俳句のタグまとめ

俳句」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「俳句」タグの記事(2262)

  1. 牛後俳句とエッセイ(第11回)牛乳に溶く春光の五千粒 - うしおばさんの雑記帳

    牛後俳句とエッセイ(第11回)牛乳に溶く春光の五千粒

    牛乳に溶く春光の五千粒鈴木牛後(ぎゅうにゅうにとくしゅんこうのごせんつぶ)就農して最初に自分で搾った牛乳を飲んだときの感想を書こうと思いましたが、なんせ20年ほど前なので忘れてしまいました。代わりにダンナに聞きました。「うちの牛乳の味はどう?」「まろやかで雑味がないよ」だそうです。我が家では毎朝、自分で搾った牛乳を飲んでいます。朝の牛舎仕事の終わりにバルククーラー(牛乳を冷やして貯蔵しておく...

  2. 花曇りその⑱ - ゆきおのフォト俳句

    花曇りその⑱

    福山市加茂町の枝垂桜ですが、お屋敷の方が代々お世話なされてきました。「桜守り先々代も先代も」

  3. 師を訪ねて - HAIKU/summer PHOTO

    師を訪ねて

    人棲まぬ師の邸置ける蓮華畑

  4. 亀鳴く - 日々のしをり

    亀鳴く

    先日、「蛙の目借り時」という季語を題材に、私たちのご先祖が、私たちが遠く及ばないほどに想像力に富んでいたということを述べた。それで、その豊かな想像力の証しをもう一つ思い出したのだが、春には「亀鳴く」という季語がある。●そうは言っても、声を発する器官を待っていない亀は鳴くはずがない、というのが現代人の大方の常識的な考えだろう。、、、、ところが、ご先祖は、何か判らないかそけき声(多分)を、きっと...

  5. 吟行会西尾市稲荷山茶園公園 - 円座抄

    吟行会西尾市稲荷山茶園公園

    四月の吟行会は、西尾市の稲荷山茶園公園の周辺でした。前日の雨が上がり、吟行日和となりました。西尾市は茶の産地としてよく知られています。桜の花のころは少し過ぎて、飛花落花のころでした。桜の樹の下に碑がありました。茶摘唄の碑です。「つみやんせつみやんせ茶摘みやんせ茶摘み唄なら西尾へおじゃれ西尾茶どころ唄どころ…………」五月になると茶摘みが始まるそうですが、少しまえなので、人の姿のない茶畑でした。...

  6. 躑躅咲く池 - 霧島メジロのデジカメ日記

    躑躅咲く池

  7. 躑躅咲く池 - 霧島メジロのデジカメ日記

    躑躅咲く池

    散歩コースに躑躅咲く池を廻る事にしました。まったく人気のない静かな池を廻ります。静寂破り突然澄んだ鶯が・・

  8. 諸葛菜 - 空の散歩道

    諸葛菜

    やわらかな風のいろあり諸葛菜【やわらかなかぜのいろありしょかつさい】西武エンジヨイウォーキング(所沢航空公園)へ5キロ翼を抱いて空を見上げる3人の姿は、当時の少年 飛行兵や整備兵のシンボルとされていました。

  9. wildにゃん - きのう・今日・あした

    wildにゃん

    すっかり春だにゃほうれん草持っておいきよ好きなだけほうれん草:春あんたらどっから来たにゃ先日の同期会の帰路お喋りしながら7名が1列になり薬科大学⇒平山城址公園東園⇒京王堀之内駅に抜ける畑道を、、。そこでバッタリ2匹のワイルド感あふれる猫ちゃん達に!思わずシャッターを切っていると突然畑の中から「どう?好きなだけホウレン草持って行かない?」7枚のビニール袋にナイフまで渡され⤴。本当に本当に好きな...

  10. 花曇りその⑰ - ゆきおのフォト俳句

    花曇りその⑰

    福山市加茂町にしだれの一本桜があります。下から見ると連理の枝が張り出していました。(写真は7年位前のもの、今は樹勢が衰えた)青空をバックにいい花見です。「古屋敷屋根にほころぶ桜かな」春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019

  11. 耳掃除して重力を忘る春 - 風と光の散歩道、有希編2a

    耳掃除して重力を忘る春

    フランスも大変なことになってますね。歴史的建造物の火災もお気の毒ですけど、やっと消火が出来たと思ったら、大統領がもう再建のための寄付を求めるのは、どうなんでしょう。普通はいろいろ落ち着いて、修復の計画がある程度具体化して、それから寄付を募る、ではないのかな。すぐに総額で1千億円くらいの寄付の表明が集まったそうですが、フランス国内でそれを貧困者支援に使うべきという声があがったり、(え、大聖堂再...

  12. 1999 草餅のぜんぜん悩まないところ - 紀本直美の俳句ブログ

    1999 草餅のぜんぜん悩まないところ

    元号が変わって新しい時代になるのかな。「草餅のぜんぜん悩まないところ直美」(くさもちのぜんぜんなやまないところ)〔季語:草餅(春)〕

  13. 夏めく - HAIKU/summer PHOTO

    夏めく

    宅配便木陰に置くとふ気の配り木陰→季夏

  14. 花の雨 - きのう・今日・あした

    花の雨

    iphoneで人工の庭にも優し花の雨4月10日東京は一日雨降り。ここ京橋も構内はオリンピックに向けての大工事中で狭い通路が作られまるで迷路の様。待ち合わせにちょっと時間もあり迷路の先へ先へ…。目の前に広がったのは「東京スクエアガーデン」京橋駅直結の新築オフィスビルでした。人工の庭には満開の桜の木が2本雨に濡れそっと花びらを散らしている。

  15. 花曇り⑯ - ゆきおのフォト俳句

    花曇り⑯

    山里の春は遅い。近辺の桜が散って葉桜となるころにやっと咲き始める。こいのぼりと一緒に撮影したこともある。これが今年の見納め。桜探訪の終焉・・・・「探訪も此処が締めなり遅き春」春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019

  16. 小雀のこゑに挽歌の周波数 - 風と光の散歩道、有希編2a

    小雀のこゑに挽歌の周波数

    先程近くの小さなスーパーへ買い物に行きました。そういえばJRの駅まで歩く途中、コンビニは6軒ある・・・。一本道を逸れればさらに数軒あるし、いくらなんでも出来過ぎだと思う。近所の交差点には、向かい合うかたちで、ローソンとセブンイレブンがあります。コンビニはたしかに便利なのですが、スーパーのほうが品数は多いですし、簡易スーパーというのかな、まいばすけっとやピアゴが、もうすこし増えてもいいかも知れ...

  17. 白い花 - HAIKU/summer PHOTO

    白い花

    小手毬の風吹くままに撓ひけり撓う→しなう

  18. 母子草 - 空の散歩道

    母子草

    介護日々楽も苦もあり母子草【かいごひびらくもくもありははこくさ】4/17はウィークデ―ハイキング軒並みウォーク神田川沿いからダイヤゲート池袋へ【7㌔】お天気に恵まれて‥‥ゴールで初めての方とロッテリアでお茶して又の再会を約束してお別れしました。素敵な一日を感謝です。

  19. 西国三十三 第五番札所 葛井寺へ - 白雪ばぁばのかんづめ

    西国三十三 第五番札所 葛井寺へ

    昨年から行きたい行きたいと思ってた葛井寺へようやく今日行けました18日は観音様の縁日藤の花も咲いていますとサイトにあったので今朝思い立って。でもよく見ると、本日は春季大法要とも混雑苦手💦萎えたけど、もう一度見たら法要は午後からと書いてある。おし、決定。ですのに…期待したほど藤はなくてがっかりしたのが本音マジかよ!こんだけかよ!て内心ここにもチョロチョロとこれから咲くの...

  20. 櫻 - 霧島メジロのデジカメ日記

    花見席から機影を見てゐると旅に出たくなります。

総件数:2262 件

似ているタグ