佐藤琢磨のタグまとめ

佐藤琢磨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには佐藤琢磨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「佐藤琢磨」タグの記事(44)

  1. 琢磨、シーズン2勝目、藤井七段リーグ入りまであと1勝、錦織初戦勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    琢磨、シーズン2勝目、藤井七段リーグ入りまであと1勝、...

    佐藤琢磨がインディカーシリーズ第15戦で優勝、シーズン2勝目を争うげた。佐藤琢磨にとっては前戦でのクラッシュ事故発生の要因をつくったとされ(後にペナルティなどない裁定がくだった)嫌な思いで臨んだレースであったと思う。予選5番手からスタートした佐藤様琢磨であったが、スタートで後手を踏んでしまい、大きく遅れてしまった。そしてラップダウンまでしてしまい、とても優勝は無理な状況であった。しかし、今年...

  2. 大谷3安打2打点、女子ダブルスのみ戴冠、ピットインミスで15位 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷3安打2打点、女子ダブルスのみ戴冠、ピットインミス...

    MLBでの花巻東OB対決は後輩の大谷翔平が先輩の菊池雄星を打ち崩した。とはいっても初回の初打席での結果次第ではどうなっていたかわからないものだった。二死無走者で打席にたった大谷、打った打球はボテボテの2塁ゴロであったが飛んだ位置がよく内野安打となった。勝負に負けた大谷であったが、結果はヒットであった。幸運なヒットはエンゼルスに続き、二死2、3塁からライトへのタイムリーなどで初回に3点を奪った...

  3. 3種目で決勝進出、日本ハム大勝だが、佐藤琢磨今季2度目のポール獲得 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    3種目で決勝進出、日本ハム大勝だが、佐藤琢磨今季2度目...

    バドミントンのオーストラリアオープン準決勝が行われた。4種目で決勝進出を目指した日本勢であったが3種目での決勝進出に終わった。混合ダブルスで決勝進出をねらった渡辺勇大/東野有紗ペアはインドネシアペアと対戦、第1ゲームを13-21で奪われてしまった。どこかで苦手意識があるように感じられたが第2ゲームでは出だしからインドネシアペアを圧倒して21-12で奪い返し、勝負はファイナルゲームへ。序盤から...

  4. 佐藤琢磨3位、週末はWRC - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    佐藤琢磨3位、週末はWRC

    第103回インディ500マイルレースが行われた。珍しくNHK-BS1で半日遅れでレースが放映された。一昨年の優勝以来、インディ500マイルレースが注目されてきたのではないだろうか。また佐藤琢磨の調子がよいことも影響しているのであろう。5列目14番手からスタートした佐藤琢磨はスタートダッシュよく数台を抜いてポジションアップしていった。インディ500の場合、ピットストップも重要な戦略となってくる...

  5. 日本ベスト4進出、インディ500カーブデイ、清宮初一軍 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ベスト4進出、インディ500カーブデイ、清宮初一軍

    スディルマンカップ準々決勝が行われた。勝てば前回大会の成績に並ぶ日本勢は、男子ダブルスに園田啓悟/嘉村健士ペア、シングルスは奥原希望、そして桃田賢斗を並べた。女子ダブルスには、今大会初起用となる松本麻佑/永原和可那ペア、そして最終試合の混合ダブルスは渡辺勇大/東野有紗ペアとそれぞれ世界ランク上位に位置する者で臨む大事な一戦となった。男子ダブルス、マレーシアはテオ/オンペアであった。過去2戦2...

  6. 大谷、復帰後初本拠地、日本ハム惜敗、インディ500予選 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷、復帰後初本拠地、日本ハム惜敗、インディ500予選

    エンゼルスの大谷翔平が復帰後初本拠地でのロイヤルズ戦に3番・DHで先発出場した。試合開始前の練習では昨年デビュー当初からバッテリーを組んでいたロイヤルズのマルドナードとハグするなど再会を楽しむ姿が観られたようだ。その大谷は4打数1安打2三振と地元で大爆発とはいかなかった。ロイヤルズの捕手マルドナードにうまく内角を攻められたのが原因かもしれない。今日も3番・DHで先発出場するので、アジャストし...

  7. インディ500ウィーク、フレッシュオールスターなど - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    インディ500ウィーク、フレッシュオールスターなど

    インディアナポリスGPも終わりいよいよインディカーシリーズはインディ500レース一色となった。佐藤琢磨の2度目のインディ500制覇なるかに期待がかかるが今年はアロンソが2年ぶりにインディ500レースに挑戦することが発表されたそうだ。マクラーレン・レーシングからの参戦となり、カーナンバーも66とマクラーレンがインディ500を制覇したときの同じナンバーとなっている。果たして悲願制覇なるだろうか、...

  8. 琢磨連勝ならず、再建途上のドルフィンズ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    琢磨連勝ならず、再建途上のドルフィンズ

    インディカーシリーズ第3戦アラバマグランプリでポール・トゥ・ウインを飾った佐藤琢磨、いい流れで第4戦のグランプリ・オブ・ロングビーチに挑んだが結果は8位であった。予選も8位であったので予選順位を守ったレースとなったことになる。イエローフラッグもレース序盤で1度出ただけとあって、レース自体、動きの少ないものであったようだ。その中での8位は評価できるものといえそうだ。5月はまさにインディ500マ...

  9. 日本ハムの新戦術、琢磨完勝の秘策、シンガポールオープン初日 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハムの新戦術、琢磨完勝の秘策、シンガポールオープン初日

    日本ハムが開幕から「オープナー」なる新戦術を導入している。MLBでは先発投手不足によりレイズが導入したシステムに類似したシステムだが、どんな思惑があって導入したのか、日刊ゲンダイに厚澤コーチのインタビューが掲載されていた。なるほどと感じる部分もあり新システムをNPBに採用していく栗山監督の思惑、素晴らしいことだと思う。フロントまでこのシステムを認知しているようでシーズオフの査定でも配慮される...

  10. 日本勢準優勝止まり、日本ハム逆転負け、琢磨優勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本勢準優勝止まり、日本ハム逆転負け、琢磨優勝

    バドミントンのマレーシアオープン決勝が行われた。2種目で決勝に進出した日本勢であったが、女子シングルスでは山口茜が世界ランク1位の戴資穎に16-21で第1ゲームを失うと第2ゲームは粘りをみせ、17-19とリードされながらここから2ポイント連取して19-19とした。しかし粘りもここまで、続くポイントを戴資穎に連取されて19-21で第2ゲームも失い、準優勝に終わった。そして男子ダブルスの園田啓悟...

  11. 日本ハム、サンウルブズ完敗、山口決勝進出、琢磨がポール獲得 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム、サンウルブズ完敗、山口決勝進出、琢磨がポール獲得

    日本ハムが大量失点で西武に完敗した。これで「オープナー」で挑んだ試合は3連敗となってしまったが、光明はあったと思う。王柏融が2試合連続してのマルチヒット&打点をあげ打率も3割台となった。また堀瑞輝が1軍登録され9回のマウンドに立ち三者凡退に西武打線を切り捨てた。それも源田、秋山から三振を奪ってのものだけに今後が期待できそうだ。スーパーラグビー第8節、サンウルブズは敵地でレベルズと対戦した。ワ...

  12. 藤井七段敗れる、インディカーレース開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段敗れる、インディカーレース開幕

    将棋の第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選が行われた。年間最高勝率更新の期待がかかる藤井聡太七段は久保利明九段との対局であった。将棋は久保九段優勢ですすんだが、終盤にかけて久保九段に緩手がでて一時は藤井七段が優勢になる局面もあった。ただ藤井七段も緩手を指してしまい再び流れは久保九段に傾いた。久保九段、さすがに慎重に指しまわし127手で藤井七段に勝利した。藤井七段、この結果今年度の成績は42勝...

  13. 2017年INDY500優勝車が鈴鹿凱旋! - 飛行機&鉄道写真館

    2017年INDY500優勝車が鈴鹿凱旋!

    激熱!のデモ走行が続きます!佐藤琢磨が優勝当時のINDY仕様「Dallara DW12」のステアリングを握って琢磨が鈴鹿サーキットを走りました。オーバルコース用の小さなリアウイングが特徴的でした。プログラム上のデモ走行はタイプテーブルで17時過ぎなので撮影条件の良いオープニングセレモニー後のパレードでの走行シーンです♪失敗しないで上手く流せたぁ~(^^)vbr>

  14. 琢磨、今季初優勝、大谷復帰戦、藤井七段敗戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    琢磨、今季初優勝、大谷復帰戦、藤井七段敗戦

    2018年インディカーシリーズも残り2戦、昨年はインディ500優勝という記録を打ち立てた佐藤琢磨であったが今季は表彰台もままならず低迷したシーズンとなりそうであった。この第16戦も予選は20番手と下位に沈み、とても優勝は狙えないと感じていた。ところがレースとはわからないものである。ピットストップをライバルより減らす作戦でスタートした佐藤琢磨は途中、イエローコーションにも助けられレース終盤には...

  15. 大谷代打で一発、有原復活?、そして琢磨 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷代打で一発、有原復活?、そして琢磨

    エンゼルスの大谷翔平はドジャーズ戦3戦目はベンチからのスタートであった。前日の最終打席、自打球を右膝に当ててしまい痛みがでていることによるものだそうだ。先発が左腕ということもあり、大事をとってのことかもしれない。試合は3-3がと同点で終盤を迎えた。そして7回、大谷翔平の出番がまわってきた。ドジャーズのマウンドには2番手の変則右腕のジャグワ、その2-2からの6球目、内角の難しいストレートであっ...

  16. 佐藤琢磨レーシングチームシャツ(レプリカ)当選!!! - カワセミ工房 鎌倉 (旧絵手紙いろは印)

    佐藤琢磨レーシングチームシャツ(レプリカ)当選!!!

    スポーツ新聞の懸賞に応募したら当選した。昔中島悟のころは富士に行ったものですが・・・今の若者は自動車に興味が無いらしいので応募が少なかったのか?

  17. 日本女子世界一、日本ハム延長勝利、いよいよインディ500 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本女子世界一、日本ハム延長勝利、いよいよインディ500

    バドミントンの国・地域別世界選手権トマス杯・ユーバー杯、そのユーバー杯決勝が行われた。日本女子は地元のタイとの対戦であった。地元の大声援を受けて準決勝で中国を破ったタイだけに日本有利とはいえ油断できない相手であった。しかし日本は実力を発揮、まず第1シングルスでは山口茜がインタノンと対戦した。第1ゲームは競った展開となり、16-15とどちらが勝ってもおかしくなかったが、ここから山口が5ポイント...

  18. 今年もインディ500の季節、大谷の評判、バドミントンユーバー杯 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    今年もインディ500の季節、大谷の評判、バドミントンユ...

    今年もインディ500の季節がやってきた。先週末に予選が行われたが昨年はフロントローを独占したホンダエンジンであったが今年はライバルのシボレーエンジンの後塵を拝する結果となってしまった。昨年初優勝した佐藤琢磨も同様、1回目の予選で9位以内にはいることはできずに、10~32位を決める予選に出場した。その結果決勝のグリッドは16位となった。優勝はシングルグリッドからが圧倒的に有利といわれているだけ...

  19. 日本ハム今季初勝利、大谷野手で地元デビュー - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム今季初勝利、大谷野手で地元デビュー

    開幕4戦目で日本ハムが初勝利をあげた。日本ハムとしては栗山監督の考える「打ち勝つ野球」ではなく、昨年まで実践していた守って勝つ野球の勝利であった。対楽天戦、先発の上沢が力投した。初回いきなり一死3塁のピンチを背負ったが無失点におさえると、リズムよく楽天打線をおさえていった。一方の打線は楽天先発の岸に4回までパーフェクトにおさえられ、初安打は5回のレアードであった。しかし得点には至らず緊迫した...

  20. 琢磨がトップタイム、日本女子優勝、アリゾナで練習試合 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    琢磨がトップタイム、日本女子優勝、アリゾナで練習試合

    インディカーレースの公式テスト、初日に2位といいタイムを出した佐藤琢磨は最終日も調子のよさを持続し最終日はすべてのセッションでトップタイムをマーク、総合でもトップとなり公式テストを終了した。レイホール・ラニガン・レターマン・レーシングとしても4つ全てのセッションでトップタイムをマークしたことはチームのセットアップ能力の高さを示すものともいえ、今季のインディカーレースに期待を持たせてくれる。初...

総件数:44 件

似ているタグ