人間のタグまとめ

人間」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには人間に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「人間」タグの記事(66)

  1. 或る親しい看護婦さんに聞いた話:2 - 或る定年退職者の日常超雑記

    或る親しい看護婦さんに聞いた話:2

    これはその看護婦さん自身の体験談です。 東京郊外の外科医院に務めていた時のことです。先生はバリバリタイプ、中年の女医さんです。ある日、右腕の手首に近い部分からかなり出血している初老の男が飛び込んできました。応急処置をしながら先生が詳しい話を聞きます。「それで、その犬は野良犬なの、それともどこかの家の飼い犬なの?」「家で飼ってる犬です。柴犬です」「お宅の家の犬が何で主人に嚙みついたの?」「エサ...

  2. 或る親しい看護婦さんに聞いた話 - 或る定年退職者の日常超雑記

    或る親しい看護婦さんに聞いた話

    都心のクリニックに務める看護婦さんに聞いた話です。(看護師と呼称変更になったのは平成13年なので、それより昔の話です) 令和のコロナ禍ではありませんが、予防ワクチンの接種と検査の為に近隣の会社の社員を対象に、そのクリニックが二日にわたり一般診療と同時並行でワクチン接種と検査を実施したことがありました。処置には看護婦さんが当たりましたが、大混雑が見込まれたため新人の看護婦さんも狩りだされました...

  3. 昔に戻った生活が普通になる? - @猫にコンバンワ!

    昔に戻った生活が普通になる?

    腹減ったので、今、コンビニへ行って帰ってきた!居酒屋は電気が消え、もう閉まってます。ラーメン屋、お好み焼き屋も同じ…ステーキ屋、トンカツ屋は電気点いているが、駐車場には車が居ない。開いているのは24h営業のコンビニだけなのか???でも、昔しの田舎は、夕方には商店街のシャッターは閉まるし、コンビニも11時には閉店…。昔しの生活に戻る事が、コロナ終息に繋がるのか?無駄にCO2を排出するのを辞める...

  4. 回覧★歌う猫 - 月夜飛行船2

    回覧★歌う猫

    昨夜ベランダの下あたりでこんな声で喧嘩してる猫の声が聞こえてたw朝方地震があったようです5時過ぎと8時過ぎに揺れて3時頃に寝たLuxanは5時過ぎの方は全く知らず8時過ぎに小さな揺れを感じただけでした5時過ぎの方が大きかったと家族が言ってました 地震洪水コロナみにゃさん気をつけて~(`´)/~~~ 前回の歌う猫ちゃん♬

  5. 感染拡大で海外並みになる? - @猫にコンバンワ!

    感染拡大で海外並みになる?

    オリンピックが始まる頃から、コロナ感染が爆発的増加ではないでしょうか…要素は色んな面があるが。人流れが減っているとは、どこを見て行っているのでしょうかね?4連休は郊外に向かう車で渋滞だったし。タ-ミナル駅も混雑。混雑度が、普段の生活レベルに近くなってますよね?まだまだ拡大しそう。マスク着用、手洗いを忘れずに行きましょう!

  6. 筋肉痛のような痛さ? - @猫にコンバンワ!

    筋肉痛のような痛さ?

    1回目のワクチン接種から24H以上経過しました。昨日、家に戻ってから感じたのは、打った左腕を動かすと打った箇所近辺が、筋肉痛のように痛い。打撲の時のように、腕を動かすと鈍痛。大事に至らず、良かったです。

  7. 英語と俺たち:4 - 或る定年退職者の日常超雑記

    英語と俺たち:4

    昼食を取りながら英会話の先生とだべっていた時のことである。都市の正式呼称の話になった。私が「ニューヨークは‘The City of New York’ですか?」と聞くと、違う、と言う。‘New York City’が正しいらしい。‘The City of …’の方が重みがあって格好いい、と返すと先生はそれでも駄目だ、と言う。「じゃ、東京も‘Tokyo City’でいいですか?」と...

  8. 浅井さんと私 - 或る定年退職者の日常超雑記

    浅井さんと私

    浅井さんは私より5歳ほど若い大学の後輩である。知り合った初日から感じたことだが、彼よりユーモアのセンスが私と合う人に出会ったことはなかった。彼は音楽、それもクラシックが趣味らしいが、最も好きな指揮者はカラヤンだそうだ。私もカラヤンの名前くらいは知っていたが、‘どこが好きか’と聞くと、指揮は言うまでもなく‘カラヤンの生活態度から風貌、教養、生活全てが好きで憧れている’と言う。最近は特に思いが募...

  9. 伝記大橋八郎先生 - 或る定年退職者の日常超雑記

    伝記大橋八郎先生

    私が初めて大橋先生にお目にかかったのは中学2年の時でした。(*拙ブログ2014-11-07 大橋先生と私)吟行の際、生意気ざかりの私に‘坊ちゃん’と優しく声をかけて下さり大恐縮したことを覚えています。帰宅後父から‘我々が近寄ることさえ出来ないくらい偉い人だ’と言われたことも忘れられません。ところで、父の蔵書の中に「大橋八郎」という先生の伝記を見つけました。父の俳句の師匠で大橋越央子なる俳号を...

  10. 時間も場所も構わずインスピが来る(-"-怒) - 夢か現か幻か・・・

    時間も場所も構わずインスピが来る(-"-怒)

    2月中旬は暖かい日が続き、気温も桜が咲く前の高さになってきて、え?もう咲くの?と思ってしまいました~(笑)でも暖かくなってきたらこんな心配が・・・イナゴ被害がアフリカ東部で壊滅的な規模に拡大昨年も大規模な被害の出た蝗害が、今年は規模を拡大しているそうです。疫病に続き、このままだと世界的な食糧危機に見舞われてしまう恐れがあり・・・昔から予言で繰り替えされている食糧難時代、ついに来るのでしょうか...

  11. 新大久保の天使 - 高山ケンタ「日々の珈琲」

    新大久保の天使

    歩けないわけじゃあるまいし・・・script data-ad-client="ca-pub-9128737881608869" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

  12. 人間の生存戦略は最適なものなのか? - Maystorm Journal                    寺山 光廣

    人間の生存戦略は最適なものなのか?

    夜明けが遅い今頃、外が明るくなる前の2~3時間の温度が活動に一番影響します。今朝は温い。室温が4度もあって、そんな時は曇り空に小雪。冬の強い日差しがないと気温の上昇は遅く、初めにいい思いをした分、後がきびしい。それでも、今日は風も弱く午後はうっかりすると睡魔がやってきます。写真は前の雪の時のもので、枝ぶりが面白くて撮りましたが、じっと動かない植物でも環境の変化に応じて様々に姿を変えます。動物...

  13. 良書二冊 - 或る定年退職者の日常超雑記

    良書二冊

    退職後本を読まなくなった。時間は有り余るほどあるのに本を買う気がしない。理由の一つは本の値段が高くなったと感じるせいである。つまらぬ小説でも千五百円以上もするし、ディジタル経由では本を読んだ気がしない。ところが最近、朝日新聞で見かけた書評と広告に興味を惹かれた本があったので(値段も安かった)二冊とも購入したが、どちらも非常に読みやすく(難しい内容を子供でも分かるほど簡単に意訳している)、久々...

  14. 一期一事:2 - 或る定年退職者の日常超雑記

    一期一事:2

    ‘ある一定の期間中に解決すべき複数の問題が発生した場合には、どれか一つに絞れ’と云う意味の私の造語である。(*拙ブログ2018-07-24 一期一事:1)若くて有能な人たちならば並行処理が出来る場合も多い。子育てをしながらIT関連の開発業務を担っている母親などもいると思う。一期一事の法則は国政についても当てはまる場合がある。超優秀な政府でない限り複数の困難な問題すべてを成功裏に解決することは...

  15. 推定女子復元図(キャンパスフレンズセット2) - ミカンセーキ

    推定女子復元図(キャンパスフレンズセット2)

    タミヤのキャンパスフレンズ2 ”人形 A”のプラスチック部品(C-7,8,9 ) からの「推定復元図」である。キャンパスフレンズの中の人は実際こんな顔してるのだろうか。静岡駅でバスに乗って彼女がつり革握って目の前にいたら僕はどんな顔をすればいいのか? ... 君のパーツはよく知ってるよ。パーティングラインの位置だって覚えてる。およそ戦車模型ブログらしからぬビジュアルで今週のブログはスタートし...

  16. 或るドキュメンタリー - 或る定年退職者の日常超雑記

    或るドキュメンタリー

    久々に見ごたえのある番組に遇えました。テレビ東京、火曜夜10時の「ガイアの夜明け」という番組です。春先から敵対的TOB(株式公開買い付け)で定食屋の大戸屋が乗っ取られそうだ、という噂が広まっていましたが、それを追跡する内容でした。スリリングな展開が続き、ドラマの「半沢直樹」を見るように、はらはらしながら見ました。今回の番組の特長は、1.制作が公平で客観的な事実だけを時系列的に、忠実に追って...

  17. ヒトとは? - まほろば日記

    ヒトとは?

    我が懐かしの学生時代のこと。教養課程と称して、自分の専攻とは全く別に、小中高時代には知り得なかった幾つかの学問の片鱗を授業という形で時間の許す限り受講した。その中に、文化人類学という学問があり、初めて受講したときの興奮は、今も冷めやらないほどに記憶している。その先生が、実はその道ではかなりの権威だったことを後で知ったのだが、初めて受講したときの印象は、一見ただのおじさん。しかしひとたび話始め...

  18. 新型コロナウィルスに関する愚考 - 或る定年退職者の日常超雑記

    新型コロナウィルスに関する愚考

    2020年、年初中国武漢で発生した新型ウィルスのニュースを見て、これが世界中に脅威を与えながら秋になった今もなお終息しないことを予想した人がいただろうか。先日、ラジオ番組である有名な経済アナリストが今後の予想を述べていた。彼は独自にデータを集め、得意の統計手法を駆使して年末の状況を予測したそうだ。その結果、第二波、第三波が引き続き発生し、年末にはとんでもない数の感染者が発生する、という結論...

  19. 新型コロナ【ワクチンの真相】人間であることの意味を変えてしまう!遺伝子組み換えをヒトに対して行うよう作られている!キャリー・マディ医師の告発!世界中で削除され続ける真実!真実に目覚めよ日本民族! - 日々物語エキサイト

    新型コロナ【ワクチンの真相】人間であることの意味を変え...

    新型コロナ【ワクチンの真相】人間であることの意味を変えてしまう!遺伝子組み換えをヒトに対して行うよう作られている!キャリー・マディ医師の告発!世界中で削除され続ける真実!真実に目覚めよ日本民族! COVID-19ワクチンの真相:キャリー・マディ医師の告発「人間であることの意味を変えてしまうことを知ってください」前編 - シャンティ・フーラの時事ブログ(記事は下記に)"【世界中で削...

  20. 呼吸の仕草 - maki+saegusa

    呼吸の仕草

    その人に逢えただけで、人生の意味が分かるような。その人に逢えただけで、人生の意味が変わるような。そんな特別な出会いは、この世に数多、散りばめられていて。私たちは、出会いの奇跡を呼吸しながら、旅を続けている。場を共にし、手を繋ぎ合い、力を響かせ合いながら、道を紡ぎ出すことを本分とする生命体。どんなに分断の時代が訪れようとも、忘れちゃいけない。何があろうと、これだけは。⇒これまでの「写真とことば...

総件数:66 件

似ているタグ