令和のタグまとめ

令和」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには令和に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「令和」タグの記事(433)

  1. 薔薇のお茶会~目覚めのゲートへ向かって~ - ゆらゆらあゆーら~New Beginning for Love(愛への新しい始まり)~

    薔薇のお茶会~目覚めのゲートへ向かって~

    今年の薔薇の花のお茶会も可愛い薔薇に囲まれて幸せなひと時・・・でも今回のお茶会はいつものお茶会より何だかとっても深く濃厚な時間だったように思います。集まった人たちの意識の高さからか本当に目覚めでいこうと深いところで決めている人たちばかりなので話の内容がどんどんスピリチャルな方向へ(^ω^)・・・この現実に映っている世界を自分がどう感じ、どう捉えそしてこれからどう創造していくのか・・・何だかそ...

  2. ⒔エウカシに呼ばれる(後編) - ひふみのしくみ

    ⒔エウカシに呼ばれる(後編)

    この記事は⒓エウカシに呼ばれる(前編)のつづきとなっております。前回記事を書いた後、なんとなくおなかが痛くなって横になりました。ゴロン、となった瞬間、「ききはじゅそ」という言葉が脳裏に浮かびました。「記紀は呪詛?」思いもよらない言葉でしたが確かにそうだと思いました。「記紀神話」の神武記は神武天皇の大和平定サクセスストーリーです。主人公はもちろん神武天皇です。神武天皇は天皇の始祖です。天皇は日...

  3. ⒓エウカシに呼ばれる(前編) - ひふみのしくみ

    ⒓エウカシに呼ばれる(前編)

    教科書で習う歴史では古代王朝があったことは隠されています。とにかく日本の起源は神武天皇即位が拠点となっているので、それ以前の文明文化は学者様御一同はだんまりなのです。さて、神武天皇が来られる前にいた土着の豪族たちがことごとく神話で斬殺されているのは、彼らの存在を葬りたい意図があるからです。神話では宇陀の豪族の兄弟がいまして、弟は兄を裏切って神武軍に帰順し、兄は悲惨な死に方をするのです。わたし...

  4. 相対的なものによって - ミコトバラボ.

    相対的なものによって

    相対的なものによって幸福を探そうとするな。自分を見いだすことが、もっと重要なことである。(御旨の道P.227)↓クリックお願い致します♪

  5. 新天皇と安倍総理は後醍醐天皇と大楠公。 - ひふみのしくみ

    新天皇と安倍総理は後醍醐天皇と大楠公。

    ▲安倍晋三首相(右)から内奏を受けられる天皇陛下=14日午前、皇居・宮殿(宮内庁提供)わたしは数日前に「新天皇は後醍醐天皇」だという直観を得たことを記事にしました。(新天皇と安倍総理が背負われた因縁。)新天皇は後醍醐天皇、安倍総理は楠木正成公だと書きましたが、その気づきはやはり本当だったと昨日この写真を見て思いました。天皇と対面している総理大臣なんて今まで記憶にありません。この写真を見て何と...

  6. 人が一本の木を植えるとき - ミコトバラボ.

    人が一本の木を植えるとき

    人が一本の木を植えるとき、自分は二本、三本の木を植えるのだ、という勤勉で誠実な姿勢を持って生きるべきです。自分のためにそのように生きよというのではありません。自分よりも人のために、自分の家庭よりも隣人のために、自分の国よりも世界のために生きなければなりません。世の中の大概の罪は、「個人」を優先するときに生じます。個人の欲心、個人の欲望が隣人に被害を与え、社会を滅ぼすのです。(平和を愛する世界...

  7. 令和 ハンコ スタンプ - 和風・和柄 背景素材屋

    令和 ハンコ スタンプ

    (c)norah - イラスト素材 PIXTA - 令和, 元号, ハンコ, スタンプ, イラスト, 判子, はんこ,印鑑, 印, 文字, マーク, 漢字, アイコン, 赤色

  8. ⒒神武天皇とニギハヤヒに呼ばれる(後編) - ひふみのしくみ

    ⒒神武天皇とニギハヤヒに呼ばれる(後編)

    ▲赤い印はすべて「神武天皇」の記念碑です。今回の記事は⒑神武天皇とニギハヤヒに呼ばれる(前編)のつづきです。直観を得て行動している最中は、まったくわけがわからないのですが、後から気づかされることによって文章に書き起こす作業ができる仕組みになっています。ともかく、意味が分からないまま山へ生き、山を下り、明石焼きを食べた(☜これがいちばんの目的だったんです)わけです。さて、神武天皇はなぜに執拗に...

  9. 最も大切なことは - ミコトバラボ.

    最も大切なことは

    最も大切なことは、罪を犯さず、影のない人生を生きることです。何が罪なのかという問題は、宗教的に、また哲学的に多くの論争の種になりますが、はっきりしていることは、良心が躊躇することをしてはならないという事実です。良心に引っ掛かることをすれば、必ず心に影が残るのです。(平和を愛する世界人として 文鮮明自叙伝P.256)↓クリックお願い致します♪

  10. ⒑神武天皇とニギハヤヒに呼ばれる(前編) - ひふみのしくみ

    ⒑神武天皇とニギハヤヒに呼ばれる(前編)

    ▲神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑(筆者撮影)なぜに神武天皇はひのもとの国を執拗に欲しがったのでしょう?日本列島にはほかにも豊かな土地がいくらでもあります。神武天皇が欲しがった国は、国津神(元の神)の本拠地です。敵サイドの本拠地のラスボスがめっちゃ強いナガスネヒコ(瀬織津姫=龍神)だったわけです。ご先祖様のアマテラスに助けられながらも、手に入れなければならなかった日ノ本の国。ここじゃなきゃダメな理...

  11. 変わらないもの - mitsukiのお気楽大作戦

    変わらないもの

    平成から令和になりましたが、巷では早くも次の天皇に誰がなるのか話題になってるそうです。歌手の宇多田ヒカルさんが「日本には過去に八人十代の女性天皇がいる。」とツィートしたのがきっかけらしいのですが、正直な話、そんな話題に盛り上がれる今のお気楽な日本人が羨ましいです。こんなことをいうと歳がバレますけど、昭和から平成に変わるときには、ただただ重苦しい雰囲気しかなかったように記憶してます。当時は徳仁...

  12. 本来いた所に帰るのが死です。 - ミコトバラボ.

    本来いた所に帰るのが死です。

    本来いた所に帰るのが死です。人が死んで帰る所はどこでしょうか。心と体から成る人間が、その体を脱ぎ捨てるのが死なので、本来、心がいた所に帰るのです。(平和を愛する世界人として 文鮮明自叙伝P.255)↓クリックお願い致します♪

  13. こういう写真はネット上では・・・@大阪・長居公園 - たんぶーらんの戯言

    こういう写真はネット上では・・・@大阪・長居公園

    皆さん、もうこういう写真には辟易されていると思うのですが(笑)・・・ ちゃんと令和に見えます? (撮影:5月2日)

  14. 今日は、《令和最初の満月》ですね。^^~手放す、そして…振る?~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    今日は、《令和最初の満月》ですね。^^~手放す、そして...

    今日、2019年5月19日(日)、6時12分に、令和はじめての満月を迎えます。ボイドタイムは6時13分から10時22分までの間です。この間は、人が月のパワーを受けやすく、思わぬ影響が出るかもしれませんので、例えば大事なことを決めたり、大きな買い物をするのは外したほうが良いと言われています。今回は朝の時間帯ですね。^^思わぬ影響を受けないようにということですけれども、必要以上に恐れるようなこと...

  15. ★☆ ワンマンライブ開催 ★☆ - 麻倉あきらOfficial Blog『No Songs! No Life!』

    ★☆ ワンマンライブ開催 ★☆

    平和から令和に変わり新しい時代がスタートしています。平成は、戦争のない時代だったけれど、強く記憶に残る災害や凶悪な事件の多い時代だった。大きな災害や、凶悪な事件が起きない時代になって欲しいと強く願っています。最近は、交通事故のニュースがやたら目につきます。酷いあおり運転やブレーキとアクセルの踏み間違え事故など。小さな子供が被害にあったりして胸が痛みます。私も先日あるスーパーの駐車場で、3台を...

  16. 信仰生活は - ミコトバラボ.

    信仰生活は

    信仰生活は、いつも春の雰囲気をもった生活である。(御旨の道P.351)↓クリックお願い致します♪

  17. 罰を受ける人のために - ミコトバラボ.

    罰を受ける人のために

    罰を受ける人のために、呪わないで、祈ってあげなさい。呪えば、かえって呪われる。(御旨の道)↓クリックお願い致します♪

  18. 心を明るくし、清めようとすれば - ミコトバラボ.

    心を明るくし、清めようとすれば

    心を明るくし、清めようとすれば、世の中の喧噪を離れて、自分の心とだけ向き合う時間が必ず必要です。とても孤独な時間ではありますが、心と親しくなる瞬間こそ、私自身が心の主人になる祈りの場であり、瞑想の時間です。(平和を愛する世界人として 文鮮明自叙伝P.252)↓クリックお願い致します♪

  19. 令和奉祝だんじり巡行(3)楽しければ何より - たんぶーらんの戯言

    令和奉祝だんじり巡行(3)楽しければ何より

    多くの人がこのだんじり巡行に参加しましたが、間違いなく彼らが一番楽しそうでした。楽しいのが何よりです。 (撮影:5月1日)

  20. 世界経済の雲行きが怪しい、トランプ大統領のやり方は間違っているのか・・日本は自国の経済を考える時 - 藤田八束の日記

    世界経済の雲行きが怪しい、トランプ大統領のやり方は間違...

    世界経済の雲行きが怪しい、トランプ大統領のやり方は間違っているのか・・日本は自国の経済を考える時令和に入って株価は一回も上昇したことが無い。その原因はトランプ大統領の発言、政策断行にある。このトランプ流儀が間違っているのだろうか。みなよく考えてみて欲しい。私は決して間違っていると考えたくない。むしろその通りだと思う。中国は自国民の人件費が低いことを武器に、何でもやれることで世界の製造基地とし...

総件数:433 件

似ているタグ