仏蘭西のタグまとめ

仏蘭西」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには仏蘭西に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「仏蘭西」タグの記事(148)

  1. 聖夜はココんちで。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    聖夜はココんちで。

    2020年12月26日。ココんちあたりでは夜明けたところでそこいら中が凍てついた朝となりました。薄氷を滑って家に入る風も肌に痛いです。昨日の夕方は前日までの悪天候が止んだので、ココんちの邪横柄王くろヴぃす犬と農道を散歩。その時点で北風のせいもあって空気が冷たく、雪も予感しましたが、雪は降らず。せわしない年末の只中なのでちょっと安心しつつ、朝一番で犬と一緒に「きょうもお散歩できますように」と願...

  2. 参ったなあ、もう。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    参ったなあ、もう。

    先週の火曜日の20時だったか、ジュピタアの生まれ変わりであらせられるマクロン閣下がテレビ演説をし、十月最週末に始まったロックダウンについて今後の方針を明らかにされました。その二日後の木曜午前にはカステックス首相を筆頭としてCovid19と社会に関係する複数の大臣がマスコミ記者を招いてのテレビ説明を実施。ココでは細かいことを書きませんが、ロックダウン解除については三段階方式で、条件付きであって...

  3. わたくしは寡聞にして存じません。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    わたくしは寡聞にして存じません。

    Covid 19のせいで引きこもっていることが原因で、この頃、土用波のように次々と私の知らないハナシを見聞するようになりました。第一に、例のマスク。フランスという国では今も連日、マスクの着用についての話題が続いています。公衆で不着用だと主だった大都市、観光都市そして公共交通車内では初犯で135ユーロの罰金を求められます。「罰金刑だからマスク着用=マスクを着けていれば自分は感染しない」というく...

  4. パンドラの箱の中から出られない。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    パンドラの箱の中から出られない。

    誰かパンドラの箱の蓋の鍵をあけてください。このパンドラの箱とはフランス共和国であると私個人がたとえました。毎週末の、共和国内のほうぼうで発生する「三密」ブラボー!な集いに私は気分を害して、というか、すでに恐怖を覚えています。きょうの朝は夜明けと共にココんちあたりでは深い靄が立ち込めました。秋がもうそこまで来ているという知らせです。でも、秋が来るのが私ゃ怖い。おそらくCovid19型の病を目に...

  5. 未練あるけれど、断った。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    未練あるけれど、断った。

    昨日の午後、ひさしぶりに知人から電話があり、今週末、ルブランという村で大きなカトリックのお祭りがあるので来ないか?という誘いでした。この知人夫婦とお子たちは数年前の夏までココんちと旧市街を挟んで向こうのカルティエに住んでいました。その時点でお子達が6人だったかなあ?突然、ピュイ・ド・フゥ Puy du fou (フランスでかなり知られているフランス史のテーマパーク)近くの村に引っ越したのも、...

  6. イマドキとはこのことなのかも。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    イマドキとはこのことなのかも。

    たった今、エイメリカはBECCA 社の透明ファンデエションと透明ハイライトが届きました。ゆっぴぃ、やっほぉ。それは厚化粧な私はしばらく前からマスク着用義務のせいでマスクにこびりつく肌色の何かに眉をひそめておりました。口紅についてはすでに2月末、日本滞在中から今に至るまで使わず、リップクリームのみで過ごしていますが、フアンデエションについては顔にべっとりついていないと不安でならず、そうかと言っ...

  7. 根拠も確証もないのに。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    根拠も確証もないのに。

    Covid-19なる感染症予防対策の名のもとに、なんら根拠も確証も存在していないのにまことしやかに「予防できる」という案が日本語でも、英米語でも、仏語でも電脳域を飛び交っているとココしばらく前から実感しているあてくしです。おフランスでは先の月曜日から多くのハブ都市や観光で知られる市町村において公共交通利用時だけでなく、市街にいる間もマスクの着用が義務付けられ、135ユーロの罰金も科せられるよ...

  8. どうにも季節に追いつけないまま、 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    どうにも季節に追いつけないまま、

    七月もまもなく終わろうとしています。それがわかっちゃいるけど、なんだろ。我が心身が追い付かないような不思議。おそらく4月丸ごと家にこもりっきりだったことで心身の調子が狂ってしまったまま治らないのでしょうね。去年の夏を振り返ると週末ごとにココんち周辺四方八方の小村に建つ教会聖堂でささげられる主日ミサをひやかしていました。今年の夏もそれを楽しみにしていましたが、Covid 19の影響である程度の...

  9. 「ぼくが、嘘を、ついた」 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    「ぼくが、嘘を、ついた」

    きょうの朝は久しぶりのまとまった雨が降りました。おそらく深夜のうちから雨が降り出したのではないかと思います。なんとなーく屋根を打ち、雨どいをつたう雨音にうっすら目を覚ました記憶があるからです。さて、例の、先週末18日朝のナントのカテドラルの火災について、日曜の朝だというのに、まずは全国紙おル・フィガロさまから速報が届きました。釈放された39歳のルワンダ人男性が犯行を認めたそうです。なんだかな...

  10. バイアスがんじがらめのナントの火事について - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    バイアスがんじがらめのナントの火事について

    ひとつ前の掲載にも書きなぐったとおり、きょうの朝早く、ナントのカテドラル火災について警察に連行された「39歳ルワンダの男性」さんが釈放されたと報道されました。ま、当然です。あくまでも私個人の見解だから、この世の中にはこの釈放に納得が行かなかったり、理由を作って危機感を他者に共感させようと動いているひとも複数いるでしょう。まあ、その方が自然と言えば自然です。あてくしがなぜこの「39歳ルワンダの...

  11. そぼくなぎもん - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    そぼくなぎもん

    週が明けました。2020年度第30週だそう。きょうの朝はお仏蘭西の世の中が動き出してまもなく、おとといのナントの大聖堂火災で警察に連行されていた「39歳のルワンダ男性」が釈放されたことについての報道が飛び交いました。良かった。彼が容疑者扱いになってからずっと世間では繰り返し「教区(が認める)ボランティアのひとり」「(ミサ聖祭の)侍者役」と報じられていたので、私のバイアスかかった発想において彼...

  12. ナントの勅令のナントのカテドラルが燃えた。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    ナントの勅令のナントのカテドラルが燃えた。

    きょうの朝、フェイスブックを開いたら、我が地元に住むカトリック伝統主義の知人からのエントリーでナントのカテドラル(Cathedrale、=司教座聖堂)の火災を知りました。そのエントリーを見た時はまだ消火活動中で、添付されていた写真には聖堂正面上方のステンドグラスから勢いよく炎が立っている様子が映っていました。このナントのカテドラル、しばらく前に私は訪問したことがあります。いつだったっけ?とこ...

  13. ボーッと生きているこの頃です。が、 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    ボーッと生きているこの頃です。が、

    自宅軟禁状態から開放されてまもなく20日目。たとえ犬の散歩が理由の散歩であろうと宣誓書をいちいち作り直しては持参していた義務が必要なくなっただけでも人相が良くなってきた気がしてなりません。今は五月、聖母月ですからして、自分の鼻から出てくる歌はカトリック聖歌集の名曲ばかりで、時折、「ごらんよ、空の鳥」や「大波のように」ズンちゃっちゃ、ズンちゃっちゃとな。このまま、来月は6月なのでこれまた麗しの...

  14. 自宅軟禁状態から解放され、ほぼ自由になって第8日目 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    自宅軟禁状態から解放され、ほぼ自由になって第8日目

    ココ数年の私は「書きたいことが頭に浮かんでもすぐにタイプしない」ので、色々、縦縞横縞の由無しことなどが脳にたまり、それらが溢れて、忘れ去って「あれ?なんだったっけ?」と思い返そうにもほぼ100%思い出せない、そんな老体実感中なンであります。だから、昨日、今日も何か思うことがあって「ブログに書こうかなあ」と欲したものの、止めること数回。昨日、書きたかったこと何だっけな?思い出せん。コーヒー、ズ...

  15. 私がうつすかもしれないし、うつされるかもしれない。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    私がうつすかもしれないし、うつされるかもしれない。

    昨日はココんちからもっとも近いスーパーマルシェに買い出しに行きました。こういう状況にならなくても、毎週火曜の午前に一週間分の食料を買い出しに行くのがココんちの習慣ですので、いつもどおりと言えばいつもどおりです。だから、いつもどおり、午前10時過ぎにココんちを出発、距離にして700m南東にあるお店に車で行きました。お店の玄関に行列ができていて、わけのわからんこと言って行列に割り込むひともいたし...

  16. 興味深い。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    興味深い。

    コロナウイルスの件で自宅待機第6.5日目。ココんちから最も近いスーパーマルシェ(全国というか南欧の他国にも支店がある大規模店)までココんちの仏人♂に下見に行ってもらいました。スーパーにしておいしいパン屋さんも併設しているので、そちらの様子も見てもらいました。ココんちはおそらく共和国で最もシャビィな県庁所在地のはずれにあるせいだかおかげで、彼はきちんと証明書きを携えて現地に行ったけれど、警官も...

  17. その確信は何を根拠に? - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    その確信は何を根拠に?

    しばらく怠っていた電脳域徘徊ですが、コロナウイルスについて気にもなるので、再開しています。たまたま私は今年の2月13日午後に日本に入国し、今月11日早朝に独逸でEU入国審査を受け、同日午前8時あたりにフランスに入国しました。だから、コロナウイルス対策について日本とフランスの様子を比較できたりしますが、単純、フランスはこの一か月何をしていたのかしら?という疑問と不信しかありません。今年一月に中...

  18. お願い、来ないで。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    お願い、来ないで。

    24時間ほど前、ココに私が書き殴ったもろもろについて、きょうの朝、目を覚ましてすぐ、テレビに火ぃ入れたら、たまたま画面に浮かび上がったニュウス専門チャンネルで「その直後あれこれ」が放映されていてヴぃっくらこきました。これが今日朝一番のわたくしの出来事。なんでも花の都パリからパリ在住者がウイルスを恐れて、郊外や地方に移動していることで、彼らが押し寄せてくる市町村では困惑が広がっているというので...

  19. いつもの日常に、 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    いつもの日常に、

    寝ても覚めても、我が目と耳に飛び込むのは「コロナヴィリュス、coronavirus=コロナウイルス」の今日この頃であります。日本語の領域だとコロナヴィリュスは「新型肺炎」になりますでしょうか。先週からフランス共和国の中央のエラい方々から三角形の底辺域までこの話題に基づいての動きがありました。エイメリカや日本国よりちょいと遅れたものの、おフランスも武漢に滞在するフランス市民(これは直訳で、おそ...

  20. あばよっっ - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    あばよっっ

    久しぶりにかなりアタマに来て、かなり落ち込んでいます。昨日、カトリック教会の中でかなり酷い目に遭った。私がこの教会聖堂で主日ミサのための生け花の準備を手伝うようになって一年半が過ぎ、しばらく前からココんちの仏人♂から「あなた、もしかしてあの教会で悪用されてない?奴隷?」と質問されるようになってもいましたが、あんまり悪いことを考えたり、想像したりしたくなかったし、何より久しぶりにお花に関われる...

総件数:148 件

似ているタグ