仏教のタグまとめ

仏教」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには仏教に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「仏教」タグの記事(60)

  1. 阿弥陀仏の本願の約束の内容 - 仏教フリーク

    阿弥陀仏の本願の約束の内容

    阿弥陀仏が48願の中で、本心を誓われたのが18願です。「十八番」訓読みすると「おはこ」もっとも得意とする、という意味です。18番、いいイメージがする数字ですよね。親鸞聖人は「この大願を選択本願と名く」と言われています。この前には「大信十二嘆釈」ということで、救われた心の世界はこういうものだと書かれています。18願には三つの心にすると誓われています。「至心」「信楽」「欲生」です。ここから「本願...

  2. ブッダの教えとは? - 仏教フリーク

    ブッダの教えとは?

    仏教に何が教えられているのかというと、「如来所以興出世 唯説弥陀本願海」といわれています。如来とは、釈迦如来のことで、お釈迦さまのことです。ブッダのことです。ブッダが、地球上に現れて、教えられたことは、唯説だった。たった一つのことだった。では、そのたった一つのこととは何かというと、弥陀の本願です。弥陀の本願とは、阿弥陀仏の本願のことです。親鸞聖人の教えといいましても、さらに親鸞珍しき法をも弘...

  3. namaste - 武内まさる

    namaste

  4. あべこべの一大事 - 仏教フリーク

    あべこべの一大事

    あなたも大学受験をしていた頃は、受験の一大事に一生懸命だったかもしれません。予備校行ったら何とかして受かりたいという人が多い。どうして自分が落ちたのかわからない。そういう人にとっては、1月2月しかないという人にとっては大変な一大事になっている。しかし、小学校や幼稚園の人たちはそんなに真剣に聞きやしない。結婚ってことを考えても、小さいころは気楽に応えられる。だけど、男は37才になったら、そんな...

  5. 実存する今=この瞬間はもはや実存しない過去と因果だけはある - おひとりさま 徒然なる老後

    実存する今=この瞬間はもはや実存しない過去と因果だけはある

    今昼はピアノの練習にあけくれた。スタイルを限定し単純化・システム化したせいか、だんだん軽やかになってくる。また、そのシステムはキャンバスに色を塗るように既存のコードのアッパーストラクチャーに展開できるので、さまざまな試行ができて発見がある。多分、これを一本調子でごりごりやっているのがマッコイタイナー。洗練させたのがハービーハンコックとチックコリアかなとおもう。そんな音になってきた。昨日に、実...

  6. 「南無妙法蓮華経」はとてもノリがよい - おひとりさま 徒然なる老後

    「南無妙法蓮華経」はとてもノリがよい

    今昼の写真撮影で野原を歩いていた時に唱えたのは「南無妙法蓮華経」だった。帰依している宗派ではないが、なぜか自然に出てしまった。ノリがいい、素直に唄える。"アメリカ人のあるミュージシャンから聞いたのですが、「お題目の時のリズムが良い。あのリズムでお題目を唱えていると、シャーマンが太鼓に合わせてだんだんと意識を高揚させていくのと同じような気分になる」とか(笑)。"引用元:http://www.a...

  7. 成功者で勉強していない人はいない - 仏教フリーク

    成功者で勉強していない人はいない

    勉強すれば成功者になれるわけではないが、成功者で勉強していない人はいない。ある成功者が、忙しくて勉強する時間がないのですが、どうしたらそんなに勉強できるんですかと聞かれた。そうすると、「忙しいからこそ勉強できるんだ。もしヒマがあったら寝てばかりで勉強できない」と答えた。社会人になってからは、勉強する時間というのは取り立ててないのだから、暇を盗んで勉強をするのだ。「なるほど!勉強は暇を盗んです...

  8. 仏教はなぜ聞かなければならないのか - 仏教フリーク

    仏教はなぜ聞かなければならないのか

    まだ仏法聞いて間もない人もある。なぜ私たちが、仏法を聞かなければならないのか。仏教聞く目的は、後生の一大事の解決。これが仏法を聞かせていただくたった一つの目的なんですね。お金を儲けるために仏法を聞くのでもありませんし、地位や名誉、家を建てるためでも車を買うためでもありません。後生の一大事の解決、目的はこれ一つであります。じゃあ後生の一大事とは一体何なのか。それを解決せよとはどういうことなのか...

  9. 新興宗教の衰退と発展 - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    新興宗教の衰退と発展

    昨日仕入れた情報によると真如苑は少しずつ信者数を伸ばしているらしい。その裏では何が行われてるかだ?ほかの宗教をしていても同時に入信することができるらしい。そう考えると誰でもはいれることになる。悩みなどは1000円支払えば指導教師が聞いてくれるそうだ。ある意味では現代社会において疎外感や孤独感のあるようなことはうまく教団が隙間に入り信者を獲得したみたいだ。

  10. 発生源 - 仏教フリーク

    発生源

    親鸞聖人は「詮ずる所、愚身が信心におきてはかくの如し」絶対に変わらない、弘誓の仏地にたっておられる。それが、他力の信心、真実の信心、正しい信心。だからその信心を明らかにされたものを「正信偈」といわれる。「あなた、この親鸞と同じ正しい信心になってください」これが正しい信心だが、ところが、そんな真実の信心を知らないが故に、間違った信心にはまってしまう人がいる。一体なぜ変な宗教にはまってしまうのか...

  11. なぜ人生の目的を果たすと喜びの心になるのか - 仏教フリーク

    なぜ人生の目的を果たすと喜びの心になるのか

    親鸞聖人は、29才で人生の目的を果たされて、大慶喜された。その喜びのお言葉。慶しきかな。心を弘誓の仏地に樹て、念を難思の法海に流す。深く如来の矜哀を知りて、良に師教の恩厚を仰ぐ。慶喜いよいよ至り、至孝いよいよ重し。(教行信証後序)どうしてそんなに大きな喜びを得る事ができたのか。それは、心を弘誓の仏地にたてたからだ。心をたてるとはどういうことか。信ずるたよりにするあて力にするということ。絶対に...

  12. 市民病院で毒薬を誤って投与して亡くなった - 仏教フリーク

    市民病院で毒薬を誤って投与して亡くなった

    市民病院で毒薬を間違えて投与されて亡くなったという事件があった。病院も信用できない。医療ミス相次ぐ。医者に殺される。「明日ありと 思う心の 仇桜  夜半に嵐の 吹かぬものかは」明日あると思う心、それは仇桜だ。「仇桜」とは仇ではなく、必ずその心が裏切られるという事。今を盛りと咲く花も明日は見れないことある。明日も生きておれるというのは迷った心。だからこそ私たちは死んだらどうなるのかはっきりさせ...

  13. 病なら捨てておいては治るまじ - 仏教フリーク

    病なら捨てておいては治るまじ

    病なら捨てておいては治るまじ六字の薬たてかけて飲め私たちは重い病みんな持っている。病なら心の闇、捨てておいては治ることはないだろう。ほったらかしにしていて、それをごまかしていては絶対に治ることはありません。何が何でも六字の名号。たてかけて、無理をしてでも飲みなさい。飲めとは聞きなさいと言うこと。聞く一つ。普通の薬なら口から飲むがこの南無阿弥陀仏は耳から頂けるように完成されているから、真剣に仏...

  14. 人間の敵とは誰か、悪とは何か。 - 言の葉庵 市中の閑居

    人間の敵とは誰か、悪とは何か。

    「てき」、または「かたき」と読む、敵。宿敵、天敵、商売敵、恋敵、仇敵、不倶戴天の敵など。敵の種類は、日本語のボキャブラリーとして、実に数多くあります。そもそも敵とは、人と人との関係から生ずる概念であり、自分と利益や価値観を相争う相手のことを指します。これは、「仇」というニュアンスをもつ「敵」のこと。 能の配役に、シテとワキがあります。主に、この二人の会話によって能の物語は進行していく。その関...

  15. 生きる意味がなくなるのはどんなとき? - 仏教フリーク

    生きる意味がなくなるのはどんなとき?

    大命将に終わらんとして悔懼交至る(釈尊)人生の目的が分からなければ、結局最後、「どうしてあのときあんなことをしてしまったのか」後悔してしまうんだよ。そして恐ろしくなってしまうんだよ。どっちがメインかわからない。まず仏法があって、隙間に手段。心がけはこう。まず人生の目的があって、後生の一大事の解決に向かう。そして手段。ところが手段ばかりになって目的を見失う。生きる意味がなくなる。馬蹄。馬のつめ...

  16. 仏教を伝えるのが忙しくて学ぶことができない? - 仏教フリーク

    仏教を伝えるのが忙しくて学ぶことができない?

    質問「私は仏教を伝えるのが忙しくて、教学が思うように進みません」どういう努力をしていけばいいか。仏教を伝えるのが忙しい。それで教学が思うように進みません。どういう努力をしていけばいいでしょうか。こういう質問に対して。仏教を伝えるのが忙しくて教学が思うように進まないと言う人があるが、仏教の聞き誤りではないか。教学を疎かにしていてどんな活動をしても空回り。教えを学ぶ、これをおろそかにしていて、仏...

  17. 仏教によって救われるには? - 仏教フリーク

    仏教によって救われるには?

    聴聞とは仏法を聞く。聴聞姿勢というのは、いかに背筋を伸ばしているかとか、目の玉を直径1.2センチあけているかとか・・ではない。聴聞姿勢というのはあなたの心によって受け取るものは天と地ほど違う。ではお釈迦さまはどのように言われているか。親鸞聖人が真実の経といわれている大無量寿経に説かれている。この前には私の本当の姿を説かれている。最後に流通分というのは結論。だからこうですよ。ではお釈迦さまはど...

  18. しまんりょ 秋のお寺コンサート2017 終了しました。 - 歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

    しまんりょ 秋のお寺コンサート2017 終了しました。

    日曜日のお寺コンサート、お天気にも恵まれ、おかげさまで無事に終えることができました。 「週刊長野で情報を見て、初めてお寺に来たよ」という方も「毎年楽しみにしてるよ」という方も お越しいただき本当にありがとうございました。ゲストTina-Kのお二人の生演奏、すごい迫力で、みんな大満足でした!!コイケテツヤさんの集中したピアノと、田中みどりさんの人間味あふれる魂の歌声が、ステージで生で繰り広げる...

  19. 苦悩の根元 - 仏教フリーク

    苦悩の根元

    阿弥陀仏は信楽の身にしてみせる、暗い心を必ず破ってみせるとお約束されている。苦悩の根源は疑情である、と教えられた親鸞聖人のお言葉は何か?真の知識にあうことはかたきが中になおかたし流転輪廻のきわなきは疑情のさわりにしくぞなき世の中難しいことがあるけれど、難しいことの中でなお難しい。これ以上難しい事はないと言われている。では、なぜこれが「疑情が苦悩の根源である」ことの根拠か。苦しみの波は治まるこ...

  20. 創価学会の活動家のかたに - 人生、宗教、正しい信仰を考えるブログ

    創価学会の活動家のかたに

    創価学会の活動かの方に!本当に幸せですか?1ヵ月に半分も活動に参加されることがありますが時間を搾取されてませんか。新聞啓蒙なる新聞の販売行為を強要されてませんか?多部数購読などお金がかかりますね。宗教活動ではありませんよ、それ以外にも選挙活動も宗教活動ではありませんよ。財務などに金など使うのはお金がもったいなくありませんか?この続きはまたあとでゆっくり書きます。

1 - 20 / 総件数:60 件

似ているタグ