今日の犀たちのタグまとめ

今日の犀たち」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには今日の犀たちに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「今日の犀たち」タグの記事(21)

  1. 茨城かみね動物園・クロサイのメトロ 2019.06.27 - ごきげんよう 犀たち

    茨城かみね動物園・クロサイのメトロ 2019.06.27

    かみね動物園の最寄りの日立駅は、海に面してとても明るく見晴らしがよかった。現在、かみね動物園にはオスのクロサイが1頭飼育されている。名前はメトロ、28才。アメリカ生まれだが、実はメトロのお父さんは、広島の安佐動物公園のクロとハナの最初の子、1977年生まれのトシ!トシはその後、米マイアミ・メトロ動物園に移動し7頭の子をもうけた。その6番目の子が今、日本にいるこのメトロ。1993年8月20日、...

  2. 金沢動物園のクロサイ 2019.06.22 - ごきげんよう 犀たち

    金沢動物園のクロサイ 2019.06.22

    金沢動物園に着いた12時過ぎは雨脚が強かったです。ロンも濡れて、黒いサイに!こういう時は、盛大な泥浴びが見られることが多いが今日はタイミングが合いませんでした。土曜の午後2時半からは、クロサイ・ガイド。雨も上がった。クロサイ・ガイドの最後におやつの枝をもらって満足そうなロン。クロサイもインドサイも、きっとシロサイも雨でぬれた角を硬いもので擦るのが大好き。ローラさんもやってます!ヒトでもお風呂...

  3. 八木山動物公園のクロサイ母娘 「屋内篇」2019.06.06 - ごきげんよう 犀たち

    八木山動物公園のクロサイ母娘 「屋内篇」2019.06.06

    八木山動物公園のクロサイの屋内展示スペースはガラス越しでなく直に近くから見られるところがとてもよいです。寝ているランちゃんの後ろの柵の向こうにお父さんのアースが見えます。可愛い!ランちゃんの足の裏はまだあまり使ってないからツルツルです!アースの前は、オシッコ防御のためにビニールシートが張られています。見えにくいのは残念ですが、それだけ距離が近いということ。シートでよく見えないので、手を伸ばし...

  4. 豊橋のシロサイ:トム、タンディ&ソフィア2018.12.11 - ごきげんよう 犀たち

    豊橋のシロサイ:トム、タンディ&ソフィア2018.12.11

    昨年に続いて2回目の豊橋の「のんほいパーク」。今回は、9月に南アフリカからやってきたシロサイの2才の女の子が11月から公開になったので会いに行きました。ちょうど今日が、投票によって決まった名前の発表の日。「ソフィア」ちゃんに決まりました。ずっと前からそうだったみたいにぴったりの名前ですね。来園当初の体重が 810kg、毎日15kg の牧草を食べてメキメキ成長中!11月26日から、先輩のメスの...

  5. 上野のハンサムボーイのクロサイ@上野動物園 2018.11.20 - ごきげんよう 犀たち

    上野のハンサムボーイのクロサイ@上野動物園 2018....

    上野のクロサイのマロは可愛い目の甘いマスク。コンクリートで擦って角研ぎ中。新しい説明パネル。以前のは記載されていた英語がちょっと変で気になっていたのでよかった。

  6. 今日は機嫌がよくて表情すっきりのアルゴ@上野 2018.11.20 - ごきげんよう 犀たち

    今日は機嫌がよくて表情すっきりのアルゴ@上野 2018...

    動物園のサイは、限られた狭いスペースでやれることも少ないので、同じように見えることも多い。でも、今日はちょっと不機嫌とか、ちょっと元気がないとか、気分がよさそうとか感じることがある。疑いなくこの日のアルゴは、表情が爽やかでとても機嫌がよさそうと確信できて、私も気分がよかった。あとで写真を見てもやはりそうだったと思う。もし、サイの足は太くて不格好と思われているとしたら、それは間違いということが...

  7. 金沢動物園のクロサイ 2018.10.11 - ごきげんよう 犀たち

    金沢動物園のクロサイ 2018.10.11

    園内は怪しーい ハロウィーン・ムード!?今日はローラさんが「外勤」、ロンは「内勤」。芸術の秋、金沢動物園もアートフェスティバル。インドサイの実物大パネルもエントリー!作品名は、「輸送箱だったもの」!?たしかに、インドサイのゴポン♀をアメリカから運んできたときの輸送箱が材料だけれど。時間が経つうちに、しっかり立たなくなったサイの折り紙のメンテナンス作業もおこなった。

  8. 都心のクロサイたち@上野動物園 2018.10.10 - ごきげんよう 犀たち

    都心のクロサイたち@上野動物園 2018.10.10

    マロ♂18才 (2000.2.17.かみね動物園生まれ)。鹿児島の平川動物園のサニーちゃんのお兄さん。アルゴ♀もうすぐ23才 。1995年10月30日、金沢動物園生まれでロンとローラの第一子。妹のクーは、天王寺にいるライくんのお母さん。仙台の八木山動物園のアースは弟。左がロン、右がアルゴで、お互いに気になっている様子。

  9. 「世界サイの日」のクロサイ@金沢動物園 2018.09.22 - ごきげんよう 犀たち

    「世界サイの日」のクロサイ@金沢動物園 2018.09.22

    9月22日は、World Rhino Day 「世界サイの日」"ライノデー" のイベントが開催された金沢動物園のクロサイのロンも元気に朝を迎えていました。早速、吊り下げられたボールのところに行きました。ボールには穴が開いていて、揺らすと穴からフードの粒が出てきます。午後にはボールにあまり興味がないように見えるのは、もう揺らしても何も出てこないからなんでしょうね。「ちょっと...

  10. この夏に30才になるクロサイ・ペア @ 金沢動物園 2018.07.12 - ごきげんよう 犀たち

    この夏に30才になるクロサイ・ペア @ 金沢動物園 2...

    7頭の子(うち2頭は死亡)をもうけた金沢動物園のクロサイのペア、ロンとローラは共に1988年の夏生まれなので、揃ってまもなく30才になる。ロン♂1988.07.24広島・安佐動物公園生まれクロサイの放飼場には黒いボールが吊り下げられた。一見、ロンがブールを鼻先で押しているように見える写真だが、実は後ろを通り過ぎただけ。ボールで遊んでいるところを見たかったのに。外の放飼場に出ていても、右側の奥...

  11. インドサイのゴポンさんの耳飾り@金沢動物園 2018.07.12 - ごきげんよう 犀たち

    インドサイのゴポンさんの耳飾り@金沢動物園 2018....

    「今日は、長年のパートナーのキンタロウ父さんの35回目の誕生日。私も、大きな耳飾りでオシャレに!もうちょっときれいな色のタイヤならもっとよかったのにねー!」「まぁー、でも ”角輪” よりは、耳飾りの方が素敵でしょ。」「オシャレはおしまい!これから水遊び!」「豪快に水を飛ばすのがワタシ流!」「長い猛暑は、これで乗り切らなくちゃ。みんなも真似してみてね。」

  12. 上野動物園のクロサイ  2018.03.23 - ごきげんよう 犀たち

    上野動物園のクロサイ 2018.03.23

    上野公園の桜も開花。クロサイのアルゴ♀1995年、横浜・金沢動物園生まれ。サッカーをやってみたら、上手そう!オシッコ中。アルゴ♀とマロ♂を探せ!!隣り合う放飼場の2頭を同時に写すのはなかなか難しい。右がアルゴ、左がマロ。クロサイのマロ♂2000年、茨城・かみね動物園生まれ。桜が咲いて、上野公園も上野動物園も大混雑だった。パンダがいっぱいお仕事していました。

  13. 金沢動物園のクロサイ・ロン 2018.03.15 - ごきげんよう 犀たち

    金沢動物園のクロサイ・ロン 2018.03.15

    今日はロン♂が出勤!ローラさん♀は奥に控えている。「おたくの陣地の枝をちょっと失礼しますよ。」とロン。ローラが自由に室内に入れるように開けられた扉からローラの姿も見える。しばらく来ていなかった間にオモチャが増えていた。中にペレットが入るようになっているのだろうか?可愛い名札も付けてもらった!

  14. インドサイ・ゴポンの○○風呂 @金沢動物園 2018.03.15 - ごきげんよう 犀たち

    インドサイ・ゴポンの○○風呂 @金沢動物園 2018....

    ずっと浅いプールの水の中に浸かっていたゴポン♀の巨体が、午後4時頃に動き出す。豪快な泥浴び!というか本当は「フン」を溶かした水と言った方が近いかも。あいだにアクリル板があるから近くで見ていられるけれど。ああ、すっきり!扉の向こうのキンタロウのことが気になるようだ。キンタロウの鼻面が見える。おやつに差し入れられた枝を食べる黒仮面の美女サイ・ゴポン。名古屋の東山動物公園のブンタ(8才)と山口県の...

  15. 日本のインドサイのボスはキンタロウ!@金沢動物園 2018.03.15 - ごきげんよう 犀たち

    日本のインドサイのボスはキンタロウ!@金沢動物園 20...

    インドサイは日本では4園で合計9頭しか飼育されていない。(金沢動物園サイ放飼場前の解説板↑)そのなかの最年長のボスが34才の金沢動物園のキンタロウ氏。↓性格「わがままで自己主張が激しい」、いいですね!(同上の解説板より)↓角は自分で短く削っている。「鎧サイ」とも言われるインドサイですが、独特の「スリット収納型の尾」と鋲のような隆起模様が何とも格好いい!思いがけないおやつに満足そう。ヒトと比べ...

  16. 美味しそうに食べる多摩動物公園のインドサイ・ナラヤニ♀ 2017.11.17 - ごきげんよう 犀たち

    美味しそうに食べる多摩動物公園のインドサイ・ナラヤニ♀...

    多摩動物公園では夕方4時過ぎ、室内に戻ったインドサイの食事の光景をとても近くで見ることができとができる。準備されている「夕食!」3頭分の3つのバケツ。ナラヤニ♀が飼育員さんに声をかけられ室内に戻る。一直線に夕食に向かうのではなく大回りして夕食の前に。最初に食べるのは青草、新鮮で美味しそう。「おいしいわよ!」次は食パン。次は野菜。人参はずいぶん小さくカットされている。切る手間が大変そうだけれど...

  17. インドサイ・ナラヤニ&ター@多摩動物園 2017.11.17 - ごきげんよう 犀たち

    インドサイ・ナラヤニ&ター@多摩動物園 2017.11.17

    11月15日からナラヤニの発情に合わせペアリングのためにインドサイのナラヤニ♀とター♂が同居。今年の9月からター(♂21)が、ビクラム(♂16)に代わってナラヤニ(♀16)の繁殖相手となった。ブログ内関連記事:「また裏庭に戻ったインドサイ・ビクラム♂ @多摩動物公園 」http://sainomimy.exblog.jp/26226441/2017.11.17今日は同居3日目で2頭ともに落ち...

  18. また裏庭に戻ったインドサイ・ビクラム♂ @多摩動物公園 2017.11.17 - ごきげんよう 犀たち

    また裏庭に戻ったインドサイ・ビクラム♂ @多摩動物公園...

    多摩動物公園のインドサイは、オスが2頭とメスが1頭。ター♂21才1996.11.20スイスのバーゼル動物園生まれ。1998.10.08多摩動物公園へビクラム♂推定16才推定12ヶ月で2002.03.28 ネパールから多摩動物公園へ。ナラヤニ♀推定16才推定6ヶ月で2002.03.28 ネパールから多摩動物公園へ。日本に来た当時の幼少のときの3頭の写真↓ネパールのチトワン国立公園で子どものとき...

  19. インドサイのセラ@東山動物園2017.05.13 - ごきげんよう 犀たち

    インドサイのセラ@東山動物園2017.05.13

    名古屋の東山動物園では、インドサイの3つの放飼場が連なっている。3頭のインドサイをいっぺんに横並びで見られるのはこの動物園だけだ。これは、向かって左の放飼場に住むセラ、2003年12月生まれの13才♂。真ん中の放飼場にいるメスのニルギリがセラのお母さん。お父さんは、2008年に36才で死亡したサンバ。1999年生まれのセラの兄ドラは、オーストラリアに渡った。優しい横顔!セラというきれいな名前...

  20. インドサイのキンタロウとゴポン@金沢動物園2017.03.12 - ごきげんよう 犀たち

    インドサイのキンタロウとゴポン@金沢動物園2017.0...

    今日は、動物園の友の会の例会で普段は入ることができないゾウ舎のバックヤードに入れてもらったので、隣のサイの放飼場をいつもは見られない角度から見ることができた。↓キンタロウ(♂33才)新しい解説ボード。たしかに、鼻水が出ているのを見ることはある。ゴポン(♀17才)、2才になったチャンプを山口に送り出したのが去年の3月14日なので、それからちょうど1年だ。2014年1月31日、ゴポンとキンタロウ...

総件数:21 件

似ているタグ