仏教のタグまとめ

仏教」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには仏教に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「仏教」タグの記事(256)

  1. 初めての人と話をするのが怖い - 仏教フリーク

    初めての人と話をするのが怖い

    初めて仏教を聞きに来た人と話をするのが怖い場合、どうしたらいいのでしょうか。このような人は、結構います。そういう場合は、相手の立場に立つことが大切です。そうすると、むしろ向こうが怖がっていると思います。多分怖がっています。自分のこと嫌われるのではとビクビクしています。立場関係からいうと初めて聞きにきた人より、すでに聞いている人が有利です。経験も豊富で友人もたくさんいます。初めての人のほうは、...

  2. 自利利他の菩薩の精神 - 仏教フリーク

    自利利他の菩薩の精神

    おおよそ、心のコントロールができないということは、大人とは言えません。子供はいいことがあると喜ぶし、嫌なことがあるとすぐに腹を立てます。仏教がすばらしいから伝えたいと思っても、言い返してくれないと悲しむし、腹を立てることをおそれて言えないというのが多くあります。仏教を伝えるのは、そんな自分の殻を破るいいチャンスです。縁がなければ破れないからです。また、考え方を変えると楽になります。ダメでもと...

  3. 仏教を伝えるインターネット上の事情 - 仏教フリーク

    仏教を伝えるインターネット上の事情

    インターネットを使って、生きる意味をもっと早く、もっと多くの人に伝えられないものでしょうか。もっと早く伝えるのにインターネットを使うというのは1つの方法です。しかしいろいろな問題もある。たとえばインターネットならばどうにでも書けてしまう。ヘイトサイトというものがある。インターネットは匿名性が高い。めちゃめちゃな情報を流すことができる。悪質な情報サイトのもの。たとえばユダヤ人大虐殺はなかった。...

  4. 生きる意味は自分で考える? - 仏教フリーク

    生きる意味は自分で考える?

    生きる意味は自分に考えることが大事という人がいますがどうなのでしょうか。よく分かりますね。このような考えを持つ人が多いのも頷けます。私も、仏教に出会っていなかったら、やはりそう思っていたでしょうし、ただ、生きる目的があるといっても自分で考えることが大事という人もいます。しかし、自分で考えているかどうかよりも、聞いていることが真理かどうかが大事です。何か1つの発見自分で発見したい。コロンブスは...

  5. 誕生日でした - 歌う寺嫁 さちこの つれづれ精進茶和日記

    誕生日でした

    昨年末にひいた風邪が治らないままバタバタと1か月が過ぎ気づけば今日は自分の誕生日でした・・・。風邪菌が強いのか自分の体力がないのか微熱が下がらず声も変なまま。お寺もまだまだ忙しく生活も落ち着かないので仕方ないですが。そんな中でも今日は小さなケーキを買って来て家族で夕飯を食べてお祝いしてもらいました。夫は仕事でいなかったので義母と私と娘の女3世代で鍋をつつきショートケーキを食べながらお茶を飲み...

  6. 顕正と聞法は車の両輪 - 仏教フリーク

    顕正と聞法は車の両輪

    顕正と聞法は車の両輪と言われます。右のタイヤと左のタイヤが両方回らないと前に進むことはできません。真剣に顕正しないと聞法できません。得手に聞いてしまいます。浄土真宗の8代目、蓮如上人はこのように言われています。「一句一言を聴聞するとも、ただ得手に法を聞くなり。ただよく聞き、心中の通りを同行に会い、談合すべきことなり」と云々。(『御一代記聞書』137番)真剣に顕正しようとして始めて真剣に聞法で...

  7. 仏教は聞きがたい - 仏教フリーク

    仏教は聞きがたい

    今日、仏教を教えられた親鸞聖人は世界中で褒めたたえられています。親鸞聖人のお徳が行き渡っています。しかし親鸞聖人のどこが素晴らしいのか、何も語られません。吉川英治も親鸞聖人を非常に慕っています。だけど親鸞聖人の事を書いた本を読んだり、映画をみたりしてもどこが素晴らしいか一つも語られていません。肉食妻帯がクライマックス、エンディングになっています。信心獲得については何も語られていません。肉食妻...

  8. 影をおそれて走る - 仏教フリーク

    影をおそれて走る

    「影を畏れて走る」という故事成語があります。中国の老荘思想で有名な「荘子」の中に出てくる言葉です。功名を追い、理想を求め、必死に努力している孔子を批判して漁夫(ぎょほ)が次のようなたとえ話を持ち出して言っています。自分の影を畏れ、足跡を嫌い、これを振り切ろうとして逃げ出した男がいた。ところが、足を速めて、懸命に走れば走るほど、影はいよいよピタリとくっつき、足跡の数はましていきます。まだ、遅い...

  9. 八正道の8つの関係 - 仏教フリーク

    八正道の8つの関係

    仏教では、さとりに向かう行いを8つにまとめて八正道が教えられています。八正道とは、正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定の八つです。正見とは、正しい見方をする事。正思惟とは、思惟とは考え方という事で、正しく物事を考えるという事。正語とは、正しい言葉使い。相手の立場に立って言葉を使う。正業とは、業とは行為という事で、善い行為。正命の命とは、生活という事で、時間・食事・仕事などの事。...

  10. 引き寄せの法則や、原因と結果の法則のもとは仏教 - 仏教フリーク

    引き寄せの法則や、原因と結果の法則のもとは仏教

    世の中には、原因と結果の法則というものがありますが、もとは仏教です。どんなものかというと、仏教の根幹は因果の道理です。仏教の因果をくわしく言えば、因、縁、果のことです。それぞれどんなことかといいますと因とは果に対して直接原因をいい、縁とは、その間接的原因、すなわち因が果になるのを助けるものを指します。果とは、もちろんそれらの因と縁によって結実したものをいいます。一切のものは必ずそうならしめた...

  11. 虚しい人生の原因と治療法 - 仏教フリーク

    虚しい人生の原因と治療法

    病気にかかったときには、その病気がどんな病気で、どんな症状で、何が原因かをチェックしてもらわないといけません。病気を治すには、まず正しい診断が基礎にあります。診断ができないのに、投薬しても、意味がないか、マイナスになることもあります。正しい診断に基づいて、病気の原因がわかり、その原因を治療していくのです。それと同じように、私が悪い結果を受けたときに、私のどこにどんな原因があるのかということを...

  12. 哲学にない仏教の特徴 - 仏教フリーク

    哲学にない仏教の特徴

    私の知る限り、スフィンクスの人間に人間を問うなぞなぞやソクラテスの「汝自身を知れ」やソフィーの世界の「あなたは誰?」など、自分自身を知りなさいと言っているという事はあるが、自分の本当の姿はこういう姿をしているんですということはどんな哲学の本の中にもありません。ところがブッダが説かれた仏教の中には、自分自身の姿を知ることが大事だと言うことも説かれているが、その自分の姿も説かれているし、何がどう...

  13. 道元「仏道を習うということは、自己を習うことなり」 - 仏教フリーク

    道元「仏道を習うということは、自己を習うことなり」

    禅宗の有名な僧侶に道元という人がいました。禅宗の中でも曹洞宗です。ひたすら座禅を組みます。心をしずめて座っています。これは「今日のご飯はなんだろう」とか「いとしのエリーちゃんはどこにいるだろう」と思って座るのではありません。自分と向き合って自分の心を知るのです。その道元の残した言葉に、「仏道を習うということは、自己を習うことなり」という言葉があります。仏教を聞き求めるということは、自分の心を...

  14. 孫子の兵法・結婚は一つの戦い - 仏教フリーク

    孫子の兵法・結婚は一つの戦い

    孫子の兵法で、「敵を知り、己を知れば、百戦してあやうからず」といわれます。結婚も一つの戦いかもしれません。私はどうも目が外に向いているので、相手のことをどうこうというが、自分はどうかということはあんまりよくわかっていないのかもしれません。女性に結婚する相手はどういうタイプがいいか?と聞くと、私のことを分かってくれる人、身長は175cm以上、見てくれがよくないと駄目ね、と条件が次から次へと出て...

  15. 母が優しくなりました。 - 仏教フリーク

    母が優しくなりました。

    私が子供の頃、風で、インフルエンザで、40度の熱だして寝てたことがあります。孤独でした。その時、優しくしてくれました。いつもは「ライオンが我が子を千尋の谷に落とす」が口癖の母が「食べたいものがあったら何でも言いなさい」と言ったんです。それで、「エビ天が食べたい」と言いました。不景気だから、ケーキが好きだった。でも、普段の母は自分の分しか買いません。それで「ケーキ食べたい」とも言いいました。ビ...

  16. 結婚するときの相手の選び方と生きる意味 - 仏教フリーク

    結婚するときの相手の選び方と生きる意味

    ところであなたね。先日はなんのために生きるのか、これをキャッチするのが大事だってとこまで話したよね。たとえばあなたが結婚するときに、どう相手を選びますか?でも男性から女性に「あなたが結婚するとき」というのは失礼ですけどね。たいていの人は、そのとき近くにいた人と結婚してしまいますけど、できればなるべく沢山の人と出会って、その中から愛してくれる人を厳選したいですよね。相性とか、経済的なこととか、...

  17. 中国の旅ーー峨眉山と楽山大仏(三) - 旅行ー一番好きなこと

    中国の旅ーー峨眉山と楽山大仏(三)

    峨眉山(楽山大仏を含む)はその特殊な地理的位置、素晴らしい神秘な自然景観、典型的な地質地貌、よく保護された生態環境、特に世界の生物区系結合部に位置し、豊富な動物と植物資源に恵まれれいる。飼育員 峨眉山には絶滅の危機に瀕した珍しい動物の種類が多い。2000年近くの間に、仏教を主な特徴とする文化遺産が作りだ出された。飼育員峨眉山の美しい自然と文化遺産は、歴史、美術学、科学研究、科学の普及及び...

  18. 好きなのに一緒にいると苦しくて - 仏教フリーク

    好きなのに一緒にいると苦しくて

    友人や家族と一緒にいるのが疲れるから、一人がいいって言う人も多いみたいだけど、そういう人も本当は寂しいって思ってるんじゃないかな。だから、友人に守ってもらいたい、家族に優しくしてもらいたいこんな自分を愛してくれる恋人がほしいと思うんだけど、わかってもらえなくて、やさしくしてもらえなくって、みんな心の居場所がないんだよね。恋人だって、好きなのに、一緒にいると苦しくて別れちゃうことあるよね。そし...

  19. 提婆達多 - 武内まさる

    提婆達多

  20. なかぬならなかせてみせようホトトギス - 仏教フリーク

    なかぬならなかせてみせようホトトギス

    光陰矢の如しといわれるけど、現代の日本をみてみると、スピードの時代っていわれてますよね。情報が命。いんな情報があふれています。携帯にしても、昔は、家にかえらなかったら、電話なんて聞く事なかった。それどころか、自分のいる時に電話がならなかったら、電話をとることなんてありえなかった。それが、留守番電話ができ、ファックスがついて、どんどん、忙しくなってきた。いまは一人一台は携帯を持ってる状態だよね...

総件数:256 件

似ているタグ