信長のタグまとめ

信長」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには信長に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「信長」タグの記事(13)

  1. 「これぞ!大佛歌舞伎」ご案内① - 大佛次郎記念館NEWS

    「これぞ!大佛歌舞伎」ご案内①

    現在開催中の「これぞ!大佛歌舞伎」9月5日までの会期ですが、多くの資料をご紹介するため毎月展示替えをしています。現在の第2期は、7月4日(日)までです。「まだ、見てません!」という方のために残りあと1週間で見納めとなる資料をご紹介します!「戦後歌舞伎の華」とうたわれた「海老さま」こと九代目市川海老蔵と菊五郎劇団に当て多くの演目を書いた大佛次郎ですが、中でも「若き日の信長」と「築山殿始末」は現...

  2. 南湖一周びわ湖を楽しむ - SAMとバイクとpastime

    南湖一周びわ湖を楽しむ

    2020年12月の気持ちいい青空。ちょいと南湖をドライブしてみようか。びわ湖を左手に見て時計の逆回りにね。はい、毎度の近江大橋からSTART!さざなみ街道(びわ湖の東岸道)を北上、この季節キャンプやBBQを楽しむ人の姿はない。前方に見えるは比叡山。そう、信長が焼き討ち皆殺しにした比叡山。 右手に見えるは近江富士三上山。大蛇(ムカデ?)が七巻半していたという伝説の山。そして毎度のびわ湖大橋。バ...

  3. 信長へのおもい - オシゴト

    信長へのおもい

    aaki_st RT @chilime: ああいう饗応じゃなくて十兵衛がオムライス作って家康のにはケチャップで「いえやす」って名前書くだけにして、信長には「信長様大好き♡」とか書けば信長の心は安定して本能寺ルートも避けられたんじゃないかと思うんですよ…。#麒麟がくるあき🍎🍊🍏(2021/01/31 20:58:39) ...

  4. ノブーナガの尾張弁講座その 37 - 丸山誠司こっちも展望台

    ノブーナガの尾張弁講座その 37

    絵本『ノブーナガ』(絵本館)のノブーナガことあの織田信長が尾張弁で何か言っとるがね。こんなふうだで「ざいしょ」にはなかなか帰れんがぁ。声に出してよんでちょー。めちゃんこ楽しいがね!

  5. 北斎「軍鶏」信長→シャム王か - 憂き世忘れ

    北斎「軍鶏」信長→シャム王か

    北斎の絵は、歴史の真相を描いているのがほとんど。そういえば「下剋上」→「下戸苦情」というダジャレの絵があった気がして画集をめくっていた。見つからない。かわりにコレ。全然わからない絵でした。タイって闘鶏が盛ん。軍鶏→シャモを空耳でシャムシャム2→シャムにと読める。「軍鶏」を織田信長にしますっ。「軍」=ワくるま「ワ」=ハ=矢=し=子=お=織「くる」=転=田「ま」=真=信「鶏」=とり=鳥=長「軍鶏...

  6. 光秀はなぜ信長を討ったのか ネット投票で「暴君討伐説」1位に - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    光秀はなぜ信長を討ったのか ネット投票で「暴君討伐説」1位に

    本社社主は朝廷黒幕説と暴君討伐説の折衷ですね。

  7. 『天正大戦乱 信長覇王伝 西国燃ゆ! 』 - Suiko108 News

    『天正大戦乱 信長覇王伝 西国燃ゆ! 』

    正子公也が表紙を担当させていただいている、中岡潤一郎先生の『天正大戦乱 信長覇王伝 西国燃ゆ!』 (RYU NOVELS)が、間もなく発売になります!今回はいよいよ本能寺……?迫力ある表紙になりました。在宅のおともに、人気の歴史シュミレーション小説をぜひお楽しみくださいね。ただいま各ネット書店で予約受付け中!5月11日頃の発売予定です。天正大戦乱 信長覇王伝 西国燃ゆ!(RYU NOVELS...

  8. 金華山(麓) - NSSCASTLE

    金華山(麓)

    大垣城から次に向かったのは、ココ。信長自らお出迎え(^^)先ず、麓の居館跡へ巨石を組み上げた枡形石垣など「城萌系」には堪らない遺構がいっぱい。発掘調査を元にある程度整備されていますが。金華山そのもが、頑がら頑の岩山なので・・山を削れば(掘れば)、石材の調達が容易だったのだろう。滝の跡と云うが、どう見ても断層の一部でしょう。ロープウェイ乗り場の待合所に、興味深い絵が^^

  9. 春のドライブ旅行 - 石と、居る。

    春のドライブ旅行

    今年の春のドライブ、どこへ行こうか・・・「そうだ 京都、行こう。」というJR東海のTVCMを目にして、じゃあそうしようか、と。ちなみに鉄道は利用してません(笑)漢字ミュージアム漢字の博物館であり、老若男女漢字好きなら楽しめること間違いなし。八坂神社漢字ミュージアムを出てすぐのところにあるので、予定にはなかったが参拝。鈴虫寺説法が滅法面白くて、順番待ちのイライラも一気に解消。嵐山さすがは有数の...

  10. 大坂漫遊その36 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その36

    各位さて、家康は参勤交代と鎖国を立案、これを300藩近くの藩に命じた。なぜ彼はこんな案を命じてまで徳川幕府の延命に力を入れたのか?それは今までの藩があまりにも短命で力量を示すことがなかったからだ。特に室町幕府は200年近く続くのであるがその間天皇家と武士間に敵対関係が生じ、また天皇家も南と北に分かれて争い、結局足利義光が室町幕府を形成したが、その後何人もの武士が幕府を形成したが長続きしなかぅ...

  11. 大坂漫遊その29 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その29

    各位関東、東北の見張り役として、家康は江戸に入府したが、そのころの江戸は多くの河川の氾濫で、あまり人は住めなかった。そのため河川の改良、改修、整地に励まなければならなかった。これが、信長、秀吉の狙いだったのである。しかし、のちになり、家康が天下を取ると、各藩の勢力を伸ばさないため、この戦法を取り、徳川260年の政権維持につながるので無駄ではなかった。さて、信長はほぼ全土を掌握したが、残ったの...

  12. 明智光秀三部作その二「本能寺の変」 - SAMとバイクとpastime

    明智光秀三部作その二「本能寺の変」

    本能寺の変が起こった本能寺跡を訪れた。今はただ石碑と解説が残されているのみで面影や往時をしのぶものは何もない。(紫陽花にはチョット早かった) 信長の家臣として召し抱えられた光秀はその才能を遺憾なく発揮し地位を築いた。光秀は「明智家法」に「自分は石ころのような身分から信長様にお引き立て頂き、過分のご恩を頂いた。一族家臣は子孫に至るまで信長様のご奉公を忘れてはならない。」とかいている。一方信長は...

  13. 桶狭間古戦場まつり - 緑区周辺そぞろ歩き

    桶狭間古戦場まつり

    6月10日に桶狭間古戦場まつりが古戦場公園、長福寺を中心に開催されました。桶狭間の戦いは今から450年ほど前に行われた信長躍進のきっかけとなった戦いで、例年5月に開催されていましたが、今年は合戦が行われた旧暦5月19日に近い日曜日のこの日に行われました。長福寺(今川義元の木像も安置されている。)の前にステージが作られ、名古屋おもてなし武将隊が繰り広げる合戦の再現劇なども行われました。桶狭間の...

総件数:13 件

似ているタグ