伊藤若冲のタグまとめ

伊藤若冲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには伊藤若冲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「伊藤若冲」タグの記事(15)

  1. 知人の作品展に向かう... - ポーセリンペインティング☆ブログ

    知人の作品展に向かう...

    知人の作品展に向かうため京都の路地をてくてく歩いていると、門の奥に綺麗なお庭が見えて思わず寄り道しました。亀も日向ぼっこ♪ここ宝蔵寺は伊藤若冲の菩提寺で、若冲ファンとしては嬉しい発見でした。

  2. 木島櫻谷邸のお雛様 - 花景色-K.W.C. PhotoBlog

    木島櫻谷邸のお雛様

    4/1まで春の特別公開をしてくださっていた木島櫻谷邸。お雛様の展示、何とかギリギリ4月中にアップします(笑)(※3月10日撮影)

  3. 若冲と絵の具柄 - 猪こっと猛進

    若冲と絵の具柄

    県立美術館へ行ってきました若冲展ではありません江戸時代や明治時代の作品をいろいろ見てきました若冲の作品は5点くらいだったかな最初は真面目に作品の説明を一つ一つ丁寧に見ながら進んで行くともう、いけません目が疲れて疲れて人の多さも少ししんどく半分くらい見たらもういいやって、気になってしまった(^_^;)そしてこれが絵の具柄のおニューのブラウスですLynnさん、これが春色ブラウスですよ~nyao

  4. 早春の京都その5(建仁寺両足院) - 風任せ自由人

    早春の京都その5(建仁寺両足院)

    「早春の京都」シリーズの5回目として紹介するのは今回の京都旅行の中で特別な思いをもって訪問した建仁寺両足院のこと。京都市観光協会が冬の期間に開催している、通常非公開の文化財を特別に公開する「京の冬の旅」の案内を見ていたら、私が大好きな伊藤若冲の絵も今回の特別公開に入っていた。それは「雪梅雄鶏図(せつばいゆうけいず)」でその公開期間は2月1日〜2月25日だった。これは絶対に見たいと思って、訪問...

  5. 伊藤若冲 in Paris - ダイアリー

    伊藤若冲 in Paris

    伊藤若冲 in Paris 日仏外交友好160周年記念の一環として、ひと月ほど前までパリで開催されていた伊藤若冲のエクスポ。今回は宮内庁三の丸尚蔵館の若冲最高傑作と言われる『動植綵絵』を、相国寺蔵『釈迦三尊像』と共に紹介されたヨーロッパ初の若冲展だ。親しくしている友人のマダムAがこの展覧会を訪れて感激のメッセージを私に送ってきた。生憎、私は出掛けるチャンスに恵まれなかったが彼女は私が若冲の大...

  6. パリで伊藤若冲展 - Point de X のこと

    パリで伊藤若冲展

    ブログページの伊藤若冲の瀧上る鯉をアイコンにするくらい伊藤若冲が好きなもんで、この機会は逃せません!とばかりに体調万全で行ってきました。お天気も上々♪暑いくらいでした。がっつり日焼けしましたよ。若冲展開催中のプチパレのお向かいさんであるグランパレでただいま開催中のFiac(国際現代美術フェア)の作品と一緒に。なんとなく鳥獣戯画っぽかったもので。展示室の中は撮影不可でしたので、図録から。一番気...

  7. 『童貞の世界史』落選者列伝伊藤若冲~生涯独身の天才画家、性愛を超越した自己完結者?~ - とらっしゅのーと

    『童貞の世界史』落選者列伝伊藤若冲~生涯独身の天才画家...

    どうも、松原左京です。今回の『童貞の世界史』落選者列伝は、伝説の日本画家・伊藤若冲(1716-1800)を扱います。Amazon:『童貞の世界史: セックスをした事がない偉人達』honto:『童貞の世界史: セックスをした事がない偉人達』若冲は、18世紀の日本で活躍した画家です。京都出身、青物問屋の家に生まれました。名は汝鈞(じょきん)。絵や禅を好み、40歳で弟に家業を譲って画家の道に入りま...

  8. 街中にある蛸薬師堂と伊藤若冲ゆかりのお寺へ - むつずかん

    街中にある蛸薬師堂と伊藤若冲ゆかりのお寺へ

    河原町通り、四条、三条、高校生の頃は学校の帰りにご飯食べたり洋服買ったり…そりゃもう楽しい青春の日々の思い出がいっぱい…な場所です。そんな街中の繁華街のど真ん中によ〜〜〜く知ってる「通り」の名前、「蛸薬師」… よく考えれば、人々を病から救って下さる薬師如来さんの頭に「タコ?」で、蛸薬師さん。うう〜〜んどういうことだ??興味津々です!ぜひ行かなくては!そう、昔は「河原町ビブレ」がありましたね、...

  9.  第46回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》『伊藤若冲』 - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    第46回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑...

    ボンジュール!こんにちは。2月25日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。第46回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》Ⅰ部参加者リクエスト作品について語ろう!ゴッホ『夜のカフェテラス』II部伊藤若冲(その2)前回のレクチャー《マティス『赤いアトリエ』と若冲(その1)》の様子が、プロトマニアのHPで楽しく紹介されています。次回2月25日の講座ではまず、Kさ...

  10. 第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》新春特別企画『伊藤若冲』 - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞...

    ボンジュール!こんにちは。新春、1月28日(日)のプロトマニア・アート・レクチャーのご案内です。第45回《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門講座』》Ⅰ部伊藤若冲Ⅱ部参加者リクエスト作品について語り合いましょう!マティス、ゴッホみなさん、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!前回のダ・ヴィンチ《サルヴァトール・ムンディ》とワイエスの様子が、プロトマ...

  11. 新年初坐禅 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    新年初坐禅

    建仁寺両足院での今年初坐禅。暦には京都市の日の出が7:05と書いてあったので、もうちょっと暗いかと思いましたが、本日は久しぶりの快晴で明るい朝でした。さすがにさぶいとみえて、到着時の観光客まったくナシ。これは珍しい!境内の一本道、自転車爽快です!昨日はやや風邪気でしたが、思い切って参加して良かった。縁に座って冷たい空気に触れると、背がスッと伸びて気の巡りが良くなりました。朝陽を浴びて、冬のお...

  12. 野菜主義を始めます - 鯵庵の京都事情

    野菜主義を始めます

    当時の野菜などが描かれている釈迦の涅槃の時の様子を、大根を釈迦にみたてて周りに多くの野菜や果物が描かれている88種が描かれているが、そのうち野菜の部、だけで50種程度である伊藤若冲の作品の中に「果蔬涅槃図(かそねはんず)」というのがある京都国立博物館の所蔵である伊藤若冲は京都の人、江戸時代中期の奇想天蓋な絵師であるが、実は錦小路の青物問屋の主であった町年寄りとして錦市場の存続で当時の京都の町...

  13. 京都。売茶翁と「旅するくれはるチャイ」〜Fさんのメールより - ココロとカラダは大事な相方 アーユルヴェーダ案内人・くれはるのブログ

    京都。売茶翁と「旅するくれはるチャイ」〜Fさんのメールより

    嬉しいメールをいただきました。先日のアーユルヴェーダフェスティバル、出展した「旅するくれはるチャイ」。そのブースに来てくださったFさんです。こんなメールでした。********煎茶の歴史に、長四角の箱に茶道具を入れ持ち運び、京都洛中洛外に出掛けて茶店を開き茶三昧の生活をし、多くの文人と交流して煎茶を広めた「売茶翁」の話がありました。1700年頃のようです。くれはるさんの旅するチャイもなんか似...

  14. 明けましておめでとうございます - Angelic Healing & Counseling   Verdure

    明けましておめでとうございます

    新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。伊藤若冲日出鳳凰図ボストン美術館所蔵

  15. 伊藤若冲展 - “はなみずき”

    伊藤若冲展

    京都"相国寺・承天閣美術館"で6月3日まで開催している伊藤若冲展に行ってきました。「動植綵絵」30幅が、かつて相国寺で共に並べられていた「釈迦三尊像」3幅と約120年ぶりに再会を果たし、同時に展示されていると言うことで、会場は1時間待ちという混雑でした。今まで行った美術館で一番混んでいたかも・・・秋の「正倉院展」並かそれ以上のような感じでした。「動植綵絵」は、鶏や鶴、魚、...

総件数:15 件

似ているタグ