俳句のタグまとめ

俳句」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「俳句」タグの記事(1598)

  1. 紀那公の写真俳句その38(ブログに偽りあり。ごめんなさい) - 白雪ばぁばのかんづめ

    紀那公の写真俳句その38(ブログに偽りあり。ごめんなさい)

    昨夜 お布団の中で「緋の天空」を読んでて面白いのでそのうち眠気が飛び、1/3ぐらいのところになった頃あれ?遣唐使の話が一向に出てこない。鑑真だって最初にちょろっと1度名前が出ただけですし。そしてあ、あーーー!やっちまった。気が付きました。正倉院展のお経巻を見た時に 蘇るべきは「緋の天空」ではない。天平の甍やんか~あんな名作を(というと緋の天空がそうではないようだけど、違うけど)忘れてしまうな...

  2. モルゲンロートその③ - ゆきおのフォト俳句

    モルゲンロートその③

    涸沢小屋で日の出を待つ人たちがいます。こちらから見ると山頂から日差しがどんどん降りています。もうすぐご来光がみえるはず・・・・・「暫し待て徐々に下りくる秋日差」

  3. 小鳥来る - 藤木洋良の俳句

    小鳥来る

    日は東西風吹いて小鳥来る藤木洋良

  4. ペガサス第2号 - 本日も深雪晴

    ペガサス第2号

    俳句同人誌「ペガサス」第2号を読んだ。誰からも遠くありたし雪解星瀬戸優理子雪解星とは雪解の頃の星ではなくて、いわゆる「木の根明く」のことらしい(検索したところによると)。春の到来を象徴する「雪解星」。作者はこの季語と、「誰からも遠くありたし」とい感慨とを取り合わせている。おそらくは作者にとってひとりの時間はかけがえのないもので、まさしく「誰からも遠くありた」い時間なのだろう。その時間こそが凍...

  5. 学び舎 - HAIKU/winter PHOTO

    学び舎

    聳え立つ色葉の燃えて空青く

  6. 紀那公の写真俳句その37(いつものコはモズではなかった) - 白雪ばぁばのかんづめ

    紀那公の写真俳句その37(いつものコはモズではなかった)

    今朝のNHK俳句の兼題は「鵙(もず)」でした。裏のサルスベリの木に毎年この季節に渡来しては高き鳴き声を奏でる鳥、鵙。大海原を渡りきりやってきた彼にわたしも労いの一句を挨拶してみよってことでまずはネットで鵙の図を検索。えーーえーーー違うみたいーー!いつものコはもう少し大きくてモズとちゃうわ~どうやら「鶫(つぐみ)」のよう。うらのきへきたりしつぐみがじょうとす(季語:鶫、秋)よその家の木なのにま...

  7. Red Temptation - きのう・今日・あした

    Red Temptation

    《 ヘルメット外し茶房や秋時雨 》バイク?…乗れません、、、ノレマセン、、、(;^ω^)club_yume_ututuさんの「 Red Temptation 」楽しく参加させて頂きます♪

  8. 本当なら - 勉強、畑、ときどき野球

    本当なら

    お天気に恵まれた昨日「文化の日」地元の高校や あちらこちらの公民館などでは文化祭など行われていたようですよ両親の老人ホーム入居が決まったのは7月引っ越しの準備 実家の売却 取り壊しに伴う様々…そして何より入居後の生活に不安気な様子実際未だまだ毎日のように姉と私に顔を出す事を望んでいる2人です何かと批判的で閉じこもりがちな母そんな母を私達に丸投げ状態で好きな事をし どんどん出歩く父姉と私は2人...

  9. モルゲンロートその② - ゆきおのフォト俳句

    モルゲンロートその②

    モルゲンロートに染まる涸沢岳の夜明けです。「何はともこの一瞬や今朝の秋」

  10. 秋晴 - 藤木洋良の俳句

    秋晴

    秋晴れの山は淋しく光りけり藤木洋良

  11. 庭園にくつろぐ - HAIKU/winter PHOTO

    庭園にくつろぐ

    地味に咲き匂ひに誘ふ藤袴

  12. 鰯雲、末枯、四季桜 - 円座抄

    鰯雲、末枯、四季桜

    11月1日、この日の朝の空、まず空一面の雲に驚きました。壮観な鰯雲でした。夕方のテレビの天気コーナーでは、ひつじ雲と言っていました。あれっと思い倉嶋厚さんの本を見てみると、こひつじ雲(絹積雲)は、日本では、いわし雲の別名があるとありました。「鰯雲我に似し子のあはれなり」田中裕明『夜の客人』一方、足元の草々は、末枯がすすんでいます。「末枯にこころ激することもなく」田中裕明『夜の客人』以降そろそ...

  13. モルゲンロートその① - ゆきおのフォト俳句

    モルゲンロートその①

    モルゲンロートに染まる穂高の夜明けです。残月が穂高岳山荘の上に見えます。息詰まるような光景に出合えました。テントから出て皆が感動の一瞬を共有しました。穂高のフォト俳句がこれから何日か続きます。「皆無口穂高見つめる今朝の秋」

  14. 鵯(ひよ) - 藤木洋良の俳句

    鵯(ひよ)

    やかましく風を切り裂き鵯が飛び藤木洋良

  15. 冬近し - きのう・今日・あした

    冬近し

    《 虚と実の狭間渡るや冬隣 》ーきょとじつのはざまわたるやふゆとなりー冬隣:秋うららかなお天気が続いていますが、11月7日は立冬…。まだまだ「冬」と呼ぶには早く「紅葉狩りの秋」ですね。でも立冬を過ぎると霜が降り始め冬の様相も色濃くなってくる事でしょう。「あぁ~!今年もあと、、、、」とつい思ってしまいます。丸の内オフィス街路を挟みビルの姿が向かいのビルの壁面に(実像と虚像が)

  16. 洋梨の話 - 日々のしをり

    洋梨の話

    季節柄、いろいろな果物が店頭に並んでいる。だいたい果物は好きだが、その中でも、私は昔から洋梨が好きだ。歳のせいか、何によらず、今はすっかり「和」好みになったのに、それでも梨なら専ら洋梨で、ほとんど和梨を口にすることはない。洋梨の味に似合はぬ下ぶくれ子瞳上の句はかつて詠んだものだが、今時と笑われるかも知れないけれど、洋梨を口に入れると、西洋だなぁ・・・と、つい思ってしまうので、こんな句が生まれ...

  17. フォト俳句 - ゆきおのフォト俳句

    フォト俳句

    これは吉兆でしょうか。部屋の中に虹を見ました。そこで一句!「うたたねの畳の上に秋陽射し」山の写真、紅葉の俳句・写真は次回・・・・

  18. 桜紅葉 - 藤木洋良の俳句

    桜紅葉

    桜紅葉おのれの影に武者震い藤木洋良

  19. 近況その2 - 本日も深雪晴

    近況その2

    もうひとつ近況を。ぼくが参加している「スパルタ句会」というメール句会で、東京文フリで販売する冊子を作ることになった。「スパルタ句会」とはすごい名前だが、通常の特選1句、並選数句のほかに、無制限で逆選をとるということから「スパルタ」ということ。誰かが特選にとった句でもほぼ必ず他の人の逆選がつく。それだけ読みというのはばらつきがあり、絶対の佳句などというものはこの世にはないのだな、と思わされる。...

  20. 夜長(よなが):俳句 - always over the moon

    夜長(よなが):俳句

    器に沈むヴァージンオイル夜長かな(きにしずむヴァージンオイルよながかな)◇季語:夜長【秋】・時候◇ヴァージンオイル=オリーブオイルの一種。エクストラヴァージンオイルもあり。食用油は、ずっとイタリア製のヴァージンオイルを愛用してきました。サラダやパンにはエクストラヴァージンオイル。調理には普通のオリーブオイル。欧州ではオリーブオイルは必需品なので、安価で贖えます。本場のイタリア製はむろん。欧州...

総件数:1598 件

似ているタグ