伝統のタグまとめ

伝統」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには伝統に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「伝統」タグの記事(122)

  1. 日本三大曳山祭の一角!秩父夜祭Chichibu Night Festival - 関東地域の祭礼

    日本三大曳山祭の一角!秩父夜祭Chichibu Nig...

    日本三大曳山祭の一角!秩父夜祭Chichibu Night Festival京都の祇園祭や飛騨の高山祭とともに日本三大曳山祭に数えられ、約300年間愛されつづける秩父神社の例大祭。朝から勇ましい屋台囃子に乗せて、豪奢な彫刻などで飾られた山車(笠鉾2基・屋台4基)を街なかで曳き廻します。屋台の張出舞台で上演される「屋台芝居」や、重さ数十トンもの山車を小太鼓のリズムで方向転換させる「ギリ廻し」な...

  2. 鮒ずし - 彩色生活

    鮒ずし

    日本在住の米国人ユーチューバーの鮒ずし動画が、ニュースで・・・。寿司が日本の食として世界的に好評だからなのか、寿司のディープなゾーンに海外からの興味の目・・・?鮒ずしは琵琶湖の名産。その香りが、世間の好き嫌いに・・・。鮒ずしになる魚は二ゴロブナ。ウィキペディアによると、昨今ではゲンゴロウブナも使用されているとか・・・。要は二ゴロブナの漁獲量が激減。鮒ずしは高級食品。史実かどうかは別として、信...

  3. 長野そぞろ歩き:芦ノ尻道祖神 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:芦ノ尻道祖神

    5月の下旬、廃校巡りのついでに、旧大岡村の『芦ノ尻道祖神』に行きました。平成10年(1998)の長野冬季オリンピックの開会式にも登場。昔、周囲の村で病が流行った折、病が村に入ってこないよう村境に道祖神を祀り、悪霊を追い払った、と言われています。今は、縁結びの神様としても祀られ、正月の松飾りのしめ縄で、毎年1月7日に作られています。県の無形民俗文化財に指定されています。駐車場から見る北アルプス...

  4. 「祭りを待つものたち-祇園祭宵々山ー」 - ほぼ京都人の密やかな眺め

    「祭りを待つものたち-祇園祭宵々山ー」

    1678京都では前祭の宵々山を迎えました。なので、午前中なら人込みもまだましかなと思って出かけてみましたが、・・・やっぱり甘かった。まだ、歩行者天国にもなっていないし、通行規制も準備中なので、結構な人込みです。まあ、それでも夜よりはましかな。肝心の山や鉾は、提灯飾りはついているものの、本番飾りは町屋の中に置かれたままのものが多かったです。1678の写真は、伯牙山の飾りです。1679毎年会いに...

  5. きんつば 老舗 丹波 黒豆 - 彩色生活

    きんつば 老舗 丹波 黒豆

    今回のスイーツは和菓子について・・・。きんつば。きんつばはきんつばでも黒豆のきんつば・・・。・・・で、黒豆と言えば京都は丹波、丹後方面が有名。この地方、釣り行きの道のりの途中で、時に出会う深い霧。夏は暑くて冬は寒い。そして、霧が発生しやすい・・・。そんな地域の黒豆は、一味違う・・・?判りやすいのは、一般の枝豆と丹波の黒豆の違い。アノ、ビールのおつまみの枝豆を黒豆で・・・。食感、風味、味覚すべ...

  6. 高山祭屋台の特別曳き揃え新時代も伝統華やかに - 日本を愛する防人のつぶやき

    高山祭屋台の特別曳き揃え新時代も伝統華やかに

    高山祭屋台の特別曳き揃え新時代も伝統華やかに 高山祭屋台の特別曳き揃え新時代も伝統華やかに 岐阜県高山市では1日、新元号の始まりを記念した「高山祭屋台の特別曳(ひ)き揃(そろ)え」が行われた。 朝から雨が降り、大半の時間は屋台蔵での公開となったが、午後に雨がやむと一部の祭り屋台が蔵から 曳き出され、華やかに「令和」の幕開けを祝った。 https://headlines.yah...

  7. 浦賀虎踊り (うらがとらおどり) - 関東地域の祭礼

    浦賀虎踊り (うらがとらおどり)

    浦賀虎踊り (うらがとらおどり)「浦賀虎踊り」は享保5(1720)年に伊豆下田の奉行所が浦賀に移された時、ともに移り住んだ町人によって伝えられたといわれています。 毎年6月に行われる地元の鎮守である為朝神社の祭礼に合わせ、祭り前夜に神社の境内に舞台を作って奉納しています。 虎は親子二体で、虎のかしらは本邦880社の神符を貼って作られ、親虎には青年、子虎には子どもが二人ずつ入り、笛や太鼓に合わ...

  8. 梶百 kajimomo 展 - 新しい、本歌取り UNIT作品 - ありがとうございました - ルリロ・ruriro・イロイロ

    梶百 kajimomo 展 - 新しい、本歌取り UN...

    「梶百 kajimomo 展ー新しい、本歌取り UNIT作品ー」は昨日会期終了しました。懐かしい出会いと新しい出会い、様々に感謝します。今日明日とお休みをいただきちょっと通りに面した部分がちょっと変化します。さて、どうなりますか!ruriro埼玉県川越市田町2-6049-290-2391東武東上線川越市駅徒歩2分西武新宿線本川越駅徒歩8分川越市駅の改札を出て、ローソンを左手に真っ直ぐ進み、右...

  9. 梶百 kajimomo 展 - 新しい、本歌取り UNIT作品 - 5日目は強風 - ルリロ・ruriro・イロイロ

    梶百 kajimomo 展 - 新しい、本歌取り UN...

    1月29日(火)風が強ーい日オープンしています。二人の共作は、個々にも楽しめます。染付けの匣と真鍮の置き物。一緒に使うと蓋つきの匣。何入れようかな?梶百 kajimomo 展- 新しい、本歌取り UNIT作品 -2019.1.25[金]−2.5[火]11:00−18:00木曜休みruriro埼玉県川越市田町2-6049-290-2391東武東上線川越市駅徒歩2分西武新宿線本川越駅徒歩8分川越...

  10. 八白土星山 - Miwaの優しく楽しく☆

    八白土星山

    2019年、中宮に来るものは「八白土星」という氣です。八白土星には止めるという氣、山という意味で積み重ねるといった、繋がりを意味したものがありますね。歴史あるモノ日本の伝統や歴史にも目がむけられたり、そこからまた新たな発見や振り返りが起きたりもします。過去から良い未来を創造するか過去に囚われるか。。。私達にもそんなことが事象として表れやすい時ともいえますねぇ。さてさて。。。(^^ゞですからま...

  11. 梶百 kajimomo 展 - 新しい、本歌取り UNIT作品 - 4日目になりました - ルリロ・ruriro・イロイロ

    梶百 kajimomo 展 - 新しい、本歌取り UN...

    2月28日(月)今日も寒いです!展示は4日目になりました。香炉だけでも、数種類の、タイプの異なる作品があります。染付の絵柄と、上の鋳金の蓋の関連性を探して楽しんだり、想像をふくらめたりと、コラボだからこその楽しみ方があります!金属部分の色の変化は自然物との化学反応のような感じで作り上げるのだそうです。一部分を磨いて光らせるなど、感性の赴くままに…梶百 kajimomo 展- 新しい、本歌取り...

  12. 梶百 kajimomo 展 共同制作 - ルリロ・ruriro・イロイロ

    梶百 kajimomo 展 共同制作

    オープンしました!今日は梶浦さん在廊です。香炉もいろいろなタイプが揃いました。作品は陶器の鈴木さんが作ったものを、鋳造作家の梶浦さんに送り、閃いたものを加えて完成するという進め方という事です。関連したもの、意外なもの、この刺激が共同制作の楽しさかもしれません。梶百 kajimomo 展- 新しい、本歌取り UNIT作品 -2019.1.25[金]−2.5[火]11:00−18:00木曜休みr...

  13. 梶百 kajimomo 展 - 本日スタート - ルリロ・ruriro・イロイロ

    梶百 kajimomo 展 - 本日スタート

    少しのんびりとしたスタートですが、本年最初の展示が始まりました。伝統の未来を感じる共作です。↑存在感抜群の水指本日はつながる読書会の会場でもあります。梶百 kajimomo 展- 新しい、本歌取り UNIT作品 -2019.1.25[金]−2.5[火]11:00−18:00木曜休みruriro埼玉県川越市田町2-6049-290-2391東武東上線川越市駅徒歩2分西武新宿線本川越駅徒歩8分川...

  14. 「とんど」御所市室、出屋敷 - duke days

    「とんど」御所市室、出屋敷

    とんどは、小正月に松飾り・しめ縄などを家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やす日本全国に伝わるお正月の火祭り行事。京奈和道を走ると、各所から煙が上がって、集落ごとに燃やしていました。写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。御所市室八幡神社とんどの火を持ち帰り、家の灯明に移し翌朝その日で小豆粥を作られるそうです。とんどの竹に点けて火を持ち帰ります。消えやすいので、そろりそろりと風に...

  15. 門松としめ縄 - miro's daily dining

    門松としめ縄

    「自国の伝統文化」を子供に伝える事は親の役目だと思う。私は、子供の頃から、日本の伝統行事にあまり興味を持てず、正月飾りや正月遊びは興味をそそらない物が多かった。ただ、子供を持った今、考えが変わった。自分の国の伝統文化を知る事は大切な事。まずは入門編として、門松やしめ縄を飾ってみた。子供がどういう反応を見せるのか楽しみだ。

  16. 「藁を編んで作るお正月飾り」を開催しました! - ルリロ・ruriro・イロイロ

    「藁を編んで作るお正月飾り」を開催しました!

    12月15日(土)お正月飾りのワークショップを開催しました。午前10時からと午後1時から、10個以上の注連縄飾りが次々と出来上がりました。どれも魅力溢れる作品です。オーガニックの藁をねじりながら編み、小さな輪を作り、小さなリースを様々な花や実で飾り付け、水引を作理、それぞれを連結?する。神様をお迎えするための正月飾り。オーガニックの植物についてのお話なども伺いながら、楽しいトークで和気藹々と...

  17. 藁を編んで作るお正月飾り - ルリロ・ruriro・イロイロ

    藁を編んで作るお正月飾り

    無農薬栽培の藁を編み、お正月飾りを作ります。日時:12月15日(土)13:00〜講師:中村美之(花薬局ADEF 主宰)費用:3500円(茶菓付き、材料込)定員:6名(要予約)電話(049-290-2391)にてお問い合わせください。ご案内いたします。講師の中村美之さんは、花に関わるお仕事を続けて26年になるそうです。身近な野草を摘んでアレンジするワークショップなども行っています。お話をしてい...

  18. ガンと闘うものたち - Yoga×自然×純粋

    ガンと闘うものたち

    ~ガンと闘う食品トップ12~ー あなたは「ガンと闘ってくれる食品」を食べていますか? ー~まりとん塾より一部転載~多くのガン・サバイバーは、この厄介な病気を克服するべく、従来の医学治療と並行して家庭でも自然の代替治療を合わせて行うことで、幸運にも難から逃れられています。またこの二重のアプローチが、時に長くて大変辛い治癒過程において体全体と心をサポートしてくれます。今日、この早期の化学治療と栄...

  19. 鎌倉時代から伝わる!神奈川・横浜最古の民俗芸能 - 関東地域の祭礼

    鎌倉時代から伝わる!神奈川・横浜最古の民俗芸能

    鎌倉時代から伝わる横浜最古の民俗芸能鶴見の田祭り (つるみのたまつり)鶴見の田祭りは、鎌倉時代から伝えられてきた日本文化の根源をなす稲作文化、春の鍬入れからはじまり、種蒔き・田植え・草取り・鳥追い・秋の稲刈り、そして豊年祝いまで、米ができるまでの一連の農作業を演じてその年の豊作を祈願する、田遊びとも呼ばれる予祝(よしゅく)行事です。現在、神奈川県内で伝えられているのは、鶴見神社の田祭りと寒川...

  20. カステラ - 彩色生活

    カステラ

    1624年来、長崎で造られ続けている The カステラ。福砂屋はカステラの老舗。贈答、挨拶、慶事、弔事で失敗しないスイーツ。しかも、これがカステラという存在感。伝統のスイーツだけれど、子どもから大人まで楽しませてくれるカステラ。思い出を残すスイーツだから、忘れられない日に頂くのもいいかも知れません。素朴で、上品。スイーツの逸品。福砂屋 特製五三焼カステラ (2本入)

総件数:122 件

似ているタグ