人生のタグまとめ

人生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには人生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「人生」タグの記事(887)

  1. 「導かれるっていうことは?」~いちばん“素敵”な道を選んでいくには~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    「導かれるっていうことは?」~いちばん“素敵”な道を選...

    私たちが歩む先には必ず光があります。こんにちは、林真弓子です。^^先日の癒しフェアのブース内で、「導かれるっていうことは?」というタイトルのミニセミナーをしたのです。私たちはみんな導かれていて、しかも順調で絶妙で、そんなときにどんなことが起きてくるのか、とか、どんなふうに導かれたらいいのか、とか、そんな内容だったのですねぇ。私自身、このお仕事をさせていただくようになる直前から、ずっと止まるこ...

  2. 今の時代だからこそリーダーが必要 - 日本からアジアへ〜国境を外すプロジェクト〜

    今の時代だからこそリーダーが必要

    いつもブログをみて頂きありがとうございます。ほとんどの平凡な人は自分の成功のために生きていると思います広く見ても家族のため、、、家族のためといいつ自分のためにやっていると思いますが、、先ほども書いた通りほとんどが自分の成功のために仕事をしています。それではこれから先の時代で成功することはまずないでしょう。これからの時代はAIが発達し、より人と人をつなぐ仕事が必要になっていきます。だからこそ、...

  3. 波乱万丈人生記 ② - 波乱万丈アメリカ留学記

    波乱万丈人生記 ②

    こんにちは、てびしです。前回の続きを書いていこうと思います。2回目に火がついたのは不登校になったときでした。私はこのままじゃだめだ!このまま人生を諦めたくない!と高校編入を決めました。私立高校は編入を受け付けているのが音楽専門や美術専門などの高校しかありませんでした。なので当時私が狙いを定めたのは公立編入でした。公立から公立への編入試験は学校を辞めなくても受験できるのですが、私立から公立への...

  4. 波乱万丈人生記 ① - 波乱万丈アメリカ留学記

    波乱万丈人生記 ①

    はじめまして、てびしといいます。去年の4月8日からカルフォルニア州コスタメサの大学に通っています。今日は心の整理をするためにも、私の波乱万丈エピソードをいくつか書いていきたいと思います。私はもともと完璧主義者でプライドが変に高い上に、それに伴った実力はないというめんどくさい性格の持ち主です笑。だから、ものすごく自分自身にコンプレックスがありました。今もあります笑。なんでも中途半端。幼い頃に通...

  5. 生き方の重心を意識する - 発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い

    生き方の重心を意識する

    生き方の重心を意識する人間には我々が感知・感得できるおおよそ全てのものが内在されている。瞑想はその内在されているのもを感知・感得している作業かもしれない。人は感知・感得できないものをそもそも認知できないし、脳はそれをスルーしてあたかもその人の人生にはその事柄は存在しなかったかのごとくふるまうだろう。その人の能力を開発するとは、外界の刺激や触媒を利用してその人の中に内在しているその可能性を発現...

  6. またまた散歩の話し。... - 日本画と備前焼あれこれ

    またまた散歩の話し。...

    またまた散歩の話し。今日は暑い日差しの中汗をポタポタ滴れながら歩きました。近所のNさんが、一緒に高校野球を見ましょうとコーヒーにご招待です。広島商業に逆転勝ちしました。どうみても役者が上ではと思っていたが、分からないものです。そこでの心の一句『怖いもの 最後の最後 誰予測』そんなもんか人生も?それじゃまた。

  7. 辞めたい - LINEクリエイターズスタンプ研究所

    辞めたい

    会社を辞めたいと思ったことはないか?私は辞めたいと思わなかったことがない。「どこに行っても一緒よね」というおばさんはどこにでもいるのだ。まあ、ある意味、大きい意味では一緒なのかもしれないが今ここを辞めたい者にとってそんな言葉は意味がない。どこも一緒な訳がないだろうが。辞めるも辞めないも決めるのは自分だ。他人が決めることはできない。人生は短いんだよ。

  8. 海辺の本棚『ぼくとたいようのふね』 - 海の古書店

    海辺の本棚『ぼくとたいようのふね』

    手に取るとほんのり心が温まる絵本。小さな船が旅に出て次第に育ってゆくプロセスが大胆な絵で美しく描かれています。太いタッチの線の魅力が存分なく生かされて色もとても綺麗です。きっとまた子供達が「これ読んで」とお膝に乗ってくれそう。贈り物にもお勧めします。『ぼくとたいようのふね』→★

  9. 海辺の本棚『外は夏』 - 海の古書店

    海辺の本棚『外は夏』

    昨夜、賑やかな語らいから帰宅して片付けを終えたところで、ベッドサイドに置いたままになっていたこの本が目に止まりました。キム・エランの短編集。「喪失」を軸にして語られる物語たち。辛いはずの物語を手放すことができずに読み続けてきた本。多様な人物設定と密であるようでどこか隔たりのある人間関係。誰が私、というわけではないのですが、この中に自分のカケラがたくさんあるようで、共鳴するよりはむしろ、同期す...

  10. TOEICが大学入学共通テスト撤退、責任ある対応困難 - 自分遺産

    TOEICが大学入学共通テスト撤退、責任ある対応困難

    7月に入ってすぐ、教育業界に驚きのニュースが飛び込んだ。TOEICが大学入学共通テスト撤退、責任ある対応困難TOEICは来年から始まる大学入試英語成績提供システムに参加しないことが決まった。文科省から参加要件を満たしていると公表されていたのに参加申し込みを取り下げたのいうのだ。ここまで協定書締結に向けた大学入試センターとの協議が完了していなかったそうだ。今後の影響などが懸念されているが、文科...

  11. 生と死がふりそそぐ - 限りなく透明に近い

    生と死がふりそそぐ

    体をむしばむ暑さで毎日人が死んでいるという日本の日々変わりゆくニュースは現実的で衝撃的日光に浴びることは良いことだというけれどこれじゃあ気持ちよく日光浴どころじゃないじゃなくて、外出はもう命がけの時代になっている。太陽からは生と死がふりそそぐ。そうなると家で引きこもってぴこぴこゲームをする子供が増えるのも分からなくもないな。ついに人間の三大欲求のひとつである食欲がとだえたこの欲しがりである私...

  12. 海辺の本棚『MUJI BOOKS 茨木のり子』 - 海の古書店

    海辺の本棚『MUJI BOOKS 茨木のり子』

    「ずっといい言葉を文庫本で」をテーマに編まれた無印良品のシリーズ。好きな作家の本はたとえ大体読んでいるとしても、手のひらにのるこんな形に、しかも人の目で選ばれた言葉が並ぶととても新鮮に感じます。このシリーズをショップで一緒に眺めた文学研究者の友が、開口一番「お写真が素敵ね、デザイいもいいわ」と呟いたのが印象的でした。全て雑念を排除したような佇まいの本。素直に作家と向き合えて、旅の本にもとても...

  13. 困ったことが起きたとき、「どうしよう」と思ったら~その意味と選択肢のおはなし~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    困ったことが起きたとき、「どうしよう」と思ったら~その...

    私たちにできることは、いっぱいあります。^^下記のイベントに是非遊びにいらしてくださいね♡楽しみにお待ちしています。会場でお会いしましょう!↓↓↓「どうしよう」と思ったら…。私たちが焦ったり、行き詰まったりするとき、自分のアタマの中で、「~しなくちゃいけないのに」と思い込んでしまうことがあります。目の前で起きている困っている出来事があるとします。その1点だけを見ているとき、本当はいろんな選択...

  14. 成功は常に囁いている - 日本からアジアへ〜国境を外すプロジェクト〜

    成功は常に囁いている

    こんにちは治療家兼海外事業コンサルタントのならです。いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。”歳だから無理”と言っている方は”若いから無理”と言います”やった事ないから無理”と言う方は何も挑戦してないです。ケンタッキーのカーネルサンダースも65歳とかなり遅咲きでしたが、成功しましたねそれは彼が、成功したいと常に想い行動を続けていたからです人は生まれながらに成功が決まっていますただ成長...

  15. 此処には凄くいい風が吹いている! - Mirai Project

    此処には凄くいい風が吹いている!

    住む街が好きになれば、のっそりのっそり歩いている野良の犬まで愛おしい✴「日のいずるところから日の入るところまで、主のみ名はほめたたえられる。」(詩篇113:3)

  16. 義務教育と言う制度 - LINEクリエイターズスタンプ研究所

    義務教育と言う制度

    人の性格はそれぞれ違う。それは生まれ持ったものでそう簡単に変わるものではないと思う。私自身物心ついたときから現在に至るまで性格は変わっていないと思う。独りで居るのが好きな人もいれば、大勢でわいわいやるのが好きな人もいる。日本に生まれたほとんどの人間は、小学校に通い中学校に通うだろう。義務教育と言う制度の下に。集団生活に向いている子もいれば、向いていない子もいるだろう。学校が楽しくてしょうがな...

  17. 未来へ残すホームページ - 米粒大のスロー人生

    未来へ残すホームページ

    未来へ向かいますhttp://www.asahi-net.or.jp/~xc2k-mrkm/

  18. 海辺の本棚『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』 - 海の古書店

    海辺の本棚『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすた...

    人生で選べること、選んでいいことをこんな風に書いてもらえてほっとしました。きっと多くの方がそう思われたのではないでしょうか。幡野さんはご自分の言葉で多くの人の心を語ってくださったのだと思いました。誰かの期待に応えるために生きている人。特にその「誰か」が「親」である人にはぜひ読んでいただきたく思います。また「自殺」を考えたことがある人、重い病気で苦しんでいる人にも、さらには重い病気の家族を持つ...

  19. あなたの出世 - デンマンのブログ

    あなたの出世

    あなたの出世は?おほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。また出て来てしまいましたわア~どうしても、あなたにお会いしたかったのでござ~♪~ますわよゥ。ええっ?相手が誰だか分からないのに、いい加減な事をぬかすな!あら、まあぁ~、きついお言葉ですことォ~そのようなエゲツない事を言わないでくださいましなぁ~あたくしは、あなたに本当にお会いしたかったのでござ~♪~ますわよう。うしししし。。。ええっ...

  20. 赤い風船 - 発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い

    赤い風船

    赤い風船そう遠くない昔日本の子どもたちは本当にたくさん亡くなっていた昭和の戦前は日本人の平均寿命は45歳程度これは5歳以下の子ども達がかなり死んでいたということを意味する日本で1番大きな医療グループ徳洲会の創設者である徳田虎雄は奄美群島の徳之島で育った。三番目の幼い弟が酷い下痢と嘔吐をひどく起こして、懇願し医者を呼びに行くが一人目の医者は貧乏な農家には来てくれず、二人目の医者はようやく翌日昼...

総件数:887 件

似ているタグ