京都市右京区のタグまとめ

京都市右京区」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには京都市右京区に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「京都市右京区」タグの記事(42)

  1. 2018年京都のさくら仁和寺の御室桜 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    2018年京都のさくら仁和寺の御室桜

    2018年4月5日撮影更新が非常に遅れています仁和寺へ。御室桜は遅咲きの桜。でもやはりここも今年は早かったようです。到着当時、曇っていました。開門から30分くらい経ってから到着しましたがまだ人が少ない目でした。ミツバツツジも見頃で。御室桜は場所によって結構散っていました。で、いろいろ撮っていたら・・なんと青空が見え始めあっという間に広がって奇跡の青空になりました。しかし通路はご覧の通り、天気...

  2. 妙心寺退蔵院の桜 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    妙心寺退蔵院の桜

    2018年4月1日撮影更新が非常に遅れています疲れがでてきている桜の終盤・・この日は朝、龍安寺へ行った後、妙心寺退蔵院へ。龍安寺の撮れ高なさすぎたので(ここもないですけど)こちらから。枝垂れ桜が満開で綺麗でした。ここは門のところから超広角で撮ることが憧れですがこんな時間だと無理ですし数年前、開門ダッシュ(2番目)したのになぜかすでに6人くらいおられて撮れず、以降、開門ダッシュはやめています。...

  3. 紅葉の鹿王院 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    紅葉の鹿王院

    2017年11月30日撮影更新が非常に遅れています宝筐院さんから嵐電嵐山にのって鹿王院駅下車。てくてく歩いて鹿王院(ろくおういん)へ。こちらはなかなか綺麗でした。主に参道を行ったり来たりして撮影のため似たような写真ばかりになっています。散り紅葉、まだ少ないですが一つ一つ綺麗でした。この秋、瑠璃光院さんと同じように限定ライトアップをしていましたがこちらは申し込みませんでした。帰り際になると散り...

  4. 紅葉の宝筐院 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    紅葉の宝筐院

    2017年11月30日撮影更新が非常に遅れています厭離庵さんからの帰り、宝筐院さんの前を歩いていたら外からいい感じに見えたので寄ってみました。中は紅葉は色づきがやはりいまひとつで散っているのも今ひとつでしたがドウダンツツジが綺麗でよかったです。紅葉ももっと見事ならものすごい綺麗なんでしょうね。紅葉の宝筐院さんでした。先日、そろそろ撮影本格始動しようと思っていたその前日・・お昼前ごろから猛烈な...

  5. 紅葉の厭離庵 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    紅葉の厭離庵

    2017年12月30日撮影更新が非常に遅れています。去年の紅葉です・・お初の厭離庵さん。嵐山駅からてくてくと・・あれこんなところに?という感じなところにあります。なかなかよかったんですが人が動かなくて一定方向に向けてしか撮れませんでした。しばらく休みますって撮影を休むだけで去年の紅葉の残りは進めないとだめでした(−_−;)コメント不可にさせていただきます。

  6. 嵐山花灯路2017 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    嵐山花灯路2017

    2017年12月14日撮影紅葉更新中ですがわりこませます嵐山花灯路は終了しています。2年ぶりに行ってきました。去年は紅葉直前に帯状疱疹になったこともあり夜の撮影は控えていました(現在も夜撮影控えプチ継続中)。三脚も持ち出して撮影しましたが久しぶりだったので雲台が取れそうになっていたり持ち運びも不慣れになっていました。さて、渡月橋のライトアップ。いつもどの角度からが一番ベストなのかなと思います...

  7. 紅葉の祇王寺 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    紅葉の祇王寺

    2017年12月19日撮影更新が遅れていますこの日は祇王寺さんへ。このときぐらいから気温が下がったのと紅葉の早起き体力がなくなったのでのんびり出発。というわけでとっくに人がたくさん訪れているタイミングで訪問でした。見上げて写真、似たような写真ばかりになっています。人の写り込みも多々あります。ただ太陽の下、青空が嬉しかったです。今年天気に恵まれずこういう色をあまり見ていないです。今年の紅葉はど...

  8. 紅葉の天龍寺 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    紅葉の天龍寺

    2017年11月9日撮影更新が遅れています早朝の天龍寺へ・・・11日からは庭園のみ7時半とのことでしたが8時半の10分前に普通に入れました。見頃は少し早めでしたが池周りの紅葉は十分楽しめました。ただ、池周りばかりですので似たような写真ばかりになってます・・太陽があんなところに。嵐山はまだ色づき始めくらいでした。今頃はよくなっているんでしょうか。ここは庭園外。早朝、紅葉が始まっていた天龍寺さん...

  9. 水尾藤袴とアサギマダラ - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    水尾藤袴とアサギマダラ

    2017年10月1日撮影更新が遅れていますもう毎年の定番になった水尾、フジバカマ鑑賞会へ行ってきました。JR保津峡駅下車、そこからシャトルバス(鑑賞会会期中のみ片道250円)で水尾まで。珍しく始発のバス(だったと思う)に乗れて水尾へ。藤袴は見頃を迎えていました。今年はとまっているアサギマダラを撮るのも難しかったです。なぜかカメラを構えたらすでに飛んでいないとうことが何度もありました。止まって...

  10. 清凉寺 - shio。。のその日暮らし

    清凉寺

    大覚寺から嵯峨嵐山駅に戻る途中、まだ時間が少しあったので清凉寺に寄って帰ることにしました。仁王門(京都府指定文化財)本堂清凉寺の庭園弁天堂本堂の前から見た仁王門境内はだだっ広い清凉寺で頂いた御朱印

  11. 大覚寺 - shio。。のその日暮らし

    大覚寺

    化野念仏寺から大覚寺へ御前10時過ぎに嵯峨嵐山駅に着いてからお昼も食べず、歩き詰めに歩いたのでいささか疲れてきました。玄関門右の柱に大きく「大本山大覚寺門跡」と書かれています。門跡とは皇族・公家が住職を務める特定の寺院で大覚寺は明治時代初頭まで、代々天皇もしくは皇統の方が門跡(住職)を務めた格式高い門跡寺院である。正面右側は式台玄関左側の影になっている所は大覚寺がいけばな発祥の花の寺であり、...

  12. 化野念仏寺 - shio。。のその日暮らし

    化野念仏寺

    京都で一番訪れてみたかった化野念仏寺祇王寺からおよそ700m、10分ほど歩いていけました。少し破れていた提灯それが化野と言う街並みに妙にマッチしていました。念仏寺へは中央の石段を上がって行きます。念仏寺へやって来ました。風化した沢山の墓石念仏寺の裏手にあった竹藪奥は墓地?御朱印を頂いた寺務所寺務所の前に一番撮りたかった一画があるのですが、入口に撮影禁止の貼り紙・・・なので周りの仏塔を撮って帰...

  13. 檀林寺 - shio。。のその日暮らし

    檀林寺

    祇王寺の参道の途中にあった檀林寺。気になったので入ってみました。住職に伴われ入ったそこはいろんな展示物があって何となく撮影するのも気が引けたので早々に引き上げ拝観受付のおばちゃんが私のカメラを見て、「モリアオガエルが卵を産んだから見て行って」行ってみると楓の木に囲まれた小さな池があって池の上の枝に卵が産みつけられています。が・・・広角レンズしか付けていない私のカメラでは遠くてとても無理拝観受...

  14. 祇王寺 - shio。。のその日暮らし

    祇王寺

    二尊院の後、祇王寺に向かいます。平家物語に登場する悲劇のヒロイン・白拍子が、平清盛と別れた後に出家して尼となり、母・妹とともに余生を過ごしたと言われる寺山門になるのかな?拝観受付は入ってすぐ右にある。苔庭参拝口祇王寺のおみくじ草庵中は撮影禁止のはずだけど、観光客が記念撮影してた。祇王寺墓地の入口にある碑には「妓王妓女佛刀自の旧跡明和八年辛卯正当六百年忌往生院現住尼法専建之」とある。祇王寺で頂...

  15. 二尊院 - shio。。のその日暮らし

    二尊院

    嵯峨天皇の勅願により、慈覚大師が承和年間(834~847)に開山した二尊院百人一首で名高い小倉山の麓にあります。釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を祀ることから二尊院という。総門記念写真を撮る韓国人旅行者黒門本堂本堂側から見る唐門本堂全体風景法然上人足曳きの御影(重要文化財)書院から見た庭納経所前の庭本堂の回廊二尊院の御朱印やっと手書きの御朱印を頂けました。

  16. 落柿舎 - shio。。のその日暮らし

    落柿舎

    常寂光寺から二尊院へ行く前にお寺でもない、神社でもない落柿舎と言う所に寄りました。落柿舎は元禄の俳人向井去来の遺跡。去来は芭蕉の門人にて師翁の言葉に、「洛陽に去来ありて、鎮西に俳諧奉行なり」と称えられた。去来が落柿舎を営んだのは、 貞享四年(1687)の以前で、芭蕉が初めて訪れたのは元禄二年(1689)、併あわせて三度来庵した。落柿舎の入口には常に蓑みのと笠かさがかけてある。これは本来庵主の...

  17. 常寂光寺 - shio。。のその日暮らし

    常寂光寺

    野宮神社から常寂光寺へ行く道は竹林の散歩道観光客も心なしか減ったような・・・そんな時、竹林の散歩道のわきできれいなお姉さんに出会った白無垢・・・これから挙式に向かうのかしらん?天龍寺の前に沢山いた人力車ここまでお客さんを案内してきてる日本一小さな美術館の前辺り?こんな銅像に思わずパシャ常寂光寺にやって来ました。山門を和服の女性がくぐっていく・・・山門をくぐった先に拝観受付があり、拝観料と書置...

  18. 野宮神社(ののみやじんじゃ) - shio。。のその日暮らし

    野宮神社(ののみやじんじゃ)

    天龍寺の次は源氏物語ゆかりの野宮神社野宮はその昔、天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎王(皇女、女王の中から選ばれます)が伊勢へ行かれる前に身を清められたところです。 嵯峨野の清らかな場所を選んで建てられた野宮は、黒木鳥居と小柴垣に囲まれた聖地でした。その様子は源氏物語「賢木の巻」に美しく描写されています。野宮神社の黒木鳥居黒木鳥居はクヌギの木の皮を剥かないまま使用する、日本最古の鳥居の様式本...

  19. 天龍寺 - shio。。のその日暮らし

    天龍寺

    6月3日早起きして、JR嵯峨嵐山駅から嵯峨野一帯を歩いてきました。手始めに駅から近い天龍寺からスタート天龍寺。臨済宗天龍寺派総本山。歴応二年(1339)吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために、足利尊氏が夢想国師を開山として創建した。拝観は本堂のみ、庭園のみ、本堂庭園通しが選べる。初めて来たので通しで見ることにする。撮影は自由に撮って良いということだが、撮りたいものにはパネルのカバーがか...

  20. 京のさくら20174月12日桜めぐり法金剛院のしだれ桜 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    京のさくら20174月12日桜めぐり法金剛院のしだれ桜

    2017年4月12日撮影更新が非常に遅れています毘沙門堂を後にして向かったのが妙心寺退蔵院だったんですが花園駅を降りて、法金剛院のほうを見ると桜がいい感じに見えたので先にこちらへ。入ってみるとしだれ桜が満開でした。桜の時期はお初でした。青空も出てきて人も少ない目でとてもよかったです。あんなところにも桜が!結構静かに楽しめた桜が満開の法金剛院さんでした。追記:退蔵院は時間切れで行くことができま...

総件数:42 件

似ているタグ