人生観のタグまとめ

人生観」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには人生観に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「人生観」タグの記事(39)

  1. 社内ニート日記(1月14日) - 社内ニート日記

    社内ニート日記(1月14日)

    タイトル:7月は辛かった お久しぶりです。社内ニート日記は3日坊主で終わりそうでしたが、年末年始が終わり、仕事も通常モードになってきたのでまた暇な日常を綴っていきたいと思います。 新しく上司が異動してきました。元々仕事があまり無いのに、なぜ増員するのでしょうか? 色々考えてみた結果、わたしの所属している職場は人員の受け皿なのかな、と思います。 と同時に、わたしも戦力外通告されているのだろう...

  2. 【朗報】女さん「男ってなんで女を幸せにしなきゃって気負ってんの?」 - フェミ速

    【朗報】女さん「男ってなんで女を幸せにしなきゃって気負...

  3. 私たちは、楽しむために生きている - 早未恵理の あそび Tips

    私たちは、楽しむために生きている

    私たちは、楽しむために生きているそんな風に感じることがありました。産まれて1か月経ち「天使のほほ笑み」が、見られました❣️おっぱい飲んで、ねんねまどろみの中で見せる赤ちゃんのにっこり笑顔は筋肉がちょこっとひきつれるだけという生理現象と言われますが、なんともかわいいものです。そして、何よりその瞬間に出会えた見る者に幸せな感情を与えてくれます。果てしなく繰り返される新生児赤ちゃんとのローテーショ...

  4. まだ生きてる - 今、この想い

    まだ生きてる

    夏を越えられないのではと思っていたが、結局、生きてる。じゃあ、冬は無理だとう、と思っていたが、やはり生きてる。人は弱いんだか、強いんだか。もう、すっかり秋。今日はいい天気だなぁ。ちょっと買い物がてら散歩してきたけど、空がきれいだった。カラダの調子がすこぶる悪い。背中と腰がやばい。せめて、痛みのない生活をしたいけど、それももう叶わないのかな。指先も痛い。皮膚が異常に反応して、ヒリヒリしてる。こ...

  5. 紙が風邪をひく - 早未恵理の あそび Tips

    紙が風邪をひく

    仕事が一段落したので、一念発起してちょっと真剣に大掃除しています。とりあえずこの仕事が終わったら…と、ここ何年も後回しにすることが繰り返されていて、果てしなく回り続ける無限ループ になってる。断ち切らねば!次は、長期戦の大仕事が控えているんだ…なんとかせねば‼︎大事な商売道具の紙なのだが、ずっと持ち越している紙はだいぶ古い…いや、かなり古い…そうなんです。結局、仕事で受けると新しい紙を使い、...

  6. 大人になったら感謝すること:絶対にない - 佐藤勇太のブログ

    大人になったら感謝すること:絶対にない

    私も何回かいわれたことがある。「今はわからなくても、いつかお前は感謝する日がくる」現在、53歳になったが、今のところは一度もない。予想としては今度もないだろう。新入社員で入社した時に、最初の先輩がエキセントリックな人で、執拗なイジメを受けていた。殴らられることもあったりして、本当に辛かったのである。彼のイジメ方は、例えば、社内にまわす稟議書の書き方を、てきとうにすらっと説明する。こっちが質問...

  7. 子育てをしたくないたくさんの父親 - 佐藤勇太のブログ

    子育てをしたくないたくさんの父親

    サラリーマンの父親の大半はそうではないかと思う。よく聞いてほしい。子供はそれなりに好きだし、出来る限りのことはしてあげたいと思うが、自分にとっての「出来る限り」は奥さんが思っているようなレベルではないということだ。たまには週末にいっしょに遊ぶのもいい。たまには勉強を教えてたりするのもいい。運動会にも行く。いっしょに公園にもいく。でも、塾のお金までできれば払いたくはないし、大学も無理して私立に...

  8. 金のことしか考えていない人 - 佐藤勇太のブログ

    金のことしか考えていない人

    金のことしか考えていない人の多くはまじまな人である。まじめゆえに、「もうからないことはやってはいけない」と教育されているのだ。家庭ではとてもいい人だったりする。そういう人と会っているとすぐにわかる。基準がお金だから、現状でもうかるとその人が知っていること以外の選択肢がでると、思考がとまってしまうのだ。だから、話が膨らまない。そういう人だと理解した瞬間に私は話の方向性を変える。時間の無駄だと思...

  9. 喪失 - 今、この想い

    喪失

    喪失。虚無感。自分が、まさか、こんなになるとは。今、というか、これから先に進めない。かといって、今、にとどまるのもきつい。死ぬしかないのか、本当に、死にたい。いつまでもつだろうか。子どもが買ってきたマヌカハニーを食べたけど、苦い、まずい。ダメな、母親、ここに、一人。

  10. 家族の大切さ - Like a girl of Green Gables

    家族の大切さ

    久しぶりに「読み惜しい〜...」と思った本。上司が「**ちゃん、絶対好きだと思う!」と言って勧めてくれた。鎌倉を舞台にした「代筆屋」の女の子の物語。登場人物も親近感の湧く魅力的な人ばかりで私もぽっぽちゃん(主人公)のいるツバキ文具店があったら、ぜひ行ってみたいなと思ったのでした。お客様が来ると、用意する飲み物が毎回ステキだった...(*´ω`*)煎茶に麦茶、紅茶、コーヒー、甘酒、葛湯、ココア...

  11. 人生終焉への備え・・・黄昏に輝き始めた残照 - 【吉備野庵】

    人生終焉への備え・・・黄昏に輝き始めた残照

  12. 終わりを決めること - Like a girl of Green Gables

    終わりを決めること

    先日の情熱大陸。密着したのは、ボストンでラーメン店を営む、大西益央さん。オープンから1000日しか営業せずに、5年後には店を閉めると決めているらしい。さらに200日ごとにメニューを刷新するという。それは「終わりを決めると本気になれるから」。私は、最近、やっとそのことが分かった。この春夏に地元に帰るとしたら、、、そう思うようになって・土日の朝はモーニングを食べに出掛けるようになった。・友達との...

  13. 焦り - Like a girl of Green Gables

    焦り

    地元に帰るなら早い方が良い。今度のボーナスをもらって、辞めるなら、東京にいられるのはあと3〜4ヶ月。地元で仕事を探さなければならない。今の肩書きがあるうちに動いた方が、良い仕事につけるかもしれない。だから地元の情報収集もしておきたい。色々決める前に、もう1度、赤毛のアンを読んでおきたい。あとは...東京で会いたい友達と会っておきたい。東京で行きたいお店に行っておきたい。東京で食べたいものを食...

  14. 地元に戻りたい理由 - Like a girl of Green Gables

    地元に戻りたい理由

    「どうしてそんなに地元に戻りたいの?」と、よく聞かれる。「...どうしてこんなに戻りたいんだろう...。」それは、家族がいるから。将来は結婚して、両親のそばで、自然の中で、子育てしたいから。だから、東京で同じ岡山出身の人と出会って、結婚して、一緒に地元に帰る!なんて理想を掲げていたけど、そんなの夢物語。だと10年経って分かったのだ。それなら、もう岡山に帰って、岡山で見つける方が早いんじゃない...

  15. 東京ぶらぶら - Like a girl of Green Gables

    東京ぶらぶら

    歩くのが好き。東京はおしゃれなカフェやお店がたくさんあるから、歩いてても全然飽きない。この日は、五反田の友達のお家に行くのに、目黒から歩いたのだけどその時にニューヨークっぽいおしゃれなマンション(?)を発見。そしてこの日は原宿から代々木公園の中を歩いて、待ち合わせの代々木上原まで。建設中の新国立競技場。東京オリンピックまで、あと1年半かぁ。その頃、私は東京にいないんだなぁって思うと、なんだか...

  16. 決断する勇気 - Like a girl of Green Gables

    決断する勇気

    今週末は色々な人と会って話すことが出来ました。韓国、広島にUターンした友達。まるで正反対。韓国に帰った友達は、デメリットばかり。Uターンして良かったと思えるのは「いかに日本の生活が良かったかが分かったこと」らしい...。一方、広島に帰った友達は、メリットの方が断然多いと。いざ、地元に帰ろうとすると、メリットよりリスクの方ばかり考えてしまう。それでなかなか決断が出来ない。地元から東京に出てくる...

  17. 2019年 - Like a girl of Green Gables

    2019年

    久しぶりにブログを再開してみます。今、自分の中で、これからのことを色々悩んでいて、自分が本当にどうしたいのか文字に起こすことで、整理出来たらなと思ってます。そのために、この真っ赤なノートも買いました!笑2019年。今の会社に入社したのが2009年。この3月で働いて丸10年になる。大学4年間を入れたら、もう14年も東京にいる。田舎娘だった私が、東京に出てきて、色んなものを見て聞いて知って経験し...

  18. 手紙の力 - HCC コミュニティ ひろば

    手紙の力

    冷え込みを加速させる私の暮らす瀬戸内の町にも、今日は雪がチラチラ舞うひと時がありました。「平成」という時代の最後の年の瀬の、こんなに冷たい土曜日に、郵便配達員の方は、心温まる便りを届けてくださいました。東中国カウンセリングセンターを開設して24年。ずっと続けてきたからこそ手にする事の出来た便りです。その方からの一部を抜粋してご紹介します。・・・・・私の平成時代にあった最高の事は、何だったろう...

  19. 母の話その2許したくても許せない相手を許すためには、どう心を持てばいいか - くにまんが日記

    母の話その2許したくても許せない相手を許すためには、ど...

    母の話その1に書いた通り、人間関係で一番重要で一番難しいことは、「許すこと」だと思っているそして許したくても許せない相手を許すために、どう心を持てばいいか、は・・・してもらえなかったことや、された仕打ちを数えるんじゃなく、してもらえたことを数えるこれが出来て、それでも許せなかったら許さなければいい(その人と今後距離を開けるとか縁を切るとかすればいい)しそれで許せたなら、それでいいと思うだいた...

  20. 母の話その1人間関係で一番重要で一番難しいことは、「許す」こと - くにまんが日記

    母の話その1人間関係で一番重要で一番難しいことは、「許...

    親孝行の旅をしてきた(猫がいるので日帰り)福井にある、猫で有名なお寺「御誕生寺」行きたいなあとぼんやり思っていたけど母は高齢で足腰が痛くあまり歩けない以前さだまさしコンサートに連れて行ったとき、大きな駅の中を歩くことすら辛そうだった行くとしたら、車やなあ・・・どれどれGoogle Mapで見てみよううおおおお215km・・・3時間かあうん・・・頑張ったら行けんことないぞというわけで行ってきた...

総件数:39 件

似ているタグ