介護業界のタグまとめ

介護業界」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには介護業界に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「介護業界」タグの記事(11)

  1. 転職時には、施設の特徴も調べるべし! - 社会情勢と業界の変化

    転職時には、施設の特徴も調べるべし!

    介護業界には、さまざまな形態の施設が存在しており、次々と新しいサービスが登場している。たとえば、2018年に登場した「介護医療院」は、日常的な医療管理が必要な要介護者を受け入れていたり、ターミナルケアにも対応している。したがって、介護職は医療職との連携が重要になってくるし、身体介助の頻度も高くなるのだ。そのため、介護職として転職をするときには、新しい形態の施設ほど、その特徴をしっかりと調べて...

  2. 無資格・未経験の人もステップアップ可能 - ↑↑ステップアップ↑↑

    無資格・未経験の人もステップアップ可能

    介護業界では人材不足の問題を解消するために、さまざまな研修制度を用意しているところもあります。資格を持たない人には、資格取得支援制度で資格取得のサポートを行っているところも珍しいものではありません。また、介護の基礎的な知識や技術からしっかりと学ぶことができる研修も多いため、経験が浅い人や経験がない人も安心してステップアップできるでしょう。

  3. 無資格の人が従事できる高齢者施設での仕事 - まずは一歩から

    無資格の人が従事できる高齢者施設での仕事

    高齢者施設の利用者はその多くが要介護者であるため、生活介助は専門の資格を持つ者が従事しなければならない。安全管理など適切な介助作業は有資格者が不可欠だ。そのような理由から、高齢者施設で働く人は全員が介護関係の資格を持っているイメージがある。職員のすべてが何らかの資格を持つ施設も存在するが、無資格の人が働けないというわけではない。介護の資格を取得しなくても介護施設で働くことはできる。介護の資格...

  4. 介護業界における待遇改善の動き - 超高齢化社会における国の動向

    介護業界における待遇改善の動き

    日本において、介護業界は過酷な仕事内容でありながら、給与の待遇も良くないというイメージが蔓延している。給与の待遇が悪い理由として、主に言われているのが、日本で介護報酬額が低く設定されているという点だ。介護士は国から支払われる対価が財源の一部となっており、その設定金額がそもそも低いことで、給与も低くなってしまっている現状があるのだ。さらに、介護の専門性の高さが認められていない現状もあるといえる...

  5. 介護業界初心者の注意点 - 働きたいと思ったら・・・

    介護業界初心者の注意点

    デイサービスどころか介護業界での仕事自体初めてという介護業界初心者には、転職をするときに気をつけたいことがいくつかあります。まず1つ目は資格に関すること。資格を持っていると転職時に有利になるため、給料が高い職場や待遇の良い職場に転職できる可能性があります。特に介護職員初任者研修は介護の基礎を学ぶための研修であるため、介護未経験者でも問題なく資格を取れます。しかし資格を取得するためにはそれなり...

  6. ケアマネージャーの転職と働き方 - 目指すならケアマネ!

    ケアマネージャーの転職と働き方

    介護業界のキャリアの頂点に立つケアマネージャーですが、ケアマネージャーの仕事は施設によって異なります。まず介護施設で働くケアマネージャーを施設ケアマネと呼び、介護施設では100人の利用者に対して最低1人以上のケアマネージャーを配置しなければなりません。施設ケアマネが担当する利用者の数は最大100人になり、それだけ多くのケアプランの作成をしなければなりません。介護施設の利用者はほとんどが施設内...

  7. 介護業界における人間関係の悩み - 悩んだらまず整理

    介護業界における人間関係の悩み

    介護業界でもさまざまな悩みを抱えながらの勤務を余儀なくされている人は大勢います。ただでさえ、一般的な会社員よりもハードな仕事といわれるだけに、悩みや心配事などがあっては、余計に大変ともいえるのではないでしょうか。ホームヘルパーやケアマネジャー、介護福祉士などの介護現場に勤務する介護職員の多くが人間関係の悩みを抱えているといいます。人間関係と一口にいっても、その種類は多岐にわたります。経営者や...

  8. サービス業の中では以外に低い介護職の離職率 - 離職の裏にあるものにも注目!

    サービス業の中では以外に低い介護職の離職率

    介護業界には、介護職員初任者研修の修了者だけでなく、介護福祉士や社会福祉士、ケアマネージャーなど、様々な職種がある。しかし、多くの場合は、介護職のスキルを身につけるためにも、介護職員初任者研修や実務者研修からスタートするケースが一般的だ。そんな介護職の離職率は16%程度と言われており、全職種の15%に比べると僅かに高い。しかし、接客サービス業として考えた時には、それほど高くはない。なぜなら、...

  9. 生活相談員の現状とやりがい - まぁるく収める生活相談員

    生活相談員の現状とやりがい

    生活相談員は、訪れた介護施設利用者とその家族に対して施設の説明をしたり相談に応じたりするため、施設の顔と言える立場だ。そして、主な業務は各関係者との連絡調整や手続きなどである。その中で最も重要なのは、利用者が求めているサービスを提供することだろう。しかし、人材が不足している介護業界では、現場に出て介護業務を行わなければいけないのが現状だ。介護に関する幅広い専門知識を発揮する以外にも、何でも屋...

  10. 介護業界に転職を考える時に必要な事柄 - 本気の職探し

    介護業界に転職を考える時に必要な事柄

    これから超高齢化社会を迎えるため、介護業界はどこも人員を募集していて転職先として採用の確率が高いです。しかし離職率が高いため、長く仕事を続けたいと考えるなら、ちょっとしたコツが必要になります。まずは自分が本当に介護職に従事したいのかを確かめる必要があり、採用されやすいからと安易に考えるのは危険です。職務によっては思っている以上に体力や筋力を使用しますし、細やかな気配りも必要となります。求人欄...

  11. 介護業界で重要視される志望動機 - きっかけが大切!

    介護業界で重要視される志望動機

    介護業界の求人は、応募者の志望動機を重視する傾向があるので注意が必要だ。もしも介護業界で働くことを希望しているならば、求人に申し込むきっかけとなった志望動機について明らかにしておこう。まずは、やり甲斐やスキルアップなど、具体的に志望動機をまとめておくことが重要である。特に、実務経験がないために、採用されるかどうか不安を感じている場合に有効だ。その理由は、介護業界では未経験者からの応募も受け入...

総件数:11 件

似ているタグ