作家のタグまとめ

作家」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには作家に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「作家」タグの記事(108)

  1. 中里恒子先生に「海を越えてきた薬膳カレー弁当」はいかがでしょうか。 - 「作家と不思議なカレー」の話

    中里恒子先生に「海を越えてきた薬膳カレー弁当」はいかが...

    令和元年5月は小説家中里恒子先生をご紹介します。明治42年(1989)神奈川県藤沢市に生まれました。本名は中里恒。実家は呉服問屋でした。長唄を小学校の頃から師匠に出稽古をして貰って習い、この稽古は女学校時代、そして結婚後へと続き、結婚時は有名な師匠に師事し、趣味として長く続けていました。大正12年14才関東大震災発生。被災します。この時一家は昼食をとる為に居間におり、家は一瞬の内に崩壊、着の...

  2. 作家テント - 益子 第2倉庫

    作家テント

    2019年 益子春の陶器市!!4月27日(土)〜5月6日(月)の10日間です。第2倉庫、参加メンバー中澤拓也さんが「くみあい広場」に出店します!くみあい広場は、益子焼窯元共販センター向かいにある益子焼協同組合敷地内となります。ぜひテントにも行ってみてください☆

  3. 島村利正先生に「伊那を駆けるさくらカレー」はいかがでしょうか。 - 「作家と不思議なカレー」の話

    島村利正先生に「伊那を駆けるさくらカレー」はいかがでし...

    4月は小説家島村利正先生をご紹介します。明治45年・大正元年(1912)長野県上伊那郡高遠村に生まれました。文学との関わりは小学校4年の時、徳富蘆花の『みみずのたわごと』を読んだ事から始まり、5,6年の担任のN先生の影響もあって、夏目漱石、武者小路実篤、志賀直哉などを読み、完全な文学少年になりました。次に高等科2年の時の担任は仏教美術の大好きなS先生で美術少年にもなるのです。秋の修学旅行は1...

  4. Julie Arkell - ku.la stitch

    Julie Arkell

    Pinterest探索シリーズ。Julie Arkellさんというイギリスのアーティストさんだそうです。紙やハギレを使って人形などを作っているそうです。見た目はどれもファンキーで、この方らしいな、と思える作品ばかり。でもわたしがとびきりこの人に惹かれたのは、やっぱりこのファッション。キッチュで可愛いけど、とってもお似合い。ポップなターシャ・テューダーみたいな感じですね。(Image Cred...

  5. お店よりお知らせ - calm  器&雑貨

    お店よりお知らせ

    Calm器雑貨よりお知らせお店を始めてから8年目になりました。当時入学したての小学生はもう中学生に!月日が流れるのは早いものだとつくづく感じます。宣伝もろくにできず、ほぼ口コミだけで小さなお店をやってこれたのはお客様はもちろんのこと私の意思に賛同してくださった作家さんのおかげです。Calm器雑貨は地域に密着し、「富士市にもこんなに素敵な作り手さんがいるんですよ!」を紹介するコンセプトで始めま...

  6. 海辺の本棚『文豪の猫』 - 海の古書店

    海辺の本棚『文豪の猫』

    「物を書くとき、何かに取り憑かれて書く」という作家が少なくありません。憑依。猫を愛すること。それもまた憑依に似て。この本に登場するのは作家と愛猫のポートレート。猫の前ではすっかりしもべとなり、相好を崩す作家たち。そして不思議と猫と作家が似ています。室内で孤独な作業を続ける作家にとって、猫は何物にも代え難い癒しの天使なのかもしれませんね。猫のしなやかな支配力、美しいですね。『文豪の猫』→★

  7. 山口誓子先生に「お松明の時に食べてみたいカレー」はいかがでしょう。 - 「作家と不思議なカレー」の話

    山口誓子先生に「お松明の時に食べてみたいカレー」はいか...

    3月は俳人山口誓子先生をご紹介します。明治34年(1901)京都市上京区に生まれました。本名は新比古。幼時より外祖父と共に東京、樺太、京都と転居を重ねていました。樺太時代の中学校の頃から定型俳句を愛好し、国語教師に教えを受けていました。大正9年19才「京大三高俳句会」に加盟。本格的に俳句を志し「ホトトギス」に投句。俳号は新比古(チカヒコ)をもじって「誓子(チカイコ)」を用いたが、後に初対面の...

  8. ひなまつりステンドアメリカンステンド - アメコカ州コッカ村 ★コッカーグッズ★犬雑貨のお店★

    ひなまつりステンドアメリカンステンド

    Moppyオリジナルのひなまつりステンドです。初心者の受講生様でも簡単にできるデザインにしました。作っていただいた皆さまはおうちでも飾ってくださいね。ショッピングページ→アメコカ州コッカ村にほんブログ村

  9. 海辺の本棚『絵本作家61人のアトリエと道具』 - 海の古書店

    海辺の本棚『絵本作家61人のアトリエと道具』

    「道具」という言葉に惹かれて図書館にリクエストした本です。でも、この本を開いて一番嬉しかったのは、作家さんの優しいお顔を拝見できたことでした。子供が幼い頃から憧れていた西巻茅子さん、せなけいこさん、どいかやさん、いせひでこさん、ささめやゆきさん、etc.みなさん、素敵な笑顔。柔らかくて、でもどこか頑固そうで。アトリエにいらっしゃるお姿を拝見していると、まるでご本人にお会いできたかのような思い...

  10. 大岡昇平先生に「幕末の疾風にきぎすカレー」はいかがでしょうか。 - 「作家と不思議なカレー」の話

    大岡昇平先生に「幕末の疾風にきぎすカレー」はいかがでし...

    2月は小説家大岡昇平先生をご紹介します。明治42年(1909)東京市牛込区に生まれました。現在の東京都新宿区の地域になります。大正8年18才の時、従兄に勧められ、雑誌「赤い鳥」に童謡を投稿、入選しています。昭和3年成城高校在学中に評論家小林秀雄にフランス語を習い、詩人中原中也を知り、やがて、京都大学在学中に河上徹太郎、中原中也らと同人誌「白痴群」を創刊。スタンダールに傾倒していったのでした。...

  11. ■来週の営業日■ - calm  器&雑貨

    ■来週の営業日■

    ■1月21日(月)お休み■1月22日(火)13:00~17:00■1月23日(水)13:00~17:00■1月25日(木)13:00~17:00■1月26日(金)13:00~17:00■1月27日(土)お休み■1月28日(日)お休み■1月29日(月)お休み■Yuchika■エプロン@¥2000-■時間外でも在宅であればOPENします。お気軽にお電話ください 。我がまま営業で申し訳ありません。...

  12. ■来週の営業日■ - calm  器&雑貨

    ■来週の営業日■

    ■1月14日(月)お休み■1月15日(火)13:00-17:00■1月16日(水)13:00-17:00■1月17日(木)13:00-17:00■1月18日(金)13:00-17:00■1月19日(土)お休み■1月20日(日)お休み■1月21日(月)お休み倉敷意匠:しゅんしゅんのマスキングテープ■時間外でも在宅であればOPENします。お気軽にお電話ください 。我がまま営業で申し訳ありません。...

  13. ◼️Yuchika◼️ - calm  器&雑貨

    ◼️Yuchika◼️

    ◼️Yuchika◼️陶芸用エプロンエプロンの下半分が二重になっており、脚を広げても(轆轤)汚れにくく、丈も長めになっています。紐は2段階で調節できます。陶芸だけではなく、座り仕事や園芸などにも好評です。@¥4300-税込■時間外でも在宅であればOPENします。お気軽にお電話ください 。我がまま営業で申し訳ありません。■急用等で営業日時間変わるかもしれません。■お急ぎのギフトなどの場合、一本...

  14. ■来週の営業日■ - calm  器&雑貨

    ■来週の営業日■

    ■1月7日(月)お休み■1月8日(火)13:00-17:00■1月9日(水)13:00-17:00■1月10日(木)都合によりお休み■1月11日(金)13:00-17:00■1月12日(土)お休み■1月13日(日)お休み■1月14日(月)お休み■ナンシー関のうしろ頭箋■■時間外でも在宅であればOPENします。お気軽にお電話ください 。我がまま営業で申し訳ありません。■急用等で営業日時間変わる...

  15. ◼️新年のご挨拶◼️ - calm  器&雑貨

    ◼️新年のご挨拶◼️

    おめでとうございます!本年も宜しくお願い致します。こんなに小さなお店をOPENしてから7年目。これからも地元の作家さんを全力で応援、ご紹介していきます!時々遊びに来てくださいね。新年は1月8日(火)13:00-17:00営業です。8日(火)~12日(金)の期間に5000円以上お買い上げの皆様にCalmより粗品を進呈致します。是非お出掛けください。粗品はこちらの倉敷意匠・ふくのかみ白檀の上品な...

  16. 「善光寺と檀一雄」 - 明子の道々日記

    「善光寺と檀一雄」

    善光寺に立ち寄った。導かれるように、道を曲がった先に善光寺と檀一雄記念碑という看板が目に入った。一人では行くことができなかったような、何ものかに導かれるような、であいであった。檀一雄が息子のたろうと住んでいた時は、今は違っていたが、茅葺だったようである。小高い山の上に、善光寺はあった。最初に防空壕のような人工の洞穴の中のお地蔵さんたちにであい、大きな張りぼてのような閻魔大王の横に建ったりつこ...

  17. 今年のヒット本(中平) - 柚の森の仲間たち

    今年のヒット本(中平)

    今年もあと1週間を切りましたね。今年は読書好きの私にとっては本の当たり年でした患者さんからおすすめの作家さんをご紹介頂いたり、図書館で当てずっぽうに手にとって読んでみたらおもしろかったりと、今まで知らなかった作家さん(作品)に多く出会えました。その中で今年の私のベスト3を発表 第3位サラバ!西加奈子著 第152回直木賞受賞作品。西加奈子さんは別の作品を以前読んでいて、とても独特、そしてそれが...

  18. 芥川賞作家八木義徳さん - ヒグラシの日記  (あぁ、しあわせな日々)

    芥川賞作家八木義徳さん

    デスクに今日の情報として回覧が回ってきました。パッと目を通してびっくり!なんと、八木義徳さんの大きな笑顔がチラシになっているではないですか!2019年1月19日から3月17日まで、町田市民文学館ことばらんどで開催される「世界の果てで生き延びろ芥川賞作家・八木義德展」とあります。北海道室蘭市出身の八木先生。早稲田大学在学中に横光利一と知り合い生涯師事。生い立ちから学生運動、自殺未遂、出征、妻子...

  19. ■tacca■入荷■ - calm  器&雑貨

    ■tacca■入荷■

    ■tacca■布小物入荷エプロン¥4500ロングバネポーチ@\1400あずま袋@\600他ストラップネックストラップシュシュコースターブローチ等■時間外でも在宅であればOPENします。お気軽にお電話ください 。我がまま営業で申し訳ありません。■急用等で営業日時間変わるかもしれません。■お急ぎのギフトなどの場合、一本お電話頂けると有りがたいです■発送可能です。ショートメールにて欲しい商品、御名...

  20. 円地文子先生に「遥かなる吉野の判官義経スープカレー」はいかがでしょう。 - 「作家と不思議なカレー」の話

    円地文子先生に「遥かなる吉野の判官義経スープカレー」は...

    12月は小説家・劇作家の円地文子先生をご紹介します。明治38年(1905)東京府東京市浅草区向柳原、現在の東京都台東区浅草橋に生まれました。本名は圓地冨美。子供の頃より病気がちで「病気の問屋」とも言われた事があったそうです。父君より個人教授を受け、戯曲や古典、日本文学に深い関心を持ち、また劇作家小山内薫の著作に影響を受け、演劇に興味をもっていました。昭和3年10月戯曲『晩春騒夜』を雑誌「女人...

総件数:108 件

似ているタグ