侍ジャパンのタグまとめ

侍ジャパン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには侍ジャパンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「侍ジャパン」タグの記事(123)

  1. 永世名人対決は森内九段勝利、今日は竜王戦2組R戦 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    永世名人対決は森内九段勝利、今日は竜王戦2組R戦

    将棋の第92期ヒューリック杯棋聖戦2次予選ブロック別決勝が行われ、森内俊之九段と羽生善治九段が対局した。引退後は十八世名人、十九世名人を襲名する棋界を代表する棋士同士の対局であった。相掛の将棋となり、中盤からリードを奪った森内九段が羽生九段を破って本戦トーナメント進出を決めた。森内九段にとっては久しぶりに羽生九段に勝利した一局であった。羽生九段にとってはタイトル通算100期をめざすためには負...

  2. チーフス50年ぶりのチャンピオン - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    チーフス50年ぶりのチャンピオン

    NFLの第54回スーパーボウルが開催された。NFL100周年とあって100年をふりかえるセレモニーなどあり、もりあがった中での開催であった。25年ぶり6度目の戴冠を目指す49ersと50年ぶり2回目を目指すチーフスというカードも新鮮さを感じさせた。そんな中で試合ははじまった。第1Q、FGで先制した49ersであったがすぐにチーフスが攻めこみ、最後はQBマホームズのTDランであっさりとチーフス...

  3. 侍ジャパン世界一、渡辺/東野ペア優勝、慶應も好発進 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン世界一、渡辺/東野ペア優勝、慶應も好発進

    ラグビーワールドカップ日本大会開催で一気に人気急上昇のラグビーであるが、トップリーグの下に位置するチャレンジリーグがはじまった。ラグビー日本代表で活躍し、今シーズンでの引退を発表しているトンプソンルークが所属する近鉄の試合に観衆5000人が詰めかけた。トンプソン人気もさることながらラグビー人気が拡大していることの証なのかもしれない。プロリーグ発足の検討も開始されたとのニュースもあり、この人気...

  4. 首位通過でいよいよ決勝、混合ダブルスのみ決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    首位通過でいよいよ決勝、混合ダブルスのみ決勝進出

    第2回WBSCプレミア12スーパーラウンド最終戦、すでに決勝進出が決まっている韓国との前哨戦であった。侍ジャパンと韓国代表とは考え方に差があったのか、侍ジャパンはベストメンバー(投手陣は別として)で試合に臨んだが韓国代表は若手中心のメンバーでの試合であった。試合は打撃戦となったが、侍ジャパンが緻密な野球を繰り広げて得点を重ねた分が勝因であったと思う。特に7回の押出し死球などは稲葉監督のかかげ...

  5. 4種目で準決勝、侍ジャパンは決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    4種目で準決勝、侍ジャパンは決勝進出

    バドミントンの香港オープン準々決勝が行われた。女子ダブルスのタカマツペアは韓国ペアとの対戦であった。過去に1戦してストレートで勝利しているだけに久しぶりに準決勝進出が期待できる試合であった。第1ゲームは期待通りタカマツペアが順当にリードを拡大していき20-11と大きくリードしてゲームポイントをむかえた。ただここから6連続ポイントをうばわれてしまったことが後々考えれば韓国ペアに勢いをつけてしま...

  6. 侍ジャパン快勝、香港オープン2日目、藤井七段正念場 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン快勝、香港オープン2日目、藤井七段正念場

    「第2回WBSCプレミア12」のスーパーラウンド第3戦が行われた。3連勝と好調のメキシコがその対戦相手である。先発の今永昇太が初回を三者凡退におさえるとその裏侍ジャパンの打撃陣が躍動した。2番坂本勇人がヒットで出塁し、盗塁に成功すると4番鈴木誠也がタイムリーを放ち先制した。5番にはいった外崎修汰がライト前ヒットで続き、6番にはいった近藤健介をむかえた。メキシコの先発が左投手だったこともあり打...

  7. シーホークス辛勝、侍ジャパン惜敗、WRC第14戦中止 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    シーホークス辛勝、侍ジャパン惜敗、WRC第14戦中止

    NFL第10週のMNFは大熱戦であった。NFC西地区の首位攻防戦、8連勝中の49ersと7勝2敗のシーホークスの対戦、シーホークスにとっては負けると地区優勝が危うくなる敵地開催ではあるが負けられない試合であった。試合は49ersがいきなりFGを成功させ先制した。シーホークスの攻撃は不発に終わり、次の49ersではTDを奪った。0-10とリードされてしまったシーホークスの攻撃は第2Qにはいって...

  8. NFL第10週、侍ジャパン逆転勝ち - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第10週、侍ジャパン逆転勝ち

    NFL第10週が行われた。MNFでNFC西地区の49ersとシーホークスの首位を争う一戦が残っているが他の試合はすべて終了した。AFC地区ではペイトリオッツはお休みであったが他の地区首位を争うチームは試合があった。また今季初勝利をあげたドルフィンズは敵地でコルツと対戦した。第1Q、いきなりコルツに先制TDのチャンスを与えてしまったが、TDパスをドルフィンズディフェンスがエンドゾーンでインター...

  9. 桃田、奥原順当勝ち、侍ジャパンも勝ってスーパーラウンドへ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    桃田、奥原順当勝ち、侍ジャパンも勝ってスーパーラウンドへ

    バドミントンの福州中国オープン2回戦がおこなわれ、ベスト8の顔ぶれがきまった。女子シングルスでは大堀彩は中国ののエース、陳雨菲と対戦した。第1ゲームは終始リードする展開であったが18-16から5連続ポイントを奪われてゲームを失うと第2ゲームはあっさり13-21で敗れてしまった。奥原希望は世界ランク1位の貫禄(?)をみせつけてタイのニチャオン・ジンタポルと対戦、第1ゲームを6連続ポイントなどで...

  10. 福州中国オープンはじまる、侍J快勝、新語・流行語大賞 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    福州中国オープンはじまる、侍J快勝、新語・流行語大賞

    バドミントンの福州中国オープン1回戦が終了した。世界ランク1位で出場した桃田賢斗、奥原希望は危なげなく勝利し2回戦に進出した。大堀彩は地元中国の若手選手との対戦であった。第1ゲーム、中盤まで競り合いながら終盤に連続ポイントを奪われ15-21で失ってしまった。第2ゲームは序盤から連続ポイントを奪って12-4とリードし、20-14とゲームポイントをうばったまではよかった。しかしここから韓悦の粘り...

  11. 藤井七段快勝、侍ジャパンは劇的な逆転勝ち - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段快勝、侍ジャパンは劇的な逆転勝ち

    将棋の第78期順位戦C級1組6回戦が行われ、藤井聡太七段は青嶋未来五段と対局した。先手番の藤井七段の初手は7六歩、矢倉を目指す藤井七段としては珍しい戦局となった。小競り合いが続くなか、徐々に有利に指し手をすすめた藤井七段、夕食休憩後に指した7七桂が好手となり優勢となった藤井七段が95手で青嶋五段に勝利して順位戦C級1組6連勝を飾った。C級1組では6連勝が3棋士となっているが順位は藤井七段が最...

  12. ニュージーランド代表3位、侍ジャパン勝って台湾へ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ニュージーランド代表3位、侍ジャパン勝って台湾へ

    ラグビーワールドカップ日本大会3位決定戦が行われた。準決勝ではいいところなくイングランド代表に完敗してしまったニュージーランド代表であったが3位決定戦は前半からニュージーランド代表らしい攻撃が観られた。前半5分に先制トライをあげると13分にもトライをあげ14-0とウェールズをリードした。ニュージーランド代表の圧勝かと思える展開であったがウェールズ代表も19分にトライ、27分にPGをあげ4点差...

  13. ナショナルズ世界一、ゴールデングラブ賞、侍J惜敗 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ナショナルズ世界一、ゴールデングラブ賞、侍J惜敗

    MLBワールドシリーズが終わり、ナショナルズが球団創設初の世界一の座をつかんだ。それも今季のワールドシリーズはすべての試合でビジターチームが勝利するという史上初めての戴冠であった。最終戦も0-2からの逆転劇、ナショナルズファンにとって忘れられない世界一となったと思う。2019年度守備の名手に贈られるゴールデングラブ賞が発表された。新聞社、通信社、テレビ局、ラジオ局のプロ野球担当記者として5年...

  14. 侍ジャパン発表、オースマス監督解任、永瀬叡王二冠達成 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン発表、オースマス監督解任、永瀬叡王二冠達成

    11月からはじまる第2回WBSCプレミア12に出場する侍ジャパンのトップチーム28名が発表された。プレミア12が東京五輪前最後の試合となるだけに稲葉監督としてはオリンピックを見据えた代表選考となったようだ。サプライズメンバーはソフトバンクの周東佑京である。レギュラーではないが「終盤に警戒されている中で盗塁ができ、ヒット一本で生還できるスピードが必要となってくると感じました」と稲葉監督は選考理...

  15. 大谷久々マルチ安打、侍ジャパン失速5位、有原悔しい14勝目 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    大谷久々マルチ安打、侍ジャパン失速5位、有原悔しい14勝目

    エンゼルスの大谷翔平がホワイトソックス戦で5番・DHで先発出場し12戦ぶりとなるマルチ安打を記録した。マルチ安打といっても2本目の一塁線をやぶる3塁打は泳がされてのものだけに打撃良好化の兆しはみえるものの好調とはいえないようだ。試合は1-4と負けていたが、大谷の3塁打で2点差に追い上げると、同点2ラン、そしてアプトンの勝越ホームランがでて終盤3イニングで4点をとり、5-4でホワイトソックスを...

  16. NFL開幕、ラグビー完敗、U-18もサヨナラ負け - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL開幕、ラグビー完敗、U-18もサヨナラ負け

    NFLの2019年シーズンが開幕した。例年であれば前年のスーパーボウルチャンピオンチームが開幕試合に登場するのだが、NFL100周年ということもあり、週替わり企画の第1弾「最も古いライバル対決」と題しベアーズとパッカーズのNFC北地区に属するチームの試合が行われた。ベアーズは1920年からNFLの前身組織であるAPFAに参戦し、 当時の球団名は「ディケーター・ステイリーズ」だった。1922年...

  17. 豊島二冠竜王挑戦へ、侍ジャパンカナダ撃破 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    豊島二冠竜王挑戦へ、侍ジャパンカナダ撃破

    将棋の第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第3局が行われた。王位戦七番勝負でも戦っている豊島将之二冠と木村一基九段の対局である。先手番となった豊島二冠、王位戦第5局に引き続いて、角換わり腰掛け銀の出だしから始まった。午前、午後と駒組みがすすみ盤面が動いたのは夕食休憩後であった。豊島二冠が攻め、木村九段が守るという将棋は徐々にではあるが豊島二冠が優勢となっていった。そして115手で豊島二冠が木村...

  18. 藤井七段4連勝、侍ジャパン降雨コールド勝ち - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段4連勝、侍ジャパン降雨コールド勝ち

    将棋の第78期将棋名人戦・C級1組順位戦4回戦が行われた。藤井聡太七段は高橋道雄九段との対局であった。タイトル通算5期の実績があるベテランに対してどんな将棋を挑むのか注目であった。後手番でありながら、角銀交換を仕掛けて攻めはじめると、そのまま攻めをきらすことなく高橋九段を押し切り72手で快勝し順位戦開幕4連勝をかざった。昨季は昇級を逃してしまっているだけに今季こそ昇級という思いがでた一局だっ...

  19. 侍ジャパン、大坂なおみ敗戦、NFL開幕 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン、大坂なおみ敗戦、NFL開幕

    アメリカに大勝し、グループ首位となった侍ジャパンであったが台湾に足元をすくわれてしまった。雨中の中での試合は初回に石川のタイムリーで先制したものの3回にダブルスチールの挟殺プレーの間に同点を許してしまった。4回は一死から石川のレフトオーバーの2塁打でチャンスをつかんだものの、石川の3塁への走塁ミスもあろ無得点に終わってしまった。すると5回に2つのエラーで一死2、3塁のピンチを招いてしまった。...

  20. 藤井七段快勝、侍ジャパン大勝、トヨタワンツゥー - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段快勝、侍ジャパン大勝、トヨタワンツゥー

    将棋の第69期大阪王将杯王将戦二次予選が行われた。藤井聡太七段は谷川浩司九段との対局、この一局に勝てば初の挑戦者決定リーグ入りである。藤井七段の先手番となった本局は雁木模様で対局がすすみ、谷川九段が仕掛けるという展開となった。昼食休憩後に藤井七段がうまくたち回り有利に将棋をすすめると、飛車を中段にくりだし、優勢な局面をつくりあげた。谷川九段の緩手をついて角を成ったのが好手で、そのまま優勢な局...

総件数:123 件

似ているタグ