人質司法のタグまとめ

人質司法」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには人質司法に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「人質司法」タグの記事(9)

  1. 日本の裁判所や検察は、少しでも逃亡のおそれのある被告人は身柄を拘束しておけばいいという考えに拘泥し、身柄拘束をできるだけ避けながら逃亡を防止するためにどうしたらいいのか考える努力を怠ってきた - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    日本の裁判所や検察は、少しでも逃亡のおそれのある被告人...

    “世界は、日本の裁判所が電子ブレスレットやアンクレットのような被告人の位置を特定できるツールを使っていなかったことに驚いている”“ゴーン氏側は保釈請求にあたって、このツールの受入れも明示していた”「日本の裁判所や検察は、少しでも逃亡のおそれのある被告人は身柄を拘束しておけばいいという考えに拘泥し、身柄拘束をできるだけ避けながら逃亡を防止するためにどうしたらいいのか考える努力を怠ってきた」そ...

  2. フランス24ゴーン被告のレバノン入国にベイルート市民が様々な反応・ゴーン被告、帰国後も雲隠れ市民から怒りの声もレバノン - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    フランス24ゴーン被告のレバノン入国にベイルート市民が...

    ベイルート市民は「故郷に錦を飾る」という感じでしょう。日本はきちんと、人質司法などあらためるべきはあらためないとゴーン被告人に今後、やられ放題になりかねない。ただ、反原発運動家、労働運動家とかが不当に勾留されたり、クルド難民らが人権弾圧されている現実に対して批判があまりあがらないのに、ゴーン被告人の勾留に批判がたかまるというのも不公平だと思います。大富豪こそ、にげる手段があるわけだから、むし...

  3. ゴーン・スポーツ・ナショナリズム - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    ゴーン・スポーツ・ナショナリズム

    毎年、元旦に主要5紙とスポーツ紙5紙を購入して読んでいるが、昨年大晦日に、「ゴーン被告人出国」という大きなニュースが飛び込んできたので、その点からも元旦記事にどう報じられるか興味深かった。全紙一面トップ記事だろうと思ったがそうでもない。毎日、読売はトップ記事であるが、一面は一面だが朝日、日経、産経は一面第二記事である。しかしこれは、日本の刑事制度が問われている大事件である。ゴーン被告人に対す...

  4. チョグク被告人在宅起訴とチェックアンドバランス - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    チョグク被告人在宅起訴とチェックアンドバランス

    チョグク被告人在宅起訴。元首の腹心でも忖度せずに、起訴する韓国検察。他方で安易に逮捕を許さない裁判所。それはそれでチェックアンドバランスが働いている。

  5. ゴーン事件の教訓はどこへ行ったのか - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    ゴーン事件の教訓はどこへ行ったのか

    何げない記事であるが、朝日新聞18日付夕刊に「容疑者短い会話も」「勾留は困難な状況」と出ている。これは、京都アニメーション第一スタジオ放火殺人事件の被疑者のことを報じているのである。無論、これは警察発表をそのまま記事にしたものだ。カルロス・ゴーン事件によって我が国の中世的刑事司法、人質司法が明らかにされたはずだった。一瞬、その中世的状況が改善されるかに思ったが、しかしそれは全く勘違いで、この...

  6. 暖房なしの拘束! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    暖房なしの拘束!

    今週、日本列島を寒波が襲った。北海道ではマイナス30度など報じられている。これで思い出すのが、刑事拘禁者の処遇である。日本では、原則的に冷暖房設備がない。夏は熱中症が起こりうる。そして冬は…。日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告人(特別背任罪などで追起訴)に対して、人質司法、そして弁護人の立ち合いが無いことについて世界の先進国から「中世」と批判されている。実は処遇自体も「中世」である。先...

  7. たとえ10人の犯罪者を逃そうとも… - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    たとえ10人の犯罪者を逃そうとも…

    英米の翻訳ミステリを読んでいると「たとえ10人の犯罪者を逃そうとも、決して一人の無辜も罰する事なかれ」という言い回しがよく出ている。これは「疑わしきは罰せず」という近代刑事司法の原則を端的に言い表したものである。しかし日本の刑事司法は逆なのではないか、と思うことがある。つまり「決して一人の犯罪者も逃すことなかれ」まるで、保釈して「一人でも逃したら」まずい!と考えているようである。不謹慎を承知...

  8. 備忘録お膝元のフランスでは、人気がないゴーン被疑者 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    備忘録お膝元のフランスでは、人気がないゴーン被疑者

    備忘録。ゴーン被疑者はお膝元のフランスでは、人気がないようです。そういう方を、日本人が、一部リベラルまで含めて過剰に同情し、持ち上げるのはいかがなものか。確かに日本のいわゆる人質司法はおかしい。だが、反原発や労働運動関係者の不当逮捕、異常長期勾留にきちんと批判してこなかった方々がゴーン被疑者の時だけ司法批判というのなら、それはどうかと思いませんか?

  9. 保釈中の再犯で起訴倍増 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    保釈中の再犯で起訴倍増

    8月16日付け朝日新聞夕刊の見出しである。リード文は<刑事事件の被告が保釈されるケースが増える中、別の事件を起こして起訴されるケースも増えている。2016年は162人にのぼり10年前と比べて倍増。再犯を防ぐ対策の必要性を指摘する声もあがる。>とある。これだけを見ればあたかも、まるで保釈を増やすから、再犯が増えたといわんばかりである。しかし記事をよく読めば、<この10年間で、保釈率は2倍を超え...

総件数:9 件

似ているタグ