二十四節気のタグまとめ

二十四節気」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには二十四節気に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「二十四節気」タグの記事(171)

  1. 水郷 - 日々の欠片を紡ぐ日々

    水郷

    今日は夏至でしたねウナギが食べたい!!急に思いついて水郷柳川へ水面を渡る舟から船頭さんの歌声が響いてました急に思いついたのでカメラも忘れてスマホでパチリ!!今日も大切なあなたの時間ご訪問ありがとうございました

  2. 群青カフェ〜夏至〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜夏至〜

    「お客さま、当店は食べ物のお持ち込みは、固くお断り申し上げておりますが…」「そ?それじゃあ、持って帰るわ、綾の好きな八ツ矢堂の葛桜だけど…」「…入荷したての八女の新茶を、ただ今お淹れいたしますので」母はガサガサと音を立てて包みを開いた。今日は店の定休日だから、いつもより念入りに掃除を終えて買い物にでも出掛けようと思ったところに母がやって来たのだ。長居をされると計画が狂うと思ったのだが、葛桜が...

  3. 夏至のランチ - 今日のお弁当

    夏至のランチ

    自分的には今日から夏美味しかったのでリピートしたお店オードブル今日はビールでしよう野菜のスープ魚は金目鯛肉はオージーサーロインデザート

  4. 夏色あさごはん… - 侘助つれづれ

    夏色あさごはん…

    今日は『夏至』昼間が一番長い日ダイドコさんに教えてもらった焼おにぎりチーズとろり焼きたて召し上がれ***いいお天気30℃超えらしいです夏野菜もたくさんとって干からびないように庭仕事がんばります

  5. 『夏至』(二十四節気) - FFV_CyberTraveler

    『夏至』(二十四節気)

    明日、6月22日、『夏至』(げし:二十四節気)です。夏至は、読んで字のごとく、「夏に至る」という意味です。5月初めの立夏から約1ヶ月半が経ち、いよいよ本格的な夏になったという意味になります。とはいえ、全国的にまだ梅雨の真っただ中。西日本のようにまだ梅雨入りしていないところもあります。旧暦の節気と現在の気候は若干、ずれるところもあるのですが、夏至は1年間でもっとも昼の時間が長い日でもあります。...

  6. 『入梅』(雑節) - FFV_CyberTraveler

    『入梅』(雑節)

    6月11日は、『入梅』(にゅうばい:雑節)です。「入梅」とは、読んで字のごとく梅雨入りという意味です。梅雨は、日本の上に梅雨前線が停滞することによって起きるのですが、なぜ、この時期に、日本の上空に梅雨前線が停滞するのでしょうか? 前線とは前線には「温暖前線」「寒冷前線」「閉塞前線」「停滞前線」の4種類があります。簡単にいうと、前線とは冷たい空気と暖かい空気がぶつかるところ、になります。暖か...

  7. 群青カフェ〜芒種〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜芒種〜

    梅は「手」を選ぶらしい。梅干しも梅漬けも、どんなレシピや“秘薬”(パリッと漬ける何とか、とか…)を駆使してみても、赤紫蘇の色が乗らなかったり、グチャグチャの仕上がりになったり。「おばあちゃんは上手に作ったのにねぇ。綾と私は、どうも駄目みたいね」と、梅雨入り前の季節になると、母は毎年悔しがる。梅仕事に適した手があるのだという。私も二、三度、梅漬けの手伝いをしてみて諦めた。ここ数年はもっぱら、梅...

  8. 芒種(ぼうしゅ) 〜二十四節気〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    芒種(ぼうしゅ) 〜二十四節気〜

    6月6日、および夏至までの期間は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。「芒(のぎ)」とはイネ科植物の穂先にある毛のような部分のことで、芒のある穀物の種をまく時期という意味です。実際の稲作は、苗代で育ててから植え替えるので、田植えの目安とされ、農家が忙しくなる時期でもあります。〜暮らし歳時記より〜田植えの季節。梅雨入り間近ですね。このところぐずついたお天気が続き、花壇のゴテチャが倒れて地面に着きそ...

  9. チーズトースト - 今日のお弁当

    チーズトースト

    芒種「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時也」そろそろ梅雨入り

  10. 『芒種』(二十四節気) - FFV_CyberTraveler

    『芒種』(二十四節気)

    明日、6月6日は、『芒種』(ぼうしゅ:二十四節気)です。芒種の「芒」は、「のぎ」とも読みます。のぎとは種もみに生えているトゲのような形状のことを指します。種もみにのぎがあるのは、稲や麦など穀物、いわゆる五穀です。芒種とは、この五穀の種を蒔く時期という意味です。現在では、田植えの多くは5月の連休ごろから始まります。北陸や東北、北海道など寒い地域では早稲種を植えて、なるべく早い時期に稲刈りができ...

  11. 群青カフェ〜小満〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜小満〜

    チョコレート色のランドセルは、一目で高級な革素材だと分かる。それを乱暴に足元に投げ捨てると、悠斗(はると)君はカウンター席の真ん中に陣取った。突っ伏して「マジでだりぃ…」と、一丁前にやさぐれている。今日は青いギンガムチェックのシャツに白いベストを合わせて、小学四年生の男子にしては小ざっぱりと垢抜けた格好だ。やっぱりお母さんの趣味なのだろう。「おい、そこに座るなら背筋伸ばせ」ドン・東(あづま)...

  12. 小満 - Miwaの優しく楽しく☆

    小満

    東京地方は朝から強い風雨が続いております。様々な警報も出ているようです。お気を付け下さいね。それにしても、台風の様なお天気。今年は進んでいるのか、止まっているのか本当にわかりにくい気候です。それと同時に私たちの体にも少し影響しますね。頭痛がしたり、体が重く感じたり朝起きにくいなんて言うのもありますね。(え、いつも?(笑))気分がなかなか上がらない時は意識をして好きなことをする。好きなものを食...

  13. 小満(しょうまん) 〜二十四節気〜 - 自然を見つめて自分と向き合う心の花

    小満(しょうまん) 〜二十四節気〜

    《二十四節気》太陰暦を使用していた時代に、季節を現すため一年を二十四に等分したもの今日から6月6日の芒種(ぼうしゅ)までは、二十四節気の「小満(しょうまん)」暮らし歳時記によると、陽気がよくなり草木が成長して茂るという意味だそうです。偉そうに書いていますが、"ふーん、そうなんだー" 私もそんなレベルです。5月の大分は、初夏のような陽気の後、雨が続き少し肌寒い日もありました...

  14. 朝顔 - 今日のお弁当

    朝顔

    小満「万物が満ち溢れ草木が繁る頃」種はたくさんあるけど少しだけまいてみた

  15. 『小満』(二十四節気) - FFV_CyberTraveler

    『小満』(二十四節気)

    明日、5月21日は、『小満』です。小満とは、陽気が良くなってきて、生き物たちが成長する「気」も大きくなり、それが天地に満ち始めるころであることから小満といわれています。また、文字通り、「小さな満足」という意味もあります。二十四節気には小満はありますが、大満はありません。大きな満足より、小さな満足をいくつも重ねていくほうが、私は好きです。 七十二候からこの季節は、『蚕起食桑(かいこおこって ...

  16. 群青カフェ〜立夏〜 - ポケットに季節の手帖

    群青カフェ〜立夏〜

    体育が苦手だった。スポーツ観戦にも、まったく興味がない。大人になって良かったと思うことの一つに、体育の授業がないというのがある。物心ついたときから運動が不得手で、何をやっても上達しない。諦めが早いというか、しんどいことからすぐに逃げてしまう軟弱者なのだ。その、ぐうたら軟弱者が、カフェなどを始めてしまった。予想以上の体力仕事だった。体育の授業は大切だったんだと、痛む腰をさすりながらカウンターに...

  17. 立夏「夏の立つがゆへ也」 - 今日のお弁当

    立夏「夏の立つがゆへ也」

    端午の節句味噌餡 ◎青紅葉

  18. 『端午の節句』(節供)と『立夏』(二十四節気) - FFV_CyberTraveler

    『端午の節句』(節供)と『立夏』(二十四節気)

    『令和』になって初めてのブログです。よろしくお願いいたします。明日、5月5日は、『端午の節句』、そして5月6日は、『立夏』です。『端午の節句』「端午」とは、月の端(初め)の午(うま)の日という意味で、もともとは毎月あったのですが、「午(ご)」と数字の五(ご)の発音が同じなので、毎月5日を指すようになり、やがて5月5日になったともいわれています。この節句も中国から伝えられたものです。紀元前4~...

  19. 『八十八夜』(雑節) - FFV_CyberTraveler

    『八十八夜』(雑節)

    明日、5月2日は、『八十八夜』です。立春(今年は2月4日)から数えて八十八日目にあたる日を「八十八夜」と呼びます。農作業においては霜は大敵。でも、このころになると、ようやく気候も落ち着き、霜が下りることもなくなり、安心して農作業をすることができるようになります。八十八夜を過ぎて下りてきた霜を「遅霜(おそじも)」と呼びます。遅霜は芽を出し始めたばかりの野菜などに大きな被害をもたらしまいますので...

  20. 平成末日令和前夜 - 作曲家・平野一郎のブログ

    平成末日令和前夜

    柔らかな春の雨が続く折、皆様いかがお過ごしでしょうか?2019年6月1日(土)17:00(開場16:30)大阪府大東市・サーティホールに於きまして平野一郎×前田剛志
【時ノ祀リ 二〇一九】
四季・二十四氣・七十二候/音楽と美術による〈しつらへ〉と〈おこなひ〉が開催の運びとなりました。展覧の部は5/25〜6/2、5/26にはトークイベントも。前田剛志氏の『七十二候』全出品。かたや演奏の部は6月...

総件数:171 件

似ているタグ