俳句のタグまとめ

俳句」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「俳句」タグの記事(287)

  1. 芭蕉の「わび」「さび」に疑問 - 憂き世忘れ

    芭蕉の「わび」「さび」に疑問

    日本人の美意識というと「わび」「さび」がお約束のように出てきます。美術的なことでいうのは解ります。漠然とですが。宮本武蔵の絵みたいなイメージ。ケバケバしくない、ゴージャスじゃない。でもね、「わび」と「さび」の違いはときかれるとワカンナーイなのです。みんなそうだと思いますから、「わびさびだよね」という人にいちいち、「わびとさびって、どう違うの」なんてツッコミません。美術やデザインでは解り合える...

  2. 鳥たちのこと - 花の自由旋律

    鳥たちのこと

    今日は山越えウオーキングののつもりが、雪が残っていそうなので中止し、周辺の池巡りに変更です。午前中は薔薇の剪定を終えた。気になっていたので一安心です。あとは寒肥ですがそれはもう少しに後で・・・。庭の欅の大木を伐ったのでヒヨドリのフンの被害からも解放される思ったのですが、薔薇のアーチに飛んできて白いタイルを汚していきます。困ったものです。それともうひとつ困ったことが・・・。小鳥たちがハナミズキ...

  3. 綿雪 - Winter PHOTO

    綿雪

    歩くこと能ふ感謝や牡丹雪一日中さむいふわふわ落ちる雪傘さしてポストまで

  4. 立春 - 藤木洋良の俳句

    立春

    立春の空清浄の雪が舞ふ      藤木洋良

  5. 節分だから - 花の自由旋律

    節分だから

    今日は節分ですので豆まきは早めに済ませました。鬼は外・・・福は内・・・。撒いた残りと年の数?を食べた?残りです。笑一合入りの升です。目指しも焼いていただきます。そして恵方巻を巻きました。巻きたてをパチリ・・・。巻いたのをもろぶたに入れていきます。もろぶたはお餅のつきたてを入れる入れ物ですよね。漢字では麹蓋と書くそうです。酒造の時の麹造りの箱が転用されたそうです。蓋があったのですが行方不明です...

  6. 獅子文禄てんやわんやの津島川 - Winter PHOTO

    獅子文禄てんやわんやの津島川

    対岸の家並拾ふ冬の川冷たそうな冬の川名著に出る津島川を車を停めて眺めた満潮の水面に鴨がたくさん浮いていた

  7. 節分 - 日々のしをり

    節分

    今日は節分、ということは、暦の上では明日からが春。そういえば、日の暮れるのが遅くなってきた。豆撒きなんてもう久しくやったことはないけれど・・・、せめて。      節分や納豆のまだ残りをり   子瞳              ==============================(ご注意)このブログ下などに掲載されている広告は、全てブログ会社が掲載しているもので、私とは一切関係ございま...

  8. Google Photoのアルバムが届きました。でも今回は。。 - いつかみたソラ  

    Google Photoのアルバムが届きました。でも今...

    Google Photoが作成してくれた(頼んでいないんですけど♪)アルバムです。2014年1月26日、「薩摩今和泉駅」とその近辺を撮った写真の中からです。いつもはすごくセンスが光った写真選びなんですけどおや?今回は、、(〃^∇^)というわけで、↓ 自分で作成しました。先日ブログにあげた、指宿枕崎線「生見(ぬくみ)駅」の次の駅が「薩摩今和泉駅」ですので、よいタイミングでした。今和泉といえば篤...

  9. 節分 - 藤木洋良の俳句

    節分

    節分や豆の数だけ福がある     藤木洋良

  10. 働く船、男たち - いつかみたソラ  

    働く船、男たち

    指宿市山川港働く船、働く男たち。きらきら眩しい、かっこいい。「ニューこしき」もドック入りでしょうか、鹿の子百合のデザインがいいな~甑島、また行きたい!電車にのって、見知らぬ町に降りたって・・あの日感じた春の兆しを句にして句会へ持っていきました。先生に添削していただいた句をもう一度。先生、ありがとうございました。春を待ち南へむかふ汽車の旅   いちこ

  11. 咲き始め - Winter PHOTO

    咲き始め

    梅園のひともと紅く山に映ゆ花がわずかの梅園を歩いた小さな鳥が蕾の枝でかくれんぼ

  12. お花たち - いつかみたソラ  

    お花たち

    一月の後半に行った山川の、小さな集落の花たちなどを。この日は気温が高めで、上着を脱いでの散策でした。帰りの電車の車内が暑くて、窓をこそっと開けたくらいです。もう春かな~と油断していたらその後に来た寒波が強烈で、猫と一緒に震え上がる毎日でした。来週にまた強い寒波が来そうですね。。檀(まゆみ)の実ブーゲンビリア柾(まさき)の実。つやっつやです。庭先の干し大根。まだ干したばかりのようで真っ白。これ...

  13. 夢夢輝喜 - 夢夢輝喜

    夢夢輝喜

    日々の過ぎ去る速さは年々対数的に早まっている。もう、如月。一昨日XX歳の誕生日を迎え、久し振りのショートケーキで祝ってもらった。(今年に入り、カロリー制限に気を遣い始めた為に大好きな甘味菓子に耐えてきた。)一月末から続く寒さと雪の贈り物にもめげずに育っているポウポウの写真を添付する。あと何年するとポウポウにお目にかかれるのだろうか?今月は長女の再婚、新築のマンションへの転居とイベントが続くの...

  14. 春隣 - 藤木洋良の俳句

    春隣

    老妻の唇赤し春隣      藤木洋良

  15. レアな月食を楽しみました。(撮影:1月31日) - ご無沙汰写真館

    レアな月食を楽しみました。(撮影:1月31日)

    珍しいスーパー・ブルー・ブラッディ・ムーン(注)をにわか天文ファンになって撮影しました。実は、皆既月食の撮影は初めての経験でした。まだ月食が始まる前の満月です。(19:30)左下から欠け始めました。(21:21)ついに全体が地球の陰に入り赤銅色に光りました。(22:21)それにしても、こんな写真を三脚なしの手持ちで撮れるとは写真ファンにはうれしい世の中になったものです。ちなみに3枚目はさすが...

  16. 宮崎トレッキングの旅 5(漂着物) - 花の自由旋律

    宮崎トレッキングの旅 5(漂着物)

    宮崎トレッキングの旅の最終日。宮崎空港発午後2時過ぎですので朝食後にもう一度、青島を一周してきました。浜辺ではいつも漂着物を探すのですが、今回はほとんど収穫はありませんでした。庭に置きたい流木はあったのですが持ち帰ることができません。漂着物の種類が多そうな浜辺は日本海ですね。次は日本海側のどこかをトレッキングしてみましょう。青島の入り口で貝殻を売っているおじさんに、この浜で拾える貝殻について...

  17. 予報 - Winter PHOTO

    予報

    今朝の雨雫かがよふ雪もよい明日の雪四度目の雪おんなじ雪景色もういいのに

  18. 春近し - 藤木洋良の俳句

    春近し

    微笑みを浮かべて降る雪春近し      藤木洋良

  19. スーパーなんとかかんとかムーン - 日々のしをり

    スーパーなんとかかんとかムーン

        外にも出よ触るるばかりに春の月   中村汀女私の好きな句の一つ、中村汀女の代表的な句である。今晩は、「スーパー ブルー ブラッド ムーン」とやら。(たった今、正確を期すために更めて確かめてみました)何のことやらあまりよく判らないまま、とにかく勝手に “スーパー” にフックして、その汀女さんの句をイメージした。               ●さぞや大きい月なのだろうと期待して、かなり寒...

  20. Memo・俳句-6 - 心紋様

    Memo・俳句-6

    お題は「氷 柱」の写真より。* じっちゃんの 咳(しわぶき)ひとつ 澄んだ空     咳(しわぶき)が季語。 澄んだは 口語体が良い。    ↑の写真で 日常の描き方(発想)が 新鮮だと褒められた 梅沢さん!〇 子らが木を 揺らし降らせる 雪の花     子ら 揺ら 降ら・・・ 韻(ら)を工夫している。    雪= 六花・ 銀花・ 雪の花 と表現するが 雪の花を使って正解。〇 冬晴れや 絵の...

41 - 60 / 総件数:287 件

似ているタグ