文化・芸術ジャンル×俳句のタグまとめ

俳句」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「俳句」タグの記事(2382)

  1. 里山 - HAIKU/autumn PHOTO

    里山

    道生りへ風に誘はれ秋桜車のみ行き交ふ里や秋桜

  2. 紅葉狩りその⑨ - ゆきおのフォト俳句

    紅葉狩りその⑨

    左手の岩稜が北穂南稜でこの先に北穂高岳、右側が東稜でこの先に大キレットがあります。湧き出す雲の勢いが強くお湯が沸いたように感じます。紅葉が焚かれ仙人の入るお風呂が準備できたようです。「赫々と雑木紅葉の燃ゆるかな」(かっかくとぞうきもみじのもゆるかな)

  3. 橋からの展望 - HAIKU/autumn PHOTO

    橋からの展望

    海置きて風の向くまま花薄

  4. 紅葉狩りその⑧ - ゆきおのフォト俳句

    紅葉狩りその⑧

    涸沢の夜明けですが、昨日紹介したものより10から20分前の写真です。沈む前の月がまだあり、ようやく峰々の形が見え始めてきたところです。唐紅(からくれない)というか赤黒いというか、今は凄味のある色に染まっていますが、これから赤みを増してきます。とにかく感動のひとときでした。昨日の投稿と比べて見て下さいね。初句!「モルゲンか日の出を見るか秋の暁」「染まる峰色刻々と秋の暁」(そまるみねいろこくこく...

  5. 総合俳誌拾読「俳句」「俳句界」2019年10月号 - 六四三の俳諧覚書

    総合俳誌拾読「俳句」「俳句界」2019年10月号

    先日、某所に応募しようと、無い知恵絞って三十枚分の俳論を書き上げました。以来、俳句に関する小難しい話を考えるのが億劫になっています。☆角川「俳句」10月号メイン特集は《<名句の「切れ」に学ぶ作句法》です。十名の俳人がそれぞれに「切れ」について論じておられます。総論に山西雅子さんが書いておられるように、俳句の「切れ」には、句中の切れと句末の切れとがあります。句中の切れには、単なる提示や息継ぎの...

  6. 少年が乱反射せる萩の花 - 風と光の散歩道、有希編2a

    少年が乱反射せる萩の花

    早くに目が覚めてしまって。今回の台風がまさに来ていたとき、テレビでは、大雨の情報と、命を守る行動を、という話ばかりで具体的な被害のニュースは市原の突風のことくらいでした。夜になって、多摩川で水が溢れはじめている映像は出ていて、あのあたりは知っている場所です。それが一夜明けると、決壊や水没のニュースが次から次へと出てきて驚きました。やはりとてつもなく大きな台風だったのですね。埼玉の外郭放水路や...

  7. できにくいこと - HAIKU/autumn PHOTO

    できにくいこと

    中庸は吾に難し秋薊中庸→ちゅうようかたよることなく常に変わらないこと

  8. スポーツ観戦三昧とトンボ - 白雪ばぁばのかんづめ

    スポーツ観戦三昧とトンボ

    ほんの少しの期間ネット留守にしてたらInstagramはエンターで改行できるようになっててあ、ブロ友さんたちにはこんな調子なのに、いいね、をありがとうございますブログも新エディタになってて今日はその新しいので作っています(どうでもええて)ごちゃつきがなくメイン画面も広々してていいですなラグビー日本代表すごかったですねなに、あれ勝手にカラダが前に後ろに動いてしまってるやんね一緒にスクラム組んで...

  9. 紅葉狩りその⑦ - ゆきおのフォト俳句

    紅葉狩りその⑦

    涸沢岳がモルゲンロートで赤く染まりました。ふもとの雑木紅葉と競っています。昨晩の雨、そして天気の回復と冷え込みが良かったのか、みごとな山焼けでした。見事というより神々しさを感じました。・・・・涸沢の夜明けは東の日の出だけでなく、西の山を見上げます。「岩肌のかくも燃ゆるか今朝の秋」

  10. ゆくすえ - 私的な時間。

    ゆくすえ

    ー俳句ー彼岸花見つめる先は仄暗く無断転載禁止よかったらポチってくださーい♪↓

  11. キャンプの思い出 - 白雪ばぁばのかんづめ

    キャンプの思い出

    9月の連休に長女ファミリーに引っ付いて和歌山へ2泊3日のキャンプに行ってきた。婿殿の「星が綺麗ですよ~」の誘惑に負けたのと子供4人では女手がいるだろうし何より孫たちと遊びたい、で。のわりに写真はほとんど撮ってない。つまりとても忙しかった。トイレがテントから離れているのが負の側面で↓この、茂るに任せた雑草の中の急な階段、それも丸太系を下りてまだとことこ行かないと辿り着けない。子供たちはスタスタ...

  12. 紅葉狩りその⑥ - ゆきおのフォト俳句

    紅葉狩りその⑥

    まさに全山紅葉!芽吹きから若葉へ、青葉から紅葉へ、落葉した後は厳しい冬が待っています。紅葉は仕上げの時・・段階を上り詰めた最後の輝きをしかと見届けました。「肌で知る雑木紅葉の歓喜かな」

  13. もったいない - HAIKU/autumn PHOTO

    もったいない

    惜しみつつ摘果したるや青蜜柑

  14. 牛後俳句とエッセイ(第33回)牧牛の自由は霧の柵の中 - うしおばさんの雑記帳

    牛後俳句とエッセイ(第33回)牧牛の自由は霧の柵の中

    牧牛の自由は霧の柵の中鈴木牛後(ぼくぎゅうのじゆうはきりのさくのなか)秋になって朝晩の気温がぐっと冷えてくると早朝に霧が出ます。夜の間も放牧している牛たちが朝になってゲートの前に集まっているかどうか、真っ白でまったく見えません。霧の牧動くものゐてもうゐない牛後霧を出て霧へ入りゆく牧の牛同集まっていると、ゲートを開けるだけでいいのでそのまま搾乳を始められるのですが、まだ遠くの牧区にいた場合、見...

  15. 大型台風北上中 - HAIKU/autumn PHOTO

    大型台風北上中

    台風に備ふ写メール届く朝

  16. 紅葉狩りその⑤ - ゆきおのフォト俳句

    紅葉狩りその⑤

    涸沢から涸沢岳の岩峰を見上げています。ナナカマドの赤色とダケカンバの黄色の葉が見事でした。山の先輩はこれから山に登るとき山に向かって挨拶します。無事下山した時もお礼を言います。今回見習いました。「気を付けて行ってらっしゃい」返事が聞こえたようです。・・・「仰ぎ見て言葉かけたり秋の山」秋と言えば紅葉!みんなに見せたい秋の風景ショット2019

  17. 秋日陰 - HAIKU/autumn PHOTO

    秋日陰

    秋深しベンチの人の多弁かな

  18. Memo・ 俳句ー24 ! - 心紋様

    Memo・ 俳句ー24 !

    秋のタイトル戦「金秋戦」!「歩行者信号」で一句!下剋上必至の予想が的中!梅沢さん・・・どうされたの??我が東国原英夫さんは・・・快調だ!〇信号は点滅稲妻への合図面白い感覚の作品である。中田喜子さんの句も好き!〇信号待つ騎馬警官背のさやか千原ジュニアさん。〇台風やぐぅわんぐぅわんと信号機オノマトペの使い方が良い。

  19. 紅葉狩りその④ - ゆきおのフォト俳句

    紅葉狩りその④

    涸沢の斜面を覆う紅葉です。今が見頃でしょうか。最高の紅葉狩りでした。ゆったりとした時間が流れて行きます。「分け入りてしばし眠らん秋うらら」初句よく見ると、紅葉は徐々に高い所から下りて来るようです.「濃く薄く雑木紅葉の下りけり」

  20. マイガーデン - HAIKU/autumn PHOTO

    マイガーデン

    草繁る朝露の畑秋光る

総件数:2382 件

似ているタグ