会津の風景のタグまとめ

会津の風景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには会津の風景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「会津の風景」タグの記事(73)

  1. ご近所の変化 - 漆器もある生活

    ご近所の変化

    小さな町ですが、少しづつ変化も起きています。大正3年竣工の白木屋、昭和4年竣工の銀行建築、滝谷建設工業。大町四つ角を眺めていますが、なんとなくすっきりしていませんか?そうです、道路案内表示板がなくなりました。

  2. 2019年会津漆器技術後継者訓練校卒展 - 漆器もある生活

    2019年会津漆器技術後継者訓練校卒展

    2019年会津漆器技術後継者訓練校卒業制作展が開催されました。今年度は、男性1名、女性2名の蒔絵師の卵が巣立っていきます。今年から、乾漆の指導が再開されました。浅尾さんの「八角多面乾漆器」。一見、黒無地のようですが、縁に細かな青貝が施され、大胆な形状と繊細な加飾の対比が面白い作品です。

  3. 春スキーは猫魔スキー場へ - 漆器もある生活

    春スキーは猫魔スキー場へ

    いよいよ春間近です。スキーも、磐梯山南面から北面の猫魔スキー場へ移動です。曇りとはいえ、日差しもすっかり春めいてきました。後方の檜原湖のワカサギ釣りも、暖冬のため、だんだんと終了のようです。斜度28度の壁です。星野リゾートは「エキサイト1」と名付けていますが、我々の通称は「丸山」です。

  4. ガリガリの猪苗代リゾートスキー場で滑る - 漆器もある生活

    ガリガリの猪苗代リゾートスキー場で滑る

    2月後半の磐梯山南斜面のスキー場は、例年はザラメ雪ですが、今日の猪苗代リゾートスキー場は、ガリガリの雪です。 ゴンドラの終点からは、猪苗代湖全体を眺められる絶好の場所です。磐梯山頂上を背に、滑降します。豆粒ですが、滑降しているのは私。

  5. 2月なのに雨大川荘で温泉三昧 - 漆器もある生活

    2月なのに雨大川荘で温泉三昧

    2月だというのに、会津は雨。でもブログを見ると、昨年の1月7日も雨だったようですね。ということでスキーは諦めて、芦ノ牧温泉の大川荘で温泉三昧です。内風呂の大浴場。11時から17時が日帰り入浴時間。11時少し過ぎに入ったので、もちろん貸切です。

  6. 猪苗代ミネロ×猪苗代スキー場で滑る - 漆器もある生活

    猪苗代ミネロ×猪苗代スキー場で滑る

    今日は、 ミネロスキー場から猪苗代スキー場へ遠征です。といっても、実は連絡路とリフトで繋がっていて猪苗代ミネロ×猪苗代スキー場なのです。目の不自由な友人とも、久しぶりに一緒に滑ります。昨晩雪が降った上に、今日はマイナス温度。2月の南斜面のスキー場とは思えない好コンディションです。ミネロスキー場の西側にある斜面のため、猪苗代の町を望みながらの滑降です。

  7. 鯉のお嫁入 - 漆器もある生活

    鯉のお嫁入

    亡くなった叔父が可愛がっていた池の鯉の嫁入り先がやっと決まりました。可月亭庭園美術館のお庭に嫁入りすることになりました。12月4日、庭の池で鯉との格闘ですが、なかなかつかまりません。やっと一匹が網にかかりました。これでやっと4匹目です。

  8. 友人と猪苗代リゾートスキー場で滑る - 漆器もある生活

    友人と猪苗代リゾートスキー場で滑る

    猪苗代リゾートスキー場で先週は一人でのスキーでしたが、今日は友人3人との競演です。友人たちと滑るスキーもまた楽しや!ストックで指しているのは、もちろん猪苗代湖。まさに天鏡湖です。

  9. 猪苗代リゾートスキー場で滑る - 漆器もある生活

    猪苗代リゾートスキー場で滑る

    1月30日、友人の都合がつかないので一人で猪苗代リゾートスキー場へ向かいます。猪苗代リゾートスキー場は、赤埴山スロープの猪苗代ミネロスキー場よりも西寄り、磐梯山押立登山口にあります。ということで、猪苗代湖の眺めも大きく変わります。さらに、平日3時間券2,000円と、大変リーズナブルです。猪苗代湖を目指して、2500mを一気に滑り下ります。右手は、磐梯町、会津若松です。

  10. 2019年ミネロで初滑り - 漆器もある生活

    2019年ミネロで初滑り

    1月23日、猪苗代ミネロスキー場で初滑りです。猪苗代湖、猪苗代町を眼下に眺める雄大なスキー場です。猪苗代湖にダイビングするかのようなコースです。

  11. 町内会鎮火祭(ひぶせ)2019 - 漆器もある生活

    町内会鎮火祭(ひぶせ)2019

    毎年1月20日は、七日町1丁目町内会の鎮火祭(ひぶせ)です。町内の当番が諏方神社に代参、火伏を祈願します。鎮火祭で「ひぶせ」とは、なかなか読めません。もちろん、町内会の新年会でもあります。以前は東山温泉の宿を転々としていたのですが、最近は「お宿東山」に定着。鮎の炉端焼きです。

  12. 雪囲い - 漆器もある生活

    雪囲い

    12月19日、お庭の雪囲いが始まりました。今年は雪も遅く、好天の中の珍しい雪囲いです。荒縄もこんなにたくさん使うんです。

  13. 晩秋の会津鉄道と下今市駅転車台広場 - 漆器もある生活

    晩秋の会津鉄道と下今市駅転車台広場

    12月13日の初冬の会津鉄道が紹介が先になってしまいましたが、晩秋の11月25日にも東京往復をしました。たった18日程度の差ですが、冬に向かう足音の速いのが分かります。晩秋の会津盆地は、よく濃霧になります。7時55分、濃霧の中を入線するAIZUマウントエクスプレス4号です。9時も過ぎた奥会津(南会津)です。濃霧はすっかり消え、七ケ岳がくっきりと望めます。

  14. 初冬の会津鉄道で東京往復 - 漆器もある生活

    初冬の会津鉄道で東京往復

    12月13日、漆器組合の仕事で東京往復です。時間に余裕のある時は、旅行気分になれる会津鉄道・野岩鉄道・東武鉄道を乗り継いでの東京往復です。JR只見線七日町駅に、少し雪化粧した磐梯山をバックにしたAIZUマウントエクスプレス4号が入線してきました。7時55分発、東武浅草駅12時15分着です。乗換は、鬼怒川温泉駅での一回だけです。雪のなかった会津盆地から奥会津(南会津)に入ると、薄っすらと雪化粧です。

  15. 初雪です - 漆器もある生活

    初雪です

    12月9日の朝。初雪です。過去のブログを見るとほぼ例年通りのようです。いよいよ冬籠りです。ただ今回の雪は郡山の方が積もったそうです。[A記]今年はもう初雪です(2017年) 冬将軍到来(2016年)ついに雪が積もりました(2015)ついに雪が積もりました(2014)いよいよ雪だあ(2014)会津は大雪です。(2013)すっかり雪景色(2012)寒波到来(2011)会津若松にも初雪(2011)...

  16. 2018年東山芸妓屋組合忘年会 - 漆器もある生活

    2018年東山芸妓屋組合忘年会

    12月に入りました。初日から忘年会です。東山芸妓屋協同組合の忘年会ですから、もちろん喜んで出席です。千代乃、月乃姐さんに新人さんです。演目は「もみじの橋」。三味線は小福姐さん。千代乃、月乃姐さんも、ついこの間まで新年には髪に稲穂をさしていた二人ですが、今やすっかりベテランの貫禄です。

  17. 柏工会芋煮会2018 - 漆器もある生活

    柏工会芋煮会2018

    10月26日、今年も白木屋の仕事をしていただいている職人さんとの会、柏工会の恒例の芋煮会です。ひとみ姐さんの踊りが始まると、話を止めて踊りに注目するのがマナーです。料亭生粋のお膳です。鍋はもちろん芋煮です。地元ではキノコ山とも呼びます。

  18. ライオン遂に熊に喰われる青木山にて - 漆器もある生活

    ライオン遂に熊に喰われる青木山にて

    11月12日、今年の山納めで会津若松の里山青木山(723m)に登ってきました。それにしても熊にかじられた頂上の表示が痛々しい。9年前、2009年のライオン(ズクラブ)の雄姿?です。それが今やライオン(ズクラブ)の姿はどこにもありません。遂にライオンは、熊に喰い殺されてしまいました。合掌!それにしても、いかにも晩秋の青木山頂上です。

  19. 紅葉の南会津を走る - 漆器もある生活

    紅葉の南会津を走る

    10月27日、紅葉の南会津のドライブです。明神ケ岳の麓の大岩観音。雪崩で押しつぶされたため、現在はトタン葺きのお堂です。大きな岩に抱かれた脇の小さな祠の方が貫禄があるようですが。とても静かな所ですが、数年前、熊に数人が襲われましたので、ご用心!

  20. 南会津は紅葉真っ盛り屏風岩 - 漆器もある生活

    南会津は紅葉真っ盛り屏風岩

    南会津は紅葉真っ盛りです。田代山に登る前日の3日、ドライブを楽しんだ南会津は見事な紅葉でした。屏風岩は初めて見ましたが、素晴らしい景観です。ここは南会津町ですが、あと少しで尾瀬の玄関口桧枝岐村です。道路際を流れる桧枝岐川の景観です。

総件数:73 件

似ているタグ