侍ジャパンのタグまとめ

侍ジャパン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには侍ジャパンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「侍ジャパン」タグの記事(123)

  1. 侍ジャパン、大堀彩惜敗、流行語大賞ノミネート作品 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン、大堀彩惜敗、流行語大賞ノミネート作品

    MLBオールスターをむかえての親善試合がいよいよはじまる。侍ジャパンはその壮行試合をおこなった。相手はチャイニーズ・タイペイであった。アジア地区のライバルで常に接戦となる手強い相手であった。そのチャイニーズ・タイペイに対して4回までは互角の試合であったが5回にこの回から登板した岩貞が乱調であった。一死1、3塁のピンチを招いて二死はとったもののそこから連打で2失点、最後は3ランを打たれて一気に...

  2. 侍ジャパンvs台湾戦★5-6、9回山田哲人選手の適時打から追いあげるも1点届かず - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    侍ジャパンvs台湾戦★5-6、9回山田哲人選手の適時打...

    今日は、侍ジャパン2018日米野球に先立って、福岡ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」侍ジャパン vs チャイニーズ・タイペイ戦が行われました。東京ヤクルトスワロ―ズからは、石山泰稚投手が辞退したため、山田哲人選手ひとりが侍ジャパンに出場となりました。背番号は代表初の#1をつけることになりました。侍ジャパンの先発は中日ドラゴンズの笠原祥太郎投手チャイニーズ・タイペイは江...

  3. ラグビー代表惜敗、U23辛勝、錦織ベスト4 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ラグビー代表惜敗、U23辛勝、錦織ベスト4

    ラグビー日本代表が改装された花園ラグビー場で世界選抜と戦った。これがラグビー場かと思えるほどきれいな芝生とスタンド照明があり素晴らしい環境での試合であった。立ち上がりから攻める日本代表であったがワンチャンスを活かされて世界選抜に先制トライを奪われてしまった。特に前半は世界選抜の個人技に翻弄される場面も多くあり、7-24と大差をつけられてしまった。しかし後半6分、ゴール前に迫られた日本代表であ...

  4. 羽生竜王連勝、U23も全勝、大坂は連敗、大堀も初戦負け、そしてドラフト - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    羽生竜王連勝、U23も全勝、大坂は連敗、大堀も初戦負け...

    将棋の第31期竜王戦七番勝負第2局が行われた。羽生善治竜王に広瀬章人八段が挑戦する竜王戦、第1局は羽生竜王が勝利しての第2局であった。2日目は朝から羽生竜王が広瀬八段のうまい指しまわしの結果、攻めるから羽生竜王が形となった。いつ途切れるかと思った攻めであったが、細いながらも攻めは続き、徐々に羽生竜王のペーストなりだした。ただ局面は互角の状態であったが、104手目の4九銀打が厳しく徐々に羽生竜...

  5. 藤井七段、錦織圭、侍U-23勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段、錦織圭、侍U-23勝利

    将棋の第77期名人戦・C級1組順位戦が行われた。藤井聡太七段の対局相手は千葉幸生七段である。順位戦C級1組は成績上位2名が昇級できるが39棋士が2枠を目指す激戦の組、昇級したての31位藤井七段にとっては昇級するには全勝に近い成績が求められる。先手番の藤井七段は序中盤をペースをつかんで指し進んだ。しかし2枚の角を有効に活用し、逆襲に転じた千葉七段が一旦は優勢となりそうであったが冷静に読み進んだ...

  6. 侍ジャパンU-23 - SHI-TAKA   ~SPORTS PHOTO~

    侍ジャパンU-23

    2018.10.14 Samurai Japan U-23 Training matchSamurai Japan U-23×Tokyo gas @Tokyo gas Omori ground

  7. 幻想の侍ジャパンと日本の滅びの美学。 - 大朝=水のふる里から

    幻想の侍ジャパンと日本の滅びの美学。

    Wカップロシア大会、日本は辛くもグループリーグを2大会ぶりに突破した。その戦いぶりは、ある意味衝撃的である。初戦のコロンビア戦は、偶然と必然の境目のようなレッドカード一枚で勝利をおさめ、セネガル戦は純粋に激闘での引き分け。ここまでは予想以上の結果で、第3戦のポーランド戦は、大会前の予想では負けるのが順当。結果、1対0の敗戦。一勝一敗一引き分け。3戦を通じて全敗でもおかしくなかった侍ジャパンは...

  8. おめでとう!!侍ジャパン、コロンビアに快勝、・・・日本の若者に感動、大迫、香川選手の見事なゴール - 藤田八束の日記

    おめでとう!!侍ジャパン、コロンビアに快勝、・・・日本...

    おめでとう!!侍ジャパン、コロンビアに快勝、・・・日本の若者に感動、大迫、香川選手の見事なゴールスポーツ界での日本の若者の活躍にはまことに脱帽です。見事な活躍ぶりです。今回も多くの人が相手がコロンビアと聞いただけで勝つなんて考えていなかったと思います。この私ももう見る気にもなっていませんでした。ところがなんとなく見たくなったのです。ところが開始3分もたつか経たない時間に、びっくりです。手に汗...

  9. TVでスポーツ観戦、バレー、ジャンプそして侍J - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    TVでスポーツ観戦、バレー、ジャンプそして侍J

    昨日の午後はTVでスポーツ観戦の半日であった。バレーボールはプレミアリーグのファイナル3が行われ、女子は久光製薬が2勝をあげてファイナル進出を決めた。久光製薬はリーグでは連勝していたがファイナル6ではJTに負けるなど調子を落としていたようだが、この試合は調子が悪いとは思えずにトヨタ車体に完勝、JTとのファイナル対決にかける意気込みが垣間見えた。一方の男子は豊田合成がJTと対戦した。初戦を落と...

  10. 怪我人続出、侍J勝つ、名古屋も連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    怪我人続出、侍J勝つ、名古屋も連勝

    スーパーラグビー、サンウルブズ対レベルズの試合が秩父宮競技場で開催された。前年のスーパーラグビーでは最下位に沈んだレベルズであったが、大幅補強を施して今季はレッズに快勝して秩父宮競技場に乗り込んできただけに侮れない相手である。しかしその相手以前に前半20分までにサンウルブズはバックス陣に負傷者が続出してしまった。8分にはCTBラファエレ・ティモシーが脳しんとうの疑いで退き、13分にはSOヘイ...

  11. パシュート、カーリング注目競技が集中、そして侍J発表 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    パシュート、カーリング注目競技が集中、そして侍J発表

    昨日のノルディック複合個人LHの結果は残念であった。前半のジャンプで首位に立ったまではよかったが、後半の距離でドイツ勢に抜かれてしまった。日本チーム冬季五輪最多となる11個目のメダルは今日のスピードスケート女子パシュートに持ち越されることとなった。その他の昨日の競技でも日本勢はあと一歩のところで勝利に届かなかった。まずスマイルジャパン、5-6位決定戦に出場、予選で負けたスイスにリベンジできる...

  12. 侍ジャパン先行メンバー、錦織黒星、WRCいよいよ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン先行メンバー、錦織黒星、WRCいよいよ

    3月に開催される侍ジャパンのオーストラリアとの強化試合のメンバーが発表された。発表されてといってもフルメンバーではなく、6名のみでこれらの選手はチームとの合意が取れた選手であるという。昨年11月の若手主体の侍ジャパンからは引き続き、DeNAの山崎康晃とソフトバンクの甲斐拓也が選ばれた。稲葉監督、選ばれた選手一人一人についてコメントをつけているが甲斐にういては「昨年11月に一緒に戦い、守備が非...

  13. 侍ジャパン優勝、WEC、WRC終了 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン優勝、WEC、WRC終了

    WEC第9戦(最終戦)バーレーン6時間レースが行われた。ポルシェが今シーズンでのWEC撤退を発表しており、トヨタとしては是が非でもポルシェに勝利し、年間優勝5回(このレースまでは4勝で並んでいる)を勝ち取りたいレースであった。レースはスタート直後から4台のマシンによるトップ争いが行われたが30分を過ぎるころからトヨタ8号車がトップに立ち、徐々にリードを拡げていった。7号車も2位につけトヨタの...

  14. ラトラバ2位で最終日、侍ジャパン連勝で決勝へ、ラグビーも快勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ラトラバ2位で最終日、侍ジャパン連勝で決勝へ、ラグビーも快勝

    WRC第13戦ラリー・オーストラリアデイ2、トヨタチームは戦術がうまくいったのか、2ドライバーとも順位をあげ最終デイ3にむかうこととなった。特にラトラバは前日の4位から2位にジャンプアップ、SS10ではベストタイムのおまけつきであった。トップとは20秒差と離れてしまったが3位とも20秒差と離れており表彰台は確保できるのではないだろうか。一方ラッピもスタート順の不利(各SSともトップスタートで...

  15. トヨタ初日は4位、ベストナイン発表、いちょう祭り - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    トヨタ初日は4位、ベストナイン発表、いちょう祭り

    WRC第13戦ラリー・オーストラリアデイ1が終了し、トヨタチームはラトラバが4位、ラッピが11位とまずまずのスタートであった。ラトラバはSS1でインターコムの故障でコドライバーとの会話ができないトラブルに見舞われ、ボディワークを損傷してしまったにもかかわらずの4位は見事である。ラッピも午前中のSSでパワーステアリングに問題が生じ大幅にタイムを失ったが、問題解消後の午後のSSでは速さを取り戻し...

  16. 侍ジャパン劇的勝利、清宮仮契約、WRC第13戦開始 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン劇的勝利、清宮仮契約、WRC第13戦開始

    「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が東京ドームで開幕した。侍ジャパンの初戦の相手は宿敵の韓国である。侍ジャパンの先発は薮田であったが、シーズン中とは何か違うようであった。CSから続く制球面の精度がままならず、四球をだす苦しい投球であったがヒットは許さないちょっとアンバランスな投球であった。そんな薮田を援護すべく、3回裏二死から四球で出塁した源田が近藤の内野安打で3進、...

  17. FA権利行使選手が公示、今日からアジア プロ野球チャンピオンシップ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    FA権利行使選手が公示、今日からアジア プロ野球チャン...

    昨日、NPBからFA権を行使した選手7名が発表された。日本ハムからは増井、大野両選手である。宮西、中田、矢野の3選手は行使せず、残留を発表したが、長年ブルペンを引っ張ってきた武田久投手は退団、他球団での現役続行を発表している。ソフトバンクの松坂投手も退団が決定しており、実績を残しているとはいえ、今季活躍できなかった選手にとって厳しいオフとなりそうだ。そして今日から稲葉監督率いる侍ジャパンの初...

  18. ペイトリオッツ強し、侍ジャパン初勝利、NPBでもチャレンジ制度 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ペイトリオッツ強し、侍ジャパン初勝利、NPBでもチャレ...

    MNFの1試合を残してNFL第10週が終了した。開幕から連敗中の2チームのうち49ersは初勝利をあげたがブラウンズは相変わらず黒星街道まっしぐらである。そしてペイトリオッツがMNFに登場した。相手はブロンコス、マニング在籍時は名勝負を繰り広げたチームであったが、ポストマニングのQBが決まらず、今季は3勝5敗と低迷している。試合はペイトリオッツの攻撃ではじまった。最初の攻撃は3アンドアウトで...

  19. 侍ジャパンの練習試合、卓球女子ダブルス初優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパンの練習試合、卓球女子ダブルス初優勝

    稲葉監督率いる新生侍ジャパンの練習試合が行われた。相手は日本ハムである。稲葉監督や金子、建山両コーチにとっては古巣との対決である。侍ジャパンの先発は広島の薮田、日本ハムは吉田であった。初回はともに無失点で切り抜けたが2回裏に日本ハムの打線がつながった。若手中心で臨んだ日本ハム、連打バントで一死2、3塁とチャンスをつかむと太田健吾がライトフェンス直撃の2塁打で2点を先制した。一方の侍ジャパンも...

  20. ポスティングシステム進展?、侍ジャパン始動、FA宣言も - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ポスティングシステム進展?、侍ジャパン始動、FA宣言も

    大谷翔平のMLB移籍に進展がありそうだ。先月一杯で期限切れとなり交渉が継続されていたポスティングシステムについてMLBとNPBが合意したと米国メディアが報道したそうだ。合意内容は2013年制定したものと同じだそうで、大谷翔平のMLB移籍が一歩前にすすんだようだ。ただ大谷翔平に場合、年齢が23歳、昨年労使協定に定められた「25歳未満でプロリーグ所属6年未満の海外選手」の対象となるため、マイナー...

総件数:123 件

似ているタグ