仏教のタグまとめ

仏教」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには仏教に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「仏教」タグの記事(52)

  1. 死後の世界に入る直前に起きる後悔 - 仏教フリーク

    死後の世界に入る直前に起きる後悔

    人は後生の一大事に驚いて、仏教を聞きます。後生の一大事とは、死後の世界にひかえる一大事です。死は100%確実な未来です。自分の確実な行き先が分からないことに驚いて、みんな進んでいきます。しかし、その道は大変です。仏教を聞く分、やりたいことを抑えなければならないし、辛いこともあります。そんな中で、こんな風に思うかも知れません。「本当にこの道を求めていって、解決の道あるのだろうか」「求まらなかっ...

  2. 死後の世界は夢物語? - 仏教フリーク

    死後の世界は夢物語?

    「後の世と聞けば遠きに似たれども知らずや今日もその日なるらん」という古歌があります。「後の世」とは、死後の世界、後生の問題です。後生と聞くと、遠い先のように思う人がありますが、「知らずや今日もその日なるらん」「今日だったのか」と知らされる時が必ず来ます。死というのは、だんだん迫ってくるという理解の人が多くあります。ジョーズが近づくように。こんな風に思っていたら大間違いです。生と死はそんなに離...

  3. 鳳凰 - 武内まさる

    鳳凰

    天高きを求めよ 人間

  4. 葉脈 - 光

    葉脈

    葉や花のひとつひとつの葉脈は仏様がその尊い指で描いたものだからああも、美しいのでしょう

  5. 第3回あすか仏教塾 - 岡本寺だより

    第3回あすか仏教塾

    精神科医の名越康文先生と共に、仏教のこと、御大師様のこと素朴な疑問を解りやすく、そして実践的に学んでいこうという仏教塾3回目の日が決まりました。まだ案内が出来ておりません、、が、、、取り急ぎ。日時  3月5日(月)午後1時開場 1時半開始 開場  岡本寺冥加料 三千円申し込み 090−1149−5528

  6. 浄土真宗の葬式で仏教の結論が説かれる - 仏教フリーク

    浄土真宗の葬式で仏教の結論が説かれる

    人生というのは、みんな夢のような1つのアブクの中で、家族などをアテにして生きています。浄土真宗の葬式でよく読まれる白骨の御文章には、アッという間に過ぎ去る一生なんだ。アッという間に、後生はすぐソバに迫っているということが書かれて、最後はこう結ばれています。されば、人間のはかなき事は、老少不定のさかいなれば、誰の人もはやく後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて、念仏もうすべ...

  7. 死後はひとりぼっち? - 仏教フリーク

    死後はひとりぼっち?

    就職不景気の時には先を読む力というのは大事な感覚です。死が来るとクシャクシャになってしまいます。以前、世田谷で一家4人が惨殺されました。年賀状を書いたが、しめなわをつけたが、もう誰もいません。そこに年賀状がどさっと届きます。これは当然新しい年が迎えられると思っていたのに。ビートたけしは、「突如やってくる暴力」と言っています。私はあの人をたよりにしている、ほんのちょっとだけ、大事にしてくれた、...

  8. テレビ「こころの時代」を見て、強く感動した - 人生振り返ってのつれづれ思考

    テレビ「こころの時代」を見て、強く感動した

    昨日は、再放送だが、ミャンマーの作家で女医さん、マ・ティーダさんの話であった。警察にとらわれ、6年間、刑務所にいた。しかしその間、彼女は、仏教の瞑想の世界を毎日20時間、行っていたという。そのことによって、彼女は強くなったと言っていた。しかし、私には仏教の瞑想だけが彼女を強くしたのではないのじゃないかと思えてきた。彼女は、元々非常にしっかりとした人間だったのだろう。そのしっかりした人間が、毎...

  9. 中尾良信「日本禅宗の伝説と歴史」吉川弘文館 - Mr.こりあんのひとりごと

    中尾良信「日本禅宗の伝説と歴史」吉川弘文館

    禅宗の開祖達磨について恥ずかしながら初めてわかったことがいくつかあった。「洛陽伽藍記」という信頼性の高い記述に「波斯国(ペルシャ)からきた達磨が洛陽の永寧寺の美しさに感嘆し、連日「南無」と唱えて立ち尽くしていた」とあるらしい。そう、中国禅宗の開祖である達磨はインド人あるいはペルシャ人だということだ。確かに達磨図をみると胸毛も濃いし?風貌も中東系だ。今の禅宗は六祖と呼ばれる慧能が祖と仰がれてい...

  10. 仏教で愛欲とは? - 仏教フリーク

    仏教で愛欲とは?

    仏教で「愛欲」という言葉があります。「愛欲」の「愛」は、愛したい、愛されたいという欲です。私は子供の時、小学校4年のときの担任から、人とは支えあって生きているものだと教えてもらいました。人間というのは一人じゃ生きていけません。ひとりぼっちじゃさびしくて。自分を支えてくれる人、またそういう人に大事にされたいと思います。「愛欲」の「欲」とは欲する、ということです。欲するとは欲しがっているというこ...

  11. 楽しいことがあるのに孤独で不安 - 仏教フリーク

    楽しいことがあるのに孤独で不安

    今はつまらないしむなしいけど、中学の時は高校にいけば、クラスが変われば、友達がおもしろければと思っています。それなりには楽しいけれど、やっぱりそれなりにはつまらない。一応楽しいこともあるけれど、どこかやっぱりむなしい、さみしい、孤独な気がします。究極に「つまらねー、さみしー」というのではなく、普通にTVみて、ドライブ、友達と遊んだり、一応するけれど、やっぱりつまらない、満たされない。浜崎あゆ...

  12. 仏教を真剣に聞く方法 - 仏教フリーク

    仏教を真剣に聞く方法

    ある日学校で、クラスの隣の席の人が風邪で休みました。先生から、「学校に出てこないと授業が遅れるから、ノートを取って話をしてもらいたい」と言われます。それからは聞き方が変わります。自分の為ではなくて、彼に伝えなければなりません。そういう責任を担うと自分もよく授業を聞かずにおれなくなります。世の中には、本当に授業を聞かないと困るようなことがいくつあるかと思うと、大いなる疑問符です。しかし、仏教に...

  13. 坊主と泥棒 - 仏教フリーク

    坊主と泥棒

    ある仏教の先生は親鸞聖人の非僧非俗の精神をご自身の精神とされています。著作に「おれは坊主じゃない!!」と書かれています。昔よく「おい坊主!!」と言われたそうです。そんなときは「おい泥棒!!」と言い返すそうです。「なんだそれは」と聞き返されると、「坊主じゃないものを坊主というからお前のことも泥棒といったのだ」と言いかえされたそうです。坊主とは本来は素晴らしい意味なんです。昔はBOSSの語源にも...

  14. 真実の仏法を伝えるものの常の覚悟 - 仏教フリーク

    真実の仏法を伝えるものの常の覚悟

    蓮如上人の御一代聞記書の115番に「まことに一人なりとも信をとるべきならば身をすてよ、それはすたらぬ」というお言葉があります。蓮如上人といえば御文章ですが、浄土真宗・親鸞聖人の教えを分かりやすくお手紙で教えられたもので、聖人一流の御勧化の趣とかあります。御一代聞記書には親鸞学徒の心構え、親鸞学徒はかくあるべし!!と教えられたのもあります。その一つがこの「信をとるべきならば身を捨てよ」といわれ...

  15. 生きる意味の不安と仏教 - 仏教フリーク

    生きる意味の不安と仏教

    浜崎あゆみの歌詞に自分の事をガラクタと言っています。TOBE「誰もが通り過ぎてく気にも止めないどうしようもないそんなガラクタを大切そうに抱えていた」ガラクタっていうと値打ちが無い、大事にされない、いてもいなくても一緒という感じです。ASongforXX「居場所がなかった見つからなかった未来には期待できるのかわからずに」ここにいる意味、この世に存在して生きる意味、生きる目的がハッキリあるなら値...

  16. 苦しいのに生きる目的ある? - 仏教フリーク

    苦しいのに生きる目的ある?

    かつて産経新聞で、「なぜ勉強しなきゃいけないの?」この問いにどう答えるべきか、文部科学省が模範解答を募集しました。ところが、答えられる人がいませんでした。「なぜ何々しなければならないのか」という問いは、何々の部分が苦しい場合に起きてきます。ex)嫌いな物を食べなければならない場合ケーキの好きな人が、「なぜケーキを食べなければならないのか」とは言いません。ピーマンが嫌いな人が、ピーマンを食べる...

  17. 仏教の真髄の出所 - 仏教フリーク

    仏教の真髄の出所

    真宗の肝要であり淵源である一念はどこから来ているかというと、ブッダの説かれた本願成就文です。そしてそれを親鸞聖人が明らかにされた信一念釈です。蓮如上人は御文章に65回も「一念」と言われ、「祖師聖人御相伝一流の肝要は、ただこの信心一に限れり」(御文章2帖目3通)と言われています。「信心」とは「一念」だから、これを知るのが真宗のしるしですよと明らかにされています。これは親鸞聖人、覚如上人、蓮如上...

  18. 仏教の真髄の出所 - 仏教フリーク

    仏教の真髄の出所

    真宗の肝要であり淵源である一念はどこから来ているかというと、ブッダの説かれた本願成就文です。そしてそれを親鸞聖人が明らかにされた信一念釈です。蓮如上人は御文章に65回も「一念」と言われ、「祖師聖人御相伝一流の肝要は、ただこの信心一に限れり」(御文章2帖目3通)と言われています。「信心」とは「一念」だから、これを知るのが真宗のしるしですよと明らかにされています。これは親鸞聖人、覚如上人、蓮如上...

  19. 大足 石門山石窟 - 中国探検想い出日記

    大足 石門山石窟

    宝頂山の次に石門山石窟に来ました。タクシーをチャーターして来ています。ここの次に北山石窟に行く予定です。田舎の道沿いに石門山石窟の案内碑があります。タクシーで来ましたが、通り過ぎそうになって止まりました。周りには何もありません。石碑の横の道を歩いて奥に向かいました。ちょっと振り返ると乗ってきたタクシーが待っています。1時間半ぐらいで戻ると約束しています。しばらく歩いたら建物が見えてきました。...

  20. 仏教の出発点 - 仏教フリーク

    仏教の出発点

    いつまでも変わらず当てになるもの。すなわち、絶対に私たちのことを裏切らないものが果たしてあるのでしょうか?これについて、仏教では、諸行無常と教えられております。諸行と言いますのはこの世の全てのものはみんな諸行ですから、この世の一切のものは諸行の中に入らないものはありません。これ無常と言いますのは続かないと言うことですからこの世の一切のものは何でもあなたが心の中で当てにしていてもみんな続かない...

1 - 20 / 総件数:52 件

似ているタグ