仏蘭西のタグまとめ

仏蘭西」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには仏蘭西に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「仏蘭西」タグの記事(16)

  1. そうだ、ボヂョレを飲もう。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    そうだ、ボヂョレを飲もう。

    2017年11月16日木曜日。ボヂョレ・ヌゥヴォの解禁、売り出し初日でした。木曜日は旧市街の朝市を冷かしに行くことが私の恒例ですので、こんにちも午前10時過ぎにいそいそと朝市に。いつものサラダ、いつものパン、いつものハムをいつものお店で買って帰宅しようと歩を進めていたところ、朝市の中央で何やら試飲コーナーが出ており、そこでようやくこんにちがボヂョレ・ヌゥヴォの初日であることを悟りました。無料...

  2. 冬時間になりました。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    冬時間になりました。

    10月最後の日曜日。こんにちから冬時間となり、日本と仏蘭西の時差は八時間になりました。今年2017年の晩秋のココんちあたりですが、日中は半袖Tシャツでも汗ばむほど、そうさなあ、25度近くまで気温が上がっても、同じ日に太陽が沈むと凍えるほど寒くなる日が続いています。やっぱりというか、いつもどおり、こういう季節の変わり目になるとオイロッパのひとびとは実にうまい着こなしをしてご自分の体温調節をなさ...

  3. 決戦の相手が悪かった・・・ - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    決戦の相手が悪かった・・・

    と結論付けないと、自分が悲しく情けなるだけの晩でありました。ええ、昨晩のおマクロン大統領閣下がお出ましになったナマ番組の視聴後感想・・・。私はフランス共和国という国でガイジンですので、昨晩のこの番組視聴もあんまり真面目になれませんでしたけれども、しっかし、なんだな、大統領になってもマクロンの話術は変わらず、というか、以前にも増していっそう悪化しているかもしれません。昨晩は母国語日本語であって...

  4. ウナギ デ セイ ヲ ツケル。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    ウナギ デ セイ ヲ ツケル。

    秋分の日を過ぎ、季節の間にあるせいか、どうも体調が今一つ。ですので、旧市街の中国人が経営するお寿司屋さんに行き、うな丼をいただいて来ました。これ ↑ が私の目の前に出てきたウナギとごはん。テーブルに置かれると、仲居さんにソースは甘口と辛口どちらにするか?と質問されます。私の概念にない質問でしたので「甘口」と返事したら、小さなお皿(写真の右上に見える)に甘口のお醤油を仲居さんがそそいでくらしゃ...

  5. ぐぐぐぐっと寒くなりました。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    ぐぐぐぐっと寒くなりました。

    一週間前までは袖なしのブラウスを着ていたのに、今週は半袖のシャツでも寒いくらいの気候になりました。ですから、土曜の夕ミサの帰りに旧市街に寄ってちょっと一杯ひっかけるのも昨日が最後かもしれません。昨晩寄ったお店は50clのビールを二つ頼むと、おつまみのソシソンがおまけになるのです。注文してからソシソンが切られるので、柔らかく美味しいこと。太るとわかっていてもついつい。ソシソンとビール、白ワイン...

  6. 滑り落ちたところで浮かんで来たマクロンろん - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    滑り落ちたところで浮かんで来たマクロンろん

    きょうの朝、小童マクロン大統領の支持率が40%に落ち込んだことを話して数時間。午後になって飛び込んだニュウスがこちら。あれ? 写真が掲載されない・・・では、こちらではどうでしょう。あんまりよくわからない写真ですが、Paris Match紙の記事です。最初の写真が載らなかった記事はSPA(動物愛護協会)のもの。クリックすると何枚か写真をご覧になれます。兎にも角にも何が飛び込んで来たのかと申しま...

  7. 滑り落ちて行く、小童マクロンろん。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    滑り落ちて行く、小童マクロンろん。

    今月に入って28日目w葉月八月のはじめにマクロン大統領の人気が落ちていることが市井の話題になり、おヴァカンスのせいなのか一時下火になったものの、ココんところ長月九月を目の前にしてこの話題が蒸し返され始めました。きょうの朝のニュウスによりますとエンマニュエル・マクロン大統領の人気は40%ぎーりぎりで、就任当初(いつだったっけ?今年の5月?)の人気は60%越えだったのにたった3か月で40%ぎりぎ...

  8. 犬の散歩から戻ってきたら、 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    犬の散歩から戻ってきたら、

    ひとつ前のエントリィの話題について報道が。マルセイユの路上に突っ込んだ車の運転者は精神科の患者だそうだ。そして、バルセロオナの容疑者が射殺されたらしい。それもバルセロナからそんなに遠くない所で。国境を越えて仏蘭西には入国していなかったそう。速報の日本語記事を見つけたので貼っておきます。速報なのでリッチリンク未対応とのこと。同じURLで確定されると良いのですが・・・

  9. 花の都は別世界 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    花の都は別世界

    8月15日から二日過ぎて、カトリック専門チャンネルのKTO(カテオと読む)から聖母被昇天の大祝日にパリの司教座聖堂(いわゆるノートルダム・ド・パリ)でささげられたごミサの映像が届きました。流石、流れ石でござあます。シテ島周辺で聖母行列を行ってからミサに入るので、冒頭、聖堂内はからっぽ。ビデオでは9分50秒過ぎまで大聖堂前広場での祈祷の様子ですからして、ミサをご覧になりたいのであれば、カーソル...

  10. 世界の其処此処彼処で - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    世界の其処此処彼処で

    平和を祈念する日が8月15日と言えましょう。日本國と大韓民国だけぢゃないんだよ。ヒトが決めた国境を取っ払ったカトリック教゙会におかれまして8月15日は聖母の被昇天の大祝祭日でありまして、ヒトが決めた国境のうちにあるフランス共和国という国ではこの日が「被昇天(の聖母)」の名前を冠したまま国定祭日になっています。なぜかと言うと、「被昇天の聖母」はフランス共和国の筆頭守護聖人だからです。余談、日本...

  11. 葉月八月も14日となり、 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    葉月八月も14日となり、

    今年は7月までに数度の酷暑の数日がありましたが、8月に入ってから連日の最高気温が20度程度の日が続きました。ぐぁっ、しかし、こんにち14日早朝の天気予報によりますと、きょうは久しぶりの夏日になるそうで、ココんちあたり(そうさな、ラ・ロシェルとポワティエを結んだ線上)も午後には30度を超えるとのこと。よくわからない心理ですけれど、わたくし、この夏日の予想を知り、なんだかうれしくなりました。昨日...

  12. ああ、つまんないの。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    ああ、つまんないの。

    ああ、今年も葉月八月を迎えてしまいました。一年早い・・・。先の火曜から日曜までニオール Niort 市主催の夏のサーカス祭りが開催されていました。今年で何回目なのだろう?私はココ3年連続で通っています。野外のサーカスや演奏を見聞きしながら、行き交うひとびとを眺めつつ、いただくお酒の美味なこと。左は白ワイン、右は地ビールこのサーカス祭り、全ての公演が無料なので限度や限界はありますが、それでも真...

  13. 仏蘭西の超ウルトラスーパーど田舎の「プレミアムフライデイ」 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    仏蘭西の超ウルトラスーパーど田舎の「プレミアムフライデイ」

    Friday は「フライデー」ぢゃないよ、「フライデイ」そんなことは横から押し落としての「プレミアムフライデイ」ちょいと前にこの表現を電脳世界で見聞したわたくしであります。我が母国日本國では毎月最終金曜日には午後3時に就労を終えるとゆうお国からのお勧め。日本国内で勤労経験があると月末の金曜日っちゅうのは残業ほぼ決定で、それは自らが勤務する会社内ではなく世間の銀行などと絡み壮大な流れが根底にあ...

  14. 田舎、ヴぁんざい。 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    田舎、ヴぁんざい。

    今週は野暮用あって、ヌゥヴェルアキテエヌ北部の小さな町パルトネ Parthenay に二度参りました。一度目は午前中に訪問したので用を済ましてまもなくお昼ごはんの時間となりました。お腹ぐぅぐぅぐぅ。ココんちから車で一時間弱とは言え、私にとってよく知らない町。往路で道に迷った時に路順を教えてもらおうと飛び込んだ薬局のそばにあった定食屋さんでお昼をいただくことにしました。真面目にまったく知らない...

  15. 親を思い出す日 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    親を思い出す日

    こんにち7月26日に仏蘭西で手に入る暦をながめますと、Anne, J などと記されています。これ、正確には Anne Joachim で、つまりカトリック教¨会の世界のラテン語発音だと「アンナ ヨアキム」にあたります。このお二人は聖人ですが、もそっと核に触れますとかの聖母マリアさまのご両親で、アンナが母親、ヨアキムが父親です。ココでも過去のどこかでこのお二人について触れたことがあったと記憶...

  16. おいしかったですけれど、 - ■Tant Pis!Tant Mieux!そりゃよござんした。■

    おいしかったですけれど、

    もうやふやふ白くなり始めた今月初日の結婚披露パーリー。その最後の「イヴェント」で登場しましたデセールがこれ ↑ でござあます。きょうび日本びとならばひと目でマカロンとわかるかと思います。でも、この緑色、はて何でしょう?お店の方に質問したらなんとまあ「お抹茶」ですって。知ると同時に、私の心の中で「う゛わぁあああああ!こりゃ、入れすぎでしょう!?」の叫び声。そして、その後に「ま、仏蘭西の田舎だか...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ