五行のタグまとめ

五行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには五行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「五行」タグの記事(10)

  1. 変化を看る〜「動爻」とは -  ヨハネ.diary @「天運到来」

    変化を看る〜「動爻」とは

    占うとは今後「どう変化?」するかを知ること.その予測を立てたい.テーマとなっている占う事象がどのように動くのかその動きを様々な角度から察知でき動因に対して手を打つ.その方法を探ることが占うことです.ここで、何がどういう作用を起こすのか?この動きを示してくれるのが「動爻」であり六十四卦の易卦をつくる陽陰の爻の構造これが「陰→陽、陽→陰」と反転して新たな変化の形を表す.その流れの意味を読み取って...

  2. 断易の組織(基礎理念) -  ヨハネ.diary @「天運到来」

    断易の組織(基礎理念)

    断易で判断に使用する「六十四卦」の組織は周易の六十四卦の形象と名称を襲用し、これに干支五行を配置したものになります.干支五行はこれには大元となる「乾(☰)・坤(☷)」が基本となって各陽卦である震(☳)/坎(☵)/艮(☶)各陰卦である巽(☴)/離(☲)/兌(☱)の小生八卦すべての「上卦・下卦」に決められた法に則って順序よく割り当てられています.基本八卦が上下に重って構成された8種類の卦が大本で...

  3. 五行は元素ではない-2・・・ニーダム説(運動・変化の性質・暫定分類) - 九峰の備忘録

    五行は元素ではない-2・・・ニーダム説(運動・変化の性...

    N・セビンだけではない。五行は元素ではない・・・という解釈。ニーダムも「五行」あるいは「行」について、「element(元素)という語は、行をあわわすには十分ではなかった」「運動を意味していた」「受動的な運動のない基本物質ではない」と言っていた。ただし「いまさらこれを棄てるわけにはゆかない」とも言っている。ニーダム『中国の科学と文明 第2巻』p285“この見解では、五行説は、事物の基本的性質...

  4. 位相(phase)としての五行・・・松宮光伸『漢方の常識・非常識』-1 - 九峰の備忘録

    位相(phase)としての五行・・・松宮光伸『漢方の常...

    松宮光伸『漢方の常識・非常識』八坂書房1997この本も、オーテピア図書館の書庫にあった。こういう本は、表の開架に置いてほしいものだ。廃刊になった雑誌「東洋医学」の、23巻から24巻にかけて(1995-1996)連載されていた記事をまとめたもの。ちょうど、自分が同誌に連載していた時期と重なっていて、読んで色々勉強になったのを覚えている。p32に「五行」は元素ではないというタイトルの一節がある。...

  5. 断易綱領 -  ヨハネ.diary @「天運到来」

    断易綱領

    占うってどういうことでしょうか?まず大事なことは #占う 「目的」があるということです.人はなんらかの未来の願望成就を占うわけです.その目的が達成できるかどうかを問うこれが占うことの意義です.示された易卦の構造から占う物事と自分の関係を読み取ります.占いたいことを決めることを占的を定めるといいます.この占的と自分との関係性で吉凶を定めます.占って出した #易卦 (=得卦)にその構造が示されて...

  6. 運の処方箋五行 - Miwaの優しく楽しく☆

    運の処方箋五行

    風水の学びを進めていると師が常々おっしゃっているように五行に始まり五行に終わるということがとっても良くわかります。全ての基本がこの中に入っているのですが助けになるのです。住むところもそうですが私達の普段の生活レベルでも役に立つことばかりで運の処方箋。。。ともいえるのだと思います。五行にも循環がありますからそれを基本とします。たとえば、なんとなくやる気が起きない時は水辺の静かな場所で過ごしたり...

  7. 五行と群論 - 九峰の備忘録

    五行と群論

    最近、FBの議論で、「数学の群論を応用して、伝統的鍼灸の論理をうまく表せた」・・・といった旨の記事を見かけた。確かめようと思って、探したけれども元の記事を見つけられなかった。今日たまたま遠山啓『無限と連続』岩波1952初版を、読み返していたら、p54からの群論の部分に差し掛かった。FBの議論の、鍼灸に群論を応用・・・というのは三すくみ(じゃんけん)を、五行の相生・相剋に置き換えて、群論で表現...

  8. 星型の五行・・・あまり信用していない - 九峰の備忘録

    星型の五行・・・あまり信用していない

    肝木・心火・肺金・腎水の四臓に対して、脾土は同じ五行の中でも、その由来と性格が全く違う。「木・火・金・水」は、天地を細分化して、【天】の作用を四つに分けたものであり、一方「土」はもっぱら【天】の作用を受けるものである。【天】の「木・火・金・水」に対して作用を受ける側の【地】を五行で表現するときに、それは「土」と呼ばれる。「木・火・金・水」は天の働きであり、また東西南北と朝昼夕夜・春夏秋冬を表...

  9. 基礎と応用・・・五行は陰陽に従属する - 九峰の備忘録

    基礎と応用・・・五行は陰陽に従属する

    数学にも最近(二十世紀以降)は、数学基礎という分野があるそうだ。物理には、理論物理と応用物理がある。西洋医学には、基礎医学と臨床医学があるらしい。では、中国由来の伝統医学はどうなっているのか。「導論」で習うのは、世界観(気の一元論・・・大陸の唯物論はこの際無視)と、その表現方法(陰陽論や五行論)についてであり、これらはいわば中国医学の基礎部分である。「中医基礎理論」以降は、実は「応用陰陽論」...

  10. ラーメンカルチャー - Lounge ”四季”を散歩して・・・

    ラーメンカルチャー

    この軍団は?そしてこのおしゃれな服は?なんとラーメン一風堂のスタッフでニューヨーク(上)とパリ(下)のユニフォームだそうです。出典:http://www.complex.comその一風堂、五行を運営する、「力の源ホールディングス」が3月下旬マザーズ上場するらしい。13か国、約170店舗を展開中。アジア、東南アジア、米国、欧州、豪州とグローバルに出店し、海外で約60店舗を展開。2020年までに...

総件数:10 件

似ているタグ