二十四節気のタグまとめ

二十四節気」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには二十四節気に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「二十四節気」タグの記事(211)

  1. 『土用』 - FFV_CyberTraveler

    『土用』

    明日、10月21日は、『土用』(どよう:雑節)です。暦の上では、秋も終わり。いよいよ季節は冬へと向かい始めました。「土用」の詳細については、ぜひ、こちらをお読みください。 未曾有の勢力で台風上陸!「土用」は四季のそれぞれの変わり目にあたる約18日間のことをさします。10月21日は「土用の入り」、11月7日が最終日になり、その翌日は立冬です。古来から季節の変わり目は天候が不安定になるとされて...

  2. 『九月十三夜』 - FFV_CyberTraveler

    『九月十三夜』

    明日、10月11日は、『九月十三夜』です。八月十五夜、いわゆる「中秋の名月」は皆さんもご存知かと思いますが、九月十三夜はちょっとマイナーですね。 片月見十五夜は中国から入ってきた風習が日本に定着したものです。昔から日本人は月見が好きだったのか、十五夜だけではもの足りなかったようで、この「九月十三夜」に、「十月十日夜」(じゅうがつとおかんや、と読みます)まで作って月を愛でるようになったのです。...

  3. 群青カフェ〜寒露〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜寒露〜

    薬缶がシュンシュンと音を立て始める頃、再び引き戸が開いて、咲(さき)ちゃんの待ち人がやって来た。咲ちゃんの姿を見つけると、柔らかな笑顔を浮かべ、私の方にも軽く会釈する。紺色のカーディガンを羽織った長身の男性は、本屋で咲ちゃんと一緒に居た人だ。注文を取りに二人のテーブルに行くと、男性の肩に小さな水滴が光った。微かに、雨の匂いがする。さっきまで自分のお店に立っていたらしい咲ちゃんからは、花の茎や...

  4. 季節が変わります - Have a nice day!

    季節が変わります

    今日は寒露(かんろ)秋が深まり草花に冷たい露が宿る頃今年は残暑が厳しく日中は汗ばむ日が続いていました。この2~3日は朝夕の気温が下がり肌寒くなってきましたので、今年着なかった服を処分し、洗濯を済ませた夏物と秋物を入れ替えて衣替えを済ませました。断捨離、断捨離と言いながらもなかなか処分ができずに毎年悩みます。結構疲れました。そして先日行った写真展の写真を撤収、場所を提供してもらった桜坂珈琲へ友...

  5. 寒露(かんろ)〜 二十四節気 〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    寒露(かんろ)〜 二十四節気 〜

    寒露(かんろ)草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。〜くらし歳時記より〜今年はつい数日前まで夏日だったので、露が降りるのはもう少し先かな…という感じですが、朝晩はぐっと冷え込んできました。庭のイロハモミジはここ数年 葉の先が枯れぎみで、真っ赤に...

  6. 『寒露』(二十四節気) - FFV_CyberTraveler

    『寒露』(二十四節気)

    明日、10月8日は、『寒露』(かんろ:二十四節気)です。露が冷気によって凍りそうになるころ、雁などの冬の渡り鳥がやってくるころ、菊が咲き始めるころ、コオロギなど秋の虫が鳴き始めるころ、などとされています。 もう晩秋8月8日の立秋から11月8日の立冬の前日までが秋。この3か月間を3等分して、初秋、中秋、晩秋に分けています。中秋の名月が過ぎ、この寒露からは晩秋に入ります。まだまだ露が凍るほどの...

  7. 群青カフェ〜秋分〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜秋分〜

    気分転換をしたくなると本屋へ行く。この街には学生さんが多いせいか、大きな書店が駅前にあるので助かっている。ずらりと並ぶ書棚の間を、あてもなくぶらぶらしていると、なんとなく引っかかる本が見つかる。ふむふむ…なんて思いながら手に取り、装丁を眺め、紙の質感と重さを確かめ、ページをめくって活字と字組みの様子を見て、紙とインクの匂いをそっと吸い込んでから、冒頭を読んでみる。すべてがぴたりと当て嵌まれば...

  8. 秋分 〜 二十四節気 〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    秋分 〜 二十四節気 〜

    暑さ寒さも彼岸まで…と言われますが、今年は急に肌寒くなったり台風が来たり、落ち着かない天候が続きます。今日は秋分の日。お彼岸の中日。昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に夜が長くなります。秋分の前後3日間は秋の彼岸(秋彼岸)といい、先祖のお墓参りをする習慣があります。仏教では、あの世は西に、この世は東にあるとされ、太陽が真東から昇って、真西に沈む春分の日と秋分の日は、あの世とこの世が最も...

  9. おはぎ - 今日のお弁当

    おはぎ

    秋分「陰陽の中分となれば也」強風のあさ出勤チームが心配最高気温は32度らしい、、、

  10. バタフライエフェクト - 日々の欠片を紡ぐ日々

    バタフライエフェクト

    信じる?信じない?小さな蝶の羽ばたきが世界を変える力になる?その小さな瞬きの儚いその力がもし世界を変えるくらいの巨大な力を生むのなら私たちの日常はどれほどの見えない力に大きく動かされているのでしょう?お彼岸の季節にふとカメラを向けた曼珠沙華偶然蝶がひらりと現れました黒と赤の共演にちょっとドキドキしながらシャッターをパチリ蝶を見る度思い出すいつかテレビの教育番組でみたバタフライエフェクトの話小...

  11. 『彼岸』と『秋分』 - FFV_CyberTraveler

    『彼岸』と『秋分』

    9月20日は、『彼岸』(ひがん:雑節)、そして、9月23日は、『秋分』(しゅうぶん:二十四節気)です。秋も折り返し地点までやってきました。 暑さ寒さも彼岸まで明日、9月20日は、『彼岸』、お彼岸です。正確には20日から26日までの1週間が彼岸の期間となり、20日は彼岸に入る日という意味で、『彼岸の入り』とも言います。彼岸とはもともと向こう岸という意味です。向こうといってもそんな簡単な話では...

  12. 『社日』 - FFV_CyberTraveler

    『社日』

    明日、9月18日は、『社日』(しゃにち:雑節)です。春分または秋分に最も近い「戊(つちのえ)」の日とされています。春を「春社(はるしゃ、しゅんしゃ)」、秋を「秋社(あきしゃ、しゅうしゃ)」と呼ぶこともあります。 うぶすな社日はあまりなじみがないかもしれませんが、『産土神(うぶすな)』を祀る日です。「うぶすな」という言葉は聞いたことがあるかもしれません、これは生まれた土地の守護神のことです。春...

  13. 月光 - 日々の欠片を紡ぐ日々

    月光

    明日は中秋の名月どうか月光があなたの不安や疲れを癒しますように・・・今日もあなたの大切な時間にご訪問ありがとうございました

  14. 『八月十五夜』 - FFV_CyberTraveler

    『八月十五夜』

    明日、9月13日は、『八月十五夜』(はちがつじゅうごや)、いわゆる『中秋の名月』です。旧暦の8月の十五夜という意味です。太陰暦では、今年は8月30日が新月、新月を第一夜と数え始めて、9月13日が十五夜ということになりますが、実は、天文学上の満月は9月14日。1日、ずれています。 中秋の名月8月初めの立秋から約1ヶ月が初秋、そしていまは中秋。暑い夏もようやく収まり、天高く馬肥ゆる秋となり、夜...

  15. 群青カフェ〜白露〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜白露〜

    今年はまだ、アイスコーヒーやアイスティーの注文が多い。九月に入っても残暑が厳しいから、冷たい飲み物が欲しくなるのだろう。「それでも、年寄りに冷たいものは毒だからね」小田さんは涼しい顔で、淹れたてのコーヒーに口をつけた。今日もピシッとアイロンが当てられた水色のシャツに、焦茶色のループタイが決まっている。飾りは、よく見れば、蜻蛉の刻印が入ったアンティークボタンだ。立秋過ぎて夏の格好は野暮、という...

  16. 二十四節気 - 十色記

    二十四節気

    きょう、配達の帰りふと立ち寄った場所で拾いました。木の実を見ると秋です。それなのになぜ、こんなに酷暑ですか?そう問いたくなるほど暑いです。本日36度です私の平熱ですよ!!。。。。。。。。。暦でいうと9月8日は【白露】二十四節気でいう15番目です。さらっと。。。この前後でいうと14番目は【処暑】16番目は【秋分】。。。暦って面白いです。春分の日とか立夏とか夏至とかここら辺はおなじみです。それが...

  17. 煮物 - 今日のお弁当

    煮物

    白露「陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也」連日の猛暑日でも8月とは違う体感和や洋で

  18. 白露(はくろ)〜二十四節気〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    白露(はくろ)〜二十四節気〜

    白露(はくろ)秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃という意味です。草に降りた露が白く光って見える頃で、朝夕の涼しさが際立ってきます。本格的な秋の到来です。〜くらし歳時記より〜秋らしい気候をゆっくり味わう間もなく、激しい雨と蒸し暑さが交互にやってきているこの頃です。それでも雨の合間に見える空は、本当に美しくて 刻々と変化していく様子に見とれてしまいます。最近、首が痛いのは 空ばかり見上げてい...

  19. 『白露』(二十四節気)と『重陽の節句』(節句) - FFV_CyberTraveler

    『白露』(二十四節気)と『重陽の節句』(節句)

    明日、9月8日は、『白露』(はくろ:二十四節気)、そして9月9日は、『重陽の節句』(ちょうようのせっく:節句)です。 『白露』白露は、日中はまだまだ暖かいものの、朝晩は涼しくなり、露ができるころ、という意味です。まだまだ暑くて湿気の多い気候が続いていますが、次の節気である秋分あたりを境に季節は大きく変わります。白露はその前触れといったところです。七十二候を見てみると、白露のころは、 『草露白...

  20. 『二百十日』 - FFV_CyberTraveler

    『二百十日』

    明日、9月1日は、『二百十日』(にひゃくとおか:雑節)です。今年、2月4日の立春を1日目と数えて210日目の日が「二百十日」です。立春を年の始めとすると、もう7ヶ月たったことになります。 農家の三大厄日「二百十日」は、前回の「処暑」や「二百二十日」とともに台風の特異日とされていますが、統計上は必ずしもそういうわけではないようです。また「二百十日」は、「八朔」や「二百二十日」とともに、農家の三...

総件数:211 件

似ているタグ