侍ジャパンのタグまとめ

侍ジャパン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには侍ジャパンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「侍ジャパン」タグの記事(123)

  1. 侍ジャパン、アメリカへ、日本ハムは若手が活躍、錦織はベスト8 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパン、アメリカへ、日本ハムは若手が活躍、錦織はベスト8

    WBCも2次ラウンドにはいり熱戦が繰り広げられている。アメリカラウンドでは注目の試合が行われた。第3回WBC決勝の再現である。4年前は全勝優勝のドミニカであった。それから無敗が続き、現在11連勝、一方準優勝だったプエルトリコも今大会1次ラウンドは3連勝と調子は上向きであり、どちらが勝つか注目の試合であった。試合は3-1でプエルトリコが勝利し、ドミニカの連勝を止めたが、プエルトリコの勝因は捕手...

  2. WBC2次ラウンドvsイスラエル☆8-3、侍ジャパン全勝で準決勝進出!千賀5回0封、打線は13安打8得点 - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    WBC2次ラウンドvsイスラエル☆8-3、侍ジャパン全...

    昨夜、侍ジャパンは2次ラウンド2戦目で、山田哲人選手の先制弾とダメ押し弾2発、筒香選手の2適時打、内川選手の犠飛などで、接戦でキューバを下しました。日本は2次ラウンド2戦2勝、1次ラウンドから5連勝と勢いがついてきました。今日は2次ラウンド Eプール、イスラエル代表との一戦。日本が勝てば、2次ラウンド1位でドジャースタジアム行われるの決勝ラウンドの準決勝進出が決まります。負けた場合でも、失点...

  3. 死闘を制してアメリカラウンドが見えた、大谷復帰特大アーチ、錦織3年連続16強 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    死闘を制してアメリカラウンドが見えた、大谷復帰特大アー...

    侍ジャパンはキューバ相手に苦戦してしまった。1回裏今までの不振がうそのような山田の先頭打者ホームランで幸先よく先制点を奪った侍ジャパンであったが、先発した菅野の調子が悪かった。2回にすぐに逆転の2ランを浴びてしまった。侍ジャパンも3回山田の2塁打で二死3塁とチャンスをむかえ、筒香のタイムリーで2-2の同点に追いついた。ところが菅野がピリッとしない。4回に一死満塁のピンチを招いてしまった。続く...

  4. WBC2次ラウンドvsキューバ戦☆8-5、山田哲人2発!先頭打者ホームラン&ダメ押し2ラン3打点! - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    WBC2次ラウンドvsキューバ戦☆8-5、山田哲人2発...

    侍ジャパンは一昨日、死闘の末、延長でオランダを下し、WBC2次ラウンドは白星スタートとなりました。プールEの2戦目はキューバ代表との戦い。1次ラウンドでは、日本は勝っている相手です。先発は日本が菅野智之投手、キューバはバノス投手スタメンは1番DHで山田哲人選手。私はオランダ戦でも不調のままだったので、てっきりスタメンから外れるものと思っていました。しかも、チームで最も打撃不振の打者が、一番多...

  5. WBC二次リーグオランダ戦死闘を勝ち抜いた - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    WBC二次リーグオランダ戦死闘を勝ち抜いた

    侍ジャパンが一次リーグを三連勝昨日が二次リーグの緒戦オランダ戦オランダは内野陣を大リーグでそろえ強力打線を誇るチーム先発はバンデンハーグで苦戦が予想された序盤中田の本塁打などでバンデンハーグを打ち崩し一旦5-1とリードしたもののバレンティンの本塁打などで再び同点にされる小林のタイムリーで6-5となり再び勝ち越したがここからが苦しい試合だった5回からの登板の千賀がいきなり連打無死に三塁の大ピン...

  6. 文字通りの死闘、錦織3試合ぶりの勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    文字通りの死闘、錦織3試合ぶりの勝利

    5時間近い試合であった。WBC2次ラウンド初戦、侍ジャパンの相手はオランダであった。オランダの先発はソフトバンクのバンデンハーグ、プロ野球に精通しており侍ジャパンにとってはやっかいな相手である。そして侍ジャパンの先発はロッテの石川、1次ラウンドの好投の再現を期待したい。2回に侍ジャパンは秋山の犠飛で先制するとオランダもその裏一発ですぐに同点に追いつく。そして3回、侍ジャパンは中田が3試合連続...

  7. WBC2次ラウンドvsオランダ戦、侍ジャパン延長死闘を制す8-6、中田3ランと決勝打5打点!牧田好投 - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    WBC2次ラウンドvsオランダ戦、侍ジャパン延長死闘を...

    侍ジャパンは、今日から東京ドームで2017WBC大会2次ラウンドを戦います。2次ラウンド初戦は、オランダ代表との対戦。先発はオランダがソフトバンクのバンデンハーク投手、日本は千葉ロッテマリーンズの石川歩投手オランダの4番はヤクルトのバレンティン選手。バレンティン選手にも頑張ってほしい気持ちがあるので、ちょっと複雑な心境になります。ソフトバンクのバンデンハーク投手もですが、今日はチームメイトが...

  8. しびれた - SHO・PaPaの  ふれ★愛日記

    しびれた

    テレビにくぎ付けでした。WBC二次ラウンド初戦延長、プレーオフまでもつれた試合最後までしびれる展開でした。競り合いをモノにしたこの1勝は大きいですね侍ジャパンに元気をもらいました❗

  9. 侍ジャパン - きのこ 今日はこんな感じ

    侍ジャパン

    侍ジャパンは2次R「首位突破の鉄板の本命」 相手国メディアが展望第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンド・プールEが12日、東京ドームで開幕した。1次ラウンド全勝で1位突破した侍ジャパンは同日、オランダと初戦を迎える。そのほかイスラエル、キューバが進出したプールEについて、イスラエルの地元紙が展望記事を (続きを読む)検索回数がのびてるこの話題の情報は確認していますか...

  10. 今度はハンニネンが初日トップ、侍Jは3連勝、チーフスも3連勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    今度はハンニネンが初日トップ、侍Jは3連勝、チーフスも3連勝

    WRC第3戦ラリー・メキシコがはじまった。初日はメキシコシティでのSSが2本、市中心部の歴史的地区「ソカロ」に設けられたターマックの市街地ステージが戦いの舞台であった。今回から実施されたもので全体のラリーを盛り上げるためのイベント的な要素が多いステージであった。しかし雨交じりのこのステージで最速タイムをマークしたのはトヨタのハンニネンであった。スタート時に比較的小降りだった雨にも助けられ、1...

  11. WBC三連勝 - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    WBC三連勝

    中国の敗退で一次リーグ突破が決まった侍ジャパン本日は中国戦曽木と坂本を控えに置いて田中と平田が先発初回田中の安打を足がかりに先制その後小林のツーランで突き放す先発の武田が一点を失うも後続を藤浪、増井、松井、平野、秋吉が0点に抑える最終的に7対1で中国に圧勝した日曜日から二次リーグが始まキューバ、イスラエル、オランダが対戦相手イスラエルは不気味だが頂点目指して頑張って欲しい

  12. 3/10侍ジャパン、中国下し3戦全勝で2次ラウンドへ!小林&中田2ラン - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    3/10侍ジャパン、中国下し3戦全勝で2次ラウンドへ!...

    侍ジャパンは、2017WBCの1次ラウンドで、キューバ、オーストラリアに連勝して、既に1位通過を決めました。今日は、1次ラウンドB組最終戦で、3戦全勝をかけて中国と対戦します。先発は、中国がガン・チュエン投手、日本は武田翔太投手ー小林誠司捕手のバッテリー侍スタメンは1番ショート田中広輔選手、3番DHで山田哲人選手が入り、青木選手はベンチスタート。センターに鈴木誠也選手、ライトは平田良介選手が...

  13. 侍ジャパン連勝☆4-1vs豪州、中田勝ち越し弾、筒香2号2ラン - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    侍ジャパン連勝☆4-1vs豪州、中田勝ち越し弾、筒香2...

    2017WBCが開幕し、その1次ラウンド初戦、キューバに勝って白星発進となった侍ジャパン第2戦は、オーストラリアとの一戦です。先発は、オーストラリアがアサ―トン投手、日本は菅野智之投手侍スタメンは昨夜と同じ、オーストラリアの4番は、2015年にヤクルトに在籍したデ二ング選手です。試合経過はニッカンスコア初回、山田選手が早速センター前ヒットで出塁。いいね~哲人くん!これで私は気楽に見られそう。...

  14. 侍ジャパンは白星発進、日本ハムは逆転勝利、マクラーレン・ホンダはまた! - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    侍ジャパンは白星発進、日本ハムは逆転勝利、マクラーレン...

    WBC予選グループBの開幕戦、侍ジャパンの相手はキューバであった。先発石川のたちあがり、いきなりヒット、エラーで無死1、2塁のピンチを招いてしまった。ここで先発セカンド出場の菊池が華麗な守備を披露した。1塁よりの速い打球に飛びつくと見事に併殺を完成させた。松田のエラーを帳消しにするビッグプレイであった。これにより石川は落ち着いて後続をおさえ、初回を無失点で切り抜けた。打つ方では青木が光った。...

  15. 2017WBC開幕!侍ジャパン白星発進☆11-6 松田3ラン4打点、筒香2ラン3打点、山田勝ち越し2塁打 - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    2017WBC開幕!侍ジャパン白星発進☆11-6 松田...

    2017年第4回WBCが開幕しました。侍ジャパンは、東京ドームでキューバ代表と初戦を戦います。先発は日本代表・侍ジャパンは石川歩投手、キューバはエンテンザ投手試合経過はニッカンスコア石川投手は、先頭打者にショート内野安打、続く打者はサード松田選手がファンブルで無死1、2塁。つづくセペダ選手のセカンドへの打球を菊池選手が軽快にさばき、セカンドゴロ併殺打で1死3塁。名手・菊池選手のファインプレー...

  16. 正捕手不在、人材難の侍ジャパン捕手陣、強化合宿フォト - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    正捕手不在、人材難の侍ジャパン捕手陣、強化合宿フォト

    今日からいよいよ第4回WBC大会が開幕します。侍ジャパンは嶋基宏捕手が、下半身の張りと右ふくらはぎに痛みを訴えて、結局代表辞退となりました。代役には、西武ライオンズの炭谷銀仁朗捕手が緊急招集され、既に強化試合に出場しています。リーダー格の嶋捕手の離脱は大きな痛手ですが、大野、小林、炭谷捕手の3人で何とか乗り切るしかありません。今回は、侍ジャパン宮崎強化合宿より、その捕手陣のフォトです。23日...

  17. 波乱の幕開けWBC、F1は開幕前最終テスト - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    波乱の幕開けWBC、F1は開幕前最終テスト

    WBCがお隣の韓国で開幕した。一足先に開幕した予選Aグループ、初戦は韓国対イスラエルであった。初の地元での予選開催とあって韓国の盛り上がりはすごかったようでチアリーダーも繰り出しての応援はすごかった。世界ランク41位のイスラエルであるが、チームは第2アメリカ代表といえる構成でほとんどの選手がMLB、3A経験のあるユダヤ系の選手である。ただ初の地元開催でもあり、韓国が勝つであろうと思われていた...

  18. 侍ジャパン - 朝霧ひなたの四季おりおり

    侍ジャパン

    近頃検索数がのびてるこの話題のニュースなどはみていますか。よく取り上げられるこの話題ということもあり、情報を確認しているというような方もかなり多いと考えます。現時点で確認をしていないというような方もいるのではないかと思うのでわたしが参考になった記事などを引用してみました侍ジャパン、オリを破る…キューバは西武に完敗野球・ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)強化試合(5日・京セラドーム大...

  19. 上沢復活、侍ジャパンも何とか勝利 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    上沢復活、侍ジャパンも何とか勝利

    ここまで1勝3敗と調子のあがらない日本ハムのオープン戦、先発はひじの手術からの復活を期す上沢であった。一昨年のような投球ができるかどうか観ていたがこの日の投球はなかなかなものであった。1回、エラーで出塁したランナーに二盗を許すが、続くマギー、阿部を連続三振に打ち取り見事な立ち上がりをみせると、予定の3回を1安打2奪三振無失点の好投であった。キャンプからの好調さを持続させて開幕ローテーション入...

  20. 3/5侍ジャパン強化試合 ☆5-3 鈴木誠也3ラン、秋山翔吾勝ち越し3塁打 - Out of focus ~Baseballフォトブログ~ 2019年終了

    3/5侍ジャパン強化試合 ☆5-3 鈴木誠也3ラン、秋...

    7日からの第4回WBC本大会を前に、侍ジャパンの強化試合は今日が最後となりました。今日は京セラドーム大阪で、オリックス・バファローズとの一戦先発はオリックスが金子千尋投手侍ジャパンは藤浪晋太郎投手スタメンは1番DHに山田哲人選手が入り、青木宣親選手は3番センター坂本勇人選手が6番に下がり、8番にはサード田中広輔選手が入りました。試合経過はニッカンスコア初回、山田選手がセンター前ヒットで出塁。...

総件数:123 件

似ているタグ