今日の言葉のタグまとめ

今日の言葉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには今日の言葉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「今日の言葉」タグの記事(366)

  1. 何事にも「できない」という限度がある - 今日の易の言葉

    何事にも「できない」という限度がある

    【9/11(水)の易の言葉】は【小過・ショウカ】です。小鳥が空高く上空を目指して飛んでいけば、いつか力尽き、墜落して死ぬでしょう。【自分の力、人間にできることには限界があること】を知らなければなりません。目標とは際限なく追いかけるものでなく、到達するものです。【解説】「大は小を兼ねる」と言いますが、「過ぎたるは猶お及ばざるが如し」とも言います。大きい、多い、でかい、高い、優れた、たくさん、こ...

  2. どこからが媚びへつらいなのか - 今日の易の言葉

    どこからが媚びへつらいなのか

    【9/10(火)の易の言葉】は【謙・ケン】です。人は高い所に居ることと、何かを得ることを好みます。これは誰でも同じです。ですが、【高い所を避けて、むしろ譲る】ことが大事なのです。でないと、怨みといった余計なものがついてきます。遠慮するとは遠く慮ることなのです。【解説】謙とは、イエスマンのように、人に媚びへつらうことではないということを昨日解説しました。では、どこからが媚びへつらうという接し方...

  3. 謙虚な人とイエスマン - 今日の易の言葉

    謙虚な人とイエスマン

    【9/9(月)の易の言葉】は【謙・ケン】です。人は高い所に居ることと、何かを得ることを好みます。これは誰でも同じです。ですが、【高い所を避けて、むしろ譲る】ことが大事なのです。でないと、怨みといった余計なものがついてきます。遠慮するとは遠く慮ることなのです。【解説】謙虚な人とイエスマンは似ています。なぜなら、どちらも「逆らわない、あるいは、こちらの気分を害することをしない」からです。ですが、...

  4. 独りよがりの「押し付け」 - 今日の易の言葉

    独りよがりの「押し付け」

    【9/8(日)の易の言葉】は【益・エキ】です。徳無き所に恵みなどはあり得ません。何かを益すためには、【心の底からにじみ出るような真心】が必要なのです。そうでなければ、人に対しては貸し付けているようで恩着せがましくなり、自分としても身につかないものとなります。【解説】この「益」は上の者が下の者を益すという意味になりますが、昔は、誰かを益すということは簡単でした。というのも、衣食住が足りなかった...

  5. 「自分さえ良ければいい」は人間社会を崩壊させる - 今日の易の言葉

    「自分さえ良ければいい」は人間社会を崩壊させる

    【9/7(土)の易の言葉】は【升・ショウ】です。上昇することは良いことですが、一歩間違えば破滅につながることもあります。密林でも植物の新芽は成長し大きくなりますが、それは植物が【周囲と調和】しているからなのです。自分さえ、という考えは結局自身の破滅を招きます。【解説】人間は一人では生きていけません。だから、社会を形成しています。中には「いや自分は一人で生きている」と思う人もあるかもしれません...

  6. 自分を観察することは人の話を聞くことから始まる - 今日の易の言葉

    自分を観察することは人の話を聞くことから始まる

    【9/6(金)の易の言葉】は【観・カン】です。人は誰にもまして、【自分のことをしっかりと観察】しなければなりません。自分のことも観察できない人には、人を観察することはできません。誰かの目の中のホコリを気にする前に、自分の目の中にある柱に気づきましょう。【解説】人が何かを観察するとき、その視点は必ず多角的なものとなります。つまり、「魚を観察する」と言えば、魚を右から見たり、左から見たり、あるい...

  7. 下地の気持ちが下心であるのがダメなだけ - 今日の易の言葉

    下地の気持ちが下心であるのがダメなだけ

    【9/5(木)の易の言葉】は【賁・ヒ】です。 【飾ることには適度さと時に応じた適切さ】が必要です。 飾らなければ粗野で粗雑となり、飾りすぎれば華美や見栄となります。飾りの極地は白く飾ること、つまり、無闇に飾らなくても美しいことなのです。 実質に相応しい名目も必要です。 【解説】 人は思っているほど人を見る目はありません。 だから詐欺師は「いつもにこにこしている人」や「スーツを着こなしたビジネ...

  8. 後で笑い話にできるかどうかは失うものの大きさ次第 - 今日の易の言葉

    後で笑い話にできるかどうかは失うものの大きさ次第

    【9/4(水)の易の言葉】は【震・シン】です。雷の音に驚き、地震で飛び起きるのは当たり前のことです。しかし、その非常時でもうっかり手放してはならないものがあるはずです。普段から【心に守り所】を持っておれば、うっかり失敗することなく、急なことにも対処できます。【解説】日本には「喉元過ぎれば熱さを忘れる」「喉元過ぎれば熱くない」といったことわざがあります。非常に驚くようなこと、恐怖するようなこと...

  9. 感情先行の狂気は聖人をも殺す - 今日の易の言葉

    感情先行の狂気は聖人をも殺す

    【9/3(火)の易の言葉】は【剥・ハク】です。人はとかく焦りに陥りやすいものです。目先の利益は大きく見え、遠くの目標は近く見えるからです。現実と今を見ることで【着実・堅実の道】を選びましょう。この気持が持てれば、心配していたことが馬鹿らしく思えてきます。【解説】この剥は、個人の心理状態で言えば、大事なことを見失ってしまいまいそうな「焦り」の状態を意味します。しかし、人間関係や社会情勢で言うと...

  10. 虎視眈々 - 今日の易の言葉

    虎視眈々

    【9/2(月)の易の言葉】は【頤・イ】です。何かのご縁で、人から養われたり、人から世話してもらうことは決して悪いことではありません。しかし、過剰ならおねだりとなり、粗雑なら養ってくれている人の評判を下げてしまうことになります。【養われる側にも気配りが大事】です。【解説】「自分は○○してもらえるのが当たり前だ」と思っていると、その状況も続かなくなってしまいます。社会的に話題になっているのが老後...

  11. なぜズルがダメなのか - 今日の易の言葉

    なぜズルがダメなのか

    【9/1(日)の易の言葉】は【剥・ハク】です。人はとかく焦りに陥りやすいものです。目先の利益は大きく見え、遠くの目標は近く見えるからです。現実と今を見ることで【着実・堅実の道】を選びましょう。この気持が持てれば、心配していたことが馬鹿らしく思えてきます。【解説】目先の利益が見えたときにやってしまうことは「ズルいこと」です。この「ズルいこと」について、「やってはならないことだ」とか、「悪いこと...

  12. 進まなければ到着できない - 今日の易の言葉

    進まなければ到着できない

    【8/31(土)の易の言葉】は【大蓄・タイチク】です。大きなことをするに当たっては、時間や生活や精神が犠牲になるのは当たり前のことです。【結果を出すには我慢が必要】なことを心に留めておきましょう。苦労は買ってでもしろとはこのことです。方向性も大事です。【解説】大蓄は大なるものを蓄える、留めるという意味です。人において大なるものとは、まさに志であり、こうしたいという自分の根本の欲求であるといえ...

  13. 「自分が正しい」から無駄な労力を浪費する - 今日の易の言葉

    「自分が正しい」から無駄な労力を浪費する

    【8/30(金)の易の言葉】は【損・ソン】です。何かが損ずれば何かが益します。だから、食べ過ぎる食べ物のような【損じるべきものを損じて】、健康といった益すべきものを益すことが肝心です。何がどのように損益するのかを把握しておけば、損せずして益すこともできるのです。【解説】孫子には「知者の慮は利害に雑う」とあります。まずそもそも、物事には利と害の両側面があります。メリットがあれば必ずデメリットが...

  14. 地道なやり方には堅実さを - 今日の易の言葉

    地道なやり方には堅実さを

    【8/29(木)の易の言葉】は【坤・コン】です。地道な努力は、いずれ実を結びます。努力を怠らず、【人の善い考え方に従う】ようにしましょう。母なる大地と言いますが、黙々と絶え間なく万物を受け入れ、育んでいくのが地の道、則ち「地道なこと」であるのです。【解説】地道なやり方で成果を出したい場合には、奇抜なやり方や、思い付きのオリジナルのやり方は避けたほうがいいと言えます。例えば、料理の初心者が、「...

  15. 「逃げるという意思決定」がなければ逃げることはできない - 今日の易の言葉

    「逃げるという意思決定」がなければ逃げることはできない

    【8/28(水)の易の言葉】は【震・シン】です。雷の音に驚き、地震で飛び起きるのは当たり前のことです。しかし、その非常時でもうっかり手放してはならないものがあるはずです。普段から【心に守り所】を持っておれば、うっかり失敗することなく、急なことにも対処できます。【解説】最近、よくこの震の卦が出ます。震とは、自然界においては「雷」の象徴であり、また、人においては「(自分の意思で)動く」ということ...

  16. 勝者の笑みは気持ち悪い - 今日の易の言葉

    勝者の笑みは気持ち悪い

    【8/27(火)の易の言葉】は【兌・ダ】です。喜びとは一人なら1ですが、二人以上で分かち合えば、2にも3にもなります。喜びとは人と分かち合うことができるものであり、極論すれば、【喜びとは喜ばれること】であるのです。自己満足はその場限りで何の拠り所にもなりません。【解説】笑いは大きく分けると二種類あると言えます。ひとつが、皆で和して喜ぶという状態で、誰も嫌な思いをする人がない笑いです。このよう...

  17. 「怒る自分」を許してみる - 今日の易の言葉

    「怒る自分」を許してみる

    【8/26(月)の易の言葉】は【噬嗑・ゼイコウ】です。時には誰かに怒ることも大事ですが、これは怒りに身を任せること、八つ当たりとは別のことです。【自分のために怒っていないか】よく考えましょう。刑罰や叱責は憂さ晴らしでなくて人を教え導くためにすることなのです。【解説】怒りは、「自分はそれが嫌だという意思」の現れでもあります。だから、怒りを押し殺していると、ストレスが溜まりますし、八つ当たりとな...

  18. 感情による行動には正当性も妥当性もない - 今日の易の言葉

    感情による行動には正当性も妥当性もない

    【8/25(日)の易の言葉】は【咸・カン】です。感情で行動することは悪いことではありません。なぜなら、計算だけで行動するのはロボットで人間ではないからです。しかし、その感情が【憧れや衝動、思いつきではダメ】です。感情と理性に節度があることが重要なのです。【解説】ほとんどの人は、自分が感情で行動を決定しているのか、あるいは理知で行動を決定しているのか、そのことに自覚がありません。例えば、「カレ...

  19. 「無辺際の輪廻」を断ち切るもの - 今日の易の言葉

    「無辺際の輪廻」を断ち切るもの

    【8/24(土)の易の言葉】は【小過・ショウカ】です。小鳥が空高く上空を目指して飛んでいけば、いつか力尽き、墜落して死ぬでしょう。【自分の力、人間にできることには限界があること】を知らなければなりません。目標とは際限なく追いかけるものでなく、到達するものです。【解説】まさに資本主義こそ、「お金を儲ける」ということに関して際限のないシステムです。例えば、営業目標が数字で示される場合、ほとんどの...

  20. 安泰の要所はバランス感覚 - 今日の易の言葉

    安泰の要所はバランス感覚

    【8/23(金)の易の言葉】は【泰・タイ】です。今は安泰です。しかし、平らかなものでも放おっておけばいつかは傾くものです。何事においても【大丈夫「だろう」でなく、こうなってしまう「かもしれない」】と思う気持ちが大事です。安心しながらも気配りを忘れてはなりません。【解説】安泰の要所はバランス感覚です。例えば、船が右に傾いたとき、乗客が皆右に移動すれば、その船は右に転覆するでしょう。一方で、船が...

総件数:366 件

似ているタグ