依存症のタグまとめ

依存症」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには依存症に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「依存症」タグの記事(47)

  1. おふぃま新聞 8月号 - 社会保険労務士事務所 オフィス松本

    おふぃま新聞 8月号

    8月のおふぃま新聞は以下の内容でお送りします。1.年休取得は進んでいるか~労働政策研究・研修機構調査から 独立法人労働政策研究・研修機構が、働き方改革関連法の施行に伴い、年次有給休暇(年休)取得に関する企業・労働者アンケートを行いました。その結果によると、年休の計画的付与制度の導入状況では、「導入されている」とする企業割合は42.8%でした。年休取得日数の3年前との増減比較では「変化しなかっ...

  2. お酒を飲まない人にとっての禁酒令とは - 節酒日記

    お酒を飲まない人にとっての禁酒令とは

    この記事を読んで思ったんですけど、お酒の提供自粛に関して、こんな田崎さんみたいなお酒を飲まない人からの視点が封殺されてると思いました。お酒を飲まない人からしたら、別にお酒が提供されなくても構わないとか、かえって町が静かになってよいとか、そんなふうに思いますよね?街頭インタビューだって、きっとそんなこと言ってる人いた思うんです。だけど放送はされない。なんでかな💦田崎さん...

  3. 元アルコール依存症 - 節酒日記

    元アルコール依存症

    こおいうブログ観てると、自分にも絵の才能があったらなぁってつくづく思います。ほんとに羨ましい。字で書きなぐってるより、絵で描いた方がよっぽどわかりやすい。自分は文才もないし、ついでに写真の才能もないし、残念ながらごくごくフツーです。さて、上に貼ったブログ、ボリュームもかなりあって、まだ少ししか読んでないのですが、ひとつ気になるのは「元アルコール依存症」っていう紹介文です。今現在はたまにしかお...

  4. 晩酌はご褒美じゃない!? - 節酒日記

    晩酌はご褒美じゃない!?

    以前にも似たような記事を貼りましたが、パートナーが飲む人なら何の問題もないのに、飲みすぎをパートナーに注意されて楽しくお酒が飲めないというものです。この記事の他のママさんの反応を読んで思いました。やっぱり毎日飲酒は普通じゃないんだな😓今の自分の飲み方は尋常じゃないんだな。今更だけど、あらためて思いました。飲酒をご褒美にしてるようだと、フツーには戻れなさそうです。にほん...

  5. やる人はやっている - アラフィフ借金返済計画 ~現実を見ていきます~

    やる人はやっている

    今日、知人と話していて思ったこと共通のとある知人が、そこそこ貯蓄があるということを知った年齢も同じ世代子どもさんも独立世代あるところにはあるんだろうね~っていう話になり、旦那さんが稼いでいるのもあるけどそれ以前に自分の貯蓄があったんじゃないかということだったその知人は、確かにけち臭い感じはしないそれなりに使うところには使っているように見えるしかし、ザルなお金遣いはしていない使うべきところには...

  6. パブロフの犬 - 節酒日記

    パブロフの犬

    自分は台所で夕食を作りながら呑むのが好きです。適当におつまみみたいなのをこしらえながら、できたその場で呑みながら食べてしまいます。だからメインディッシュを食卓に運ぶ頃にはいい加減出来上がっています。このブログに貼ってある画像のバックに台所が多いのはそんな理由です。上に貼った画像なんかは泡ばっかりですが、スーパーで買って帰って直ぐにグラスに注いだからです。待ちきれませんでした&#128...

  7. 今年も「とれたてホップ一番搾り」が発売になりました😣 - 節酒日記

    今年も「とれたてホップ一番搾り」が発売になりました&a...

    昨日は「原酒.jp」を読んで、当然休肝日のつもりでしたが、立ち寄ったスーパーでキリンのとれたてホップ一番搾りが発売されているのを見た途端、秒でかごに入れてました。我ながら情けない。ふにゃふにゃの豆腐のような意志。休日前で、呑みたい気持ちはあるけど、月曜日だし、呑まない!って思ってたのに。スーパーで「とれいち」が視界に入った瞬間、「今日は、いっか💦」って思考回路が切り替...

  8. 節酒中の飲酒🍺 - 節酒日記

    節酒中の飲酒🍺

    この先生は節酒中に飲酒したときに危惧されることとして①飲み始めると、エスカレートして飲みすぎてしまう②飲む習慣がついてしまうを挙げています。当たり前で分かってることのように感じるんですけど、やっぱり実体験として説明されると理解が深まります。①は中ジョッキ1杯で止められればいいけど、それ以上だと自己コントロールが効かなくなり、2杯が3杯、ビールが日本酒になったりする。 そして②は、普段毎日呑...

  9. 山口達也さん、飲酒運転で逮捕 - 節酒日記

    山口達也さん、飲酒運転で逮捕

    上に貼った断酒道さんの動画で言ってますが、事故は午前9時半に起きたそうですね。朝から相当呑んでたということです。今さらですけど依存症は怖い。なんたって一生治らない。二度とお酒を呑むような生活には戻れない。自分も節酒を始めたばかりの頃は毎晩こういう動画を見たり、依存症関連の本を読んだりして自己啓発してましたが最近は全く遠ざかっています。さすがに昨日は呑みませんでした。だいたい一か月ぶりの休肝日...

  10. 三浦春馬さんの件 - 節酒日記

    三浦春馬さんの件

    三浦春馬さんは依存症だったのでしょうか?芸能ニュースはあまり見てないのだけれど、家族の問題で悩んでいたとか。それが原因でお酒に頼るようになったのかな。上に貼った記事を読んで強く思いました。ほんとにお酒のCMはたばこのCM並みに規制すべきです。ついでに自殺のニュースも控えるべきだと思います。儲けるためなら何でも報道していいっていうのは、ちょっと違うかと思いました。さて、節酒をあまり意識しなくな...

  11. スマホ依存症について - これぞ現代病…

    スマホ依存症について

    スマートフォンの普及によって人々の生活が豊かになると同時に、スマートフォンに依存してしまい四六時中スマートフォンを触っている「スマホ依存症」の人々が急激に増えています。これにより、眼精疲労はおろか心身にまで影響を及ぼしてしまう危険性も大いにあるのです。日本のスマートフォンユーザーのうちの24%が、スマートフォンを1日あたり平均2時間以上3時間未満利用しているというデータがあります。冷静に考え...

  12. 「アルコール依存症」の悲しき末路 - 節酒日記

    「アルコール依存症」の悲しき末路

    4人とも印象的でした。その生も死も。アルコールに溺れなければ、もう少し長く生きられたかもしれないけど、それぞれ本人たちに後悔はないんじゃないだろうか。中川さんを除いては。中川さんはお酒と一緒に睡眠薬を多量に飲んだせいで亡くなったそうですが、自死なのではあるまいか。大臣にまでなった人が…。逆に言うと、よく大臣になれたな、と。周囲は気がつかなかったのでしょうか。とにかく、自分はまだ間に合う(と思...

  13. 読書下手くそやけど、何とか生きてるねん渡邊洋次郎著現代書館 - artandlove☆もんもく日記2

    読書下手くそやけど、何とか生きてるねん渡邊洋次郎著現代書館

    10代から鑑別所少年院入退院を繰り返し20代から精神科病院入院、48回。30代から刑務所三年服役したのち、自助グループにつながり回復の道を歩みはじめる。介護福祉士の資格を取り、現在、依存症回復施設で職員として働きながら啓蒙活動を続ける著者の、壮絶な人生の記録である。私自身、当事者として遺族会の代表として過労死防止活動を行う過程で、ホラー映画並みに悲惨な出会いの数々を体験したが、洋次郎さんの人...

  14. ゲームしたい - アラフィフ借金返済計画 ~現実を見ていきます~

    ゲームしたい

    今、音楽を聴きながらEXCELで返済一覧を作っている。過去に一度、全体の良いものを作ったのだが、周りに知られることのないように頑丈にしまいすぎて、どこに保存したのか分からなくなってしまった。便利だったので作り直そうと思いながら1年以上経過し、さすがにやらなければと今奮闘中。ほんとうに面倒くさい。手間がかかる。でもやらなければ変わらない。見て見ぬふりをしてきたここ1年間。また過去に戻り生活のお...

  15. もしかして俺も病気!?中毒!?依存症!? - CUBPEES

    もしかして俺も病気!?中毒!?依存症!?

    突然で恐縮ですが、実は私、今までパチンコで負けたことがないんです。思い起こせば20歳になった頃、友人から時間つぶしに誘われた時に最初の1000円で大当たりし、なんと約4000円くらいになったのが初めてのパチンコ。そしてこれまでの通算成績は・・・1勝0敗、獲得賞金およそ3000円、ドラクエで例えると経験値1どうですか!この堂々たる数字!・・・ってまあ、要はその1回しか打ったことないってだけなん...

  16. 「日本人の酒離れは本当か」 - 節酒日記

    「日本人の酒離れは本当か」

    お酒に関係する業界にいる者にとって、こおいう飲食店を経営する方の話はとっても貴重です。いちいち頷けます。確かに飲むのはっちっともかっこいいことではなくなった。私が子供の頃は、ビアホールで何杯もお替りする父を見て、カッコイイと思ったものです。これ、ほんとです。大げさじゃなくて、ほんとうにかっこいいと思いました。さて、今月は「ドライ・ジャニュアリー」よろしく、土日も禁酒してみようかと思いましたが...

  17. いつか『至高の一杯』のため🍺 - 節酒日記

    いつか『至高の一杯』のため🍺

    筆者は毎日飲酒していたのですが体を壊したのをきっかけに、それから1年8か月断酒しています。断酒してみて、お酒を飲まないことでいることの生産性の高さに改めて気が付いて、体が回復して飲めるようになってからもずっと断酒を続けている。断酒あるあるですね。ところが、ここからが普通の断酒と違うところなんですが、「そのうちどこかのタイミングで飲むと思う」と書いてます。自分なんかからすると、なんてもったいな...

  18. 「ストレスを飲酒で抑え込むのが危ないワケ」 - 節酒日記

    「ストレスを飲酒で抑え込むのが危ないワケ」

    記事にはお酒や薬はストレスを和らげるのに有効だが「効きすぎる」って書いてあります。そして、「抜け出せなくなる」。お酒も薬も同じなんですね。あらためて。ストレスへの耐性を高めるのに一番有効なのは有酸素運動だそうです。週に2,3回、最大酸素摂取量の70%くらいの運動がいいそうです。って、どんぐらいかな?休肝日には寝る前に少し運動でもしてみようかしらん。お酒を口にしてしまったら絶対運動なんかしない...

  19. 『酒をやめた「大酒飲み」から見えた衝動の抑え方』 - 節酒日記

    『酒をやめた「大酒飲み」から見えた衝動の抑え方』

    昨日貼った記事の後編です。やっぱ、なんかよくわからん。柿ピーですかきっと記事が対談の内容を圧縮し過ぎてるのかな?なので、町田さんの本を読んでみることにしました。買うなら、楽天Bookの方がAmazonより安いみたいです!いつもの調子でAmazonで何の考えもなしにポチるところでした。読後感など、上げられたらと思っています。さて、最近、帰ってからいろいろやることがあって、お酒を呑みながらはでき...

  20. 『酒が飲めない人には理解しがたい酒飲みの発想』 - 節酒日記

    『酒が飲めない人には理解しがたい酒飲みの発想』

    なんか、わかったような、よくわからないような、話がかみ合ってるような、かみ合ってないような、そんな対談でしたただ単に私の読解力の乏しさ故の感想です。ただ、町田さんの話を聞いてると、やっぱりお酒って薬、ドラッグっていう意味での薬なんだなって思いました。お酒の効用って、結局、麻薬のそれと効果の大小はあれ変わらないんじゃないかと…。もしろん、麻薬とか経験したことはありませんけど。でも、ない方がいい...

総件数:47 件

似ているタグ