修行のタグまとめ

修行」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには修行に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「修行」タグの記事(36)

  1. 瀧行のはなし - 酒と女と修験道        (旧 酒とコーギーと男と女)

    瀧行のはなし

    立春を迎えました。今日から新しい年の幕開けですね善き日々になりますよう御祈念しております。先日書きました通り東京八王子にある高尾山・薬王院には水行道場があります。公式HPの「水行道場」という場所をクリックしますとそれぞれの道場の予約電話番号が書いてありますのでご参考ください。一般の方の入滝予約は節分明けからなのでいよいよ今月からスタートです。時々仲間同士で普通の日に来て、入れないじゃねーか!...

  2. お瀧始め - 酒と女と修験道        (旧 酒とコーギーと男と女)

    お瀧始め

    あっと言う間に2月になってしまいましたね。明日はもう節分です。毎年三が日以内には行っていたお瀧ですが、今年は正月から仕事をしていたのでやっと行けたのが1月20日でした。おせーっつーの。雨も殆ど降らない日々で、お瀧の水量もびっくりするほど少ないけれど、こんな時の山の水の方が断然冷たいんだよ。と言うのは何十年も通われてる先輩行者さん。雨の後はむしろあったかいよ。(いやいや冷たいし)まだお坊さんの...

  3. 絶対に失敗しない稀有なこと - 原初のキス

    絶対に失敗しない稀有なこと

    やるぞー、と思ってできなくて、あーもうだめできなくていいや、と思うと急にできたりする。美術やなんかでもその辺りの努力逆転の法則みたいのがしばしば出張ってくることがありなかなかややこしい・・・ということをぼんやり考えていたら、自分がいまだかつてほぼ絶対に失敗せず、一旦実行すれば大体においてうまくやりとげてきた事柄に気がついた。それは「掃除」である。よくテストの前なんかにめちゃめちゃ部屋が掃除し...

  4. 1月7日(月)晴れ - 酒と女と修験道        (旧 酒とコーギーと男と女)

    1月7日(月)晴れ

    お正月もあっと言う間に過ぎます。あー今日から仕事かーと言う方が多いのかな?俺はそんな今日を敢えてお休みにしたんだぜ?4日からもう3連勤したしな?なので今朝はのんびり七草粥を食べました。ほんと、まぢウメェ。歳のせいか?子供のころは、「うえぇ、まっじーなー」って思っていたのが嘘のようです。今日も安くなってたらしこたま買い占めるんだぜ?(そこまでか!)さて、昨日は部分日食と新月の不思議な日になりま...

  5. 修行が足りない - アデレードの片隅で2

    修行が足りない

    最近、ちょっと忙しくてブログの更新がとどこおりがち。このブログを読んで下さってる方(そんなにいないとは思うけどね、笑)申し訳ない。とういことで、今日は久々の更新。さて、ウチはたまに晩ごはんにブッタネスカを作る。ブッタネスカというのはナス&アンチョビのパスタ。結婚当初、私は旦那から色んな料理を教わった。私自身は料理好きなんだけど、旦那が普段どんなものを食べてるのか知りたかったから(旦那はバツイ...

  6. 日々是修行 - あけび Handmade

    日々是修行

    かぎ針編み大好き

  7. 大峯山後日譚2 - サールナートの鹿

    大峯山後日譚2

    先日、大峯山にご一緒したかたのお寺を訪ねて当日の画像データを頂いてきました。『西の覗』での画像はその時を思い出して感慨深いものがありました。今まで画像でしか知らなかったのを経験できたのは大きな収穫でした。この画像を撮って頂いていたことに感謝です。家族や知人に見せると驚いていました~(笑)

  8. 「こころの時代」を見ると、そのときは元気をもらうが、翌日元気がなくなる。なぜか。 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    「こころの時代」を見ると、そのときは元気をもらうが、翌...

    先週の土曜日、3週間ぶりに、昼間再放送があった。それで、楽しみにしてみていた。楽しかったし、非常に感動した。ところで、「こころの時代」に出てくる人たちは、みんな自分を生き生き生きている人が多い。だから、番組を見ていると、楽しいのだけれども、最近、翌日、私の気分に不安感が混じっていることをよく発見する。今、よくよく考えると、どうも、あの人たちの生きているエネルギッシュさに私は圧倒されているよう...

  9. 甘い教育山田無文 - エキサイトブログおちおち眠っていられない

    甘い教育山田無文

    『自己を見つめる』山田無文1982年表カバーから<甘いものを食べると虫歯になるように、甘い教育を受けて育った人間は、精神的にむしばまれてしまいます。禅宗で「茶礼(されい)」といって苦いお茶を頂くのも、厳しい修業に耐えるためです。あのお茶の苦さによって眠気を覚まし、精神を養って、禅僧は厳しい修業を積んでいくのです。慈明和尚は、腿に錐を刺して坐禅をされました。白隠禅師も命がけで修業なさいました。...

  10. 修行僧 - 幾星霜

    修行僧

    あれ? ワルジー、ヒロは何処へ行ったの?いないョ〜、いないョ〜〜、ん?よんだ?なんかくれるの?仲良く 噛み噛み。んじゃ、オバちゃんは お料理すっからね〜。そこでお利口しててね〜〜。と 台所に立つと、そそくさと移動。期待を込めた4つの目。こぼさないように調理するのって、意外に大変ですね。(๑˃̵ᴗ˂̵) チキン料理と 卵料理は かなりパトロールに気合が入ります。でもっ、あげない‼️ゴメンよ〜...

  11. 某所で修行をしてきます。 - 流れる雲のように

    某所で修行をしてきます。

    某所で修行をしてきます。

  12. 大峯山後日譚 - サールナートの鹿

    大峯山後日譚

    入峰修行から一週間が経って思い起こすことが沢山。何にも変えがたい経験をさせて頂いたのですが、もうまた行きたいという気持ちが強くなっています。肉体的にはハードだったけれど、精神的には充実の時間でした。西の覗で「親の言うことを聞くか!?」「両親は他界してます」「そりゃそうやなぁ~」なんて新喜劇ばりのボケがありましたが、身体を突き出して頂き覗く仏様の世界。そのまま飛んでいってしまいそうな感覚。お山...

  13. 147. わが身を捨てて(2) - 霊能ばあばの体験記

    147. わが身を捨てて(2)

    私は今までに五井昌久という人と隈本確という人の本を多く読んできました。それで胸の中の鉛の様なものは消えたし要らないものも捨ててきたつもりでした。でもここにきて、わが身を捨てて・・・とは・・・でも今の私はこれをやらなかったら元気にはならないと思ったのです。わが身を捨てて心を充実しわが身を捨てて耐えぬくがゆえに人の心の奥底にひそむ悪心を消滅せしめ人間本来の仏心善心を呼びもどすことができる信じるか...

  14. 146. わが身を捨てて(1) - 霊能ばあばの体験記

    146. わが身を捨てて(1)

    夫の三回忌が過ぎた頃、私は体調を崩して寝込んでしまいました。めまいがして起きれなくなり何日かしてやっとのことで病院に行きました。でも治りません。その後も眼科、耳鼻科、脳外科とあちこちの病院に行って色々な検査をしましたけど、「異常はありません、歳なりです」と言われて帰って来ました。歳のせいでこの状態ならもう治らないのかと思って落ち込みました。大好きで一日も欠かさずに飲んでたビールも喉を通らず、...

  15. 天台宗の開祖は、どこまで悟ったの? - 仏教フリーク

    天台宗の開祖は、どこまで悟ったの?

    有名な天台宗を開いた智者、世間では智者大師と讃えられています。30歳で南京というところで仏教学者を前に講義をしました。30歳で仏教学者を前に講義したといわれます。頭が非常によい。親鸞聖人も、教行信証に頭の良いことに関しては認めておられますね。抜群の頭脳で天台宗を開いた天台でしたが、弟子の智ろうが臨終に先生はどこまでさとりの位を登られましたかと聞いたところ、『私はもしお前達の指導に時間を使わず...

  16. ブッダがさとりを開かれたときの心構え - 仏教フリーク

    ブッダがさとりを開かれたときの心構え

    ブッダはさとりを開かれるとき、前人未踏の修行をされたと言われます。いろんな先生のもとを探されるが正しい先生がいませんでした。「いずれも私を満足させてくれる先生はなかった」そして先生を持たずに自らさとりを開こうとされます。大変な修行をされます。地球上で未だかつてこれほど厳しい修行をした者は私以外にないだろうと言われています。こう言われる前人未踏の修行をなされるんです。決死の覚悟でご修行をなされ...

  17. 135. 母との関係で苦しんだ霊魂 - 霊能ばあばの体験記

    135. 母との関係で苦しんだ霊魂

    私は60代後半の女性で、少しの間の病で死ぬことが出来ました。私が死んでから私の知人の紹介でばあばさんと知り合いました。生きてるうちに知り合ってたら色々相談出来たかも知れないと思うとちょっと残念でした。私はあの世へ逝って、私も何か役に立ちたいと思い、あの世の塾へ行きました。(塾の霊ちゃん達の面倒を見させてください)とお願いしたのですけど、(貴方は貴方の人生で抱えている事があるのでこの仕事は出来...

  18. 109. 夫の死後(5) - 霊能ばあばの体験記

    109. 夫の死後(5)

    夫が亡くなって89日目今日も夫様が来てくれてる。(夫様、来てくれてるんですね)(夫さんが言ってますよ)(何をです?)(何であなたにあんな酷い事をしたのだろう、と今懺悔の気持ちでいっぱいだ、と)(そうですか)(今でもあなたには直接伝えてないんですね)(私は夫にとても感謝しています)(夫さんもそれは分ってますよそれだけに、あなたを苦しめた事に後悔している、と)(夫に伝えてくださいその苦しみがあっ...

  19. 108. 夫の死後(4) - 霊能ばあばの体験記

    108. 夫の死後(4)

    夫が亡くなって87日目朝方、夫様が来て言ってくれました。 (良く頑張りましたね) (あぁようやく来てくれましたね夫様) (直ぐ帰りますよ) (そんなに直ぐ帰らなくても・・・) (あなたに一言、言いたかったのです 良く頑張りましたねお疲れ様でした、と) (夫様のお陰で頑張れたんです色々な事に感謝しています夫も夫様に感謝してると思います) (夫さんもあなた達家族に感謝してますよ) (そうですか...

  20. 107. 夫の死後(3) - 霊能ばあばの体験記

    107. 夫の死後(3)

    夫が亡くなって35日目 カイロプラクティックに行って来たら体が軽くなって、いつもの生活に戻れました。 先生に感謝です。 夫が亡くなって46日目 周りは私を気遣って甘やかしてくれるけれど、それに甘えていては駄目。 修業をするのは大変な事だと今更ながらに思う。 今迄私が修行出来たのは色々な巡り合わせで、させてもらってたと思う。 これからは自分に鞭打って修行に励まなければ。 (そんな時でも全て...

総件数:36 件

似ているタグ