佐藤琢磨のタグまとめ

佐藤琢磨」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには佐藤琢磨に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「佐藤琢磨」タグの記事(65)

  1. 琢磨連勝ならず、再建途上のドルフィンズ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    琢磨連勝ならず、再建途上のドルフィンズ

    インディカーシリーズ第3戦アラバマグランプリでポール・トゥ・ウインを飾った佐藤琢磨、いい流れで第4戦のグランプリ・オブ・ロングビーチに挑んだが結果は8位であった。予選も8位であったので予選順位を守ったレースとなったことになる。イエローフラッグもレース序盤で1度出ただけとあって、レース自体、動きの少ないものであったようだ。その中での8位は評価できるものといえそうだ。5月はまさにインディ500マ...

  2. 日本ハムの新戦術、琢磨完勝の秘策、シンガポールオープン初日 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハムの新戦術、琢磨完勝の秘策、シンガポールオープン初日

    日本ハムが開幕から「オープナー」なる新戦術を導入している。MLBでは先発投手不足によりレイズが導入したシステムに類似したシステムだが、どんな思惑があって導入したのか、日刊ゲンダイに厚澤コーチのインタビューが掲載されていた。なるほどと感じる部分もあり新システムをNPBに採用していく栗山監督の思惑、素晴らしいことだと思う。フロントまでこのシステムを認知しているようでシーズオフの査定でも配慮される...

  3. 日本勢準優勝止まり、日本ハム逆転負け、琢磨優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本勢準優勝止まり、日本ハム逆転負け、琢磨優勝

    バドミントンのマレーシアオープン決勝が行われた。2種目で決勝に進出した日本勢であったが、女子シングルスでは山口茜が世界ランク1位の戴資穎に16-21で第1ゲームを失うと第2ゲームは粘りをみせ、17-19とリードされながらここから2ポイント連取して19-19とした。しかし粘りもここまで、続くポイントを戴資穎に連取されて19-21で第2ゲームも失い、準優勝に終わった。そして男子ダブルスの園田啓悟...

  4. 日本ハム、サンウルブズ完敗、山口決勝進出、琢磨がポール獲得 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム、サンウルブズ完敗、山口決勝進出、琢磨がポール獲得

    日本ハムが大量失点で西武に完敗した。これで「オープナー」で挑んだ試合は3連敗となってしまったが、光明はあったと思う。王柏融が2試合連続してのマルチヒット&打点をあげ打率も3割台となった。また堀瑞輝が1軍登録され9回のマウンドに立ち三者凡退に西武打線を切り捨てた。それも源田、秋山から三振を奪ってのものだけに今後が期待できそうだ。スーパーラグビー第8節、サンウルブズは敵地でレベルズと対戦した。ワ...

  5. 藤井七段敗れる、インディカーレース開幕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段敗れる、インディカーレース開幕

    将棋の第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選が行われた。年間最高勝率更新の期待がかかる藤井聡太七段は久保利明九段との対局であった。将棋は久保九段優勢ですすんだが、終盤にかけて久保九段に緩手がでて一時は藤井七段が優勢になる局面もあった。ただ藤井七段も緩手を指してしまい再び流れは久保九段に傾いた。久保九段、さすがに慎重に指しまわし127手で藤井七段に勝利した。藤井七段、この結果今年度の成績は42勝...

  6. 2017年INDY500優勝車が鈴鹿凱旋! - 飛行機&鉄道写真館

    2017年INDY500優勝車が鈴鹿凱旋!

    激熱!のデモ走行が続きます!佐藤琢磨が優勝当時のINDY仕様「Dallara DW12」のステアリングを握って琢磨が鈴鹿サーキットを走りました。オーバルコース用の小さなリアウイングが特徴的でした。プログラム上のデモ走行はタイプテーブルで17時過ぎなので撮影条件の良いオープニングセレモニー後のパレードでの走行シーンです♪失敗しないで上手く流せたぁ~(^^)vbr>

  7. 琢磨、今季初優勝、大谷復帰戦、藤井七段敗戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    琢磨、今季初優勝、大谷復帰戦、藤井七段敗戦

    2018年インディカーシリーズも残り2戦、昨年はインディ500優勝という記録を打ち立てた佐藤琢磨であったが今季は表彰台もままならず低迷したシーズンとなりそうであった。この第16戦も予選は20番手と下位に沈み、とても優勝は狙えないと感じていた。ところがレースとはわからないものである。ピットストップをライバルより減らす作戦でスタートした佐藤琢磨は途中、イエローコーションにも助けられレース終盤には...

  8. 大谷代打で一発、有原復活?、そして琢磨 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷代打で一発、有原復活?、そして琢磨

    エンゼルスの大谷翔平はドジャーズ戦3戦目はベンチからのスタートであった。前日の最終打席、自打球を右膝に当ててしまい痛みがでていることによるものだそうだ。先発が左腕ということもあり、大事をとってのことかもしれない。試合は3-3がと同点で終盤を迎えた。そして7回、大谷翔平の出番がまわってきた。ドジャーズのマウンドには2番手の変則右腕のジャグワ、その2-2からの6球目、内角の難しいストレートであっ...

  9. 佐藤琢磨レーシングチームシャツ(レプリカ)当選!!! - カワセミ工房 鎌倉 (旧絵手紙いろは印)

    佐藤琢磨レーシングチームシャツ(レプリカ)当選!!!

    スポーツ新聞の懸賞に応募したら当選した。昔中島悟のころは富士に行ったものですが・・・今の若者は自動車に興味が無いらしいので応募が少なかったのか?

  10. 日本女子世界一、日本ハム延長勝利、いよいよインディ500 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本女子世界一、日本ハム延長勝利、いよいよインディ500

    バドミントンの国・地域別世界選手権トマス杯・ユーバー杯、そのユーバー杯決勝が行われた。日本女子は地元のタイとの対戦であった。地元の大声援を受けて準決勝で中国を破ったタイだけに日本有利とはいえ油断できない相手であった。しかし日本は実力を発揮、まず第1シングルスでは山口茜がインタノンと対戦した。第1ゲームは競った展開となり、16-15とどちらが勝ってもおかしくなかったが、ここから山口が5ポイント...

  11. 今年もインディ500の季節、大谷の評判、バドミントンユーバー杯 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    今年もインディ500の季節、大谷の評判、バドミントンユ...

    今年もインディ500の季節がやってきた。先週末に予選が行われたが昨年はフロントローを独占したホンダエンジンであったが今年はライバルのシボレーエンジンの後塵を拝する結果となってしまった。昨年初優勝した佐藤琢磨も同様、1回目の予選で9位以内にはいることはできずに、10~32位を決める予選に出場した。その結果決勝のグリッドは16位となった。優勝はシングルグリッドからが圧倒的に有利といわれているだけ...

  12. 日本ハム今季初勝利、大谷野手で地元デビュー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本ハム今季初勝利、大谷野手で地元デビュー

    開幕4戦目で日本ハムが初勝利をあげた。日本ハムとしては栗山監督の考える「打ち勝つ野球」ではなく、昨年まで実践していた守って勝つ野球の勝利であった。対楽天戦、先発の上沢が力投した。初回いきなり一死3塁のピンチを背負ったが無失点におさえると、リズムよく楽天打線をおさえていった。一方の打線は楽天先発の岸に4回までパーフェクトにおさえられ、初安打は5回のレアードであった。しかし得点には至らず緊迫した...

  13. 琢磨がトップタイム、日本女子初優勝、アリゾナで練習試合 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    琢磨がトップタイム、日本女子初優勝、アリゾナで練習試合

    インディカーレースの公式テスト、初日に2位といいタイムを出した佐藤琢磨は最終日も調子のよさを持続し最終日はすべてのセッションでトップタイムをマーク、総合でもトップとなり公式テストを終了した。レイホール・ラニガン・レターマン・レーシングとしても4つ全てのセッションでトップタイムをマークしたことはチームのセットアップ能力の高さを示すものともいえ、今季のインディカーレースに期待を持たせてくれる。初...

  14. 琢磨テスト好調、バドミントンは決勝進出、平昌五輪はちょっと残念 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    琢磨テスト好調、バドミントンは決勝進出、平昌五輪はちょ...

    2018インディカーシリーズも開幕まで1か月となり、恒例のテストが開催された。2018年から新たに導入されるユニバーサルエアロキットを搭載した23台のマシンがテストに参加した。佐藤琢磨は移籍したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングからのテスト参加であったが、いきなり2番手タイムをマークし仕上がりのよさを魅せた。、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングはレイホールもトップタイムを...

  15. 日本プロスポーツ大賞発表、NFLもプロボウルロースターを発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本プロスポーツ大賞発表、NFLもプロボウルロースターを発表

    日本プロスポーツ大賞が発表された。大賞はソフトバンクになってしまったが、今年1年、インディ500優勝などインディーカーシリーズで活躍した佐藤琢磨が殊勲賞を受賞した。受賞後のインタビューでは「今年はチームを移籍して、シーズンを移籍してインディ500を優勝することを最大の目標にしていた。優勝できたことは、すごく大きかった。今後に非常に大きく繋がる1年だった」とコメントした。来年はまたチームを移籍...

  16. 第101回インディ500のBlu-rayソフト~佐藤琢磨の偉業 - やもりのカート三昧

    第101回インディ500のBlu-rayソフト~佐藤琢...

    やっと到着しました!No Attack No Chance第101回インディ500のレース模様と後日のインタビューなどを収めたBlu-rayソフトでございます。早速、レースから観てみました。・・・GAORAの録画を何度も観てるのに、やっぱり泣けてくる・・・特に、最後の10周。実況音声はGAORAで放送されたそのまま。なので、リアルタイムで観てた時の緊張感が再び(笑)画像はindycar.co...

  17. ドルフィンズ白星発進、琢磨はリタイア、日本ハム吉田初勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ドルフィンズ白星発進、琢磨はリタイア、日本ハム吉田初勝利

    NFL第2週が行われた(正確にはMNFは今から行われるが)。ハリケーンの影響で第1週の試合がなかったドルフィンズの開幕戦はチャージャーズとの一戦であった。LAに本拠を移し、スタジアムのこけら落としとなったこの試合、ドルフィンズのQBは移籍してきたカトラーであった。そのカトラーは落ち着いてプレイをこなし、33回中23回のパス成功、330ヤードを獲得し1TDの成績、レーティングも101.8と開幕...

  18. トヨタは3位、佐藤は予選5位、グラチャンバレーは - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタは3位、佐藤は予選5位、グラチャンバレーは

    WEC第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レース決勝が行われた。予選で1秒以上ポルシェから離されてしまったトヨタであったが決勝では善戦し、レース序盤はポルシェを上回るスピードをみせ、トップ争いをした。しかし速さは持続せずに徐々にポルシェから遅れだし、最終的には予選同様3、4位でのフィニッシュとなった。第7戦はいよいよ富士6時間レースである。昨年唯一の勝利をあげているサーキットだけにト...

  19. トヨタ3位、佐藤琢磨はトラブル、トップリーグ第3節 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタ3位、佐藤琢磨はトラブル、トップリーグ第3節

    WEC第5戦メキシコ6時間レースが行われた。出だし好調だったトヨタチームであったが、ルマン24時間レースをさかいにポルシェの反撃にあい、このところ連敗中でメキシコでの巻き返しを狙ったが予選不発で決勝をむかえた。予選2列目からのスタートであったがサーキット特性があわないのか、ポルシェに速さで太刀打ちすることはできずにトップからは1周毎に離されてしまった。雨も予想されたが最後までサーキットは湿る...

  20. 東芝白星発進、WRC第10戦デイ3、琢磨がポール獲得 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    東芝白星発進、WRC第10戦デイ3、琢磨がポール獲得

    土曜日のトップリーグは2試合が行われた。どちらも秩父宮競技場での開催であった。個人的に興味のある東芝は第1試合の登場であった。あいてはNEC、親会社は同じ電機メーカーでありライバル対決ともいえる試合であった。日本代表の茂野、田村が抜けたNECがどんな戦い方をするのか、東芝はどう対応するのか、試合の視点は数多くあった。前半は膠着状態ですすんだが終始東芝がNEC陣内で試合を進める展開であった。先...

総件数:65 件

似ているタグ