体表解剖のタグまとめ

体表解剖」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには体表解剖に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「体表解剖」タグの記事(93)

  1. 第188回TOC体表解剖勉強会|僧帽筋の触察 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    第188回TOC体表解剖勉強会|僧帽筋の触察

    理学療法士の高橋です。「僧帽筋の触察」をテーマに第188回TOC体表解剖勉強会を開催しました。スタッフは下のブログで予習し、勉強会に臨みました。新人の間立PTが、僧帽筋上行部の外側下縁を筋の収縮を用いながら触察しています。片桐OTが腱鏡の筋腱移行部をさすり法を用い触察しています。吉野PTが、臨床応用として、筋痛に対する機械刺激治療について、ミニ講義を行ってくれました。青瀬PTが、僧帽筋上行部...

  2. 写真で学ぼう!内腹斜筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!内腹斜筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。「写真で学ぼう!内腹斜筋を触察するためのランドマーク」をFUNDA-REHA BLOGに投稿しました。内腹斜筋の触察にご興味のある方は、ぜひご覧ください。たてやま整形外科クリニックのスタッフのみなさんは、TOC体表解剖勉強会の予習・復習にご活用ください。今回もご覧いただきありがとうございました。**************************************...

  3. 写真で学ぼう!外腹斜筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!外腹斜筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。「写真で学ぼう!外腹斜筋を触察するためのランドマーク」をFUNDA-REHA BLOGに投稿しました。外腹斜筋の触察にご興味のある方は、ぜひご覧ください。たてやま整形外科クリニックのスタッフの皆さんは、TOC体表解剖勉強会の予習・復習にご活用ください。今回もご覧いただきありがとうございました。***************************************...

  4. 第186回TOC体表解剖勉強会|内・外腹斜筋、腹横筋筋の触察 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    第186回TOC体表解剖勉強会|内・外腹斜筋、腹横筋筋の触察

    理学・作業療法士の高橋です。「内・外腹斜筋、腹横筋の触察」をテーマに第186回TOC体表解剖勉強会を開催しました。勉強会は、触察のデモンストレーション、触察実習、臨床応用といった内容で進めました。今回は、私と宮本PTが共同で、触察のデモンストレーションを行いました。青瀬PTが、外腹斜筋の内側縁を触察しています。胸郭上では、外腹斜筋の筋腹が薄くなり触知しにくい部位ですが、腹直筋との境界をしっか...

  5. 第185回TOC体表解剖勉強会|腹直筋の触察 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    第185回TOC体表解剖勉強会|腹直筋の触察

    理学療法士の高橋です。「腹直筋の触察」をテーマに第185回TOC体表解剖勉強会を開催しました。勉強会は、宮本PTによる触察デモンストレーション、触察実習、臨床応用の流れで進めました。宮本PTが、腹直筋の外側縁の触察方法を説明しています。石原PTが、さすり手技で腱画を触察しています。エコーを用い、腹直筋と隣接組織の3次元的な位置関係を確認しました。胸郭上での腹直筋と外腹斜筋の重なり合いを確認し...

  6. 写真で学ぼう!広背筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!広背筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。「写真で学ぼう!広背筋を触察するためのランドマーク」をFUNDA-REHA BLOGに投稿しました。広背筋の触察にご興味のある方は、ぜひご覧ください。たてやま整形外科クリニックのスタッフの皆さんは、TOC体表解剖勉強会の予習・復習にご活用ください。**********************************************************医療法人...

  7. 写真で学ぼう!大円筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!大円筋を触察するためのランドマーク

    理学・作業療法士の高橋です。FUDA-REHA BLOGに「写真で学ぼう!大円筋を触察するためのランドマーク」を投稿しました。大円筋の触察にご興味ある方は、ぜひご覧ください。たてやま整形外科クリニックのスタッフの皆さんは、TOC体表解剖勉強会の予習復習にご活用ください。今回もご覧いただきありがとうございました。過去のTOC体表解剖勉強会の投稿はこちら↓体表解剖学研究会ホームページはこちら↓*...

  8. 第184回TOC体表解剖勉強会|広背筋の触察 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    第184回TOC体表解剖勉強会|広背筋の触察

    理学療法士の高橋です。「広背筋の触察」をテーマに第184回TOC体表解剖勉強会を開催しました。勉強会は、宮本PTによる触察方法のデモンストレーション、触察実習、臨床応用の順に行いました。宮本PTが腰部に位置する広背筋の外側縁の触察方法を説明しています。吉野PTが、背部に位置する広背筋の上縁を触察しています。さすり法を用い、丁寧に触っています。中島PTが胸部に位置する広背筋の前縁を触察していま...

  9. 小趾外転筋・短小趾屈筋・小趾対立筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    小趾外転筋・短小趾屈筋・小趾対立筋を触察するためのラン...

    理学療法士の高橋です。小趾外転筋・短小趾屈筋・小趾対立筋は、足部の底側面・外側面に位置し、小趾球を構成する筋です。臨床では、周辺組織と滑走不全を起こすことにより、立方骨や第5中足骨のアライメントに影響を与えるので、足部アーチの評価や治療において、触れる機会の多い筋です。FUNDA-REHA BLOGに「写真で学ぼう!小趾外転筋・短小趾屈筋・小趾対立筋を触察するためのランドマーク」を投稿しまし...

  10. 骨や筋の触察法動画配信のお知らせ - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    骨や筋の触察法動画配信のお知らせ

    理学療法士の高橋です。私の所属している体表解剖学研究会のホームページで、骨や筋の触察法動画が配信されました。第1弾として「肩周辺の骨と筋の触察法」が、第2弾として「上肢の筋の触察法」が公開されています。骨や筋の触察にご興味ある方は、ぜひ下のリンクよりご覧ください。動画視聴の前に下の動画配信に関する経緯と注意点もご確認ください。新型コロナウィルス感染防止対策としてセミナーを中止・延期を決定した...

  11. 写真で学ぼう!母趾外転筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!母趾外転筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。FUNDA-REHA BLOGにて、「写真で学ぼう!母趾外転筋を触察するためのランドマーク」を公開しました。足底筋触察にご興味あるかたは、ぜひご覧ください。たてやま整形外科クリニックのスタッフの皆さんは、第183回TOC体表解剖勉強会の復習にお役立てください。今回もご覧いただき、ありがとうございました。**********************************...

  12. 第183回TOC体表解剖勉強会|足底筋の触察技術の向上 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    第183回TOC体表解剖勉強会|足底筋の触察技術の向上

    理学療法士の高橋です。「足底筋の触察技術の向上」をテーマに第183回TOC体表解剖勉強会を開催いたしました。今回は、足底筋の中の、母趾外転筋、短母趾屈筋、小趾外転筋、短小趾屈筋、小趾対立筋、短趾屈筋を触察しました。はじめに、私が骨指標となる踵骨、第1中足骨頭の足底側に位置する種子骨、およびそれぞれの筋の触察方法を解説しながらマッピングのデモンストレーションを行いました。底側からみた足部の写真...

  13. 写真で学ぼう!僧帽筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!僧帽筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。僧帽筋は、肩甲挙筋との滑走不全が生じると、肩甲骨の上方回旋時の肩甲骨の上角の動きを妨げる原因の一つになると言われています。また、棘上筋との滑走不全が生じると、棘上筋の収縮不全の原因の一つになると言われています。臨床では、僧帽筋と肩甲挙筋と棘上筋の滑走性を促すための徒手療法を行う機会も多く、正確に僧帽筋と隣接する軟部組織を触り分ける能力を身に着ける必要があります。今回は、...

  14. 写真で学ぼう!小胸筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!小胸筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。小胸筋は、大胸筋の深層に位置する三角形状の筋です。この筋は、大胸筋との滑走不全により、肩関節前方拘縮の原因になるなど、臨床でも触れる機会も多く、正確に小胸筋と隣接組織を触り分ける能力が求められます。今回は、「写真で学ぼう!小胸筋を触察するためのランドマーク」というテーマで、FUNDA-REHA BLOBに投稿しました。小胸筋の触察にご興味のある方は、ぜひご覧ください。た...

  15. 写真で学ぼう!大胸筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!大胸筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。大胸筋は、胸部の前面に位置し、鎖骨部・胸肋部・腹部の3部から構成される扇状の筋で、肩関節の内転・内旋作用を持つ筋です。また、臨床場面では、肩関節前方拘縮の治療ターゲットとして、大胸筋と三角筋・上腕二頭筋短頭・小胸筋などの滑走性を促すために触れる機会も多く、大胸筋と隣接組織をしっかりと触り分ける能力が求められます。今回は、「写真で学ぼう!大胸筋を触察するためのランドマーク...

  16. 写真で学ぼう!棘上筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!棘上筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。棘上筋は、棘上窩に位置する筋です。臨床においては、棘上筋の収縮機能の改善を目的に、隣接する僧帽筋や肩峰下滑液包との滑走性を促すことを目的とした徒手療法を実施する場面も多く、棘上筋と隣接組織を正確に触り分ける能力が求められます。今回は、「写真で学ぼう!棘上筋を触察するためのランドマーク」をFUNDA-REHA BLOGに投稿しました。肩関節周囲筋の触察にご興味をお持ちの方...

  17. 写真で学ぼう!棘下筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!棘下筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。棘下筋は、肩甲骨の棘下窩に位置する三角形状の筋です。臨床では、肩関節後方タイトネスのある症例に対し、棘下筋と三角筋・小円筋・肩関節包などの隣接組織との滑走性の改善を目的に徒手療法を実施する機会も多く、正確に棘下筋と隣接組織を触り分ける能力が求められます。今回は、「写真で学ぼう!棘下筋を触察するためのランドマーク」をFUNDA-REHA BLOGに投稿しました。肩関節周囲...

  18. 骨格模型|リハビリテーションセンターの設備紹介 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    骨格模型|リハビリテーションセンターの設備紹介

    理学療法士の高橋です。今回は、リハビリテーションセンターにある骨格模型を紹介します。リハビリテーションセンターには、全身骨格模型、脊柱・脊椎骨模型、肩甲帯付上肢骨模型、足の骨模型などの様々な骨格模型があります。全身骨格模型脊柱・脊椎骨模型肩甲帯付上肢骨模型足の骨模型骨格模型は、患者様・ご利用者様への病態の説明やリハスタッフの勉強会に用いています。特に当院で力を入れ取り組んでいるTOC体表解剖...

  19. TOC体表解剖勉強会再開に向けた準備 - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    TOC体表解剖勉強会再開に向けた準備

    理学療法士の高橋です。TOC体表解剖勉強会の再開に向け、宮本PTが触察デモンストレーションの練習をしました。宮本PTは、昨年度に運動器系体表解剖セミナーを受講しています。今年度は、セミナーの伝達と自身のスキルアップを目的に触察のデモンストレーションに挑戦してもらうことになりました。いつにも増して真剣なまなざしで、肩甲骨と鎖骨のマッピングをしています。マッピング後に触察のポイントや投影方法の確...

  20. 写真で学ぼう!小円筋を触察するためのランドマーク - たてやま整形外科クリニック リハスタッフブログ

    写真で学ぼう!小円筋を触察するためのランドマーク

    理学療法士の高橋です。小円筋は、肩甲骨の外側縁の中央部から外側頭方に走行する太い円錐状の筋です。臨床では、小円筋と三角筋・棘下筋・肩関節包の間の滑走不全が生じることにより、肩関節の後方タイトネスの原因となることから、小円筋と隣接組織の滑走性を促すための徒手療法を実施する機会の多い筋です。今回は、「写真で学ぼう!小円筋を触察するためのランドマーク」をFUNDA-REHA BLOGに投稿しました...

総件数:93 件

似ているタグ