人生のタグまとめ

人生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには人生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「人生」タグの記事(639)

  1. 長寿とは?(死にたくない) - 紫微斗数 占い 静岡市 宮 立命 (宮崎孝宏)

    長寿とは?(死にたくない)

    長寿とは?(死にたくない) 普通は誰でも死にたいとは思いません。普通なら誰でも長生きしたいと切に願っています。 本当の長生きとは?長寿とは?私は6年ほど老人介護の仕事に介護職員として関わった時期がありました。その仕事を通して、多くの人生の終末を観てきました。「生きる」とは、「死ぬ」とは。その仕事を通して多くの人生哲学を学びました。私自身の人生観も大きく変わりました。 働き盛りの頃に組織の頂点...

  2. 母親の見舞いに行って来た - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    母親の見舞いに行って来た

    右頬が真っ赤に腫上っていた。「ああ、免疫力が落ちているところに、細菌が飛んできて付着したな」とすぐわかる状態だった。抗生物質がすでに処方されていたので、一週間ほど様子見だろう。婆さんはよくこうなることを説明すると安心していた。また私の目の前で立ち上がり部屋をうろうろしようとしたが、何も言わなかった。顔面真っ赤なところにお灸を据えると"泣きっ面に蜂"になる。年をとって免疫力...

  3. カルロス・ゴーンさんについておもう - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    カルロス・ゴーンさんについておもう

    もう64歳だってね。そんな年になって、なぜ権力と金に執着しているのだろう?。フランスにも市民権を持っているから年金がもらえるし、もうそんなキツい仕事辞めてゆっくりすればよいのに。あんな大金をどうやって使うのだろう?。ぜひ教えて欲しいとおもう。私のような貧乏人にはまったく考えがおぼつかない。リサイクルショップで訳ありの衣類洗剤を100円で買い、半玉30円のキャベツと半額の豚肉小間切れでつくった...

  4.  〔トリニティ№8〕私たちの運命が大きく動く瞬間は…。~人生の大きな分岐点です~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    〔トリニティ№8〕私たちの運命が大きく動く瞬間は…。...

    こんにちは!林真弓子です。^^TRINITY〜女性誌ウェブマガジン〜に、記事が掲載されました。私たちがこの世で生きている中で、私たちの魂が今世で学ぶと決めて設計してきたテーマがあります。そして、その学びに必要で、外すことができない“越えるべき問題集”があるようなのです。そんなことをさまざまな守護の存在や人以外の(ここでは肉体を持たない霊体さんたちを指します)との関わりの中で、私も学ばせていた...

  5. 徳川家のおてんば姫95歳で作家になる - 娘といっしょ

    徳川家のおてんば姫95歳で作家になる

    2018年の6月、1人の作家「井手久美子さん」が95歳でデビューした。大正11(1922)年生まれだ久美子さんは、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の孫であり、自身の波乱万丈な人生をつづった自伝だ。(左端が久美子さん)今年6月に本が発売された直後に体調を崩され、今年の7月に亡くなられてしまった(享年95歳)以下は、長く一緒に暮らしたご子息の井手純さんからライターの村田 らむ氏が聞いた話だ。久美子さ...

  6. 海辺の本棚『ユルスナールの靴』 - 海の古書店

    海辺の本棚『ユルスナールの靴』

    忙しさに自分を見失わないように開く本。居るべき位置を確かめるために読む本。それは自分の軸の確認ツール。「やっぱりこれでいいんだ」と自分に言い聞かせるために。言葉の魔法に心を委ねて。<きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。そう心のどこかで思いつづけ、完璧な靴に出会わなかった不幸をかこちながら、私はこれまで生きてきたような気がする。行きたいところ、行くべきところぜ...

  7. "借りもの"と"自分で創造したもの"の違い - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    "借りもの"と"自分で創...

    この記事は、アーチストになる兆しがようやく見えかけている自分の勝手な思い込みだ。だから、気にいらなかったら無視してね。最近ね、音楽も写真も他人のものを聴いたり見たりしなくなってきている。自分が生み出すものが大好きなので、他人の作品に興味がなくなっているから。もう何十年も他人のものを分析してきているから充分だという事情もある。でね、高慢にも考えてみた。たとえば、「どこそこのスイーツが、、」とか...

  8. 進歩を感じる日々は超楽しい! - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    進歩を感じる日々は超楽しい!

    写真は去年のちょうど今頃に再開したんだ。今見ると超はずかしい。ピアノもね、形から入っていってたので、同じく昨年の今頃は、なんだかんだとウンチクばかり言っていて、演奏はさっぱりだった。それでね、さまよっていたし、言い訳して逃げていた。でも、やっぱり"大好き"なことだった。だから、写真も実践で"自分"を追い込んだし、大枚はたいてパリまで勉強しに行った。ピア...

  9. "自由"が世界標準だ! - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    "自由"が世界標準だ!

    11月にCDG空港での欠航トラブルで知り合ったオランダのカップルからメールが来た。あれ?、この間まで、屋久島→湯布院→鎌倉、を旅行していて帰国したばかりなのに、クリスマス休暇はアメリカに行くんだって。さっそくエールフランスのバウチャー800ユーロを使うんだな。「君は、どこに行く予定?」だって、その感じって"自由"だ!!!!!!!!。オイラもハイになっちまったよ。そうなんだ...

  10. 海辺の本棚『谷口ジロー』 - 海の古書店

    海辺の本棚『谷口ジロー』

    読者を裏切らない。谷口ジローさんの作品は常にそんな安心感を与えてくれました。実直に、丁寧に、しかも常に次の高みを目指す。谷口さんの人生と作品を年譜的にまとめたこの本を読んで、改めてその謙虚な生き方に共感を覚えました。特に背景の絵の手の入れ方は知られていて、細かく描き込まれた風景は、それだけで一つの作品のようです。手を抜かない。手を抜くことは自分を裏切ることになるのだと。交流のあった人たちの思...

  11. NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」こんな筈では無かった - 紫微斗数 占い 静岡市 宮 立命 (宮崎孝宏)

    NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産&...

    NHKスペシャル「老人漂流社会 "老後破産"の現実」こんな筈では無かった テーマ:紫微斗数で判ること■NHKスペシャルを見て感じたこと番組HP: 「高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本。とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題だ。その半数、およそ300万人が生活保護水準以下の年金収入しかない。生活保護を受けているのは70...

  12. 私たちの魂が学んでいること。~たくさんの気づきとともに~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    私たちの魂が学んでいること。~たくさんの気づきとともに~

    想像できないほど“違う”。自分の周りの人が感じていること、考えていることは、自分が感じたり考えたりしていることと、まったく違っていたりします。私たちは、日々を生きている中で、つい、自分が持っている価値(心のものさし)で誰かを測ったり、裁いたりしたくなる場面に遭遇します。ですが、たびたび、その“心のものさし”の持つ、さまざまな視点や深さが人によって“本当に違うんだ”と思うような経験をします。そ...

  13. 人生の引き出しを増やす方法。 - くらしのノート.micco

    人生の引き出しを増やす方法。

    時間があればやりたいこと。ついついスマホを手にとってしまいますが、あえて触らず。。とにかく本をたくさん読みたい、と思うようになりました。じっくり本屋で立ち読み、も赤ちゃんがいると難しいので、とにかく片っ端から気になった本を図書館で取り寄せしてます。本は読めば読むほど、引き出しを作ってくれますね。有り難いです^ ^

  14. 英語がある人生は、楽しい。 - 英語学習は楽しみながら。

    英語がある人生は、楽しい。

    皆さんにとって、英語はどんなものですか。学生時代の苦手な教科?ずっとやってみたいけど手に届かないもの?勉強しているけど、なんだか上手く行かないもの?私にとって、英語は私の人生そのものです。私は中学生の時、人生の全てが嫌になってしまい引きこもってしまいました。その時、唯一外に出たのが、当時習っていた英会話でした。英会話を通じて、日本ではない世界があることを知った私は、15歳の時、ある決断をしま...

  15. 年末になると… - UNITY

    年末になると…

    年末になると日本だけの文化なのか、掃除をして新しい年を迎えたい気持ちになってしまいます。この気持ちを抱くのは、日本人だけなんでしょうか。この前新しい財布を買ったので、クローゼットに入っているバッグも含めて、ブランドものは一気にリサイクルに出してしまおうと、インターネットで検索してみました。普通だと、どこが高く買い取れるとか、複数で見積もりを出して、一番評価の高いところに決めるとか、おそらくも...

  16. オンナは40代から、がお楽しみ。 - くらしのノート.micco

    オンナは40代から、がお楽しみ。

    先日の家族大旅行、無事楽しんで帰ってきました^ ^美味しいものたーっぷり食べて、子供たちも普段と違う時間に大喜び、でした。*黒豆きなこのジェラートとしぼりたてソフトクリーム。すごくしあわせなお味でした!泊まった宿は、今回で4回目。かれこれ10年以上前から行っています。今回はおかみさんも代替わりして、息子さんのお嫁さんが色々メインでお世話してくれました。おだやかで、気配りができて、うちのやんち...

  17. 若手教員働きづめ - 自分遺産

    若手教員働きづめ

    今回のタイトルは11月9日の読売新聞夕刊の記事から取ったものだ。小見出しには、公立小中学校授業準備の負担重くノウハウ継承されずとある。20代の教員と50代とでは平日の労働時間に1時間の差があり、20代では小学校で12時間に迫るものになっていた。その理由が「若手は仕事に不慣れなため」という。だから、ベテランが作成した授業教材を共有するとか、時間外労働の上限を設けたりすることが対策としてあがって...

  18. まぁいいか、人生。 - 糸のない凧

    まぁいいか、人生。

    まぁいいかは、不思議な呪文。どうにかしなきゃと、時間に追われるようなとき。まぁいいか。唱えりゃ途端に、追われる私はいなくなる。まぁいいかは、不思議な呪文。うまくいかないイライラ募るようなとき。まぁいいか。唱えりゃ途端に、何とかなりそな気がしてきちゃう。まぁいいかは、不思議な呪文。誰かの落ち度を責めたくなってしまったとき。まぁいいか。唱えりゃ途端に、いつもの笑顔を思いだす。まぁいいか、なんて物...

  19. 成長するということ - Omoブログ

    成長するということ

    今日は朝からお昼ごはんのグラタンのためにホワイトソースをせっせとこしらえていました^^海老と柔らかく炒めた玉ねぎだけのシンプルなグラタン。Sony α77Ⅱ:TAMRON SP AF60mm F/2 Di II Macroみんなにとても好評で良かった~^^エンドウが仲良く並んだサラダもカワイイ(*´∀`)Sony α77Ⅱ:TAMRON SP AF60mm F/2 Di II Macro今日...

  20. 海辺の本棚『佐野洋子 あっちのヨーコ こっちの洋子』 - 海の古書店

    海辺の本棚『佐野洋子 あっちのヨーコ こっちの洋子』

    制作姿勢や交友関係を通して綴られた佐野洋子さんの人生。洋子さんは本当に「自分に嘘をつけない人」でいらしたのですね。痛いほど、そのことが胸に迫りました。それぞれのエピソードが強烈な印象を残して、洋子さんは一つの「生」で「百万回」分生きられたのかもしれないと思うほどでした。自分の悲しみ、苦しみがよく涙になる方。「泣く」という行為が一つの大切な吐露であったような。人を深く愛して、それを隠すことをせ...

総件数:639 件

似ているタグ