介護問題のタグまとめ

介護問題」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには介護問題に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「介護問題」タグの記事(14)

  1. 診療室日記534 - 診療室日記

    診療室日記534

    最近、地元同級生で、今は遠方に住んでいる子に会う機会が増えてきた。定期的に実家へ帰ってきては、親の面倒を看ているのだ。地元の近くに兄弟がいればよいが、最近は子ども皆が街に出ていることが多い。そのため、定期的に来て、介護することになるのだ。高齢になった親は”危ないから~”という理由で、運転免許返上していることも多い。運転免許を返上すれば、買い物に行くのも病院へ行くのも不便になるわけだ。町として...

  2. しばらくの間、鑑定受付をお休みします。 - 金の枝に翡翠の葉

    しばらくの間、鑑定受付をお休みします。

    お越しいただき、ありがとうございます。『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。認知症の義母が永眠したのですが、義父も直前(同日、数時間の差)緊急入院しまして、私事ですが、バタバタしています。ご予約をいただいていた方、鑑定を検討中の方(がいらっしゃれば)すみませんm(__)mお伝えしたいことはいろいろあるので、Instagramやブログは更新していく予定です。『7つの習慣』の第2の...

  3. 疲れたなら、休めばいいよ。 - 金の枝に翡翠の葉

    疲れたなら、休めばいいよ。

    お越しいただき、ありがとうございます。『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。小室さん、引退しちゃいましたね。ちょっと紐解かせていただきます・・・(一人一)本命星と中身の星が同じ、六白金星さん。六白金星というのは、『アナタを構成する星たち』に書いた通り、“父”“政治家”を表す星です。本命星だけでなく、中身も同じ小室さんは、六白金星そのもの・・・ということ。その六白さん、2017年...

  4. 認知症問題、嫁の立場から。~一歩退くことが、今の最善~ - 金の枝に翡翠の葉

    認知症問題、嫁の立場から。~一歩退くことが、今の最善~

    お越しいただき、ありがとうございます。『かりめら亭』氣学鑑定師、島田侑紀朱(ゆきみ)です。“認知症”、事故だったり介護の問題等、目にしない日はないように思います。鑑定師としては、あの星・・・と氣になる点もありますが、今日は“認知症の義母がいる再婚妻”として、書いてみたいと思います。私の場合、オットーと出会った時点で、義母は半身麻痺の障害を抱えていました。オットー自身が、「同居を希望している」...

  5. 母のその後 - foggyな読書

    母のその後

    2月末に退院したものの、まだ寒いからと老人ホームに入ってもらった母ですが、4月の上旬、ちょうど今から1か月くらい前に退所し、実家に帰り、独居老人に戻りました。現在、ヘルパーさんに週に1度来てもらっています。で、実家の片づけです。今回しみじみ思ったのは、読書以外に趣味のない母の、現時点での本当の趣味は「家」だったんだな、ということ。母の口癖は「片づけなくちゃ」そして、押し入れから古い服を引っ張...

  6. 実家の片づけを思い立ったら - foggyな読書

    実家の片づけを思い立ったら

    父が亡くなってもう2年になるのですが、実家には父の蔵書と背広が山とあります。それを片づけたい母。でも片づけられない。そんな母をずっと放っておいたのは悪かったなあと。「誰か着てくれる人(&読んでくれる人)、いないかしら」「いないって。捨てるしかないのよ」「もったいない」こんな会話を何十回したことでしょう。ちょうど母が入院した頃のこと、普段よく行く書店に「実家の片づけ」本のコーナーが新設されてま...

  7. 母に老人ホーム入りを承諾させた究極の方法 - foggyな読書

    母に老人ホーム入りを承諾させた究極の方法

    話が逆になってしまいましたが、母の老人ホーム入りの顛末をご紹介します。2月に入り、そろそろ退院後の身の振り方を決めなくてはならないという頃のことです。弟と私は「寒い実家に直帰するのは無理」ということで意見が一致し、弟はもっぱら「サ高住」、私は介護付き老人ホームを見学して回ったのですが、母にぴったりという感じのところはない。どこも帯に短し襷に長し。老人ホームの中で一番マシなのは、「老人ホームめ...

  8. 身体を言いなりにできるか(41) - foggyな読書

    身体を言いなりにできるか(41)

    これは連載記事です。(1)からお読みになることをお薦めします。次の記事へのリンクを貼ってあるので、読んでいくと自然にこの記事まで到達できます。=================風邪を引かなくなった!と言ってましたが、正月明けにしっかり引いてしまいました(号泣)ものすごい咳が出る風邪です。子どもの頃から、風邪による咳には苦しんできましたが、今回のはちょっと違いました。咳がひどくて一晩中眠れない...

  9. 老人ホームめぐり(6) - foggyな読書

    老人ホームめぐり(6)

    (5)からの続きです。よろしかったら(1)からどうぞ。===============私が回っているエリアには、老舗の会社がやっている高級物件が数件ありまして。高級すぎるから関係無いと思ってパスしていたのですが、友人に勧められてそのうちの3件を見学することに。友人からは、某作家の終の棲家だったとか、今は某作家が入居しているとか、なかなかすごいことを聞かされました。まずは築12年のもの。古いから...

  10. 老人ホームめぐり(5) - foggyな読書

    老人ホームめぐり(5)

    (4)からの続きです。===========(1)で一番最初に見た施設と同じ会社の経営の施設3件を見学。最初はこの会社の最高レベルのシリーズのもの。弟の家と私の住まいのほぼ中間地点。駅からは1キロ。予約すると車を出してくれるんだと!!さすが高級ホーム。入居一時金や月々のかかりが高いけれど、私と弟が援助すれば全く出せないということはない。(きついけど)だから正直なところ「冷やかし」なのだけれど...

  11. 老人ホームめぐり(4) - foggyな読書

    老人ホームめぐり(4)

    (3)からの続きです。よろしかったら(1)からどうぞ。==============お次はうちから最も近い物件。なんと徒歩10分!しょっちゅうその前を通っていたのだけれど、存在を忘れていた(苦笑)母にとっては無駄に都会すぎるのだけれど、私の住まいの近所というのは大きなメリットです。値段的には、もちろん高めですが、どうにも手が出ないというほどではない。介護業界に参入したのは比較的最近だけれど、あ...

  12. 老人ホームめぐり(3) - foggyな読書

    老人ホームめぐり(3)

    年末を日本で過ごすのは何年ぶりでしょうか。母の骨折のため、旅行をキャンセルしたのです。正直、欲求不満です。「知られざる日本」の探訪である、今回の老人ホームめぐりは、私にとって一種の代償行為なのかもしれない(苦笑)(2)の続きです。==========================次の物件は、私の最寄り駅から6駅。駅から徒歩12分。中間地点より多少私の住まいに近い。かなり以前から老人ホームを...

  13. 老人ホームめぐり(2) - foggyな読書

    老人ホームめぐり(2)

    (1)からの続きです。老人ホーム巡りの指針として最初に参考にしたのは「ダイヤモンドQ:老人ホームランキング」という雑誌。その次にネットでロケーションやさらなる詳細を調べたわけですが、実際に見学してみないとわからないのだということを痛感しました。================日を改めて、もう1件見学。これはかなり期待していた施設です。弟の家と私の住まいのちょうど中間地点(私のところから8駅)...

  14. 老人ホームめぐり(1) - foggyな読書

    老人ホームめぐり(1)

    母が骨折した話の続きです。両足骨折した母は、要介護1の認定を受けました。理学療法士は驚いてました。母と同じ程度で文京区の人は3だったんだそうで、介護認定というのは自治体によって差があるみたい。で、介護度が何であれ、私としては家に帰したくない。たとえ家をリフォームして、非常ベルを首から下げて、ヘルパーさんに毎日来てもらったとしても、いつどんなタイミングで転ぶかわからない。転んで骨折して1日気づ...

総件数:14 件

似ているタグ