佐賀のタグまとめ

佐賀」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには佐賀に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「佐賀」タグの記事(148)

  1. 写真展のお礼 - 写酒楽々の目線

    写真展のお礼

    「第7回 写壇四季の詩 風景写真展」無事に終了しました。大勢の方にご来場いただいたうえに貴重なご意見もたくさん戴き、誠ににありがとうございました。心より感謝申し上げます。写真は南阿蘇で河津桜が満開との情報があり、9日(土)に出かけた際撮影したものです。(画像クリックで拡大します)Canon EOS5D Mark Ⅳ + EF 16-35mm F2.8L Ⅲ USM

  2. 気になる漁港に行ってみた - ほんと。。。ときどき釣行記

    気になる漁港に行ってみた

    お疲れ様です。平日休だった昨日は、最近netでよく目にする、個人的に大変気になっているこの漁港↓に、プチ遠征してみました!!皆様は見覚えありますでしょうか!?で、結果はと申しますと、ひたすら冷たい爆風が吹きすさぶ春の嵐の中、2時間くらい団子を投げてはみたものの、結局、最後の最後まで何も起こらず、心がポッキリ折れての白旗撃沈となりました。。せっかく片道1.5時間くらい掛けて来たのに。。(T_T...

  3. 辻精磁社 - ふらりぶらりの旅日記

    辻精磁社

    宮内庁御用達の看板。江戸前期からずっと納められているようです。白磁発祥の地有田の歴史と共になんでしょうね。350年の歴史。 観光協会のサイトはこちらhttps://www.arita.jp/shop/post_114.html白磁発祥の地有田において卓越した技術を持つ辻家は、第百十二代霊元天皇の時代、禁裏(皇室)より御用品調製の命を受け、日本で最初に磁器食器を納め、禁裏(皇室)御用窯元になり...

  4. 写真展のご案内 - 写酒楽々の目線

    写真展のご案内

    写壇「四季の詩」風景写真展を開催中です。近くでお時間のある方はご来場お願いします。10日、日曜日 16:00 まで開催です。最終日の午後は私も会場にいる予定です。

  5. *丸幸ラーメンセンター de ラーメンディナー♪* - *つばめ食堂 2nd*

    *丸幸ラーメンセンター de ラーメンディナー♪*

    サガン鳥栖の試合の帰りに、丸幸ラーメンセンターに寄りました。私は、まんぷくラーメン…え?オットは、ちゃんぽん&炒飯。全部おいし~( *´艸`)従業員の方がインターナショナルで、ちょっとおどろいちゃった。

  6. 伊東玄朴旧宅 - レトロな建物を訪ねて

    伊東玄朴旧宅

    仁比山神社から九年庵のわき道を下る途中に、江戸後期に建てられた住宅が残っています。幕末に長崎の鳴滝塾でシーボルトにオランダ医学を学び、日本で最初に天然痘を予防するための種痘を導入、また現在の東京大学医学部となった西洋医学所の創設など、近代医学に多大な貢献をした伊東玄朴(いとうげんぼく1800-1871)の旧宅です。伊東玄朴旧宅1821(文政4)年佐賀県史跡設計・施工:不明佐賀県神埼市神埼町的...

  7. 仁比山神社(その2) - レトロな建物を訪ねて

    仁比山神社(その2)

    安土桃山時代から江戸時代前期に佐賀藩藩祖の鍋島直茂と初代藩主勝茂親子により再建された仁比山神社の本殿周辺を一回りします。仁比山神社本殿江戸時代初期設計・施工:不明佐賀県神埼市神埼町的1692撮影:2018.11.20本殿の裏側に神水が湧いています。飲むこともできますが・・・周りにたくさんある猿の石像に掛けて願掛けするようです。本堂の横には猿の像があちこちに。猿は山王神社の使いだそう。見ざる・...

  8. 仁比山神社(その1) - レトロな建物を訪ねて

    仁比山神社(その1)

    九年庵を出て山側に進んだところに仁比山神社(にいやまじんじゃ)があり、ここも紅葉が見事なところです。仁比山神社は、天平元年(729年)に、僧行基が京都松尾明神の分霊を安置したことに始まるといわれ、山の神・農業の神として祭られています。社殿は何度か焼失したそうですがが、安土桃山時代から江戸時代前期に佐賀藩藩祖の鍋島直茂と初代藩主勝茂親子により再建されました。仁比山神社本殿江戸時代初期設計・施工...

  9. 国の名勝九年庵 - レトロな建物を訪ねて

    国の名勝九年庵

    宗像大社のある福岡県から南下して再び佐賀県に入りました。このツアーの目玉の一つは九年庵。毎年、紅葉の秋と新緑の5月の短い期間だけしか一般公開されないので、その期間中は観光客で賑わいます。九年庵は佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月をかけて築いた6,800㎡の広い日本庭園が見所。多くの植栽や庭一面のコケが四季を通して美しい風景を見せ、国の名勝に指定された...

  10. 土産 - ティダぬファの雑記帳

    土産

    旅に出ると迷うのがお土産、ときめくお土産に出会えるかどうか…結構重要!

  11. 佐賀絵2枚。 - 馬耳Tong Poo

    佐賀絵2枚。

    デジタル絵での薄墨塗りの練習で。使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT EX。“大隈と副島とされる”古写真より。何かいいなぁと思ったので。

  12. 梅がいい頃よ! - 風にのって・・・

    梅がいい頃よ!

    先日佐賀方面へ所要で・・・鍋島さまの菩提寺を教えていただいてき、梅林の中を散策さすが殿様の菩提寺大きな石塔や石灯籠がたくさん並んでいました。前の池にサギが餌を啄んでいるのですが近かずいても逃げる気もなさそうに一心に魚を探していました。

  13. 高品位の陶石 - ふらりぶらりの旅日記

    高品位の陶石

    有田の陶石は世界でも最高品質の陶石らしい。それも高品質で量も多かったために世界に通じる磁器に変身し一世を風靡したらしい。妻は大陸から来た職人によって日本の美となり得た磁器にうっとり。私はその材料の石を見てニンマリ(爆)

  14. 小松山大興善寺(その2) - レトロな建物を訪ねて

    小松山大興善寺(その2)

    大興善寺(だいこうぜんじ)の庭園は大正年間より本堂の裏山に造成されました。5万本のツツジが植栽されているつつじ園があり、「つつじ寺」といわれます。春の開花時期には観光客で賑わうそうでうが、このときは季節はずれ。もう一つの景観である紅葉が見ごろでした。小松山大興善寺江戸時代初期設計・施工:不明佐賀県三養基郡基山町園部3628撮影:2018.11.19本堂の脇を抜けて裏山へ。本堂の茅葺屋根が見え...

  15. 小松山大興善寺(その1) - レトロな建物を訪ねて

    小松山大興善寺(その1)

    ツアー初日の2ヶ所目は佐賀県の基山町(きやまちょう)に移動して大興善寺(だいこうぜんじ)へ。大興善寺は天台宗の寺院で、別格本山。山号は小松山です。 寺伝によれば、聖武天皇の勅願により、行基により創建されたとか。平安時代に円仁(慈覚大師)により中興されたとの伝承があります。享禄年間の兵火(1530年ころ)によって堂塔は焼失しましたが、天文11年に領主の筑紫惟門が本堂を再建し、江戸時代に入り基山...

  16. 写真展のご案内 - 写酒楽々の目線

    写真展のご案内

    「写壇 四季の詩 風景写真展」平成31年3月4日(月)から3月10日(日)まで佐賀県小城市小城町253-21ゆめぷらっと小城にて開催します。最終日には全会員が在廊予定です。

  17. 物思い - ぽとすのくずかご    

    物思い

    何を想っているのかな…(^-^)

  18. 長崎道でバルーン - 月の沙漠を

    長崎道でバルーン

    凄く久しぶりにバルーンに遭遇。8時すぎの幻想的な佐賀付近。。。山口ブログにほんブログ村

  19. 線路沿いの神社 - ふらりぶらりの旅日記

    線路沿いの神社

    前回ここで電池切れ。ガラケーでバチリして帰った過去(汗)今回は妻がアリタセラで買い物中に参拝。やっぱ線路入れない感でしょここ陶山神社は。

  20. 磁器鳥居 - ふらりぶらりの旅日記

    磁器鳥居

    陶山神社の鳥居。街を見下ろしてパチリ。

総件数:148 件

似ているタグ