメジマボタルを筆頭に様々なホタルが生息しているようです。写真の昆虫はホタルに近縁なベニボタルという昆虫の仲間で、そのほとんどが和名のとおり赤い羽を持っています。これは捕食者である鳥類などに対して体内に毒液を持っていて「食べると危険という」警告色の役割をしているといわれ、またその警告色を真似て擬態する昆虫が数多く知られています。今回遭遇したベニボタルの一種は...

  4. 久米島のハムシ科昆虫 - くま次郎の”やんばる日記”

    久米島のハムシ科昆虫

    久米島で撮影したハムシ科昆虫をざっくりと投稿してみました。あまり沖縄島と変わらずという感じですが、どの種も個体数は沖縄島北部より多いような感じがしました。ハムシ類は種ごとに食草が異なるので、それだけ植物の種数も豊富ということなのでしょうか。ホソセスジハムシサルハムシ属の一種トビハムシ属の一種ノミハムシ属の一種ヨツモンタマノミハムシツツサルハムシオキナワイモサルハムシモモブトサルハムシ?セモン...

総件数:4 件

似ているタグ