今日の言葉のタグまとめ

今日の言葉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには今日の言葉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「今日の言葉」タグの記事(183)

  1. 迷ったら「なぜかそれを好き」を探すこと - 今日の易の言葉

    迷ったら「なぜかそれを好き」を探すこと

    【4/21(日)の易の言葉】は【乾・ケン】です。人の意見をよく聞き、数千年前から残されてきている知恵に心の耳を傾けながらも、自分がこうしたいと思う【自発的な気持ち】を大事にしましょう。人も意欲も様々です。この異なる動機と人格の調和が世界を形作っているのです。【解説】「それを好き」ということには、理屈をつけて「なぜそれが好きなのか」ということを理論的に説明することはできません。例えば、本を読む...

  2. 我慢だけでは必ず片手落ちになる - 今日の易の言葉

    我慢だけでは必ず片手落ちになる

    【4/20(土)の易の言葉】は【小蓄・ショウチク】です。道理、つまり必ずうまくいく方法に従うためには、地道な忍耐と我慢が必要です。なぜなら、聖人ならともかく、普通の人間が道理に従い続けることなどできるはずがないからです。【我慢が必要ではないか】考えてみましょう。【解説】我慢をするときは、「我慢することが正しいからだ」という理屈や信念が必ず自分の中にあります。なぜなら、我慢とは、必ず苦痛であり...

  3. 周囲の状況も終わっていく - 今日の易の言葉

    周囲の状況も終わっていく

    【4/19(金)の易の言葉】は【既済・キサイ】です。物事には始まりと終わりがあります。終わったことにこだわっていては心も周りの状況も乱れるばかりです。【終わったことは終わったことと未練を捨てる】ことが大切です。それはもう覆せないことではないでしょうか。【解説】「これは終わったことだ」と分かりにくいものに、「周囲の状況の変化」があります。この典型例が「成功体験に取りつかれている人」です。成功体...

  4. 連携のない大黒柱 - 今日の易の言葉

    連携のない大黒柱

    【4/18(木)の易の言葉】は【大過・タイカ】です。日常的なことや慣れたことや簡単なことには、過ちを犯しがちです。何事も【軽く見ずに慎重さを失わない】ことが大事です。そのような気持ちがないと、いつか深い川を歩いて渡ろうとすることになり、結局は失敗します。【解説】自分を信じて突き進むことは大事なことです。自分一人では何もできないと、人の力を当てにしていれば、結局何もできないからです。しかし、そ...

  5. 真っ赤な顔して出る杭を打つ - 今日の易の言葉

    真っ赤な顔して出る杭を打つ

    【4/17(水)の易の言葉】は【大蓄・タイチク】です。大きなことをするに当たっては、時間や生活や精神が犠牲になるのは当たり前のことです。【結果を出すには我慢が必要】なことを心に留めておきましょう。苦労は買ってでもしろとはこのことです。方向性も大事です。【解説】「出る杭は打たれる」と言いますが、出てきた杭を、顔を真っ赤にして叩き潰してばかりいるのなら、これはただの乱暴者であり、もぐらたたきに興...

  6. その場しのぎはクセになる - 今日の易の言葉

    その場しのぎはクセになる

    【4/16(火)の易の言葉】は【困・コン】です。長く雨が降らなければ川の水は無くなり、不便をもたらします。人にもこういった苦節の時がありますが、それは自分が干からびた川であるからです。口を動かすのでなく行動が重要です。【不満を漏らすのではなく潤し与える】のです。【解説】自分にとって都合の悪いことを、その場の雰囲気や口八丁でごまかしたり、すっとぼけることで難を逃れたりすると、確かにその場はしの...

  7. 秩序は混沌の中にある - 今日の易の言葉

    秩序は混沌の中にある

    【4/15(月)の易の言葉】は【鼎・テイ】です。安定を得るためには【最低限必要なこと】があるはずです。地位や権力といった器には必ず盛衰があります。立派な器に下らない中身を入れて、それを渡したところで誰も喜びません。そこに入るべきは朽ち果てないまごころなのです。【解説】安定と言えば「秩序・ルール」ですが、その対義語は、「混沌・カオス」です。この「秩序」と「混沌」の関係を天気で考えてみます。まず...

  8. 「量の調節」と「質の調節」 - 今日の易の言葉

    「量の調節」と「質の調節」

    【4/14(日)の易の言葉】は【節・セツ】です。川の水は多ければ洪水となって害を及ぼし、少なければ水不足で皆を苦しめます。何も考えずに節約しないのも、苦しむほどの節約も、どちらも害があり不適切なのです。【自分を知ることで、自分のちょうどよい】を探しましょう。【解説】調節と言うと量の調節がすぐに思い浮かびます。「量の調節」とは、例えば蛇口をひねることで水の出る量をちょうどよくするといったように...

  9. 見返りを求める人間関係は疲れる - 今日の易の言葉

    見返りを求める人間関係は疲れる

    【4/13(土)の易の言葉】は【中孚・チュウフ】です。人と人に何らかの関係がある時、そこには利害関係か真心による信頼関係があるものです。利害関係は一回終局のものですが、【真心が発端の関係は長続きする】ことを心に留めておきましょう。所詮、金の切れ目は縁の切れ目です。【解説】自分が見返りを求めている場合の人間関係は疲れます。このようなときに浮かんでくる気持ちは「自分は○○してやったのに、あいつは...

  10. 気が利く人は少ないが教えたい人はたくさんいる - 今日の易の言葉

    気が利く人は少ないが教えたい人はたくさんいる

    【4/12(金)の易の言葉】は【蒙・モウ】です。わからないことをわからないとして、【自分の無知を認める】ことが大事です。これが無知の知です。知っている人は必ず居ます。心を開いて問うてみるのです。自分の無知を認め、人に問うことができて、やっと物事が前進するのです。【解説】今は、新年度に入ったばかりなので、新しい部署や新しい環境で「何をするか全然わからない」という状況にある方もかるかもしれません...

  11. 経験があるはずなのに行き詰まる時 - 今日の易の言葉

    経験があるはずなのに行き詰まる時

    【4/11(木)の易の言葉】は【復・フク】です。人の帰るべき道は常に善という道です。ですが、人は、往々にして道を踏み外してしまいます。【自分の歩むべき道に戻ること】を心がけましょう。中(あた)らずといえども遠からず、切に願えばその道は見えてきます。【解説】「初心に帰る」というセリフはよく聞きますが、これはどういった意味でしょうか。せっかく経験を積んだのに、初心に帰っていては「今までのことは何...

  12. 「あえてコツコツやらない」ということも節約になりうる - 今日の易の言葉

    「あえてコツコツやらない」ということも節約になりうる

    【4/10(水)の易の言葉】は【節・セツ】です。川の水は多ければ洪水となって害を及ぼし、少なければ水不足で皆を苦しめます。何も考えずに節約しないのも、苦しむほどの節約も、どちらも害があり不適切なのです。【自分を知ることで、自分のちょうどよい】を探しましょう。【解説】節約と言うと、お金を節約するとか、電気を節約するとか、こまめにコツコツやって成果を出すというイメージがあります。しかし、この考え...

  13. 地味なことをしなければ派手なことは起こらない - 今日の易の言葉

    地味なことをしなければ派手なことは起こらない

    【4/9(火)の易の言葉】は【坤・コン】です。地道な努力は、いずれ実を結びます。努力を怠らず、【人の善い考え方に従う】ようにしましょう。母なる大地と言いますが、黙々と絶え間なく万物を受け入れ、育んでいくのが地の道、則ち「地道なこと」であるのです。【解説】人は、一発逆転や、急に何かできたとかということが大好きです。例えば、豊臣秀吉の一夜城がいい例です。一夜にしてできるはずのない建造物が、一夜に...

  14. 時間をかけて準備することはギャンブル - 今日の易の言葉

    時間をかけて準備することはギャンブル

    【4/5(金)の易の言葉】は【大蓄・タイチク】です。大きなことをするに当たっては、時間や生活や精神が犠牲になるのは当たり前のことです。【結果を出すには我慢が必要】なことを心に留めておきましょう。苦労は買ってでもしろとはこのことです。方向性も大事です。【解説】何らかの結果を出すため、時間をかけて準備するということは、ギャンブル要素があります。なぜなら、未来は誰にも分からないからです。例えば、時...

  15. 問わずして知ることはできない - 今日の易の言葉

    問わずして知ることはできない

    【4/3(水)の易の言葉】は【蒙・モウ】です。わからないことをわからないとして、【自分の無知を認める】ことが大事です。これが無知の知です。知っている人は必ず居ます。心を開いて問うてみるのです。自分の無知を認め、人に問うことができて、やっと物事が前進するのです。【解説】何事も問わずして知ることはできません。例えば、「問う」という過程のない「知ること」の代表格が学校です。学校でいろいろなことを教...

  16. 気に入らない人を避けることの重要性 - 今日の易の言葉

    気に入らない人を避けることの重要性

    【4/1(月)の易の言葉】は【遯・トン】です。人には逃げ場が必要です。行き詰まりは誰にでもあるからです。しかし、逃げ場に行くのは【その時の自分のやるべきことをやり終えてから】です。人の期待や要求に応えるのでなく、無理しない範囲で自分が納得できればいいのです。【解説】気に入らない人やこと、あるいは嫌いな人やことは、避けるのが最善策です。例えば、道端に犬のフンが落ちていた時、普通の対応は避けて通...

  17. 「やり過ぎ」にも限度がある(あと日本の財政について) - 今日の易の言葉

    「やり過ぎ」にも限度がある(あと日本の財政について)

    【3/29(金)の易の言葉】は【大過・タイカ】です。日常的なことや慣れたことや簡単なことには、過ちを犯しがちです。何事も【軽く見ずに慎重さを失わない】ことが大事です。そのような気持ちがないと、いつか深い川を歩いて渡ろうとすることになり、結局は失敗します。【解説】昨日は、「やり過ぎ」の全てが失敗というわけではなく、「早死にしてもいいから酒を飲む」という人が、実際その通りに早死にしてもそれは失敗...

  18. 明確な意思がなければ改めることはできない - 今日の易の言葉

    明確な意思がなければ改めることはできない

    【3/23(土)の易の言葉】は【革・カク】です。豹や虎は毛の生え変わりの時期になると、古い毛が全て生え変わり、その模様がさらに美しくなります。物事を改めるに当たっては、古い事はきっぱりと捨てて【潔く改めるべき】なのです。上面が変わっただけでは何も変わりません。【解説】良い習慣をなくすことは簡単ですが、良い習慣を身に付けるには明確な意思で取り組まなければなりません。分かりやすい例が、ダイエット...

  19. 人の集まる所にロクな所はない? - 今日の易の言葉

    人の集まる所にロクな所はない?

    【3/21(木)の易の言葉】は【萃・スイ】です。人々が集まれば大きなことができて、楽しさも増します。しかし、その半面で内外から疑いも出てきます。仲間が多いからと安心するのでなく【初心に返って、現状をよく考えること】も大事です。自分自身が払う犠牲も必要です。【解説】特に現代日本のような平和かつ安全な時代と場所において、人が集まるところは、あまり感心できない場所が多いものです。このことが如実に分...

  20. ルールや定義のないところに正誤勝敗はあり得ない - 今日の易の言葉

    ルールや定義のないところに正誤勝敗はあり得ない

    【3/20(水)の易の言葉】は【訟・ショウ】です。お互いが自分の意見を主張して一歩も引かなければ、それは争いとなります。争い事においては【自分が譲歩しようとする心を持つこと】が大事なのです。無理に押し通せば、相手にも、そして自分にも損害が出るだけです。【解説】勝敗や正誤というものは、ルールや定義がなければ成立しません。ここを勘違いすると、不毛な争いで精神や時間を消耗し、無駄な時間を過ごすこと...

総件数:183 件

似ているタグ