健康・医療ジャンル×今日の言葉のタグまとめ

今日の言葉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには今日の言葉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「今日の言葉」タグの記事(311)

  1. 「怒る自分」を許してみる - 今日の易の言葉

    「怒る自分」を許してみる

    【8/26(月)の易の言葉】は【噬嗑・ゼイコウ】です。時には誰かに怒ることも大事ですが、これは怒りに身を任せること、八つ当たりとは別のことです。【自分のために怒っていないか】よく考えましょう。刑罰や叱責は憂さ晴らしでなくて人を教え導くためにすることなのです。【解説】怒りは、「自分はそれが嫌だという意思」の現れでもあります。だから、怒りを押し殺していると、ストレスが溜まりますし、八つ当たりとな...

  2. 感情による行動には正当性も妥当性もない - 今日の易の言葉

    感情による行動には正当性も妥当性もない

    【8/25(日)の易の言葉】は【咸・カン】です。感情で行動することは悪いことではありません。なぜなら、計算だけで行動するのはロボットで人間ではないからです。しかし、その感情が【憧れや衝動、思いつきではダメ】です。感情と理性に節度があることが重要なのです。【解説】ほとんどの人は、自分が感情で行動を決定しているのか、あるいは理知で行動を決定しているのか、そのことに自覚がありません。例えば、「カレ...

  3. 「無辺際の輪廻」を断ち切るもの - 今日の易の言葉

    「無辺際の輪廻」を断ち切るもの

    【8/24(土)の易の言葉】は【小過・ショウカ】です。小鳥が空高く上空を目指して飛んでいけば、いつか力尽き、墜落して死ぬでしょう。【自分の力、人間にできることには限界があること】を知らなければなりません。目標とは際限なく追いかけるものでなく、到達するものです。【解説】まさに資本主義こそ、「お金を儲ける」ということに関して際限のないシステムです。例えば、営業目標が数字で示される場合、ほとんどの...

  4. 安泰の要所はバランス感覚 - 今日の易の言葉

    安泰の要所はバランス感覚

    【8/23(金)の易の言葉】は【泰・タイ】です。今は安泰です。しかし、平らかなものでも放おっておけばいつかは傾くものです。何事においても【大丈夫「だろう」でなく、こうなってしまう「かもしれない」】と思う気持ちが大事です。安心しながらも気配りを忘れてはなりません。【解説】安泰の要所はバランス感覚です。例えば、船が右に傾いたとき、乗客が皆右に移動すれば、その船は右に転覆するでしょう。一方で、船が...

  5. 本当の悪党は引き際を知っている - 今日の易の言葉

    本当の悪党は引き際を知っている

    【8/22(木)の易の言葉】は【大壮・タイソウ】です。同じ方向に進み続けていれば勢いが出てきます。しかし、配慮なしで勢いに任せていればいつか障害物にぶち当たり、進むことも退くこともできなくなります。勢いがあるときこそ【周囲の状況に気を配ること】が重要です。【解説】本当の悪党は、調子に乗りますが、引き際を知っています。これと対照的なのが、最近あおり運転の末の暴行で捕まった宮崎容疑者です。あんな...

  6. 三国志の題材にもなっている「易経」 - 今日の易の言葉

    三国志の題材にもなっている「易経」

    【8/21(水)の易の言葉】は【震・シン】です。雷の音に驚き、地震で飛び起きるのは当たり前のことです。しかし、その非常時でもうっかり手放してはならないものがあるはずです。普段から【心に守り所】を持っておれば、うっかり失敗することなく、急なことにも対処できます。【解説】三国志には、曹操と劉備が食事をしていて、曹操が「天下に英雄は君と私だけだ」と言い、劉備がうっかり箸を落とすシーンがあります。と...

  7. 明日は自分も「あおり運転」 - 今日の易の言葉

    明日は自分も「あおり運転」

    【8/20(火)の易の言葉】は【謙・ケン】です。人は高い所に居ることと、何かを得ることを好みます。これは誰でも同じです。ですが、【高い所を避けて、むしろ譲る】ことが大事なのです。でないと、怨みといった余計なものがついてきます。遠慮するとは遠く慮ることなのです。【解説】最近、あおり運転が話題になっていますが、あおり運転はまさに「譲らない」ことが原因で起こる不都合です。ここで譲らない人は、必ずあ...

  8. 安心の中で戒心を忘れず、不安の中で冷静さを保つこと - 今日の易の言葉

    安心の中で戒心を忘れず、不安の中で冷静さを保つこと

    【8/19(月)の易の言葉】は【泰・タイ】です。今は安泰です。しかし、平らかなものでも放おっておけばいつかは傾くものです。何事においても【大丈夫「だろう」でなく、こうなってしまう「かもしれない」】と思う気持ちが大事です。安心しながらも気配りを忘れてはなりません。【解説】世の中には、安心している人をさらに安心させて骨抜きにし、不安のある人の不安を煽って火に油を注ぐような言葉があふれています。安...

  9. 「回復」の裏側には「正常」と「異常」がある - 今日の易の言葉

    「回復」の裏側には「正常」と「異常」がある

    【8/18(日)の易の言葉】は【復・フク】です。人の帰るべき道は常に善という道です。ですが、人は、往々にして道を踏み外してしまいます。【自分の歩むべき道に戻ること】を心がけましょう。中(あた)らずといえども遠からず、切に願えばその道は見えてきます。【解説】元の状態に戻ることを「回復する」と言います。ですから、「回復する」という言葉を使うときには「正常な状態」と「異常な状態」を、無意識にでも自...

  10. 人は魅力的な背中になら喜んで付き随う - 今日の易の言葉

    人は魅力的な背中になら喜んで付き随う

    【8/17(土)の易の言葉】は【随・ズイ】です。車の後輪は必ず前輪に付き従います。誰かや何かに付き従うとはこのようなことです。後進が先達に従うのは当然ですが、時には【自分の進んでいる方向を見定める】ことをしなければなりません。前輪と後輪は一蓮托生であるのです。【解説】「子は親の背を見て育つ」と言いますが、ここに言う「随」とは、まさに人が誰かの背中を見て、その背中に魅力を感じ、喜んで後ろをつい...

  11. 目標の達成はひとつずつ - 今日の易の言葉

    目標の達成はひとつずつ

    【8/16(金)の易の言葉】は【姤・コウ】です。【一人でできることには限界がある】のです。だから、一人が二人以上に当たる不倫や浮気、八方美人のおべんちゃら、腹黒の二枚舌は、失敗の元となるのです。自分の実力と社会の常識はわきまえていなければなりません。【解説】このアカウントに注目してくださっている方に、八方美人のおべんちゃらを好むような方は、いらっしゃらないかと思います。そもそも、おべんちゃら...

  12. 自分を妨げるものは自分 - 今日の易の言葉

    自分を妨げるものは自分

    【8/15(木)の易の言葉】は【離・リ】です。こちらから離れるということはあちらに付くということです。これは理知、つまり判断力を求められることですから、普段から【何が自分にとって大事か】知っておくことが肝心です。思いつきの行動では付いたと思った側に捨てられます。【解説】判断や決断に必要な資質は、未来を正確に予測する能力と思われがちですが、それ以上に重要なのは「現状を明らかに把握する能力」です...

  13. 「洗脳」には気が付けても「扇動」には気が付けない - 今日の易の言葉

    「洗脳」には気が付けても「扇動」には気が付けない

    【8/14(水)の易の言葉】は【巽・ソン】です。人の言いなりになることと、人に従うことは違います。言いなりになれば犯罪も犯し、従うのならその人への忠告もでき、その人を見切ることもできるのです。【言いなりになるのはやめる勇気】を持ちましょう。自分も判断するのです。【解説】自分には「誰かの言いなりになっているという自覚がない」のに、実際には「そのある人物の言いなりになっている」という場合がありま...

  14. 変わることも変わらないこと - 今日の易の言葉

    変わることも変わらないこと

    【8/13(火)の易の言葉】は【恒・コウ】です。人の言動には恒(つね)が必要です。今日は北に向かい明日は南に向かえば、どちらにも進んだことになりません。恒心(善い習慣)がなければ恒産(安定)はあり得ないのです。方向性の変わらない【恒のある言動】を心がけましょう。【解説】恒であるとは、変わらないことでなく、変わることでもあります。例えば、四季は春夏秋冬と移り変わりますが、「四季の移り変わり」と...

  15. 凶行を止めることはかなり困難 - 今日の易の言葉

    凶行を止めることはかなり困難

    【8/12(月)の易の言葉】は【師・シ】です。無意識のうちに積み上がっていくのがストレスや不安です。これはあるところで表に出るのですが、善い結果の原因とも悪い結果の原因ともなります。【ストレスや不安の適切な処理】を心がけましょう。訓練を心がけ、理性で修正するのです。【解説】師は「いくさ」「ぐん」とも読みます。いわゆる戦争のことです。戦争など暴力に訴えるような手段は、自分の身を危険にさらすこと...

  16. 損と得は表裏一体 - 今日の易の言葉

    損と得は表裏一体

    【8/11(日)の易の言葉】は【損・ソン】です。何かが損ずれば何かが益します。だから、食べ過ぎる食べ物のような【損じるべきものを損じて】、健康といった益すべきものを益すことが肝心です。何がどのように損益するのかを把握しておけば、損せずして益すこともできるのです。【解説】視点を変えることで、損得は逆転することもあります。この視点を変えることに長けていて、損の中に得を見出す人がいわゆるポジティブ...

  17. 民主主義では誰もが為政者 - 今日の易の言葉

    民主主義では誰もが為政者

    【8/10(土)の易の言葉】は【艮・ゴン】です。人が罪を得るときとは、特殊な場合を除いて理性を捨てて感情に走った時です。感情の高ぶる所には近づかないのが一番ですが、最も無感応とされる背中を意識して冷静になれば、突き上がる【感情を適切にとどめる】ことができます。【解説】易経には「君子思うことその位を出でず」とあります。簡単に言えば、「立派な人格者は、分不相応なことや、自分の職務でないことについ...

  18. 旅行はコンセプトだけでも意思統一を - 今日の易の言葉

    旅行はコンセプトだけでも意思統一を

    【8/9(金)の易の言葉】は【旅・リョ】です。人生は自分の居場所を探す旅ともいえるでしょう。それなのに旅の恥はかき捨てとばかりに、節操のない行動をしていれば、居場所が見つかるはずがありません。【恥を知ること】が人に心やすらぐ居場所を提供するのです。【解説】もうすぐお盆休みで、旅行を予定されている方も多いと思います。旅行は、だいたい誰かと行くものですが、計画する人は一人ということが多いものです...

  19. 「敵認定」はエスカレートする - 今日の易の言葉

    「敵認定」はエスカレートする

    【8/8(木)の易の言葉】は【大荘・タイソウ】です。同じ方向に進み続けていれば勢いが出てきます。しかし、配慮なしで勢いに任せていればいつか障害物にぶち当たり、進むことも退くこともできなくなります。勢いがあるときこそ【周囲の状況に気を配ること】が重要です。【解説】人は、一度「敵認定」した相手に対して、過剰な反応をしてしまうものです。この過剰反応は、まさに勢いに乗ってエスカレートしてしまいます。...

  20. 嘘を言うのは余裕がないから - 今日の易の言葉

    嘘を言うのは余裕がないから

    【8/7(水)の易の言葉】は【困・コン】です。長く雨が降らなければ川の水は無くなり、不便をもたらします。人にもこういった苦節の時がありますが、それは自分が干からびた川であるからです。口を動かすのでなく行動が重要です。【不満を漏らすのではなく潤し与える】のです。【解説】ドラマやマンガだと、ハッタリやブラフをかまして窮地を切り抜けるという場面が稀にあります。こういった場面を見ていると、ハッタリや...

総件数:311 件

似ているタグ